もう1つの要素は、フランスのオランド大統領が、 ロシアとの関係修復に動いていたこ とだ。

ロシアに対する制裁を解除すべきだと言及している。米国1%が、必死にロシアと 西欧を切り離 て、

ロシアを孤立させようとしているのに、 フランスが抜け駆けしてもらっては困るのだ。 「フランスのようにロシアに接近すると、大規模テロが起きるぞ」との他 国への警告だったのか。

仏大統領オランドがついに親露派に? http://rt.com/news/2 198 31-hollande-russia-lift-sanctions/上記の記事より抜粋翻訳 ロシアへの経済制裁は今すぐ解除されなければならない。

仏大統領フランソワ オラン ドはロシアの経済危機がヨーロッパへ波及して大きな衝撃を与えるのを憂慮している。

彼はウクライナの和平交渉の前進が認められれば即座にモスクワに課された制裁を解除 するよう訴えた。

「もしロシアが危機になれば、 ヨーロッパにとって必ずしも良いとは限らない」 オランドはラジオ局France Interの2時間インタビューのなかで言った。

「状況を悪化 させてゴールに達する政策に賛同できないので、私は今すぐ経済制裁を止めなければな らないと思う」 オランド大統領は、前任者のサルコジほどニューヨークのネオコンたちと近い人物では ない。

よって、サルコジ派、 つまり、欧州ユダヤ人のシオニストたちの中には、オランド の失脚、もしくは暗殺を狙うグループがあるだろう。

サルコジ時代にフランスが復帰したNATO軍の内部にも。米国1%がパリで大規模テロを実行するには、フランス国内に軍 事面、諜報面での協力者が必要だ。

サルコジl派とNATO軍がその任に当たるであろう。

「フランスがロシアに軍艦を輸出しようとしたり、仏石油大手トタルがロシアと石油取引 しようとしたりして、 ロシアに接近している」から、

2015年1月にシャルリー·エブ ド襲撃事件が 起こされたとする見方もある(新ベンチャー革命さんの情報)" フランスの石油大手トタルのド マルジェリ会長は、

2014年10月、 モスクワの空港 の滑走路で、ビジネスジェット機が除雪車と激突して死亡した。

事故だったのか?ド. マルジェリ会長は、事故で亡くなる3カ月前に「石油取引にドル決済は必要ない」と明言 していた。

その発言が、会長の命を縮める原因となったのではないか?

いまいま 彼の言葉は、石油ドル体制に依存する米国1%にとって、忌々しい発言であった。

原油 の取引には、長い間米ドルがもっぱら使われてきた。対価を米ドルで受け取った産油国はま、 ほうとうざんまい

受け取ったドルを米国に還流させた。米国債が買われ、米国はその資金で放蕩三昧してき たのだ。 米ドルが唯一の基軸通貨でありえたのは、原油取引にドルが使われてきたからだ。

その 米国存続の基盤である「石油 ドル体制」を否定する発言をフランスの石油業界のトップ が行ったのだ。

シャルリー·エブド襲撃事件は、パリで風刺週刊誌を発行しているシャルリー·エブド 社を覆面姿のテロリストが襲撃して編集長など12人を殺害した事件だが、

これを米国1% のコントロール下から逃れようとするフランスに対する恫喝とみるべきなのか。パリ惨事 はその延長なのか。