●緊急事態に対応すべく設置された組織の一つが「FEMA(連邦緊急事態管理庁)」である。

FEMAは災害時の緊急対応を担当し、災害情報を一元管理するほか、テロ活動、毒ガスに対する専門家集団も揃えた危機管理に関する大統領直属の独立政府機関である。

 


FEMAのシンボルマーク

 

●1979年、各官庁の緊急管理業務を統合し発足。ワシントンDCに本部を置き、全米を10地区に分割して地域ごとに活動・作戦を展開している。

FEMAは連邦緊急放送局、連邦災害援助機関など沢山のものを含む、緊急活動に関わる多くの政府諸機関を統轄しているのである。


●FEMAは、1969年、当時カリフォルニア州知事だったロナルド・レーガンが着手したことに端を発する。

FEMAは正式には「大統領令12148号(連邦緊急事態管理令)」を通して、ジミー・カーターが設置したものである。この法令は、緊急事態に関わるこれまでの大統領令を全て統合し、緊急事態が起きた時に大統領に無制限の行動力を与えるものである。


●FEMAは、緊急事態時に「大統領令12148号」が発動された場合、政府の機能を全て引き継ぐ権限を有するなど、全面的独裁体制を可能とする“ある種の危険性”をはらんでいることを指摘する声は少なくない。