フランスは, EUを構成する主要国の一つである。

EUはギリシャ危機を皮切りに、 ス ペイン、ポルトガル、イタリアなどの加盟国の経済危機が表面化した。

フランスは、ドイ ツとともに,これらの「劣等生」国家の国債をたくさん抱えている。それらは丸ごと不良 債権である。

どうやら、この負の財産がフランスの財政に重くのしかかっているようだ。

他国の債務を負担し続けることに,フランス国民は賛成していない。

英国やドイツ、オ ーストリアなどと同様に、フランス国内でも、 EUからの離脱を望むナショナリズム的な 声が上がってきた。

もし、 フランスやドイツがEUから離脱すれば、ギリシャなどの重債 務国はひとたまりもない

ギリシャがデフォルト(債務不履行)すると、 一番困るのは、米国1%つまり、 ロック フェラー財閥を中心とするニューヨークのユダヤ金融資本である。

ギリシャの国債や株式 に便乗して巨額のデリバティブ金融商品を発行しているのが、米国1%の金融企業だ0米 国ユダヤの「金融工学」のたまものだ。

けいえん ギリシャがデフォルトすると、 これら金融派生商品が破綻する。

破綻の連鎖で京円(1 万兆円)単位の損失が発生する。レバレッジという実体のない富の作り方が、

逆に作用し てとんでもない巨額の負債を生んでしまうのだ。

ギリシャのユーロ離脱危機…フランス、オーストリアにも飛び火か 高まるEU崩壊の

懸念 http://newspherejp/world-report/20150708-1/ 5日の国民投票で、

IMF (国際通貨基金), ECB (ヨーロッパ中央銀行). EUの 「トロイカ」が斡旋する財政緊縮策に、

ギリシャ国民はNOを突き付けた。事実上デフ ォルト(債務不履行)状態のギリシャで注目を集めているのがユーロ圏を離脱するの か否かである。

主に筆頭債権国ドイツが「返済か離脱か」の圧力をかけているのだが ギリシャを含めPIIGS」と呼ばれるスペイン·ポルトガル イタリアなどのヨーロッパの過重債務国だけでなく、

オーストリアやイギリス、 フランス、ドイツなどG7 主要国でも、 ユーロ離脱=EU離脱を求めるナショナリズムが高まりつつある。

フランス政府が、国民の圧力を受けて、米国1%の言うことを聞かずにEUを離脱する ことになれば、 EUは瓦解する。

加盟国の劣等生部門の国家破綻が余儀なくされる。今ま がかい で長期にわたり、必死に金融破綻を誤魔化してき米国1%にも、

もはや、担保能力はなく なる 米国という国家が破綻し、 ユダヤ金融資本が朽ちた巨木のように倒れ伏すのだ。

それは困る。フランスは、絶対的に米国1%の制御下に置いておき、勝手なことをさせ たくない。

だから、CIA、 モサドを使って「パリの連続テロが起きたことにした」ので どうかつ はないか?

フランスに対する恫喝の意味ではないのか? 「おい、フランス。ギリシャ の尻拭いをしろ!」テロだったのか?