パリ惨事の発祟防げなかったオランド大統領に国民の批判が集中し、辞任へと追い込 むのが目的なのか?

CIA·モサドの洗脳術でロボットと化したテロリストが、 シオニ だま ストにまんまと騙されてイスラムテロを実行していると考える。

実に悲しいことではない か。もちろん,フランス国内にも米国1%と呼応して「テロに加担する」勢力はいるであ ろう。

テロのショックを利用して国内を統制し、フランス国民の声を押しつぶそうと企む 一派もいるであろう。

フランス政府の中にもシオニストの一味はいる0前大統領のサルコジとシオニスト、モ サドとの関係は習だ。

サルコジは、もちろん、 ユダヤ人である。 ハンガリーからの移民 2世で、母親はユダヤ人だ。 ユダヤ教では、母親がユダヤ人なら、子供は自動的にユダヤ 人と認定されるのだ。

カトリックを装ってはいるが、おそらく、偽装改宗であろう。なぜ、 ユダヤ移民が大統領となりえたのか? 米国1%の金の力ではないだろうか?

また、新ベンチャー革命さんによると、前大統領 サルコジの側近の人物が逮捕され、 有罪判決が出ているという事実もある。

今後、サルコジ時代の隳発覚すれば、 フランス に対するニューヨークの戦争大好き集団の悪行の数々も発覚してしまう。

モサドとの関係 も露呈してしまう。 フランス,テロ犯と元フランス大統領サルコジが2009年に会っていたことが判明。

テロ事件を捜査していた警察署長も死亡 http://www.asyum2.com/14/warb 14/msg/766.html ユダヤ人専用の

スーパーに立て籠って射殺されたテロ容疑者のアメディ·クリバリは2 009年7月に、当時のフランス大統領ニコラ サルコジに招かれてエリザ宮殿で会って い 報道されたことだが、

テロ事件を捜査していたフランスの警 たことが判明 これは既に 察署長が拳銃自殺した。

この事件も911の時と同じように、パスポートを車に残すとい う「お決まりのパターン」が見られるのも興味深い。

このテロ事件はオランド大統領がロシアとの関係修復に動いていた矢先に起きた事件で他の国に見せしめにはなった。

今後、 フランスがどういう道を進むのか注目していただき たい

http://www globalresearch.ca paris terror-suspect-met-with-french-president-sarkozy-in-2009/5423878)

2015年10月、サルコジはプーチン大統領と会って、 ロシアに恭順すると、プーチン 氏に縋っている。

犯罪者が、追及者に恐れをなして「土下座するから、 これ以上虐めない でくれ」と懇願しているように見える。

プーチン大統領との会談でサルコジ氏:ロシアと欧州は運命共同体(sputnik)

http://psputniknews.com/politics/2015 1029/1095396.html

フランスのニコラ·サルコジ前大統領はプーチン大統領との会談で、世界はロシアを必 要としており、

欧州はロシアとともに行動するべく定められている、と述べた。

「深く確信している0世界はロシアを必要としており、欧州はロシアとともに行動する べく定められている」とサルコジ氏。

ロシアと欧米の関係はウクライナ問題で急速に冷 え込んだ。

昨年7月末、 EUと米国はロシアの一連の経済部門に対し制裁を発動。対し てロシアは同年8月、制裁導入国からの食料輸入を禁止した。

(2015年10月29日) サルコジはリビア内戦でも暗躍した「実績」のある人物だ。

2011年、 NATO軍を後ろ盾にしたリビア国民評議会が、カダフィ打倒に立ち上が· 人 り、内戦が勃発した。

 一時は、反カダフィ派が拠点にしたベンガジは包囲されたがNA TOなどからの軍事援助を得て反攻し、

10月20日に首都トリポリが陥落した。カダフィは 最後の砦、 スルトで抵抗したが殺害され、 42年間に及んだカダフィ体制は崩壊した。

カダフィは独裁者、暴君のイメージが強く、日本会あまり良い印象は持っていなかっ た0だが,実態は少し違った世界は、

シオニスト メディアにより、カダフィの悪印象 を植え付けられていたのだo メディアが集中攻撃する人物は、

往々にして「米国1%に都合の悪い人物」であったり する。鈴木宗男元議員、小保方晴子さんもそうである。

 サルコジは,リビアのカダフィ政権が倒された 直後、英国のキャメロン首相とともに首 都トリポリを訪問している。

カダフィ大佐は、アフリカ独自の統一通貨、金融機関の設立 を提唱していた。

これは,すなわち、アフリカの産油国などがドル体制から離脱すること を意味し、米国1%にとっては死活問題であった。

だから、市民蜂起を偽装してカダフィ を亡きものにしたのだ。

そして、すぐに後始末に奔走する「担当者」がリビアに送り込ま 力リ れたのだ。フランスのサルコジ·ユダヤ人と英国のキャメロン·ユダヤ人である。

米国1%がカダフィのリビアを襲撃した理由を簡単にまとめてみよう。

(1)カダフィ政権が米欧にそれぞれ投資している320億ドル、 450億ドルを凍結し、 巨額負債の穴埋めに流用するため。

(2)アフリカ最大の埋蔵量のリビアの石油を横取りするため(毎年300億ドルの貿易 黒字)o

(3)カダフィのアフリカ統一通貨構想を潰すため(リビアの資金でアフリカ独自の金融 機関が育成され、世銀·IMF支配から離脱せんとしていた)。

(4)カダフィ政権に近い関係のロシア,中国、ブラジルを牽制し、アフリカの産油 「言うことを聞かないとどうなるか」と恫喝を加えた。

(5)米国1%御用達の韓国人が事務総長を務める国連が、リビア反体制派を支持するこ とで、大義名分が得られるから。

そして、サルコジは、自分の大統領選の資金をカダフィから融通してもらっていた。そ れが発覚するのを恐れて、リビア政変のお膳立てに加わり、

カダフィの口を封じたのであ ろう。 「カダフィ大佐から聞いた」 サルコジ氏の資金疑惑IIIベラルーシ大統領時事通信 2012年5月12日配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl ?a-20120512-00000020-jij-int

【モスクワ時事】先のフランス大統領選の決選投票で敗れた現職サルコジ大統領の不正 資金疑惑に関し、

ベラルーシのルカシェンコ大統領が「(リビアの元最高指導者)故カ ダフィ大佐本人からサルコジ氏に1億ドル(約80億円)を渡したと聞いた」と発言し、 物議を醸している。

仏ニュースサイトも第1回投票後の4月下旬、サルコジ陣営が初当 選した2007年の 大統領選前、カダフィ政権から5000万ユーロ (約52億円)を受 け取ることで合意していたと報道。

サルコジ氏は全面否定していた。 リビア公文書記録に サルコジ仏大統領選挙資金で独裁者カダフィが50億円拠出決定 2012年4月29日

http://franettese.blogspotjp/201 2/04/50.html

2006年12月10日付けのリビア政府の公式文書には、独裁者カダフィ体制が5000 万ユーロ (約50億円)を2007年のサルコジのために仏大統領選挙の資金に充てるこ とを決定したという記録がある。

これはリビアのムッサ·クッサ(Moussa Koussa)秘 密情報局部長が文書でカダフィの官房長官パシィ·サレハ (Bachir Saleh)氏に秘密裏 に供出することを許可したもので,

インターネット新聞のメディアパー社が28日に報道 した。 サルコジは、常にシオニストのために働いてきた。今回のパリ惨事にも閨?わっているとみて間違いないであろう。

911は、米国1%による金融破綻を誤魔化すための内部犯行であった。パリのテロも また、米国1%による米国1%のための「金融破綻回避の動き」であったと解釈すべきで はないであろうか?

米甼%は、 911テロと同種の作戦を他国で行ったということか。