コシミズはアメリカ同時多発テロ事件について以下のように主張している[6]
・ワールドトレードセンター (ニューヨーク)(WTC)は小型の低威力核兵器や純粋水爆により倒壊した。
・ WTC のコンクリートは核兵器の水蒸気爆発により水分が蒸発して粉塵になった、その粉塵はたんぱく質が燃えるような異臭がした、WTC
の犠牲者の 中には遺体が全くみつからず骨や肉片も残っていない「蒸発した者」が約 1600 人いるが、それが粉塵の異臭となったと思われ
る。
Deleted RK wiki, 1.1 - hyper-link in mokuji
- 7 -
・事件直後に WTC で遺体捜索作業や復旧作業等の活動をしていた消防士や救助隊員、警察官のうち、283 名の発癌者が出て 33
名が死亡している(2006 年ニューヨークポストの記事)。広島や長崎の原爆でも数年で発癌者が急増しており、両症例はきわめて酷似
している。
・粉塵の中にはトリチウムが通常の約 55 倍検出されており、WTC の地下には「溶けた鉄のプール」が約 3 カ月間存在していた。これらは水
素爆弾が爆発した証拠である。
・崩壊したガレキに大量の放水をしていたが、それは温度を下げるためだけでなく、水素爆発によって発生したトリチウムを洗い流すためである
(証拠隠滅のため)。
・911 を究明していた Jones 博士はサーマイト説を唱えていたが、サーマイト説では上述した大量の粉塵や発癌、トリチウムの検出について
説明できない。
・ 水爆を WTC の地下に設置するとなると、それなりに工事設備や人の出入りが必要となるが、直前の 9 月 8,9 日の週末に停電工事が
行われていた。そ の間、セキュリティーロックもセキュリティーカメラも作動していない。爆発物探知犬が、常に見回りしていたはずなのに、6 日
から急に来なくなった。WTC の警備関係の設備業者は、ブッシュの末弟の会社であった。
・911 の目的については、映画プロデューサー(監督)のアーロン・ルッソが生前証言している。すなわちデイヴィッド・ロックフェラーの 従兄で
あり友人でもあるニコラス・ロックフェラーから「「ある出来事が発生し、結果として我々はアフガニスタンを侵略してカスピ海からの石油パイプライ
ン を敷設し、イラクにも侵入して石油をぶん取り、中東に基地を設けて中東をニュー・ワールド・オーダーの一部に組み込む。その後はベネズエ
ラを襲う。その出 来事のお陰でこれだけの事が発生する。」 ということを、911 の 11 カ月前に聞かされた、アメリカ兵がアフガニスタンとイラク
の洞窟でビン・ラディンを探す事になる けれども終わりのない戦いであり、敵など最初からいない。テロとの戦いは壮大なでっち上げだ。」。
・911 の目的としては、他に金融犯罪の隠蔽(ブレディ債の詐欺事件)、麻薬利権の回復、石油利権の強奪、軍事予算の増大化等が
あるが、最も大きな目的は「大イスラエル帝国」という「旧約聖書の実現」である。
・911 テロの実行者は CFR であり、そのボスのデイヴィッド・ロックフェラーである。
・911 の真相究明していたルーク・ラドコフスキーは、デイヴィッド・ロックフェラーの自宅で、デイヴィッド・ロックフェラー本人が出てくるのをずっと待
って、出てきたところで目の前まで歩いていって「あんたが 911 の犯人だ」と言った。