~ 裏社会学及び陰謀学に関する研究用資料の蓄積と拡散、そして国民のB層脱却の促進を目的とするサイト ~
2018.06.19 » 8か月 前

「オウム事件」リチャード・コシミズ、旧ホームページより


オウム事件の整理整頓 index page

 

オウム事件の整理整頓
index page
警察も検察もマスコミも嘘ばかり。おまけに被告まで偽証しているから、何がなんだかわからない。このあたりで、一度整理しましょう。事件・課題別に資料を分類しました。初めて目にされる資料が、たくさんあると思います。各表題から、お入りください。
また、ご意見、ご批判等は、2チャンネルの各スレッドにお寄せください。尚、
この話題のネット上の議論の場は、2チャンネル・ニュース議論板の「ブッシュ親子の自作自演テロ」スレッドです。下の議論板のURLから、捜してみてください。常に上位三十位くらいの中に入っています。2003年3月現在、第三十六部となっています。
http://news3.2ch.net/news2/

一連のオウム事件が起こり、オウム信者が犯行を自供した。だから、オウムの仕業に間違いない。誰もがそう考えると思います。実際はどうでしょうか?オウムの内部には、他の宗教カルトから、大量のエージェントが送り込まれていました。そして、派遣元の教団では出来ないような、犯罪的行為・破壊工作の準備を、オウムの名を借りてやっていたのです。オウムの幹部も、これらの他の宗教カルトの連中が内部に存在することは知っていました。しかし、協力関係を持つことで、警察やマスコミ対策を委ねる事は出来たし、覚醒剤の密造と密売に関わる流通やマネーロンダリングの局面でも、オウムにはないルートを持っていました。だから、もたれあいを続けていた。つまり、オウムと他の宗教カルトは共犯だったのです。一説には、オウム信者の半分が、これら別のカルトから送り込まれた連中であったという分析もあります。

ところが、情勢が変わり、犯罪露見の危険性が出てきた途端に、宗教カルトは、「全ての犯罪的行為はオウムが単独でやったこと」と隠蔽するために、一斉に工作に乗り出したわけです。もとより、万が一犯罪行為が発覚しても、オウムに罪を全て負わせる準備を整えてあったのです。まず、これら宗教カルトの工作員(オウム内部に潜入していた者を含む。)や仲間の暴力団が、坂本事件や刈谷さん拉致事件を引き起こしました。そして、外からオウムの犯行だと騒ぎ立てたわけです。これに呼応して、準幹部的立場にいたエージェントや運転手など幹部のそばにいた偽信者が、わざと逮捕されて、犯行を自供しました。そして、警察やマスコミ内部の宗教カルト信者が、一斉にオウム単独犯行説を流布し、国民を丸め込んだわけです。これだけ大掛かりな隠蔽工作を行い得る宗教カルトといえば、もうお分かりと思います。この日本にそんな能力を持ったカルトは、一つしかありません。もっとも、その巨大カルトに便乗し、オウムへの関与を隠しとおした別のカルトが、いくつかあったことも忘れてはまりません。

オウムの外にいる人たちの正体も見極める必要があります。被害者の会、脱会信者の会、オウム専門のジャーナリスト、弁護士たち….この人たちの一部は、実は他の宗教カルトがオウム事件に関与したことを隠蔽し、「オウム単独犯行説」を外から煽り立てるために動員されているのです。彼らを背後で操る人士がいるのです。物証や第三者の証言が、どう考えても自供と辻褄が合わない。検察が信者の自供以外の証拠を、裁判で全く採用しない。などなど疑惑だらけです。自供した信者たちは、実は真犯人ではなく、彼らが本来属する他の宗教団体へ疑惑の目が向くのを阻止するため、わざとオウム信者の名前で犯行を名乗り出たのです。彼らが心中で帰依する相手は、麻原ではなく、池田や文だったのです。もちろん、逮捕された幹部の大半は、真正のオウム信者です。しかし、彼らも脅迫、洗脳、取引により真実を語ることが出来なくなっています。『村井刺殺事件」は、余計なことを喋ればどうなるか、オウム幹部に見せつけるための脅迫だったのです。一連の事件への関与を認め、オウム教団が謝罪したのも、実は、他の巨大教団との取引の結果です。

オウムから利益供与を受けていた政治家たちがいます。日本の権力の中枢にいる二つのグループです。それに巨大宗教カルトを加えると、自自公という組み合わせになります。彼らはオウムの真相が明らかになれば、社会的生命を失います。従って、自らの権力を徹底的に活用して、オウム単独犯行説の流布に尽力したわけです。警察もマスコミも権力筋の要請に応じ、嘘の捜査を行い、嘘の報道を垂れ流しました。

オウムは、第三国と深く関わっていました。第三国へのロシアからの武器密輸を仲介するなど、手を貸していました。政治家達は、この局面でも介入し、汚い金を手にしていました。第三国は、政治家達の弱みをしっかり握りました。そして、事件後は彼らを脅して、搾り取れるだけ搾り取っています。日本から、秘密裏にかなりの金が第三国に流れていると思います。同時に、国交正常化交渉でも、譲歩に継ぐ譲歩を余儀なくされています。何故、コメ50万トン無償供与となったのか、ご理解いただけたでしょうか?韓国、アメリカ、中国の指導者達は、日本の政治家がオウム事件にどのように関わっていたか、知っています。彼らは、今頃日本を嘲り、見下しているはずです。

第三国の言いなりになっているのは、政治家だけではありません。日本の大手宗教カルトは、みな朝鮮半島人の系譜を持つ人士が、教祖になっています。幹部の多くも同じ系譜の人間です。彼らは、もとより第三国の利益が自らの利益に合致することを、知っています。宗教カルトはもはや、第三国の日本における傀儡勢力なのです。もう一つ忘れてならないのは、暴力団の存在です。カルトが反対勢力や批判者を潰す際にヤクザを利用します。朝木市議転落事件など、その一例です。ヤクザを一度利用すると、今度はそれをネタにカルトがヤクザに利用されるようになるのです。カルトはヤクザの犯罪行為の隠れ蓑に利用されています。カルトに属する警察官や検察官、裁判官はヤクザのために働いています。そして、ヤクザの中核は、第三国の影響を受けた人たちなのです。

オウムが武装蜂起を準備していたのは事実かもしれません。ただし、オウムの名前で武装蜂起させたかったのは、他の宗教団体・第三国勢力かもしれない。オウム事件はまだ始まったばかりであり、これから本番のシナリオを実行に移そうとしている輩がいることを、知っていただきたいのです。オウムの真相を知る権利が、国民にはあります。

最後に付け加えます。オウム事件の背後には、世界最大の権力をもった集団が隠れています。マスコミがオウム事件の報道で真実を語らないのも、警察、検察、裁判所が、嘘をつきとおす姿勢を変えないのも、全てこの大きな権力のなせる技です。世界中のどのマスコミも、その権力の描いたシナリオどおりの報道しかしていません。このHPで彼らの正体を知ってください。世界の闇が、その馬脚を垣間見せたのが、オウム事件なのです。

※お時間のない方は、要約編を参照ください。簡潔に?まとめました。
※2チャンネルスレッドで、貴重な分析をいただいている、国際情勢板住人氏の発言を、まとめて見ました。是非、ご一読ください。世界観が変わります。

 

 

1-1 1.坂本弁護士一家拉致殺害事件

 

オウム事件の整理整頓 PAGE1-1
INDEX PAGE 目次はこちらです

 

 

誤解のないよう予め申し上げておきます。当ホームページは、オウム真理教を擁護するものではありません。オウムが他のカルト教団同様に、社会に害毒を垂れ流すだけの無用な存在であると考えています。しかし、オウム事件の陰に隠れ、甘い汁を吸ってきたほかの犯罪者集団が、姑息な手段で追及を逃れ、オウムに全ての罪を押し付けていること、オウムも敢えて罪をかぶることで利益誘導的取引をしていることを知っていただきたいのです。オウムは従犯に過ぎず、主犯は他にいたのです。オウムも含め、カルト教団は全て有害無益です。さらに、深刻な問題は、これらの宗教団体を陰で操ってきた連中がいることです。彼らの正体を、本HPにてご理解いただけると思います。

【序 論】
オウム事件とは、「オウム、創価、統一が共同でやっていた覚醒剤密造などの不法行為がばれそうになり、全ての罪をオウムに押付けた。」事件であると理解しています。
統一教会は、その起源から考えて、KCIA及びCIAの影響下にあると考えるべきです。日本側のCIA専属のお爺さんたち、つまり、笹川さん、児玉さん、中曽根さんたちが、統一とつるんでいたのも、CIAの犬同士という絆があったわけです。
一方で、創価は創価で、笹川一派を通じて、統一と繋がりがありますし、それ以前に創価内部に深く入り込んでいる暴力団、後藤組のもつ北朝鮮コネクションから、オウムの麻薬ビジネスに関わっていたわけです。もちろん、日本社会に創価マフィアのネットワークをはりめぐらした学会を、CIAが放っておくわけがなく、マネーロンダリングなどに、しっかり利用されています。宗教法人の財務の閉鎖性をCIAが利用しないと考える方が異常です。
そして、CIAお得意の麻薬ビジネスの日本支部が、オウムだったわけで、その収益が北朝鮮に還元されていたのも当然のことであり、北の現体制を維持するための、CIAの有難い配慮だったわけです。なにしろ北の体制が崩壊すると、一番困るのは、CIAのスポンサーである軍産複合体と国際金融資本であり、極東の緊張は、彼らの飯の種なわけですから。
麻薬王にして、CIAの帝王である大ブッシュさんが、統一の文と仲良しなのも、アッタリマエなわけですね。今度の米大統領選でも、随分と統一のカネが小ブッシュ陣営に流れたようですね。
尚、本件の主たる議論は、2チャンネル、警察板の「告発します 第3部」スレッドにて、進めています。
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=police&key=985780338&ls=100

【あらすじ】
1.一連のオウム事件が起こり、オウム信者が犯行を自供した。だから、オウムの仕業に間違いない。誰もがそう考えると思います。実際はどうでしょうか?

2.オウムの内部には、他の宗教カルトや外国勢力から、大量のエージェントが送り込まれていました。そして、派遣元の教団では出来ないような、犯罪的行為・破壊工作の準備を、オウムの名を借りてやっていたのです。一説には、オウム信者の半分が、これら別のカルトから送り込まれた連中であったという分析もあります。

3.オウムの幹部も、これらの他の宗教カルト・外国勢力の連中が内部に存在することは知っていました。しかし、協力関係を持つことで、警察やマスコミ対策を委ねる事は出来たし、覚醒剤の密造や流通の局面でも、オウムにはないルートを持っていました。だから、もたれあいを続けていた。

4.ところが、情勢が変わり、犯罪露見の危険性が出てきた途端に、宗教カルトは、「全ての犯罪的行為はオウムが単独でやったこと」と隠蔽するために、一斉に工作に乗り出したわけです。もとより、万が一犯罪行為が発覚しても、オウムに罪を全て負わせる準備を整えてあったのです。

5.まず、これら宗教カルト・外国勢力の工作員(オウム内部に潜入していた者を含む。)や仲間の暴力団が、坂本事件や刈谷さん拉致事件を引き起こしました。そして、外からオウムの犯行だと騒ぎ立てたわけです。これに呼応して、準幹部的立場にいたエージェントや運転手など幹部のそばにいた偽信者が、わざと逮捕されて、犯行を自供しました。そして、警察やマスコミ内部の宗教カルト信者が、一斉にオウム単独犯行説を流布し、国民を丸め込んだわけです。これだけ大掛かりな隠蔽工作を行い得る宗教カルトといえば、もうお分かりと思います。この日本にそんな能力を持ったカルトは、一つしかありません。もっとも、その巨大カルトに便乗し、オウムへの関与を隠しとおした別のカルトが、いくつかあったことも忘れてはまりません。

6.オウムの外にいる人たちの正体も見極める必要があります。被害者の会、脱会信者の会、オウム専門のジャーナリスト、弁護士たち….この人たちの一部は、実は他の宗教カルトがオウム事件に関与したことを隠蔽し、「オウム単独犯行説」を外から煽り立てるために動員されているのです。彼らを背後で操る人士がいるのです。

7.物証や第三者の証言が、どう考えても自供と辻褄が合わない。検察が信者の自供以外の証拠を、裁判で全く採用しない。などなど疑惑だらけです。自供した信者たちは、実は真犯人ではなく、彼らが本来属する他の宗教団体や外国勢力へ疑惑の目が向くのを阻止するため、わざとオウム信者の名前で犯行を名乗り出たのです。彼らが心中で帰依する相手は、麻原ではなく、池田や文、そして金だったのです。

8.もちろん、逮捕された幹部の大半は、真正のオウム信者です。しかし、彼らも脅迫、洗脳、取引により真実を語ることが出来なくなっています。一連の事件への関与を認め、オウム教団が謝罪したのも、実は、他の巨大教団との取引の結果です。

9.オウムが武装蜂起を準備していたのは事実かもしれません。ただし、オウムの名前で武装蜂起させたかったのは、他の宗教団体・外国勢力かもしれない。オウム事件はまだ始まったばかりであり、これから本番のシナリオを実行に移そうとしている輩がいることを、知っていただきたいのです。オウムの真相を知る権利が、国民にはあります。

10.最後に付け加えます。オウム事件の背後には、世界最大の権力をもった集団が隠れています。マスコミがオウム事件の報道で真実を語らないのも、警察、検察、裁判所が、嘘をつきとおす姿勢を変えないのも、全てこの大きな権力のなせる技です。世界中のどのマスコミも、その権力の描いたシナリオどおりの報道しかしていません。このHPで彼らの正体を知ってください。世界の闇が、その馬脚を垣間見せたのが、オウム事件なのです。

各文書の題名をクリックしてください。リンク先もしくは、サイト内のファイルに飛びます。表題の下には、内容を要約しておきました。(未完成部分は、暫時追加の予定です。)

印文書 : 世の中の99%の人、つまり大衆が信じる標準的オウム事件像。もしくは、意図的に描かれた虚像。大本営発表
印文書 : 世間知らずの大衆ではなく、常識を疑ってかかるのが真実探求の道と知る人のオウム事件像。実像に近い。重要な文書には、印をつけました。
印部分 : 管理者注釈、もしくは管理者のサイトですです。
印文書 : 英文サイト、文書です。(英文サイトの翻訳文に限り、印をつけました。)

 

 

1.坂本弁護士一家拉致殺害事件 坂本事件の真犯人は暴力団員。背後に創価と統一、そして外国勢力がいる。

 

オウム被害者の会が結成され、オウム攻撃を開始。会の実体は、創価・統一がオウムに送り込んだ偽信者の家族。創価・統一の指示で働いた。オウムの反社会性を印象付け、社会の関心が創価/統一に向かわないようにするための謀略。⇒参考文書 LL/MM
会の結成に一役買っているのが、江川昭子。統一信者との情報があり、統一の意向で、オウムを陥れる策略の先頭にたったということ。実直な坂本弁護士は、被害者をつくろった創価・統一信者の言葉を信じ、オウム追及を始めた。江川らにより会の活動に引っ張り込まれた。⇒参考文書 QQ
弁護士一家拉致の夜女性二人組が坂本宅を訪れているとの、当時の報道がある。江川昭子が坂本宅の鍵を開けさせたとの古い情報がある。安心させて、拉致の段取りをしたのではないか?⇒参考文書 QQ/TTVV
坂本一家は、オウム信者により自宅で殺害されたことになっているが、実は薬物で昏倒させられ、拉致された。もしくは、おびき出され別の場所で殺害された。⇒参考文書 DD/GG/VV
拉致の実行犯は、創価と深いつながりのあるY系G組の組員3人だった。自供したオウム信者は何の関係もなかった。⇒参考文書 AA/BB/CC/EE/SS
坂本氏は、国労の訴訟で、公安の不正行為の決定的証拠を掴み、暴露する寸前であった。公安にも、彼に消えてもらいたい理由があった。横浜法律事務所に、創価・統一・公安と繋がった人物がいる。買収されたのかもしれない。横浜法律事務所は、左翼系と目される事務所である。左翼活動家への公安の切り崩しは、長期の接触により幹部を内通者に育て上げることであり、事務所に公安の犬がいたとしても、少しもおかしくない。⇒参考文書 HH/JJ/KK/OO/PP/UU
坂本事件を自供した信者は、ダミー。オウム内部の創価・統一の偽信者。だから、供述が支離滅裂で、辻褄が合わない。ヤクザが実行犯のかわりに、替え玉を自首させるのと同じ手法。⇒参考文書 CC/FF/NN

 

BBS

 

貴方の知っている情報をBBSに書き込んでください。
(2チャンネル 警察板 告発します 4代目 スレッドです。)

 

 

 

オウム帝国の正体(新潮社)・・・・坂本事件の真犯人がわかります。ネット上の文書は、こちら

AA ある暴力団員の情報 「坂本事件に関わった暴力団員は3人いるんだ。全て山口組系の有力組織(ゴ○ウ組)のメンバーで、一人は東海地方のある都市で会社勤めをするなど、一般市民の中に巧く紛れ込んで生活している。後の二人のうち、一人は行方不明。もう一人は精神を病んで、中伊豆で療養中と聞いている。」

BB 神奈川県警捜査員の話 「いよいよ、念願の坂本事件の摘発ができると張り切っていた矢先、お盆頃を境に、それまで暴力団関与説を唱えていた幹部や捜査員が急に発言を封じられ黙り込んだり、人事異動で捜査から外されるなど、おかしなムードになってきたんだ。一ヶ月もたたないうちには、内部で暴力団の話をすると、「何を夢見たいな話をしているんだ。あれはオウムに決まっているだろう。」と一喝され、きつい仕事ばかり押し付けられる羽目に陥ったんだよ。」

CC (襲撃時の)現場での見張りだが、両崎被告ら4人は坂本弁護士宅近くの路上に駐車していたとしているが、坂本宅付近の道路は皆、狭くて一方通行が多いうえ、生活道路として意外と交通量がある。しかも、タ方6時から夜9時という車の通行が多い時間帯に、大の男4人がビッグホーンのような大きな車に乗っていたら、かなり目立っただろう。それどころか、通行妨害でトラブルさえ発生する可能性が高い。ところが、近くに駐車していた京都ナンバーのワゴン車を目撃した人はいたのに、ビッグホーンの目撃情報は皆無なのである。….坂本弁護士宅付近で目撃された京都ナンバーのワゴン車が京都の暴力団関係者の所有で、坂本一家の死体遺棄の際、富士山総本部でも目撃されていた。

DD 隣家の主婦は「その日は午前3時ごろに起きて、赤ん坊にミルクを上げていたが、何の物音も聞こえなかった」と証言しているのだから、いかにも奇妙だ。これもたまたま聞こえなかったのだろうか。

EE 中川被告が肌着に付けていた教団のバッジであるプルシャが寝室内に落ちていることには気づかず、しかも、そのプルシャの存在は、最初に坂本宅を実況検分した神奈川県警の警察官さえ見落としているというのだ。その警察官は鑑識係であり、他の警察官以上に現場の状況には目が届くはずであった。捜査当局がプルシャから指紋を採取したところ、発見者である坂本弁護士の母さちよさんらの指紋しか検出されず、中川被告の指紋は出ていないのだ。FF 「捜査本部は各容疑者を取り調べた際、坂本弁護士一家が住んでいたアバートの模型を作り、それを示しながら進めた。ところが、彼らの供述はかなりいい加滅で、殺害の手順も計画性はなく、行き当たりばったりといった感じだった。供述内容はいずれも、あいまいで2転3転するし、辻棲が合わないことも多かった。正直言って、この連中が本当にやったのかという印象が強かった。中川以外は皆、小柄で腕力もなさそう。空手の有段者とされた新実にしても、本当は8級だったからね」

初っ端から、坂本事件の犯人は他にいたとなると、面食らって疑心暗鬼になる方が多いと思います。しかし、ネット上の一部の人たちや、気の利いたマスコミ人なら、これは常識です。事情があって、報道できないだけの話です。それなら何故、信者が自供したのか、誰が何の目的で実行したのか、何故オウムに罪をかぶせたのか?全ての疑問は、このHPを読み進めば、解ると思います。先にお進み下さい。 注)ゴ○ウ組は、創価学会と深い関係のあるY組系の武闘集団。関東地方の覚醒剤取引の中核。オウムの早川ともつるんでいたと報道されており、オウムの覚醒剤密造は、ゴ○ウ組との関係から始まったと考えられます。幹部は、在日が主体。

 

 

GG 阿修羅♪オウム真理教&坂本弁護士事件
坂本弁護士一家のその部屋は以下のようになっていたと、当時は報道されていた。最近は、作ったシナリオに合致しないためか、みなさんで忘れようとしている。私の感想だが、たぶん、当時の報道が全部間違っていたのであり、警察のシナリオだけが全部正しい。で、当時の【全部間違っていた?】報道は以下。●夕飯喰った食器が洗ってなかった。坂本弁護士の奥さんは喰ったら必ずすぐに洗う人だったのだそうだが, 偶然にもその日だけ皿を洗わなかったのだぁ。●奥さんは夜寝る前には必ず家計簿を付ける人だった。しかし、 偶然にもその日だけ家計簿をつけていなかったのだぁ。● アパートの隣の部屋の話し声が聞こえるくらいの安アパートから大人2人と子供1人運び出すのは大変そうだけど、隣の人はその日 全く物音を聞いていないぞぉ。
HH 坂本弁護士と公安警察権力
坂本弁護士は、ものすごい仕事の完成間近であったようだ。
公安にとっては、真っ青になるような公安の不祥事暴露の予定だったようですね。公安には特定の巨大宗教団体に属した方々が大変多いそうです。

 

 

JJ 阿修羅オウム真理教強制捜査は明日 坂本弁護士は国家権力が拉致?
坂本事件も、雑誌週刊金曜日において、、国家権力を背景とした公安犯人説が大きくクローズアップされてきた。
坂本弁護士はテープを解読した.A面にはあの「デッチアゲ」のための謀議の打ち合わせ.B面には暴力でなく、騒ぎがそれぞれ録音されていた.国鉄当局からすると、公にされたくない「デッチアゲ」の意図までも弁護人にわかってしまったのである.国鉄はこのことまで録音されているとは知らずに、テープを裁判所に提出してしまったのだ.弁護団が解読したことを国鉄当局は気づいたことであろう.当然の事ながら国鉄当局は動揺したと思われる.そのことから、国鉄当局が弁護団や労働者に対しどのような対策を練ったのか、今の所わからない.しかし、坂本弁護士がこのテープをめぐる公判の開かれる直前の11月3日~4日にかけて拉致されたのは疑いのない事実である.

 

 

KK ★阿修羅♪オウム真理教強制捜査は明日! ( data021.htm ) 
….捜査を撹乱するために何者かが意図的に置いた物ではないかとして、オウム真理教犯 人説を否定する見解を紹介している. また、「週間金曜日」95年2月24日号には、中京大学の池田昭教授(宗教社会学) による、「拉致された坂本弁護士の周辺に漂う権力介在の疑惑-坂本弁護士が関わっ ていたもう一つの事件」と題する論文が掲載された.それによると、当時坂本弁護士 は、横浜の国労弾圧事件の陰謀を記録した証拠テープを解析するという重要な役割を 担っており、そのテープを次回の法廷で暴露する予定を控えていた.そんな坂本弁護 士を敵視した公安当局こそが事件の真犯人であり、坂本弁護士宅にオウム真理教のバ ッチが落ちていたのは、捜査を撹乱するための彼らの策略によるものではないかとの 趣旨である. この様な説が有力になるのを恐れた国家権力が、新たに拉致事件をでっち上げておう む真理教を拉致犯人と印象づけようとしている可能性は否定できない.LL【もう一つの事件-創価学会の暗躍】 国家権力だけではない.それに連なる勢力が暗躍していることも考えられる.という のは、1つ気になる事件が此の拉致事件と同時期に起きているのである. それは、2月11から12日頃発生した.東京都内の複数のオウム真理教道場近辺の 電柱や掲示板など約50カ所に、「松本サリン事件の犯人はオウム真理教だ.オウム 真理教を追い出そう」という内容を記した非望中傷ビラが大量に張り付けられたので ある.またビラの各戸配布もされている. ビラの張り付け現場を目撃したオウム真理教信者が、犯人の車のナンバーを記録し、 調査したところ、車の所有者は創価学会の熱心な信者であった. 此の事件について特に注目すべきは、その時期と場所である. 2月11~12日といえば、A子さんが出家を意思するきっかけになった富士山総本 部道場での修行に行った直後である. さらに、ビラは、オウム真理教亀戸道場のある江東区亀戸七丁目でも張り出されたが、 偶然の一致か、仮谷氏の自宅も同じ亀戸七丁目で、ビラが貼られていた場所の近くに あるのである. 仮谷氏の拉致事件に創価学会が関与しているという証拠はない.しかし、それと関連 のある時期・場所に発生したもう一つの事件に創価学会が組織的に関与しているのは ….
[怪死/乙骨正夫著]
「坂本弁護士一家事件と、今回の朝木市議事件の展開、プロセスは本当に酷似している。宗教団体の不正や犯罪を追及していた人物が拉致、死亡という形で被害者になった。しかし、警察はまるで及び腰というかやる気なしで、むしろ真相解明を妨害しているフシさえある。ことに朝木事件では、[怪しいから捜査しない]という感じが露骨にする」
実際、警察・警視庁と創価学会はなれ合ってきた。創価学会はこれまでに大量替え玉事件(二万人!)、投票所襲撃事件など数々の悪質な犯罪行為をくり広げてきたが、そうした事件の処理方法に、具体的事例をみることができる。”
坂本事件で、警察は朝木事件と同様に、及び腰だった。なぜか?同じカルト組織、創価学会の犯行だからでしょうが。

 

 

MM ★阿修羅♪岩永天佑 告発の書
89年3月 オウムの宗教法人認証をヘロデの指示で結成させた「被害者の会」、北川などを利用して徹底妨害、オウムの救済活動を遅らせる。8月  宗教法人認証によって麻原抹殺指令が下る。9月 ヘロデ(創価、統一)の人脈がある『サンデー毎日』を使ってオウム中傷大キャンペーンを展開。11月  ヘロデの親衛隊、外部エージェントが坂本弁護士一家を拉致、殺害。反権力志向の強かった弁護士集団をヘロデの陣営に引き入れる。オウムの外堀を埋める。90年8月 ヘロデ、細川知事を利用して国土法違反をでっち上げる。犯罪集団オウムのイメージを固定。90年10月 ヘロデ軍の事実上の宣戦布告。国家権力を利用してオウムに対する一斉弾圧を開始。91年以降  ヘロデ、オウムに対するゲリラ戦を開始、上九一色村のオウム施設の内偵。エージェントに便宜させいかがわしい薬品類を大量購入させる。この時点でヘロデの親衛隊、エージェントがオウム教団内部に数十名潜行。米軍、ヘロデの覆面部隊が上九のオウム施設、麻原個人に超低濃度の毒ガスをゲリラ的に散布。麻原の目を毒ガスに向けさせ、サリン等毒ガスの脅威に言及するよう仕向ける。上九の薬品類、実験プラントをエージェントに内偵させる。最終的にサリンが合成できることを確認した上で、それを謀略の
手段として使用することを決定。94年3月 オウムを潰すと小沢(一郎)が「宣言」6~7月 ヘロデの覆面部隊がオウム関連の施設のある松本と上九でサリン実験。地下鉄の予行演習を実行。同時にオウムに嫌疑を向けさせる。7月以降 そのための「怪文書」も作成。95年1月 ヘロデ、元旦の読売新聞紙上でオウムに事実上の最後通牒。2月 エージェントの「信者」、ヘロデの下手人が刈谷氏を拉致、殺害。オウムの犯行に見せかけ、宣戦布告の口実を作る。3月 同じくエージェントの「信者」が自作自演の火炎瓶攻撃。後で暴露しオウムを窮地に追い込む。20 ヘロデの精鋭部隊が地下鉄にサリン、ソマン、タブン等を散布。22 ヘロデ宣戦布告、国家警察力を使って麻原、オウムを総攻撃。
なにをキチガイがほざいているのかと当然、殆どの方が思われるでしょう。しかし、このHPを最後まで読まれた後、どのくらいの割合の方が、考えを変えているか?

 

 

NN ★阿修羅♪謎の裁判(坂本弁護士事件の証人変)
坂本弁護士の骨が出てきたのは岡崎証人の自供の元、マスコミ関係者を山ほど集めて、これで出なかったらどうする?という環境で骨が出てきたことで、決着を見ました。が、本当に決着したのでしょうか?岡崎証人自体が自供しなければ逮捕されないのに、自供し有罪になるという、不思議な話が明らかになると思われた、麻原裁判での証人への質問は、矛盾が多発し、証人のやる気のなさも相まって全く訳が分からない裁判が進行し続けています。….証人の話が全然繋がらない。主尋問(検察の質問)とは違うことを言いだし、麻原弁護人が「主尋問と違うぞ」と教えてあげると、「良く覚えてない」とか「思っただけだ」とか。また答える態度も非常にやる気が無く、質問にならない。と、いうことで、坂本事件の解決の糸口はどこにも無くなってしまう様相を見せています。が、新聞ではそのようなことは全く伝わって来はしないのです。不思議の国、ニッポン

 

 

OO 滝本太郎弁護vsオウムの無罪を証明する会….リンクが切れてしまったようです。圧力でもかかったかな?
4日に横浜法律事務所は坂本卓に電話を入れたが、連絡が取れなかった。しかし、坂本弁護士は風邪気味だったの仕事が立て込んでいたため、予定していた旅行をキャンセルし、急ぎの書面を書く予定であった。しかし、事務所では行方不明として、大騒ぎすることもなかった。さらに、連絡が取れないのに、勝手に想像で風邪と判断するのも奇妙である。オウムのバッジは11月8日の麻に発見されたが、それ以前の6,7日に坂本弁護士一家の家族や、弁護士など多くの人たちが心配して出入りしていたが、なぜかプルシャは見つかっていない。事件前、当時の信者が持っていた2つのバッジを母親が取り上げた。その1つは坂本弁護士に渡しており、もうひとつのバッジが行方不明。しかし、その母親は「一つしか取ってない」と事実を曲げ、隠そうとしている。
横浜法律事務所って….???

 

 

PP オウムフリーボード 
オウム真理教=拉致、という印象を持たせるための工作も盛んだった。オウム真理教に害意を持ち、警察とつるんでいる横浜弁護士会が、漫画家小林よしのりに「坂本弁護士事件はオウム真理教が犯人」と書かせたのが昨年末。その妄説を雑誌『週刊金曜日』が「坂本弁護士拉致事件は公安警察が犯人」として明快に否定した途端、假谷事件が発生している。さらに、オウム真理教と拉致監禁の関係を印象づけるために、大阪拉致監禁事件までこじつけた。
誰もが正義の味方と信じきっている弁護士さんたちの素顔を、もう一度しげしげと眺めてみる必要があるようです。その、何とかって言う漫画家もね。どこかの宗教屋とつるんでいないか?繰り返しますが、別にオウムの擁護をする積りはありません。真犯人は誰か、何故オウムに罪をかぶせようとしたのかを論じているのです。

 

 

QQ re:6523 坂本事件
夜の8時ごろ、坂本家の玄関のドアの鍵を開けさせたのは、江川紹子だ、という話を2年ほど前に聞いたことがあるのですが、本当でしょうか? あまり聞かない話だけど、ガセ? あと、江川は統一協会員だというのもありましたが。古い話で済みません。
江川昭子が、統一信者で、坂本事件に関わっていた…となると話は俄然面白くなります。ワクワク!
★阿修羅♪読者のページ1996/01/31-1996/12/29 ( 1996read.htm )
VV NO.2 坂本弁護士事件の怪
(「週刊プレイボ-イ」95年10月3日号の「現役.公安幹部の告白<第2弾>」から引用)
前回のインタビュ-の時、「坂本さんの自宅を訪れたのは、坂本さんに信用させ、ドアを開けさせることができた女性の疑いがある」とおっしゃっていました。その女性が、11月3日午後8時過ぎ、坂本さんにドアを開けさせ部屋に入った。だから、4日午前3時頃に岡崎容疑者や早川被告が行った時はドアは開いていた、ということですか?「そう考えるほうが、『都子さんがドアの鍵をかけ忘れた』と考えるよりは、はるかに自然でしょうね」
「3日午後8時過ぎ」の訪問者を「坂本さんを信用させた相手」と考える、その根拠はありますか?「湯呑み茶碗です。坂本さんは、ある人から贈られた来客用の湯飲みセットを使っていました。鑑識が調べた結果、全部で5つあるはずのその湯呑み茶碗セットのうち3つがなくなっています」
ということは、3日の夜に3人の来客があり、坂本家では彼らにその湯飲みでお茶を出し、それがなくなっているということですか?「そういう推察も成り立ち得るということです」
「坂本さんに信用させ、ドアを開けさせることができた女性」というと誰でしょうね?江川昭子さんならご存知でしょうかっ!!坂本弁護士が姿を消した当夜、坂本弁護士一家に似た客3人がタクシ-に乗車し、横浜市瀬谷区三ツ境付近で降り、そこに待っていた二人の男と共にライトバンに乗り継いで行ったという。この情報は「注意を要する情報」として、わざわざ記者会見を開いて公表されたものなので、信憑性は極めて高い。そうだよねえ。安普請のアパートで抵抗する3人を殺して、物音一つしなかったし、近所の人も全く気がつかなかったという裁判でのストーリーより、よっぽど信憑性あるんじゃないでしょうか?

 

 

RR 坂本弁護士事件、これがオウムをはめるために行われた最初の犯行だ。:私見です。
SS 新潮45 2000年8月号 オウム坂本事件で暗躍した暗殺部隊 P.203
(坂本)殺人事件に関与した疑いのある元暴力団員が紛れ込む会社にしては立派過ぎたが、『親会社に当たるグループ企業は、ある宗教団体と組んで怪しげな仕事をしたり、絵画取引疑惑で注目されたところ。両者の間で大儲けしたのが、男の属していた暴力団なんだ。そうした縁で、男は潜り込めたのではないか。」(都内の企業舎弟)という。
親会社に当たるグループ企業とは、三菱商事のこと。ある宗教団体とは、もちろん創価学会のこと。三菱グループは、三菱銀行が創価学会の主幹事銀行をやったり、創価とつながりが深い。創価の肝いりで、坂本殺しをやったから、事後、創価に仕事まで斡旋してもらったのね。なるほど、三菱グループまでオウム事件の陰謀に加担していたなら、隠蔽工作ぐらい簡単に出来る。TT P.208 別の捜査関係者の証言。「午後8時過ぎ、坂本さんが自宅に訪ねてきた三人の男女と話しているのを、階下の住人が聞いている。断片的に聞こえただけだが、会話の中身が事件に関係している可能性があり、事件あとしばらく、この住人を警護していたのは事実だ。」UU P.212 ある捜査員の話:奴(坂本拉致実行犯の暴力団員)は、『自分はオウムでは絶対に捕まらない。』って、胸を張って言うんや。何で、そんな自信あるんやと聞いてみたけど、薄笑いを浮かべ、『そういうことになっているから…』と言うばかりやった。

 

 

1-2 2.刈谷さん拉致事件

 

オウム事件の整理整頓 PAGE1-2
INDEX PAGE 目次はこちらです

 

 

2.刈谷さん拉致事件 坂本弁護士事件がオウムではなく、公安の仕業との説が出て、奴らは焦った。

 

坂本事件の犯人が公安ではないかとの説が出て、創価・統一は焦った。オウム凶悪組織説を流布し、世間の関心をオウムに向けさせるため、カリヤ事件を引き起こした。
犯行には、オウム内部の創価信者と外部の創価マフィアが関わった。外部からは、オウムにしか見えない創価信者が担当した。⇒参考文書 AA/BB/CC/EE
事件後、警視庁の創価信者、マスコミの創価信者が、オウムの犯行だと煽り立てた。カリヤメモなるオウム犯行を裏付ける文書まででっち上げた。⇒参考文書 DD

 

 

 

BBS

 

貴方の知っている情報をBBSに書き込んでください。
(2チャンネル 警察板 告発します 6代目 スレッドです。)

 

 

 

AA 創価学会とオウム・・・・オウムに潜入していた創価信者…刈谷さんも、本当は奴らに….マッチポンプだ。
オウムの準軍事的構造は、秘密ボディーガード隊、内外情報機構、敵に対して筋肉を誇示するために使われたいわゆる「青年」部など、創価学会内部の警備機関とほぼ同一であった。オウムの軍部は、創価学会の秘密軍で鍛えられた信者によって作られたと噂されている。オウムと創価学会の準軍事的関係がはじめて公的に明らかになったのは、1995年4月4日、オウム広報部長上祐史浩の外国通信記者クラブでの会見であった。上祐は、諜報省がオウム防衛組織の背景を調べた結果、少なくとも27人は元創価学会員であったと公表した。この部門は、噂によれば、教団の諜報省とともに、オウム施設への強制捜査を導いた仮谷拉致殺人疑惑を含む、拉致者の殺害、殺人、肉体的懲罰の責任があるという。オウムの元創価学会員の多くは、犯行後、なぜか消えた、と上祐はつけ加えた。上祐の情報部は、創価学会とオウムの関係について内部調査を行なったのである。これらの隠された創価学会侵入者を彼は「スパイ」と呼んだが、彼らは、もしオウム真理教が警察の攻撃を受けてきたのであれば判決のために尋問されなければならない。そして、創価学会準軍事的軍隊は、東京地下鉄毒ガス事件を、おそらくは朝鮮半島で訓練されたテロリストといっしょに組織し、着手したことがわかるし、このことは、二つの教団のあいだの致命的な仲違い――それとも創価学会が海外情報組織から恩義を受けていたということのどちらかを指し示している(創価学会は北京・クレムリンと強力に結びついており、在日朝鮮半島人会員が上層部から下部に至るまで広くその教団に浸透している)。
この消えた元創価学会員は、なぜ追及されなかったのか?そこか事件の核心だったからである。創価がらみの事件は、警察もマスコミも深追いしない。だから、隠蔽できた。下線部にご注意下さい!!

 

 

BB サリン=オウム事件再考・・・・前科11犯の創価信者。何故免許証をオウムに貸したの?仲間だから?
そして二月二八日、目黒公証役場の事務長、假谷清志さん拉致事件が発生する。この真犯人が誰なのかは別として、一般的にはどう見てもオウム真理教が怪しい。一般の百パーセント近くがオウムを疑ったのではないだろうか。そして実際、オウム真理教の松本剛容疑者が拉致監禁に関わったと報道され、拉致に使用したレンタカーの書類から、松本剛容疑者の指紋まで出てきたのだ。このまま直に松本容疑者が逮捕されれば、すんなりオウム真理教による拉致事件が立証できただろう。だが、松本容疑者はなかなか逮捕されない。松本容疑者はレンタカーを借りるにあたって、他人の免許証使用している。で、当然ながらこの免許証の持ち主にも嫌疑がかかったのだが、どうやらこの人物は、ただひたすら松本容疑者に便宜を図っただけのようである。便宜を図った免許証の持ち主がまた、創価学会の信者であった。そのことがますます、公安警察を悩ませたのだ。
便宜を図った免許証の持ち主が、創価学会の信者であった。実行犯の松本容疑者も隠れ創価信者だった。こう考えれば、疑問は解けます。

 

 

CC オウムフリーボード ●假谷氏拉致事件、追及されない不審人物・・・新潮社があってよかった。 
http://destiny.prohosting.com/kanzen/Log2/OumuSarin.html
假谷氏を拉致したとされるワゴン車はレンタカーだ。借りるときには免許証を提示する必要がある。この免許証の持ち主が事件の重要な鍵を握っていることは言うまでもない。ところが、このとき使われた免許証の持ち主(スナック経営者)の証言が非常に曖昧なのだ。この極めて不審な人物に関して、マスコミはそれ以上追及することなく、うやむやにすごしてきたが、ついにその人物の正体に関して、『週刊新潮』三月三十日号に興味深い記事が掲載された。一部引用する。……受付で手続きしたのは別の男性で、使われた免許証はスナック経営者が再交付を受けたものだった。当初、スナック経営者は事件との関係については、「まったくわからない。免許証はだれかが盗んだのでは」 と供述していたが、「ある人物に貸したが、名前は言えない」と、事件への関与をにおわす供述を始めている。……ちなみにスナック経営者は、風俗営業法違反、児童福祉法違反のほかに、傷害、恐喝、覚醒剤使用など前科十一犯という経歴の持ち主。しかも、この人物はオウム真理教ではない某宗教団体(創価学会)の会員。なぜ警察は、マスコミは、この極めて不審な人物を追及しないのか。その裏には、何としてもこの事件をオウム真理教にこじつけるための陰謀が働いていることが見て取れる。『新潮』も言う。……この事件をめぐる警察とオウムのやりとりは、なにやらゲームめいている。スナック経営者や謎の女性の存在はとうの昔に判明していたのに、オウムの反応をうかがうかのように小出しにマスコミにリーク。
免許証を貸した前科者の札付き男が創価信者とわかったのは、マスコミ界で一番、創価マフィアの浸透度の低い新潮社が、たまたま突き止めたから。オウム事件では、オウムの内にも外にも関わった創価信者がうようよいるけれど、他のマスコミは創価マフィアにひどく汚染されているため、関与が報道されない。実は、非常に深く関わっていたということです。表面からはオウム信者にしか見えないけれど、裏に回れば創価などの他宗教の送り込んだスパイがたくさんいたということです。もっとも創価の後ろにはヤクザがいて、そのまた後ろに外国がいるわけですが。

 

 

DD オウムフリーボード ●存在しないメモあるなら見せろ!・・・刈谷メモなんて存在しなかった。警察の嘘 
http://destiny.prohosting.com/kanzen/Log2/OumuSarin.html
假谷氏拉致事件でも同様の例がある。假谷氏が拉致される前日に、同氏の長男に「わたしが拉致されたらオウム真理教を捜してくれ」というメモと、その日に面会した教団信者の名刺を託していた――という警察情報が流れ、マスコミは一斉に報道した。まるで三流小説のような、なんともできすぎた話だが、ほどなくして、この話は警察のデッチ上げであることが判明した。当初からメモの内容や量に関して警察の言うことが何度も変わり、各マスコミの報道に矛盾があったのだが、数人の誠実なジャーナリストの調査の結果、完全なデッチ上げであることが判明したのである。假谷氏の長男は言う。「メモなどの存在は知らない。父も宗教団体のことは一切話していなかった…」これは大問題だ。警察が証拠を偽造したのだ。ところが、この大問題をさらに追及し、報道するマスコミは今のところ一つもない。それどころか、多くのマスコミは臆面もなく「假谷氏がメモを残していた」という虚偽情報をいまだに報道し続けているのである。 もし存在するのなら、そのメモの実物を公開してみるがいい。それができないのは。警察・マスコミがデッチ上げているからだ。
假谷事件は、坂本事件の真犯人が公安ではないかとの見方が出始めたため、オウム犯行説を補強するためにでっち上げた事件。

 

 

EE 阿修羅♪K氏の投稿
….元創価学会員のオウムがカリヤ拉致の実行犯?地下鉄事件も朝鮮半島人+オウム側メンバー….

 

1-3 3.第7サティアン(オウムのサリン製造と覚醒剤・幻覚剤の密造)   1-3 4.池田大作サリン襲撃

 

INDEX PAGE 目次はこちらです
オウム事件の整理整頓 PAGE1-3

 

 

7サティアン (オウムのサリン製造と覚醒剤・幻覚剤の密造) 覚醒剤プラントは、サリンプラントと偽られた

 

第7サティアンで作っていたのはサリンではなかった。覚醒剤と幻覚剤だった。警察がこの事実を隠蔽し、サリンと偽ったのは、警察幹部の背後にいる創価が、禁止薬物の流通に手を貸していたからである。オウムの作り上げた巨大な薬物利権に創価・統一が群がって、利益をむさぼっていた。創価御用達のG組が流通に従事し、創価がマネーロンダリングに精を出していた。警視庁の創価警官らが、警察内部情報を流し、摘発を逃れていた。⇒参考文書 JJ/KK/LL/MM/PP/SS/TT/WW
事態が変化し、薬物密造を隠蔽する必要が出てきた。そこで、第7サティアンがサリンプラントだったという嘘をでっち上げた。外部の専門家をいれず、創価支配下の警視庁だけで捜査をして、サリンプラントとの偽りの結論を出し、ばれないうちに解体してしまった。そして、東京地裁では、創価検事と創価判事が「サリンプラントだった」という強引な結論を出そうと、インチキ裁判を繰り広げている。⇒参考文書 CC/DD/EE/FF/GG/HH/OO/UU
一旦起訴した薬物密造の起訴を東京地検の創価検事が取り下げ、第7サティアンの秘密を隠蔽し、創価・統一のオウム薬物事業への関与を未来永劫に封印した。⇒参考文書 QQ
強制捜査前に第7サティアンでひどい悪臭がするという事件があった。警察は、サリンに組成の近い有機リン酸系化合物を検出したと発表した。その薬物は、臭いのするものか?ちなみに、覚醒剤も製造工程で「ひどく悪い匂い」がする。⇒参考文書 VV

 

 

 

AA 麻原被告公判 産経新聞社 「サリン量産」審理へ・・・・大本営発表
起訴状によると、麻原被告は故村井秀夫幹部らと共謀、サリンを生成・発散させて不特定多数を殺害する目的で平成五年十一月ごろから六年十二月下旬ごろまでの間、山梨県上九一色村の教団施設「第七サティアン」で、サリンを生成するプラントを完成させるとともに、サリン生成の原料を投入してサリンの生成を企て、殺人の予備をした。
このシナリオで最後まで押し通すのは、ちょいと無理があると思うけれど、東京地検の次長さん。

 

 

BB 麻原彰晃・検察側冒頭陳述 サリンの開発と生成・・・・続・大本営発表
:誰がこのシナリオ書いたんだろう?このサイトの後の方を読めば解ります。もしくは創価に聞いてみてください。

 

 

CC The Aum Shinrikyo Investigation・・・・サリンプラントを専門家に見ぜず、あたふたと解体した。
麻原の公判は、専ら信者の自供のみを材料に進められている。最初から、警察は第三者が、サリンを製造していたと言われる施設に立ち入ることを禁止した。オウム信者たちは、そこでサリンを作ることは不可能だと抗議した。裁判所は、既に警察が調査済みであり、信者がサリン製造を自供している以上、化学兵器専門家が調査する必要はないと決定した。施設は、裁判の終了のはるか前、1月末、解体された。
警察は、第7サティアンをサリンプラントであったと偽る必要があった。だから、外部の専門家による調査を阻止し、信者に嘘の自供をさせ、そそくさと施設を解体して、証拠を隠滅した。薬物製造の目的であったことを隠蔽する必要があった。裁判所も隠蔽に協力した。警察と判事を操る輩がいるんです。彼らが私的に属する巨大な組織です。

 

 

DD ユダヤ暗号: 村井, TBS & 科学もみ消し・・・・サリン製造を疑う専門家に圧力
第7サティアンの貧弱な設備ではサリンの製造はできないと述べた日本の生化学協会長その他の日本人化学者たちには圧力が加えられた。日本で研究補助を受けている二人のフランス人生化学者が、私たちのチームと会見して、写真の証拠や印刷物を調査し、サリン疑惑についての深刻な疑問を抱いた。彼らは、BBCニュース特集のカメラに喜んで登場した――だが、テレビ放映は阻まれ、科学技術庁の共同プログラムを管理している日本研究開発法人の高位官僚によるさらなるコメントがあった。日本におけるイギリスの研究者グループも、公的な圧力のもとに置かれた。

 

 

EE 阿修羅♪K氏の投稿
第7サティアンでサリン合成は無理?フランスのふたりの有機化学者が疑問を呈した。BBCへの出演をとめられ、BBCも当局の圧力下に置かれる。有毒ガス(おそらくサリンではなく、タブン、ソマン、フォスゲンのサンプルの混合品)は、都内の政府ラボ施設で凍結されたもの?

 

 

FF オウムフリーボード ・・・・サリンは大学の施設程度では作れない。それよりひどいオウムの施設で作れた?
これまでの家宅捜索で確認されたサリン原料となる化学薬品は、三塩化リン、フッ化ナトリウム、イソプロピルアルコール、ハロゲン化合物など。サリンの生成方法は英語で書かれた文献が複数あり、大学院修士課程程度の知識があれば作り方は分かるという。しかし、実際に生成するには「完ぺきな生成装置と処理装置、高い技術を持った科学者集団が必要で、大学の施設などでは到底作れない」(宮坂貞・昭和大薬学部教授)という。   [3月26日/15:53朝日新聞]

 

 

GG 第7サティアン Seventh Heaven・・・・出ました!エクスタシーの一言が!
あの老朽化したプラントでサリンを作ったというのが本当なら、オウム全員と村民の大半が死んでいるはずだ。
日本の有機化学者や化学工業の専門家たちは、これほど恐ろしい毒物を製造するのに、あのような未熟な装置を使ったとする見解を嘲笑する。日本テレビニュース番組では、東京大学の化学の教授が、一連の引き伸ばされた写真を見て笑い、「この化学工場は大きすぎ、あまりにも建築がお粗末で、そして適切な換気装置もなく、サリン製造には危険すぎる」と述べた。来訪した二人のフランス人科学者に対して、ウィークリーのスタッフが、雑誌フライデーに掲載された写真と、オウム真理教から提供された報道用の写真を提示したところ、彼らはほとんど笑いをこらえることができずにいた。お粗末な装置にショックを受けて、そのうちの一人が、「装置は大変古い。このようなものは、老朽化した研究施設で有名な日本の大学ですらお目にかかったことがない」とつぶやいた。同じ写真を見せられた、カルフォルニアのシエラ・マドレにある、アンヴァー・バイオサイエンス企画の産業化学者であるトーマス・バニガンは、装置の継ぎ目に亀裂が入っているのを指摘し、「アメリカではこの工場は検査を通りません」と率直な意見を述べた。村井秀夫はなぜ、殺虫剤DDVP製造に関する随分ばかばかしい話を考え出したのだろうか? おそらく、エクスタシーやキャットといった、デザイナー・ドラッグの製造施設であると考えている法律執行の役人のトップも含めた、傍観者たちに化学工場の形態を説明するためである。これは、警察があのように急いで、サティアンからあらゆる物的証拠を取り除いた理由を説明しうるものである。薬品の大きな不法取り引き・操作・事業・運用には、日本化学薬品工業や厚生省の役人の、温和な見逃し行為という協力がなければならない。サリンは大変毒性の強い神経ガスであり、微量でも多大な被害が生じます。亀裂のあるプラント、換気設備のないプラントでの製造は、絶対に不可能です。覚醒剤や幻覚剤を作っていたと考えるのが、正解です。

 

 

HH 上祐史浩のサリン関与を証言した滝澤和義・・・・上九一色村は死体の山になったか?否。
滝澤の供述では、第7サティアンのサリンプラントは、94年4月に試運転が始まったことになっている。それから強制捜査までの1年のうちにプラントがひどく老朽化し、配管に亀裂が入っているのはおかしい。亀裂だらけのプラントでサリンを作れば、どうなるか?そこいら中、死体の山になる。それだけサリンの毒性は強い。あそこでは、サリンなんか作っていない。滝澤は、93年12月の池田大作暗殺未遂事件でも、下見や補助役として参加したと証言した。滝澤の言う事は、どちらも信用できない。池田は襲われてなどいないのです。

 

 

JJ オウム内部の二つの勢力・・・・第7サティアンは覚醒剤プラントだった。警察幹部がそう言っていた。
早川は、上九一色村でオウム施設内にアンフェタミン(覚醒剤)の主成分を作り出すための施設建設を行った。地位の高い日本の警察官によれば、その施設は第7サティアンであった。
その当時は、まだ買収されたり、はめられて左遷されていない警察幹部が残っていたっていうこと。

 

 

オウム帝国の正体(新潮社)・・・・第7サティアンでの覚醒剤密造を隠しておきたい警察は、サリンプラントに偽った。
KK 「一部の捜査員は、オウムの巨額な資産を覚醒剤を売り捌いて得た利益と解釈し、オウムと麻薬取引をしていた暴力団(ゴ○ウ組)のメンバーが、組織と麻薬密売ルートを守るために、村井の口を封じたのではないか、と考えたわけだ。」LL 93年ごろ、関東で供給源の解らない覚醒剤が大量に流れたことがあり、暴力団が出所を調べたところ、オウムとわかった。通常の密輸ルート品の三分の一の価格だった。オウムはサティアンで覚醒剤を密造すると同時に、台湾で技術指導を受けている。村井が視察される前に、教団の資産は1000億円と口走った背景には、覚せい剤収入があったのでないか?(P.157)MM 「暴力団(ゴ○ウ組)が暴対法逃れのため、麻薬や覚醒剤の密造をオウムに委託していた疑いは、極めて強い。それに対し、オウムは自前で覚醒剤を製造する一方で、北朝鮮から麻薬を密輸しようとしていたのではないか。その橋渡しと資金提供したのが早川で、製造・密売が村井、実際に覚醒剤を密輸して捌いていたのが、暴力団、という図式だろう。念のために言っておくが、その暴力団とは羽根組ではない。(ゴ○ウ組)オウムでこうした事情に詳しいのは麻原と早川、村井の三人だが、麻原の意思か、暴力団の考えかは別にして、その中で口が軽い村井を消した、というのが順当な見方ではないか」ベテラン捜査員の一人も、そう分析する。(P.160~161)
ゴ○ウ組は、創価学会と関係の深い暴力団です。

 

 

NN オウムへの申し立て・・・・マスコミも偏向報道で、サリンプラント説にご協力。何故?後でわかります。
「日本の大衆は、反カルトヒステリーによって叩こうとするマスメディアの試みに簡単に騙されてきたが、やっと証拠が矛盾しており、一致していなかったことに気づき始めた。」「中間化学物質の貯蔵品が、警察によってオウム施設から他へ、捜索が始まる前にうつされたのはなぜか?おそらく、化学物質はエクスタシーなどの人口薬物製造のためであったのだ。」

 

 

OO 4 Years After Sarin Attack・・・・不法薬物製造を疑った麻薬取締官事務所は、捜査から締め出された。
Japan Times Weeklyで活躍されたYouichi Clark Matsushimaさんが指摘するサリン裁判の異常な側面:
①オウムの化学プラントには、換気装置がなく、神経ガスを製造するのが不可能であったことを、はるか以前に日本と米国の専門家が結論付けている。②日本の麻薬取締官事務所は、オウムの施設は不法薬物の製造目的で作られたと推測したが、警視庁は他者に設備の検証を許さなかった。
j警視庁は、創価信者の巣窟です。

 

 

PP 謎は謎のまま残った村井刺殺の“闇”部分(97/03/23)・・・村井の殺害も覚醒剤密造の隠蔽が目的 
結局、真相はわからないのである。誰がなぜ村井殺害を指示したのか。オウムと暴力団のつながりはどうなっていたのか。かつてさかんにウワサされていた、オウムが覚醒剤を密造し、それを暴力団に流すという関係が本当に存在していたのか。なぜ警察はオウムと暴力団のつながりを何ひとつ明らかにできなかったのか。….
警察内部の宗教屋は、暴力団とつるんでいた。だから、暴力団の死活に関わるオウムの薬物ビジネスを摘発することが出来なかった。それどころか、暴力団と協力して、隠蔽したのだ。

 

 

QQ 薬物4事件起訴取り消し 審理迅速化で異例の措置 ….裁判になったら、覚醒剤をどこで作ってたかばれちゃうもんね
….裁判の長期化が予想されるため、直接の死者が出ておらず量刑にも影響が少ない事件の審理を見送り、早期終結を図る。通常は被告が死亡した場合などに行われる起訴の取り消しを、審理の迅速化のため検察側が実施するのは極めて異例。
このニュースに強く反応したマスコミは皆無。大衆も殆ど気づきもしなかった小さなニュース。しかし、このニュースにどれだけ深い意味があり、腐った奴らの思う壺であったかを感じ取った人が、一体何人いたことか?14人も創価検事のいる東京地検は、オウムの薬物、とりわけシャブの密造について、追及を放棄してしまったのである。オウムがどこで、覚醒剤をどのくらい作り、どのルートでどの市場に流していたのか?国民の知る権利を無視して、臭いものに蓋をした東京地検は、オウムとつるんで薬物を密造していた組織に操縦された存在でしかない。組織が密造に関与していたからこそ、裁判でオウム信者が真実を語ることを恐れた。だから、起訴を取り下げた。審理の迅速化なんていういいわけを信じる馬鹿ばかりではない。今に、思い切り痛い目に会う。

 

 

RR 第7サティアンは、サリンプラントなんかじゃない。:私見です。
SS 2チャンネル 続・告発します….元オウム信者さんも、覚醒剤密造を証言!

927 名前:エレンサテギデドール投稿日:2001/03/28(水) 14:31
こんちわ。はやいね・・あの事件から、、そっかー 気づいてる人いてくれたというだけで・・・嬉 創価学会員の人はたくさんおりました。確かに 統一教会の信者さん?は、おりませんでした。 そうです。騙されたとしかね、今は・・・。日本は 間違い無く 近い将来、創価さんに汚染される事でしょー 創価さんをなめてたら怖いですよ。おあと、業界では有名な話ですけど、創価さんは法の華とも つながっております。 どうでも、いいですけど・・・村山さん(←あえてこういう言い方します。)すみません。は、創価さんの指示の元殺された・・・ 海外に永住したくてもマークされてるかもしれないので、怖くて申請もできません。ちなみに富士で作ってた覚せい剤は、注射用ではありません。864 名前:856>861投稿日:2001/03/26(月) 01:56
私は警察ではありません。元オウムです。当時、刑事・公安警察の方と頻繁に会っていました。それからも個人的に警察とは付き合っています。今でもオウム専従の方とは電話も週に2、3度話します。 就職してからはある企業で総務をしていて、警察系の公益法人への寄付金とかを子会社から集めたり、トラブルを内内に処理してもらうための仕事をしています。かなり近い身内も警察関係ですので、自然に色々な情報が入ってきます。
オウムの覚醒剤疑惑ですが、オウムは確かに組織的に薬物を製造していました。これに村井さん刺殺事件が関わってきます。
指定暴力団の直参とは言え、特別な資金源のない組は自然と覚醒剤をシノギにするしかありませんし、オウム自体も暴力団の力を過信していましたから・・・。 オウムの金が暴力団に大分吸われたのは事実です。 今でも都内の競売専門不動産業者にオウムマネーは流れています。その不動産会社の社長も暴力団関係者ですし、弟も関西で3次団体の組長です。村井が殺されたのは、やはり覚醒剤の密造に関わる真相隠蔽が主目的だったようですね。
TT  Re: 悪を為す独善性、被害を呼ぶ被害者意識

…愛知の或創価学会代議士が、麻原をロシア政府に紹介したという情報があるのですが、どう思われますか?
確かに、仮谷さん拉致事件に使ったレンタカーなどは創価学会員の名義だったし、創価学会がオームに大量にエージェントを送り込んでいた、という情報も、日頃の創価学会のやり口をみている僕からすると、成る程と思わせられるものです。また、オームのサティアンで、数トンもの覚醒剤の原料が見つかっていながら、その裁判さえ行われない、というのは、刑事が「覚醒剤製造のキーマン」と調書に書いた石川を、後藤田が釈放した経緯はあれ、そのようにすべてを闇に葬る程の力がその後のオームにあるとも思われないという疑問にある種の疑念を起こさせるものでもあるのです。”例えば、1989年、ブッシュ大統領の就任まもなく、麻薬密売の容疑でアメリカに逮捕されたノリエガ将軍の自供の中に「池田の指示で、創価学会の資金がパナマでの麻薬取引の資金繰りにも使われ、そのアガリから池田は小沢一郎に相当な額を常時渡していた」という衝撃的なものがあった。そして、こうした「前例」に倣うかのように、今度の森擁立劇の裏側でも、多額のカネが池田の元から一挙に自民党サイドに流れたのではないか、との見方も出ているのである。[闇の永田町キングメーカー池田大作の全体主義政権づくりに向けた権力欲/「噂の真相」・古川利明稿]”<これなんぞも『独善性と被害者意識でしょうか(笑い)>これにあるように、創価学会は「ヤク」にも実際手を出しており、またその小沢一郎の秘書が、オームに関わっていたというCIA文書もあるようです。アジア・太平洋戦争というのは、実は日本のアヘン権益戦争であった、というのは正しいようです。やはり、オームの事件の本筋も・・・・
はい、そうですね。オウム事件の本筋も、麻薬の権益争いだったんです。
UU 2001年1月31日付朝日新聞朝刊 裁判の「サリンプラント建設事件」の」詳細尋問から…. 

1月に開かれた3回の公判では、サリンプラント建設事件に関し、 滝澤被告に対する弁護側の反対尋問が続いた。建設されたサリンプラントでは、実際にはサリンは製造されなかったとされる。サリン製造が可能だったとする検察側主張について疑いを掛けたい弁護側は、詳細な尋問を繰り返した。

異臭騒動 :
第181回公判から、弁護側はプラントが建設された山梨県上九一色村の「第7サティアン」の検証調書を示しながら、プラントの内部構造について詳細に聞き始めた。「このタンクに入っていたのは」「この配管の繋がり方は」。。。。「質問が細かすぎる」と検察側から異議が挟まれたが、「必要があって聞いている」と主張する弁護側は尋問を続ける。滝澤に対する質問!:
弁護人「塩酸基はどこに行くのですか」
検察官「一つ一つ聞いていくと、時間もかかるし、関連性もない」
弁護人「主尋問で聞いていない。この部分については立証しない、 ということか」
検察官「そうではない」
阿部裁判長「証人ができた、と言っているんだからいいじゃない」
弁護側「そんな!!」と声があがった。

さあて、ここまで読んでも、東京地裁の裁判の異常さに気が付かれない方のために、解説させていただきましょう。
(創価)検察側は、第7サティアンがサリンプラントだったことを、公判で固めてしまいたい。実際に、第7サティアンでは、サリンは製造しなかったということになってるのだから、サリンプラントであったかどうかは、どうでもいいことのはず。

本当は、覚醒剤プラントだったから、それを隠すために裁判で、はっきりとサリン製造目的だったことを結論付けておきたい人たちが居ると考えると合理的に理解できる。弁護側は、このあたりのこと知ってるから、わざと専門的質問を滝澤にぶつける。もともとサリンプラントじゃなかったから、辻褄のあう回答が出来ない。ぼろが出るのを恐れ、(創価)検事が詳細質問を差し止めようとする。(創価)判事が、お追従する。「証人ができたといってるんだから、いいじゃない」なんて、神聖な裁判で使うべき言葉ではない。ふざけるな。朝木市議事件と同じ構図でオウム・インチキ裁判は進んでいる。

 

 

VV 覚醒剤は、製造工程でひどく悪い匂いがする
上九一色村富士ケ嶺の住民が昨年七月、「ひどい悪臭がする」と訴えた問題で、警察庁科学警察研究所が周辺の土壌などを鑑定したところ、猛毒ガスのサリンに構造が似た有機リン系の化合物が検出されたことが二日までに分かった。ニュースでは、サリンに構造の似た有機リン系化合物の臭いというニュアンスだが、本当だろうか?覚醒剤を作っていたとしても、ひどい悪臭はする。臭い=覚醒剤と勘ぐられるのを恐れた輩が、科学警察研究所を使ってでっち上げた作り話かもしれない。サリンの完成品は、無色、無臭だ。
WW オウムとアウトロー@都市伝説
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=4649&key=993238899&ls=100

34 :オウムの中でイリーガルのドラッグを使いにくくなったのでイニシエーション用に合法ドラッグを輸入して使うことになりました。合法ドラッグとインターネットでサイバー教団を目指すそうです。さすがにもう着いていけません。でも合法ドラッグはLSDの時に比べるとマズい味付けのを大量に食べさせなければいけないので大変です。LSDの時には無味無臭なので誤魔化しやすかったなぁ 脱会した今、やっぱり破防法は適用してほしいなぁ。危なすぎです、あの組織。上から下まで皆、薬漬けで洗脳されてます。35: 覚醒剤はどうなの?
36: オウム食には混ぜていました。寝ないで働かせるためとLSDが相乗効果で効くからです。ちょうどあの頃のことを覚えている方には分かってもらえると思うのですが、オウムの覚せい剤は質は悪かったんですが警察の締め付けがきつく品薄だったので高値で売れました。その代わりにオウムモノのLSDは質が高いので有名でした。都内のクラブでも そういう話しをしている人が多く鼻が高かったです。
37 : オウムの覚醒剤は市場にどれくらい流れていたのですか?覚醒剤はその後品質改良を経て、結構いいものになったと聞きましたが・・・セックスに使えなかったのでオウム製覚醒剤は評判が悪かったと聞いた覚えがあります。
38 :名前:うーん、量は分からないです。某国から来る量が分からないから。質は良くなったかな?最初の酷さよりもましになったかもしれませんけど今の市場に出ているものよりは全然では?今の市場に出ているのに比べると粉にした時にベタベタした感じだったのは、あれは何でなんでしょうね。
39:ちなみにオウムの覚せい剤でも皆セックスにも使ってましたよ。ただ時期によって白くてサラッとしている指先で固まりでも簡単に崩れるものと、茶色くてベタベタして塊の時に固いやつがあって白い方が良かったです。上九のプラントでは覚せい剤よりもLSDが主だったのでオウムもあの時期には某国ルートで入れていたのを、そのまま流して稼いでいた印象が強いです40:LSDって上九のプラントで作っている最中に作っている人の方も作りながら幻覚見るんですよ。あれ凄いですね。口に入れたりしないんですよ。これなら絶対に洗脳はうまくいくと思いました。また洗脳用の映像作りにも懲りました。LSDが聞いてきた頃にどうやって言葉をかけていくか順番一つでも効き目が全然違うんです。人間って簡単に洗脳されるもんですね。
41:覚醒剤製造過程において、もの凄い悪臭がすると聞いたのですが、その対策は万全でしたか?オウムは異臭騒動を起こしていましたよね。あれは覚醒剤と関係ありますか?42:だから大規模に出来ず無臭のLSDをメインにして覚せい剤は某国からの輸入に頼った訳です。でも覚せい剤も当時のオウムで既に重要な洗脳グッズになってましたよ。問題になった異臭は時期的に既に覚せい剤生成のものでは無かったような気がします。43:なるほど、34さん、貴重な情報どうもありがとうございました。某国の覚醒剤の中継基地と化していたのですね。>オウム
当時、覚醒剤の値崩れが起きたと一般に言われていますが、それはオウム経由で市場に流れた某国の覚醒剤だったのですね。今現在はその某国の覚醒剤はオウムとは関係ないですよね?

44:現在の某国の覚せい剤事情は分かりません。オウムの現状は私は知り得る立場に無いのですがルートを持った人間が捕まっているので、ルートが無いのではと考えています。しかし値崩れについてはちょっと あの時期の認識は違います。値崩れが起きたのは本の一瞬で警察がオウムの覚せい剤の存在を恐らく察知した時点で日本中の覚せい剤が非常に厳しい取締りにあってかえって値段は高騰したはずです。それまでは覚せい剤よりもコカインの方が刑期が倍と言われていたのにオウムが覚せい剤を流し始めてからは、その刑期が引っくり返りましたよね。コカインよりも覚せい剤の方が刑期が あの時期には長かったのです。そのくらいの取締りをしていたのでオウムの覚せい剤によって値崩れしたと言われる時期は、非常に短期間ですしオウムの覚せい剤は質的にヤクザが流す品よりも品質が悪かったので値崩れの原因になり得たか、そもそも疑問です。

45: ちなみに某国の覚醒剤にも色々あるようでヤクザの仕入れている覚醒剤も某国と言われていますが質が良いですよね。 これは単にオウムがナメられていたからだと思います。ヤクザに流す覚醒剤は仕入れる人間が品質をチェックできると思いますがオウムはドラッグに慣れ親しんで未だ間もない人間が多かったので悪い品を高値で掴まされていたのだと今から考えると思います。その分LSDは非常に自信のあるものが出来ていました。LSDはクラブなどに行くと紙に染み込ませたものを皆使っていますよね。あれはLSDの溶液に浸した紙ですよね。でもオウムでは目薬や赤チンの容器に、高濃度のLSD溶液をそのまま液体で持ち運んでいたのです。「リキッド」と呼ばれていた奴です。最近見ないでしょ。あれを持っていれば自分よりもステージの低い相手の飲み物に混ぜれば権威付けができるので上の幹部は皆持ち歩いていたと思います。

46: オウムがいわゆるアンダーグラウンドで活動するにあたって、何か後ろ盾があったのですか?やはり、裏社会にも縄張りがあるでしょうし、オウムが儲けていた事に対するやっかみがあったのではないかと想像するのですが。早川氏や村井氏がその接点にいたなどと報道されていますが、彼らも元は普通の人ですよね。やはりオウムには裏社会の住人を黙らせるに足る守護神がいたと考えるのが自然だと思うのですが。

47:いたかもしれませんが、それについては分かりません。しかし上の人は明らかにヤクザと思しき人とはよく会っていたと思います。事件にしばらく前はベンツで乗り付けてくる光景も珍しくなかったと思います。それが無くなったなぁ と思っていたら強制捜査でした。今は上の裏社会へのルートを持っている人がいなくなったので当時のような活動ができないだけで薬物など何でも使って洗脳して自分の為に利用しようとする体質は全く変わっていません。その為に合法ドラッグなどの研究に今も血道を上げているのですから。ルートさえ出来ればマスコミに尻尾をつかまれないとさえ思えば直ぐにでも昔のようにハードドラッグを使って信者を洗脳しようという体質は全く変わりありません。上の人達は昔の洗脳のしやすさを今も忘れていませんから。気功やヨガ、催眠術なども洗脳手法として研究していますがドラッグの時の効果に比べるとどれも遥かに劣ると言わざるを得ません。たとえ合法ドラッグであっても無いよりは遥かにやりやすいのです。そう考えると今後裏社会の人達の接し方がうまければ直ぐにでも昔の洗脳手法を再導入するのは間違いないでしょう。そう考えるとオウムの体質を熟知している組織が再度接触してくるのでしょうかねぇ

48: オウムが地下鉄で例の事件を起こす前に、オウムは明らかに追いつめられていると感じました。オウム=サリンというビラを至る所で見ています。オウムは表社会とのトラブルは多く報道されていましたが、サリン事件の前に裏社会で何らかのトラブルがあったのではないですか?又は状況の変化が。
今まで通りオウムがアンダーグラウンドで儲けて、それなりのお偉いさんに上納金を納めていれば安泰ですよね。警察は宗教には手を出しにくいし、暴力団も表だって動けなくなっていた時代です(暴対法)。他にも危ない宗教は結構あるし。オウムを潰してしまうと、オウム利権に群がっていた人達は困ると思うのです。麻原の妄想など止められて然るべきではないですか。あの事件の前にオウムがサリンを撒くと思っていた人は沢山いたのですから。もうオウムは利用価値がないと判断されたのでしょうか? また、そう判断されてもしょうがない状況の変化があったのでは?

49: オウムが活動するに当たって、外部から資金を得ていますか?

50:現状では信徒からがメインではないでしょうか。でもパソコンショップが有名ですが飲食店舗など手広くやっていて、その給与は全て布施で吐き出させられるので相当な収益だと思います。外部からの資金が入っているとは余り最近の活動を見ていると思えないですね。僕は今内情はわからないですが僕が知っている頃の昔の派手さは無いので

51:昔、選挙が終わった後に、外部から資金が入ったことは十分考えられます。オウムは金を儲けるのがうまいしね。投資しても十分見返りがありそう。若い人が多いオウムのお布施はそんなに高額になるのでしょうか?

52:昔ほどではなくてもセミナーで一人から徴収する金額が数十万みたいなのでビジネスセミナーの比ではありませんよね。 出家信者はほとんど ただ働きですよね。金のかかる幹部がいなくなったので生活は困らないですよね。

『ポリス・アンダーワールド』発行元:同朋舎で、発売元:角川書店 著者:住吉禮吉(元産経記者)
……事件後、日本の裏社会に精通している山口組の最高幹部の一人が、自信を持って口外した。「オウム真理教は上九一色村のサティアンで覚せい剤の密造をやっておったのや。覚せい剤を造るには製造するための釜焚きという作業を繰り返す。その際、養豚場にも似た、いやな臭いを発散する。上九一色村の住民がオウムのサティアンからの悪臭を訴えておったが、全て覚せい剤密造が原因やったのや。
オウムが製造した覚せい剤は粗悪なものやったが、1トンにものぼるやろう。オウム製の覚せい剤は、すべからく暴力団に流れておった。オウムで尊師と呼ばれた麻原彰光が、村井はじめ教団幹部と家族を連れてよう名古屋、知多半島、長島温泉辺りをウロチョロしておったやろう。あの行動の裏には、覚せい剤密売の商談が隠されておったのや。挙句、村井は殺されよった。
オウム事件が拡大した時点、村井がテレビなどで、ようベラベラしゃべるようになったやろう。その村井に、オウム製の覚せい剤に手を出していた裏社会の人間が、危機感を持った。それで村井を消した。
オウム真理教が覚せい剤を密造していることは警察、公安調査庁がいち早くキャッチしていたはずや。しかし、当時は”世界のドン金丸信”が山梨に君臨しておったやろう。金丸とオウム真理教は、昵懇の仲やったからな。警察も早い時期にオウム真理教に手を出せなかったのやろう」
①オウムは、第7サティアンで覚醒剤を密造していたが、品質が悪く、かつ近隣住民の悪臭への苦情が相次いだため、中止した。かわりに、喜多本国からの密輸品を市中に流した。(日本の各地の海岸に係留してあったオウムのモーターボートを思い出そうではないか!)
②そして、プラントは、製造に性交したスピード(LSD)の生産に転用した。
③が、日本の麻薬市場は、あくまで覚醒剤が主流であり、需要に追いつくために、時にはプラントを覚醒剤製造に再度利用した。悪臭事件が、発生した。
この辺のことは、ゴ●ウや草加警視庁、江川太郎左衛門、多岐元あたりが、よーく知っているだろうけどね。死ぬまで口を割らないだろうね。否、「口を割ったら、死ぬことになる」の方が正解か。
封印された三国人の犯罪…こんな面白いスレもあったんですね。 
http://mentai.2ch.net/korea/kako/961/961775260.html
60:事件と同時に起きた国松警察庁長官狙撃事件も、国松が始めて総連本部の家宅捜査を指揮した事と関係があるのではとも思える。現場にわざとらしく北朝鮮のバッジを落としてたりしてるし・・。なにか、とんでもない陰謀があると思えるのだが。70:地下鉄サリン事件直後の週間現代誌上で栗本慎一郎が、麻原の出自について調査した結果、麻原の父親が戦後、朝鮮からわたってきた男というのが判明したと明言している。しかし、それもその後デマ扱いされるようになぜかなった。しかし、オウムの構成員の内少なくても幹部の全てが、在日(帰化を含む)と同和出身者で閉められてるのは事実。このあたりに日本社会に対する何かがあったのでは?と思うのは無理な想像だと言えるだろうか?
★この話本当?71:グリコ・森永事件 「北」工作員の犯行
http://www.sankei.co.jp/databox/paper/9707/html/0704side01.html
ただしこの記事を全面的に信じるのは危険。なんでもかんでも北のしわざで決着がつくなら、フリーメーソンを盲信していたオウムと一緒。73:グリ森事件の犯人が日本人ではないのでは?と思われる最も重大な根拠は送られてきた脅迫文にある。あの脅迫文は文法的にはそれほどの間違いは無いものの、決定的におかしな部分があった。どこかと言うと、「は」と「わ」である。例えば「我々は」を「我々わ」というように、日本人であれば間違い様のない仮名使いを文章全体で間違っているのである。これは、日本語は出来るが、日本で教育を受けた人間で無い事を裏付ける決定的な証拠だろう。74:オウム事件の最中、入信者のうち今だ百名を越す(若い女性が殆ど)出家信者が行方不明であるとの報道があったがその後ぷっつりとその件はなぜか報道されなくなった。さて、オウムが新潟に第二の拠点とも思えるほど行き来していたのは、報道でも明らかになっている。新潟にはオウムの所有する外洋クルーザーもあった。そして、そのクルーザーに複数の若い男女を乗せ出航するのを何度か地元民に目撃されてもいる。何の目的だったのだろうか?何所へ行ったのだろうか?レジャーを楽しんでただけなのだろうか?75:グリコ森永の社長が北朝鮮へのお金の寄付を断ったから、反動分子ということで北の工作員に攪乱工作をされたってのが本当のところか?結局大金を、北側に払って決着つけたみたいだけど。ってことはグリコ森永は@日系企業と言う事か?76:>70 週刊誌で見たんだけどオウム施設一斉がさ入れの際、がさ入れを逃れて滋賀の路上で捕まった信者がもっていたオウムの詳細な情報が入ったフロッピーディスクは、ほとんどがハングル書きだったみたいよ。公安当局は、その資料を解析して大体の事件の流れを詳細に把握してたらしい。でもその後、朝鮮と事件を関連付ける報道、警察発表は皆無に近かったね。なぜだろう?一説には某大物政治家が圧力かけたって噂もあるけど。真相はどうなんだろう?77:上九一色村のサリンプラントだが、土田被告がいかに化学知識に長けていたとしても彼の他数人のみであのプラントを完成させるのは絶対に無理。研究棟で少量のサリンをやっと完成させた程度の人間がその後、短期間にあの大プラントを設計から完成まで仕上げる事など到底できっこない。やはり、プラントを実際に造った経験のある者の協力があったと考えるべき。上九一色強制捜査では、相当数の食済みの肉類の缶詰の空き缶が発見されている。(中に日本では販売されてない食材のものもあった
らしい)信者には肉類の摂取を禁じているので信者が食した物ではない。また、麻原の家族だけで消費しきれる量でもない。となると、外部の人間が相当数施設内に出入りしてたはず。上九一色の村民の情報にも明らかに信者では無く、日本人ともチョット風情の違う東洋人数名が施設に出入りしているところを見たという話しもあった。
わくわくするなあ!

82:東京の下町に西新井病院というのがある。その病院は総連=北朝鮮の経営する病院である。そしてオウムの経営する病院の医師の中にその西新井病院から移ってきた医師がいた。このあたりからもオウムと北朝鮮のつながりが・・・・。また、オウムの病院では他の病院とは比べ物にならないほどの死者が出ている。しかも死者の殆どはオウムに財産の殆どを寄贈した事になっている。
病院に来た老人を薬物でぶっ殺し、財産寄付の書類をでっち上げて、財産根こそぎ掻っ攫った?なんだ、統一のノウハウかい?

97:オウムと言えば江川、有田のコンビが頭に浮かぶ。彼等はオウム事件ではテレビ、雑誌に最も登場したマスコミ人だろう。一見すると彼等はオウム追及の先鋒のようだ。しかし、何かが違うのでは?と思える事もある。彼等はオウムを追求するように見せながら、実はオウムの背後を意図的に隠そうとしている様に思える。江川は一切オウムに背後関係は無いと根拠も無くテレビで言明してもいる。有田も背後関係に付いては一切言及しない。これは彼等があの事件をオウム単独、特に麻原個人の発案に拠る物とし、結果的に、背後にある某国や団体を守ろうとしているのではとも思える。
ちなみに江川、有田と云う姓は三国人に多い姓でもある。

★こ、この書き込み、2000年の8月だよ。こんなに解っている人がいたなんて….。最後の一文が気になる。

99:江川についての疑問はまだまだある。なぜあの閉鎖されたオウムの内部事情にあれほど詳しいのか?なぜ、オウム批判の立場にあるものがオウム内部に入ることが出来、あれほどの情報を得る事が出来たのか?しかもなぜ、幹部と接触でき話しも出来たのか?そして、一貫して江川の主張は麻原絶対権限説の強調に終始しているのはなぜか?何かを隠そうと意図してるのではと思えてしまうのだが。

 

 

4.池田大作サリン襲撃 池田は襲撃されていない。オウムとの敵対関係を繕うための捏造だ

 

オウム事件後、創価はオウムとの関係を知られることをひどく恐れた。そこで、世間にオウムと創価が敵対関係にあったことを印象付けようと画策した。⇒参考文書 DD/EE/FF
まず、警視庁の創価信者が、池田サリン被害の情報を、盛んにマスコミにリークした。ついで、創価支配下の毎日グループが、スクープ報道した。他のマスコミの創価たちも追随した。
警視庁の創価は、当時創価の池田の警備担当から、被害届けが出ていたことを繕った。これで、馬鹿な大衆は皆騙された。マスコミが、被害届に対応しなかったのは、警視庁の怠慢だと非難してみせるところまで、芸は細かかった。無知な大衆は信じた。
オウム内部の創価エージェントが、池田襲撃を偽証した。

 

 

 

BBS

 

貴方の知っている情報をBBSに書き込んでください。
(2チャンネル 警察板 告発します 6代目 スレッドです。)

 

 

 

AA 『地涌』
オウム真理教が、平成六年にサリン迫撃弾を使用し、池田大作創価学会名誉会長を暗殺しようとしたが、取り扱いを誤り失敗し暗殺者が逆に重症となった。この衝撃的な事件をスクープしたのは、『毎日新聞』であった。オウム真理教による武力をもっての創価学会攻撃に関する記事は、その後もいくつか報じられている。
これが、創価学会自身のサリン襲撃への公式見解です。やっぱり、最初に報道したのは、創価御用達の毎日新聞な訳ですね。衝撃的なスクープねえ….???

 

 

BB オウム林郁夫被告 サリン指示を再現 (サンケイ新聞)
林被告は当初、サリンが殺傷能力があることも毒ガスであることも知らなかったが、創価学会の池田大作名誉会長を「ポア(殺害)」しようとして、教団が失敗、新実智光被告(三二)が重体に陥り、林被告は治療をした際、サリンで池田会長を殺害しようとしたことを知ったという。林被告はその時の治療の様子も詳しく再現した。
新実も林も創価と取引して、偽証を引き受けたわけだ。

 

 

CC 95/06/21 東京朝刊 社会面・・・・池田に大川隆法…そんなつまらんもん、殺してなんになる? 
山形被告はこのほか、創価学会名誉会長の池田大作氏(67)や、宗教団体「幸福の科学」代表の大川隆法氏(38)についても殺害計画があったと供述しており、警視庁では、対立する人物や組織を攻撃しようとしていたものとみて捜査している。
なるほど、池田だけではなくて、大川もオウムとの関係を否定しておきたかったわけですか。池田と大川に共通する点は、在日出身だということ。

 

 

DD ユダヤ暗号・・・・池田サリン攻撃があった。だから、オウムと創価は敵対関係だ。そう思ってほしかったんでしょ?次に、新進党党首で妻が創価学会員の小沢一郎が、オウムは自分を殺そうとしていたと述べた――たぶん、オウムのパトロンとして巻きこまれた新進党の同僚、山口敏夫と中西啓介とのあいだに何か動機があったのだろう。それから、創価学会は、創価学会インターナショナル(SGI)の名誉会長池田大作を殺そうとしていたと述べた!池田の暗殺計画が一層こっけいになったのは、ピンク・パンサー・コメディの大失敗計画そっくりに聞こえたからだ。オウム自衛隊(創価学会偵察の避難所)の大臣、いわゆる「ヒットマン」新實智光が、VXガス噴霧器で武装された傘を使って、池田を殺害し、池田の邸宅に侵入しようとした、というのだ。もちろん、池田は常に護衛されており、創価学会代表の家はブルージャケットの創価学会「青年部」員が取り巻いて護衛している――全世界で数百万人が、金や、娘の貞操を取り戻そうと池田を狙っているのだから。スペクターと池田大作、小沢と毎日グループに共通するものは何だろうか。一つには、きわめて変わった議題だが、彼ら自身のホロコーストの犠牲者から金を巻き上げようという俗物的方法である。….これら創価学会サークルに対する暗殺計画の主張は、あきらかに偽物であり、おそらく彼らがオウム真理教と異常に密接な関係を持っていることを隠そうとしているのだろう(詳細はオウム百科にて)
池田の暗殺計画が創価のでっち上げだと、本当の事を書いたのは、Japan Times Weeklyだけでした。お陰でどこかから圧力かけられて、記者さんたちみんな首になりましたけれど。

 

 

EE 阿修羅♪K氏からの投稿・・・・オウム・創価・後藤・北朝鮮…覚醒剤繋がり
….地下鉄事件後創価はオウムとの関係を否定にかかる。小沢・池田・毎日「狙われた」宣言。(抗議は噴飯物。)神奈川県警には創価学会員。後藤組は,創価に資金。中国・北朝鮮・ビルマと創価の深い関係。禁輸地域との関係構築によって,大きな金が動く。
この短い文章、見逃しがちだけど、とても重要です。「中国・北朝鮮・ビルマと創価の深い関係。禁輸地域との関係構築によって,大きな金が動く。」この部分が、核心です。オウム事件と創価の関わりは、ここにあります。

 

 

FF 2チャンネル 警察板 告発しますスレッド
840 名前:もぐもぐ名無しさん 雄武や喜多がその気になれば坂本弁護士や村井のように必殺するだろう。それなのに未遂に終わったという事では●作襲撃等は島田教授偽装襲撃と同じヤラセの可能性は高いと思う。同じように襲撃されたと主張する者がいる。地下鉄サリン事件の時にテレビに出ずっぱりだった江川詔子だ。彼女はある番組の中で誰かが雄武の背後に統一とか第三国がいるのでは?と発言すると即座に「それは無いです。雄武の単独犯行です。」とその根拠も無く背後関係を否定していたな。
同感です。オウム以外の組織の暗躍が、はっきりと覗えるのに、根拠も示さずに簡単に否定する人物は、信用できないと思います。むしろ、オウムに罪をかぶせるために動員されたオウム以外の組織の息のかかった人物と考えるべきと思います。もとより、本当にオウムがサリンを作ったのかどうかも危うくなっています。サリン攻撃を受けたと主張する人物は、全て他の団体との関係を洗う必要があると思います。

 

 

1-4 5.松本サリン事件   1-4 6.豪州でのサリン実験

 

オウム事件の整理整頓 PAGE1-4

 

 

5.松本サリン事件オウムを陥れるため、わざわざ裁判まで起こしておいて…

 

オウムが裁判官を襲撃する理由が、どこにもない。土地をめぐる裁判は、オウムが敗訴するはずのないことが、最初からわかっていた。むしろ、告訴を起こしたこと自体が、オウムが裁判官を襲撃したと思わせるための理由付けだった。告訴当事者と創価・統一との関係が疑われる。⇒参考文書 JJ
誰もオウムのサリン散布車を目撃していない。オウムが撒いたとされるサリンとは組成の違うものが使用されていた。オウムがサリンを撒いたとされるよりも半日も早く被害が発生している。ほかにオウムではない犯人がいた。⇒参考文書 FF/KK
オウムが松本サリンの犯人だとするビラを撒いていたのは創価学会員だった。創価と統一が真犯人ではないかとの詮索が、当時あった。⇒参考文書 GG/HH
オウムが犯人だとする怪文書が出た。オウムの集団自殺をほのめかしてた。集団殺害する積りだったのか、オウムを脅す目的だったのか?創価に汚染されたマスコミもこぞって、集団自殺説を書きたてた。公安が書いたとする説があるが、どちらにしろ真犯人に繋がるものがかいた。⇒参考文書 AA/BB/CC/DD
松本事件の第一通報者で被害者の一人であるK氏が、当初被疑者扱いされた。警察もマスコミもお粗末だったが、K氏が創価学会員である事に注目したものは居なかった。いや、敢えて注目しなかった。⇒参考文書 GG

 

 

 

AA 松本サリン事件に関する一考察・・・・集団自殺をつくろって、集団虐殺する積りだった。
松本サリンをオウムの犯行と暴露した怪文書。
オウムが集団自殺をすることを心配しているが、集団虐殺を考えていた別組織が、自殺に見せかけてオウムを丸ごと抹殺するつもりだったのだろう。外国での前例でも成功しているから、真似しようと考えた?この怪文書を出した人物が、松本サリンの真犯人に繋がっている。 参考:アメリカのカルト宗教の集団自殺

 

 

BB オウムフリーボード ◆「集団自殺」しようとしているのではなく、させられようとしている
….おーコワ
どう曲解すれば集団自殺になるのか? ….強制捜査前後だけを取り上げて、「集団自殺を示唆するもの」と称するのは、意図的なデッチ上げ以外の何ものでもない。さらに、メッセージの一部分のみを引用して集団自殺と結び付けようとするあたりに、ある意図がうかがわれる。….にもかかわらず、それ以降も「集団自殺」と断定する報道が続いているのである。どこか一つのマスコミが、このような意図的なミスリードをやるというのならまだ話はわかる。しかし今回はいい加減な週刊誌やワイドショーだけではなく、NHKその他のニュース番組や一流新聞報道でもこのデマが流されたのだ。これは「オウム真理教が集団自殺をしようとしていると国民に印象づける」という一つの意図の下にマスコミ各社が動いたことを明白に表わしている。….繰り返そう。オウム真理教には集団自殺はあり得ない。もし万が一「集団自殺した」などと報じられたら、そのときは国家権力によって虐殺されたものと思っていただきたい。
オウムに全ての犯行をなすりつけようとしていた輩は、配下のマスコミを使って、事前に集団自殺の可能性を報道させておき、実際にオウムを丸ごと抹殺する積りだった。何らかの理由で中止になった。こう、考えます。マスコミを包括的に操作できるのは、ひとつの組織しかありません。そうかあ~。

 

 

CC阿修羅♪岩永天佑 告発の書….オウムを丸ごと消してしまおうと計画してたわけです。
事実、ブランチ・タビディアンや太陽寺院などのオウムよりはるかに小規模なカルト教団は謎の崩壊を遂げた。どれも「集団自殺」ということになっているが、事実は巧妙に仕組まれた謀略による虐殺である。
カルトの集団自殺は、CIAが邪魔者をまとめて一掃する時に使う手段。オウム事件には、天下のCIAさんもお関わりだったご様子ですね。オウム事件とCIAの関わりについては、後に述べます。

 

 

DD オウム帝国の正体….この怪文書は、松本事件のシナリオを書いた人が書いたのね。
スパイと言えば、1994年暮れから1995年1月にかけて出回り、話題を集めた「松本サリン事件に関する1考察」と題する怪文書がある。「サリン事件はオウムである」と断言したこの文書の作成者は、未だに不明だが、捜査当局やマスコミの間では、公安関係者が書いたとする意見が強い。

 

 

FF サリン事件への問題提起・・・・オウムがサリンを撒いたと自供した時間よりはるか前に被害が発生していた…
松本サリンでは、オウムが製造した以外のサリンも使用されていた。オウムがサリン散布をするよりも前に被害が発生していた。誰か別人が撒いたとしか考えられない。

 

 

GG 卒琢磨9号より・・・・なにがなんでもサリンとオウムを結び付けろ!どなたのご命令で?
「…とにかくなにが何でもサリンとオウムを結び付けようと努力が続けられたような気がする。警察が,マスコミが、国民一般がK氏や背後の創価学会,統一協会の方を向いているので….

 

 

HH 阿修羅♪オウム真理教強制捜査は明日・・・松本事件の犯人はオウムだと、創価信者がビラを撒いた
「95年2月11、12日都内の複数のオウム道場近辺の約50箇所に松本サリンの犯人はオウムだとという内容のビラが貼られ、各戸にも配布された。配布者の車のナンバーを調べたら、熱心な創価信者であった。」
どのオウム事件でも、必ずちょろちょろ名前の出てくる創価信者。

 

 

JJ 阿修羅♪謎のオウム道場裁判・・・・オウム道場の土地取引裁判が松本サリンの動機?とんでもない。
この松本の土地の裁判は、最初からオウムが負けるはずのない裁判だった。、敗訴を恐れて、裁判官をサリんンで襲ったという動機説には、根拠がない。
原告が第三者の意思で、わざと告訴したと考えられる。裁判費用を誰が負担しているかも、大いにも興味がある。オウムをはめるために、わざわざ裁判騒ぎを起こし、オウムが裁判官を襲う動機を捏造した上で、サリンを撒き、オウムの仕業と騒ぎ立てた奴らがいる。そいつらが、真犯人である。

 

 

KKアルミ検出・・・・なんで池からアルミが出たの?オウムが作った以外のサリンが使われたから。
サリン発生源と警察が言っている池から、アルミが検出されてしまった。オウムは、触媒にアルミを使用しない製法でサリンを作ったことになっているので、辻褄が合わなくなる。そこで、古いアルミ弁当箱が池に沈んでいたことにしたそうな。下手な嘘だなあ。

 

 

LL 松本サリン事件:私見です

 

 

6.豪州でのサリン実験

 

オウムがオーストラリアの内陸部で土地を取得し、なにやら科学実験の如き事をやっていた。それを、米国の著名なジャーナリストがサリン散布実験だったと偽って出版をした。オーストラリア政府もこの説を追認した。アメリカのメディアも、オーストラリアの政府も、オウムの真相を隠蔽する側にいる。なぜか?後でわかります。⇒参考文書 AA
一人の在日外国人が、猛然と事実誤認を非難した。彼は、オウムがオーストラリアで羊を相手にサリン事件をしたとの公式発表を論理的に否定した。ジャーナリストは論争から逃げた。⇒参考文書 BB/CC/DD

 

BBS

 

貴方の知っている情報をBBSに書き込んでください。
(2チャンネル 警察板 告発します 6代目 スレッドです。)

 

 

 

AA Cult at the End of the World ・・・・Kaplanさん、なんで嘘を書いたの?誰かの差し金?
「オウムは、創価学会の池田暗殺の失敗後、もう一度暗殺を計画して西オーストラリア州で綿羊に対し、サリン実験をした。オウムが全ての事件の犯人だ。」 By David Kaplan
この本が、米国など海外におけるオウム理解のバイブルのようになっている。しかし、内容には疑問点が多く、信用できない。後述のRomero氏からネット上で、事実誤認や虚偽記載を指摘され、誹謗中傷に問題を摩り替えて逃げようとした。KAPLANに知恵をつけ、本を書かせたのが誰であるか?後述するが、それがオウム事件の黒幕である。

 

 

BB A Chronology of Police Actions
上記の本を評して、「オウムはオーストラリアでサリン実験などしなかった。別の誰かがオウムに罪をかぶせるためにやったことかも。著者は嘘をついている。」By Mr.Tim Romero
CC Lies at the End of the World
Timothy Romero氏とKaplanとのやりとりです。

 

 

DD THE AUM THAT NEVER WAS
オーストラリア連邦警察は、オウム信者が93年の9月に、私有するバンジャワンステーションにて羊に対して神経ガスをテストしたと表明した。その証拠は殆ど存在せず、もし法廷で検証されれば、まず間違いなく否定される。

 

 

2-1 7.地下鉄サリン事件

 

オウム事件の整理整頓 PAGE2-1

 

 

7.地下鉄サリン事件 オウムに全てを罪を押しつけるための一連の作戦の集大成

 

地下鉄サリン事件の実行者にオウム信者が含まれていたかは、定かではない。ただし、オウム信者以外の犯人がいたことは間違いない。⇒参考文書 AA/BB/CC/FF/GG/HH/JJ/TT
地下鉄サリン事件では、サリンが使用されたかどうかは定かではない。ただし、タブンやアセトニトリルなど、オウムが供述していない毒物が使用されたことは、間違いない。⇒参考文書 CC/DD/EE/KK/OO/PP
林ら信者は偽証している。創価、統一との関係を洗う必要がある。⇒参考文書 CC/GG
裁判では、目撃証言や物的証拠が一切公判で採用されていない。オウム信者がダミーだから、供述以外を法廷に出すと辻褄が合わなくなる。2001年4月に初めて法廷に呼ばれた被害者は、やっぱり犯人の目撃者ではなかった。⇒参考文書 GG
事件直後、地下鉄サリンがオウムの仕業だと騒いだ奴がいた。創価信者だった。⇒参考文書 LL

 

 

 

AA サリン事件への問題提起・・・・真犯人をわざと逃がしたのは、警察の中の特定組織の仲間だったから。
地下鉄サリンでは、オウム以外の人物が日比谷線でサリンを散布し、最も多くの被害が出たが、この不審人物は身柄を拘束されなかった。いまだに誰なのかわからない。両サリン事件とも、バイナリー方式で現場で2液を混合してサリンを発生させたものがあったと思われるが、警察・検察ともこれを後に否定(隠蔽)している。バイナリーはプロ(軍人)の手口であり、オウムが採用したとすると矛盾が出てしまう。だから、サリンの最終製品を使ったと偽る必要があったのではないか?オウム弁護団の安田主任弁護士は、これらの疑惑を追及しようとしたが、別件で逮捕され10ヶ月も拘束された。(口封じの目的だった。)BB 地下鉄サリン事件・松本サリン事件の実行犯は、オウム真理教のメンバーと言われる。それはそれとして、これまで述べてきておわかりのように、問題は現在の公訴事実がすべて真実といえるのか、意図的に何か隠蔽されているのではないかという、疑問がある。ここまで書いてきた内容で、一般に信じられている内容が事実ないし真実といかにくい違っているか、少しは感じていただけたと思う。一般に報じられている裁判報道がすべてを伝えているとは、私にはとうてい思えない。地下鉄サリン事件・松本サリン事件をオウム真理教メンバーのグループの単独犯行とする説に疑問を投げかける所以である。

 

 

CC 林泰男被告の裁判、築地駅できえた不審物の件は?・・・・信者の自供以外の証拠品はなかったことに…
「比谷線北千住発での八人の死者、結局、すべて林泰男被告のせいとなっています。築地駅で消えた不審物の件など、弁護側は争わなかったんだろうか?…弁護側が消えた不審物の件であらそった、ということは少なくとも報道ではきいたことがないですね。ほとんど情状酌量路線で、事実関係を争うような刑事公判にはなっていないと思いますよ。…」
林以外の犯行者がいたことを、弁護側も争っていない。林も犯行を認めてしまっている。裁判所の裏側で話がついているのですね。

 

 

DDたぶんそれはタブン・・・・サリンじゃない。多分、タブンガスが使われたんだ。
日本の警察は、日本のメディアとともに、東京地下鉄の3月20日の攻撃で使われた毒ガスはサリンであったと強く主張した。数人の化学兵器の権威がこの主張に疑問を呈している。シカゴの緊急事態対応研究学会(ERRI)は、東京の犠牲者の症状がサリンへのヒトの反応と合致していないと述べている。むしろ、顕著な症状――視野狭窄、瞳孔のピンポイント、筋肉けいれんなど――は、タブンと呼ばれる別のタイプの神経ガスの特徴に一致するのである。他の外国の専門家も、症状に関して同様の疑問を呈している。「東京地下鉄攻撃で使われたガスがサリンかどうか、疑問を呈している科学者もいます。サリンは、もし噴霧されたなら、亡くなるのが10人どころではすまないほどの致死性を持っているとされています。鼻や口から血を流している犠牲者もいましたが、それはサリンの症状ではありません。ソヴィエト化学兵器プログラムの元代表は、サリンが無煙・無臭であると述べていますが、煙も臭いも、攻撃のあいだ存在したのです。わずかの噴霧でも、鳥目になるはずですが、それは一件も報告されていません。」
あーあ、日本は嘘つきどもの跳梁跋扈する最悪の国になってしまった…。EE絶対、タブン・・・・サリンじゃない。絶対タブンガスが使われたんだ。
タブンやソマンが、ちょうど通勤客の報告にあったような刺激臭を持つのに対して、サリンは無臭であることが示されている。世界のトップの化学兵器の専門家三人が、この事実をABCニュース番組の中で指摘したが、不思議なことに、日本ではこれが全く報道されていない。主要なネットワークはみな、”ある権力によって”放送を阻止された15の海外ニュースを仕訳けしたログ・シートを所有しているが、一つとして、国民の知る権利を守ろうとこれらのテープを放映するところはなかった。最近明るみに出たこれらの事柄は、最初から公然と隠蔽されていると思わざるを得ない状況の元に浮かび上がってきたものである。3月20日の朝の、化学薬剤の確認の第一報は、有毒物質は”マスタード・ガス”であるという、ある日本人記者からのものだった。この報告はまもなく撤回された。その後東京消防庁が、薬剤は薫蒸剤アセトニトリルであると報告した。次に、警察が、メチルシアン化物の容器が2つあることを報告した。これはアセトニトリルの別名である。その日大分遅くなって、薬剤はサリンだったという結論が出された。これは、証拠が不適当であることが明白であるにかかわらず、警察が頑固に押しつけたものである。
アセトニトリルはサリンでは発生しません。襲撃直後のニュースで見られた、被害者の出血についてはどうだろうか?サリンやタブンは出血を引き起こさないが、ホスゲンは肺の血管に損傷を与える。東京の医師たちは、出血した被害者たちはころんだときに鼻を傷つけたのだろう、と推測している。もちろんこの見解は、おびただしい口からの出血の原因を説明するものにはなっていない。
サリンでは出血は起こしません。だから、サリンではない物質が、オウム以外の人物によって使われたのです。

 

 

FF阿修羅♪地下鉄サリン「闇」に消えた犯人・・・・警視庁は真犯人を被害者の一人につくろった。そして、逃がした
1995年3月20日朝。通勤時間。悪魔の事件は起こった。
その日、こんな報道があっことを覚えている人はいないだろうか? 不審な男が電車から降りるなり逃げ出した。怪しいと即座に気づいた乗客2人が男を追いかけ取り押さえた。しかし、3人ともサリン中毒で入院中。回復次第、事情をきく。 そして、続報はこれである。 不審な男として入院していたのは、不審な男ではなく、普通の人でした。こんな、馬鹿な話があるかぁ!
この男は結局追及されないまま、どこかへ消えた。警視庁の創価サン達のお仲間だったからね。逃がしてあげなきゃ。GG阿修羅♪地下鉄サリン事件ビデオの男はだれ?・・・犯行を自供した信者に、似ても似つかぬ真犯人
….で、この「目撃された不審な男たち」と、「実行犯として特定された容疑者たち」と、どういうふうに似てるんだ?それに対する検討が今まで「全く」検討されてい無い。ワイドショーにビデオが流され、それを見ながらまぬけなコメンテーターたちがあーでもねーこーでもねーって、直ぐにやりそうだけど、この件に関しては「全く」無い。裁判資料として温存されていると考えるのが唯一残された疑問解決手段だが、現在までの裁判資料としては使われていない。これをどう考える?実行犯特定も自白のみに基づいてされているのだ。では、ビデオの男、目撃された男はいったい誰に対応するのだ?これを考えるのは当たり前のことだろう。なぜ、マスコミはそれをいわないのか?これも、超カンタンなことだ。理由は自分で考えてくれ。いろいろと、書きすぎたようだ。俺はしばらく離れる。
目撃証言が、オウムの実行犯と合致するか、裁判で一切検証がなされていない。つまり、合致しないから、検証なんかしたら、まずいことになるということ。オウムは、犯人ではない。HH阿修羅♪謎のメール
私はAUMが「サリン製造噴霧の犯人では無い」という事実を知っています。寧ろ、そのサリン等の瓦斯攻撃を或者から受け、その瓦斯の特定とその中和に関する研究をしていた事実も知っています。

 

 

JJオウムフリーボード ◆1.隠された真犯人 ・・・マスコミは黙りこくった。そう、マスコミを操る輩がそうさせた。
サリン事件、追及されない実行犯 :地下鉄サリン事件では、実行犯の一人とみられる男が倒れて収容されている。警察がこの人物に事情聴取を行なうということはちらりと報道されたが、それ以降、この人物に関しては何も報道されていない。事件の真相を最もよく知っているはずのこの人物について、警察は隠し、マスコミは黙り込んでいる。この状況を見る限り、彼らは事件の真相を解明する気がないのだと言わざるを得ない。

 

 

KKオウム帝国の正体(新潮社) ・・・・口から血を流した犠牲者。ガスが、タブンならそうなる。サリンなら、ありえない。
さらにその人物(CIA関係者)は、”気になる言葉”を口にした。「地下鉄サリン事件で、口から血を流している被害者がいたんですが、サリンでは通常、血を流すことはありません。おそらく、タブンなど他の毒ガスが含まれていたと見ています。いくらオウムでも、いろんな毒ガスを短期間に開発できないでしょう。我々は、ロシアがオウムにサリンなどの毒ガスを与えたのではないか、と思っています。」(P.98)95年の地下鉄サリン事件で撒かれたサリンは、純度が低く、ビニール袋の変質具合からも製造後、かなりの日数がたっていたと判明。第7サティアンで製造したとすると、時期的に矛盾が生じる。ロシアからの密輸品だった可能性が高いが、外交問題になりかねず、捜査を断念した。(P.99)ロシア議会下院議員のサビツキーの証言 「地下鉄サリン事件の前後、日本から一人のロシア人信者が、密かに帰国している。その人物はロシア軍の化学兵器専門の将校で、モスクワ市内の自宅に帰り、毒物の専門書を探していたとの証言も得ている。長官狙撃事件直後にも、同じ人物が日本から出国したことが気になっているんだが….」(この取材の一週間後、サビツキーは、交通事故死した。)(P.108)

 

 

LL TBSとオウム事件における偽情報・・・早速、創価信者が、地下鉄サリンの犯人がオウムだと、ご注進に!
3月20日の午後、パレスサイドビルの毎日本部に、創価学会員がそこ(と朝日新聞事務所)にある外国報道事務所を訪問し、オウム真理教と呼ばれる教団が東京地下鉄毒ガス事件に関与していると外国人社員に告げたという。彼らはどうしてそんなにすぐに知ることができたのか? 東京が麻痺して、オウムの関与の可能性について1週間以上経ってはじめて警察が情報を流したというのに、創価学会活動家はどうやってそんなに整然と動くことができたのか?
ソウカさん、是非納得できる回答をしてみてください。無理だろうけれど。MM 4月4日の東京の外国人記者クラブでの上祐史浩の記者会見で一人の元創価学会員が、オウムの自治省にいた27人が元創価学会員で、創価学会の誘拐法を訓練されていたと批判した。その元創価学会員を襲撃したのが、その攻撃を直ちに止めさせようとした毎日とTBSの記者であり、それははからずも創価学会警備訓練技術に対して彼らが異常に詳しく知っているということを示した。
上祐は、この会見で、創価の喉元に匕首を突きつけた。創価のオウム事件への関与をほのめかすことで、取引を引き出した。以後、創価と上祐は密約のもとに事実隠蔽に協力している。あれだけ叩かれてもオウムが存続しているのは、創価の資金が注入されていると考えるべき。

 

 

NN阿修羅♪闇の動き2:予期されていた毒ガス攻撃・・・・毒ガスマスクメーカーの株が事件前に急騰。なんで?
この一連の状況の符合というものは、日本で起きた毒ガス攻撃を理解する上で、重要な背景となるものである。いくつかの事実が、日本政府に対し、北朝鮮が化学兵器を用いた攻撃をも辞さないという含みとして、これを誇示するための(予行演習的な)試行であったことを示唆している。
1.オレンジ・カントリー・レジスター紙は、毒ガス攻撃(の事件)発生前に、防毒ガス・メーカーの株価が急騰したことを報じていた。日本政府当局はこれがインサイダー取引ではないとの見解を示した。
2.防毒マスクの売上高は、毒ガス攻撃発生前の2週間内においては通常の10倍もの量に達していた。防毒マスクの購入のほとんどは、政府関係の取引先によるものであった。

 

 

OO誰がサリンと認定したか? 阿修羅♪謎の裁判(科捜研科学班室長変)・・・誰もサリンと決めていない。
麻原の国選弁護人は証人として科捜研(警察の科学捜査研究所)の化学検出班の機械を操作する人を証人として呼んだ。彼は、「サリン」と認定したのは私ではない。室長では無いか?と答えた。次に室長が証人に呼ばれた。室長は、「サリン」と認定したのは私ではない。部下ではないか。と答えた。サリン検出の謎は解明されないまま、裁判は次の問題に進んだ。

 

 

PP消えた「アセトニトリル検出」・・・・そんなもん検出したなんていったら、オウムの仕業に出来なくなる。
最初は検出したと発表しておいて、オウムの仕業とすると矛盾が発生するのに気がつき、慌てて撤回し、後は有耶無耶にした。

 

 

QQ 滝本太郎弁護士vsオウムの無罪を証明する会・・・・滝本さん、あんたホントにサリン攻撃受けたの?
この弁護士は,なんでもオウムの仕業にしたがって詭弁ばかりだけれど、言い訳できない部分には沈黙している。どこかの他の宗教屋の回し者か?無罪を証明する会の論拠は明確で、精度が高い。サリン攻撃を受けたと主張する人士は、全て一応疑って掛かる必要がある。

 

 

RR 地下鉄サリン事件
地下鉄サリンの疑問点を要約してみました。これらに何一つ答えが出さないまま、東京地裁はいんちき判決を出しています。東京地裁は、創価判事の巣窟です。

 

 

SS領置調書は法廷に出されているのでは?

 

 

TT岩永天佑「告発の書」
松本サリンで嫌疑がかかっていた麻原 を筆頭とする真のオウムが、地下鉄でサリンを撒ける可能性は0%であると断言で きよう。万一、麻原が実行部隊を指導していたのなら、100%確実に、直前で現 行犯逮捕できていたはずである。

 

 

2-2 8.村井刺殺   2-2 9.国松長官狙撃事件

 

オウム事件の整理整頓 PAGE2-2

 

 

8.村井刺殺 放っておくと、オウムと創価・統一の関係を喋られそうだった。だから、殺した。

 

村井が消された理由は、諸説ある。①創価・統一と組んでやっていた薬物密造を隠蔽するためか?②村井は、教団内に潜入していた創価・統一のエージェントの名簿を発表する準備をしていた。それを阻止するため、殺された。③さらに、オウムの一連の事件への北朝鮮の関与、工作組織の存在を隠蔽するために。⇒参考文書 AA/EE/FF/GG/LL
村井の最後の言葉をユダと捏造したのは、創価支配下のTBSなのか?本当は、別の日本の団体の名称だった。⇒参考文書 BB/FF/GG/JJ
創価支配下のTBSは、村井刺殺をオウム内部犯行と思わせるための策略を講じた。⇒参考文書 BB
創価支配下の警視庁は、村井刺殺に見て見ぬ振りをした。警視庁の創価は、事件のシナリオを最初から知っていた。村井は、病院で死ぬまで放置された。⇒参考文書 CC/DD
実行犯、徐は北朝鮮に繋がった人物だった。創価に支配されたマスコミはこの情報を一切黙殺した。⇒参考文書 HH/LL

 

 

 

AA 謎は謎のまま残った村井刺殺の“闇”部分(97/03/23)・・・・村井は覚醒剤の一件を喋りそうになった。 
結局、真相はわからないのである。誰がなぜ村井殺害を指示したのか。オウムと暴力団のつながりはどうなっていたのか。かつてさかんにウワサされていた、オウムが覚醒剤を密造し、それを暴力団に流すという関係が本当に存在していたのか。なぜ警察はオウムと暴力団のつながりを何ひとつ明らかにできなかったのか。麻原は村井の死になんらかの関わりを持っていたのか。徐の村井殺害にあたって、オウム内部に協力者がいたというのは本当か。この事件に関しては、ちょっと考えただけでも、これだけの疑問がわいてくる。あまりにも謎が多いといわなければならない。そして村井の死とともに、オウムのいろんな謎がそこで断ち切られ、闇の中に消えてしまっている。覚醒剤の問題だけでなく、地下鉄サリン事件にしろ、松本サリン事件にしろ、銃器の密造事件にしろ、ロシアや北朝鮮との関わりにしろ、闇に消えた部分が多すぎる。あまりにも多くの謎が、「それは村井がやったこと」と、村井に押し付けられ、その先の追及ができないようになっている。
村井が消されたのには、いくつか理由があるけれど、覚醒剤の密造の事実を喋られては困るとヤクザが考えたことが、ひとつ。ヤクザと組んだある巨大な組織も村井を消したかった。警察内部の巨大組織の構成員たちも村井が死ぬことを予め知っていた。

 

 

BB ユダヤ暗号: 村井, TBS & 科学・・・・村井の最後の言葉を誤魔化せ!そうだ「ユダ」がいい。
どこかでだれかが――おそらくはTBS(東京放送局、毎日メディアグループ)で――その言葉が「ユダ」、イエスを裏切ったユダだとほのめかされた。5月7日、TBS編集スタッフは、教団のグル・麻原彰晃と、使徒ユダ(レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」より)のサブリミナル画像を、オウム報道特集に挿入した(これはTBS報道部によって演出された)。
なぜ、TBSが村井の最後の言葉を「ユダ」と偽ったのか?なぜ、大衆を洗脳するため、麻原のサブリミナル画像を挿入したのか?TBSは村井の本当の言葉を知っていた。事実は、絶対に知られてはならないある巨大組織の名称だったからです。

 

 

CC 今、ここで The Japan Times Weekly 95.4.29.・・・・J警察官は村井殺害を見て見ぬ振り。知ってたんでしょ?
公平であるためには、多分に、警視庁捜査員自らが捜査を受ける必要がある。オウムの青山本部の周辺道路に何千人もの警察官が列を成し、….それらの警官の誰一人として、無防備な男に残忍なナイフが襲い掛かるのを見て、手を上げて止めようともしないことに対して、どう考えるのか。殺人犯が、待っている警察の車に乗り込むとき、カメラに向かって大胆にもニヤニヤ笑って見せるのを見て、我々はどう考えるべきか。
警視庁の警察官は、村井が刺されるのを知っていた。

 

 

DD 阿修羅 岩永天佑「告発の書」本文・・・・広尾病院で、村井は予定通り何の治療も施されず…計画通り死んだ。
4月23日夜、マンジュシュリー・ミトラこと村井秀夫は、予定通り何者かが解き放った刺客の刃に倒れ、そして予定の場所に運ばれた。翌夜半、村井氏が息を引き取った、いや正確に言えば引き取らされた“広尾病院”なる密室で何が行なわれたのか。大多数の日本人は、治療が行なわれたに決まっていると答えるであろう。果たしてそうであろうか。実際何が行なわれたのか、少なくとも院長は知っているはずである。その良心に尋ねるならばこう答えるであろう、何もしなかった、と。唯一、言えることは、村井が刺客に襲われた時点で死は“確定”していたということである。幸運にも刺客の一撃が村井の腹部に到命的タメージを与えた。だが、この出来事は“広尾”の一部のスタッフにとっては“手間の省略”でしかなかったのである。この省略は、形式的な、治す意図など全くない手術のふりと、ただ死を待つだけの15㍑大量輸血という異常なパフォーマンスという形をとった。重傷の場合は出来るだけ長く放置し、治療は輸血のみという“何者か”の指示通りに。軽傷の場合は、もちろんスタッフに紛れた間者の手による薬殺が待っていた。この意味で院長関与の直接殺人はなかったと言えるかもしれない。だがどっちに転んでも村井氏には死の呪縛から逃れることの出来ない運命が待っていた。
広尾病院ならやりかねない。最近不祥事多いしね。広尾病院に創価信者はいますか?

 

 

EE 岩永天佑「告発の書」
果たして 麻原が計画し、村井にやらせたから殺されたのか。そうではない、やってないから こそ殺されたのである。村井刺殺の理由は、1、スケーブ・ゴート、ミシング・リ ンクの必要性である。サリンに関して麻原と直結出来たのは村井だけであった。や っていない村井がもし存命し続けていたなら、逮捕されようがされまいが、松本サ リンの河野氏のようにあくまで否定し続けたであろう、自分はやってないと。実際 やってないのだから。土谷や遠藤、中川がいくらでっち上げの「自供」をさせられ ても、最高責任者村井に否定されればそれまでである。最悪、中川や遠藤が無実の 罪で処刑されても独断ということになり、村井というタガのおかげで麻原は軽傷で 済む可能性が非常に高くなる。これは悪魔にとって容認し難いことであった。も し、村井がいなくなれば、情報操作、デッチ上げ、もしくはエージェントの「自 供」により「村井の関与」をほのめかすことができる。それは即、麻原に直結する ことになる。事実、「村井の関与」で麻原は攻略された。生きている村井であれ ば、この欺瞞に対して弁のたつ反論を展開出来たであろうが、もはや“死人に口な し”である。村井刺殺の裏には、麻原攻略という思惑を秘めた悪魔の謀略が機能し ていたのである。2、悪魔の便宜により、いかがわしい薬品類を大量購入させられ たお人好しの村井氏は、今頃になって騙されていた自分に気付いた。記憶を辿って いくと何やら思い当たる節があると。そう、エージュントらしき「信者」の存在で ある。これをきっかけに教団内部の不審者をすべて洗い出した。そして確定した不審者の名簿を作成しマスコミに公表しようとした。公表を恐れたヘロデ(創価・統一)が先手を打 ったのである。 
村井は、教団に潜入していた創価・統一のエージェントの名簿を公表しようとしていた。だから、消された。

 

 

FF★阿修羅♪K氏の投稿1/4村井刺殺とTBS・・・・TBSは隠蔽協力の代償に、村井の刺殺劇を独占撮影!
徐容疑者をlate afternoonの間ずっとマーク. 他の報道陣は道路で記者会見に到着する車を待ち受けており,彼らに不審に思われる. 事件の際徐のアシスト役2人. ・ブリーフケースを開け包丁を手渡す ・左にもう一人.3人で村井に近づき,他のオウム関係者を押しのける。手(左手首)を先ず攻撃,急所の防護を外すのはヤクザの常套手段. TBSのカメラは徐とその右側の協力者の肩越しに刺殺場面を撮影している. 通常オウム事務所を取り巻いている東京都警察はその時おらず. 公安は群集とTBSカメラクルーに阻まれ近寄れず. その間2人はブリーフケースと共に消える. 命じた中峰は伊勢の中曽根と近いといわれる山口組系暴力団組長. 30分後救急車到着,ジョウユウは最後の言葉を「潔白」とする(後にユダと訂正) が、消防局中に「隊員が聞いた言葉は違う」という噂. 何処からか報道陣の間に「ユダ」だったという話が広がり(TBSから?)、 TBSは5/7にオウム特別番組の中で麻原およびダ・ビンチの最後の晩餐から取った ユダのサブリミナル映像放映. 5/12,警視庁は村井の最後の言葉はユダだったと発表.しかし同内のソースは実際は 3音節だったという. >「ユダヤ」または「ユダヤジン」? ■ idd00000 7/08 「ユダヤ人」とどのような関連(?)
 村井の最後の言葉は、潔白でも、ユダでもユダヤでもユダヤ人でもない。3音節である団体の名称だった。ある団体?う~ん、そうか~。

 

 

GG オウム帝国の正体(新潮社)・・・これが、ホントの村井の最後の言葉
村井が刺された後、上祐の腕の中で….実は、村井が、”ある団体”の略称を叫んでいたのを、複数の捜査関係者が聞いている。その団体は、捜査当局の調べで、早川や北朝鮮と深い関わりがあり、略称は漢字で二文字、音読みで三語に相当する、というのだ。 (P.165)
はい、ここで草加大学付属小学校の入試問題です。文中の….略称は漢字で二文字、音読みで三語に相当する….というのは次のどれを意味するのでしょうか?
●潔白 ●ユダ ●ユダヤ ●公安 ●警察 ●統一 ●北朝鮮 ●後藤 ●稲川 ●山口 ●創価
答え:該当するのは2つ。8番目の方?う~ん、最後のヤツでもいいんじゃない?どっちにしろおんなじ意味だから。

 

 

HH オウム帝国の正体(新潮社)・・・襲撃犯、徐は北朝鮮の協力者
村井を刺殺した徐裕行は、在日の北朝鮮出身者が作る主体思想研究会の一員であったことが分かった。徐は、高校を中退後に一時、行方が分からない時期があった。その後、韓国・北朝鮮籍の若者と親しくなっている。
北朝鮮で軍事訓練を受けていたのでしょう。徐が北朝鮮に関わっていたことが、何故報道されないのでしょう?
JJ オウムの突きつけるもの
ある公安幹部の証言…「───村井氏が病院に運びこまれる救急車の中で『〇〇〇にやられた』と言ったとされ、上祐氏は『3文字の団体名』と言っていました。「私もそう聞いています」───それは『ユダヤ』だとか『ユダ』だとか報道されていますが。「ほお、村井さんは『ユダ』とか『ユダヤ』とか言っていたんですか(笑)」───という報道が多くありますよね。違うのですか?「さあ、知りません。同乗していた上祐さんか救急隊員に、直接お聞きになってみたらいかがですか。万が一、答えたら、多分、違う答えが返ってくると思いますよ」

 

 

KK 村井が消された理由: 私見です。
LL高沢皓司著 「『オウム真理教と北朝鮮』の闇を解いた」 (「週刊現代」講談社)
◆第9回 村井秀夫はなぜ口封じされたのか  オウム事件のなかで最も不透明で謎に満ちているが、サリン開 発の責任者・村井科学技術庁長官の刺殺事件だ。実行犯・徐浩行 の背後には、北朝鮮工作組織の影が濃い。徐には数年間、北朝鮮 に渡っていた形跡もある。彼は北朝鮮の「きわめて高度に訓練さ れたテロリストであり、工作員」と高沢氏は見る。  オウムには、偽ドルによる資金のルートと、サリンの入手ルー トの秘密以外に、さらに深い第三の秘密があった。刺殺される前、 村井はテレビでその秘密にふれかねない発言をしていた。そのこ とが、きわめて強い危惧を、北朝鮮側に抱かせたのだ。
徐は、高度に訓練された北朝鮮の工作員だった。なぜ、そのことが全く報道されないのか?◆第11回 村井秀夫は「北朝鮮の核」機密保持のために殺害された  村井は、物理学の専門家であり、原発のデータを理解すること ができた。彼は、究極の教団武装化として「核」開発を考えてた。 村井は早川とともに北朝鮮に渡航し、関係を持っていた。北朝鮮 も、核開発のために、日本の技術とデータを必要として、オウム を利用していた。両者の利益は一致していたのだ。しかし、平成 6年のIAEAの北朝鮮核査察問題で、その野望は挫折した。  オウムの一連の事件への「北朝鮮の関与、工作組織の存在は、 村井の命を奪ってもなお、死守しなければならない機密に属して いた」と高沢氏はいう。村井刺殺事件の背後には、国際政治の闇 の部分が渦巻いていたのだ。

 

 

9.国松長官狙撃事件 国松が邪魔だったのは、創価の仲間のヤクザも創価自身も同じ事。

 

国松狙撃犯は北朝鮮の工作員だとの情報がある。⇒参考文書 AA/GG
創価に支配された警視庁は、国松狙撃を手助けした疑いがある。そして、事件後はオウム犯行説を匂わせた。⇒参考文書 BB/EE/FF
どさくさに紛れて、邪魔者の国松を消し、別の事件の追及を逃れたかった奴らがいる。パンチこのプリペイドカード導入をめぐる利権争い、国松が当時指示していたY系G組に対する徹底殲滅作戦など、動機は幾つかある。⇒参考文書 CC/DD/JJ

 

BBS

 

貴方の知っている情報をBBSに書き込んでください。
(2チャンネル 警察板 告発します 6代目 スレッドです。)

 

 

 

AAオウム帝国の正体(新潮社
韓国安企部報告書より「国松長官狙撃事件は、オウム真理教が林泰男の北朝鮮コネクションを利用した可能性が高い。朝鮮人民軍偵察局員、金××中尉が米国ニューヨークから極秘入国し、林に加担したとの疑いが強く、徹底的に追跡調査すべし。」

 

 

魔法の銃弾・・・・殺人請負組織の追及を止めなかったから、どさくさ紛れに撃たれた。オウムの仕業を偽装して。
BB 「国松長官は、警視庁から辞任を求める巨大なプレッシャーがあったにもかかわらず、職に復帰した。国松を追い出そうとして、警視庁が繰り返し試みていることは、不快な疑問を呼び起こす。…国松長官のボディーガードのふたりは95年3月30日の早朝に足止めされて警視庁の荒川署に留められていたのである。
警視庁は、創価マフィアの巣窟です。CC 9月14日、住友銀行の重役だったはたなかかずふみの銃撃死について述べる。彼はそのとき、犯罪組織(Y系G組と思われる)と銀行の名古屋支店との関係を取り除こうとしていた。畑中は、高度に守られたマンションの自室アパートで、早朝狙撃された。彼は新品のレイディ・スミスの38口径リボルバーで近接距離から額を一撃で打ち抜かれて殺された。殺人者の武器は、あとで、巨額の借金を抱えていた前科者によって警察に引き渡された。なぜ銃は殺害を指示した者から返されたのだろうか? 事件に接近し、捜査を終結させるためだ。しかし、國松警察庁長官は事件を終結させたり、その前科者が殺人者であることを認めたりしなかった。警察長官が狙撃のターゲットだったからだ。國松は個人的に、畑中殺人事件の捜査を監督していた。それは、ほとんどすべての会社を包含する日本銀行制度を横領するホワイト・カラー犯罪の流行に対する戦いにおいてのターニングポイントとなる鍵であった。これは、高度な張り込み捜査の頂点であった。すべての政治階級とほとんどの官僚制度を破壊しかねなかったからである。國松にとって、それは文字どおり生死をかけた戦いであった。DD 畑中は、住友と黒社会とのつながりを切る改良運動を導いていた。大阪本社で彼は、山口組との関係をある程度なくすことに成功した。山口組は国内最大の犯罪組織で、暴力団対策法に協力すると決めていた。しかし、名古屋は壊せないほど頑丈なナットであるとわかった。それは、黒社会グループの中心地であり、その歴史のなかでホワイトカラー犯罪を開拓していったところだった(それは銀行と主要会社に根ざしていた)。名古屋は住吉連合の砦である。これは伝統的に麻薬密輸の主要勢力である。
オウム騒ぎに紛れて、国松を消そうとしたヤクザ。そして、オウムに罪をなすりつけようとした。もっとも、このヤクザもオウムや創価とつるんでいるのと同じ奴らだが。EE 警視庁は、オウムを操ることによって、國松捜査の捜査がよけいなところにはどこにも行かないようにしようとした。暗殺事件における彼ら自身の役割を隠そうとしただけではなく、もっと重大なのは、法務省、議会、金融部門における彼らのボスたちを守ろうとしていたのである。
彼らのボスとは?創価にきいてください。警視庁は創価の巣窟です。FF 国松のボディーガードの二人は、1995年3月30日の早朝に足止めされて、警視庁の荒川警察本部にとどめられていたのである! 國松の背後は、まさにヒットマンが到着する数分前までに、無防備にされたのだ!
警視庁の誰かさんたち、あまりに意図的なことをやりすぎたね。

 

 

GG 國松長官狙撃事件(卍)より転載・・・・狙撃犯は、やっぱりキムさん?
結局、稲川会からは拳銃が発見されなかったようだが、ここで気になるのは、長官狙撃事件は「オウム」による犯行という路線から、「他国関与」に操作がシフトしてきているという警察内部情報があることだ。 確かに、かつて博徒・テキヤ・ヤシが中心だったヤクザも、戦後、第三国人、つまり韓国・朝鮮人を中心とした外国人勢力が加わり、一つの核となっていることは周知の事実。稲川会捜索も、つまるところは「外国人が入り込んでいる組織」であるという要素を見逃すわけにはいかないだろう。ここでやはり気になるのは、二つの条件を兼ね備えた存在、つまり「オウム内部の北朝鮮工作員」の存在である。オウムの医師にして北朝鮮工作員疑惑のある霜鳥隆二が逮捕されたのも、実は監禁容疑などは別件であり、本命は「長官狙撃事件の捜査」というふうに考えられる節があるのだ。
稲川会は、関東地方の覚醒剤取引を牛耳る大組織。オウムの薬物の流通に関与したY系G組と長い取引がある。G組は、創価学会と繋がっている。

 

 

HH狙撃事件と拳銃について
まず、弾丸であるが、ホローポイントの38口径マグナム弾と言うことであ るが、そのような弾丸は、地球上に存在しないのである。ホローポイントの3 57弾なら存在するのだがね。(357マグナム)  この弾丸は体内に進入すると、拡散して内蔵を破壊するという目的で、明ら かに死をもたらすための弾丸である。  次にマスコミが発表した銃の特定だが、米国製の回転式コルトだそうだ。コ ルトとは銃器を製造発売している会社名で、拳銃にそんな名前のものはない。 コルトというと、拳銃マニアの間では45オートマティック(ガバメントとか M1911A1などと言われることもある)と呼ばれることもある。  コルト社の回転式拳銃で、357マグナム弾を扱える拳銃は数種類あるが、 いずれもネーミングされている。マスコミの発表した拳銃の名前は密造であれば存在しえるが、コルト社では製造していない。
JJ オウムが突きつけるもの
国松長官銃撃事件について、この(公安)幹部はこのように語っています。
「マグナム弾は、ヘタに扱うと撃った反動で腕の骨が折れると言われています。そんな銃を扱えるのは、どういう人ですか?射撃のプロじゃないと扱うのは無理だと思いますよ」──ロシアで射撃訓練をした程度ではダメですか?「あなたがご自分で射撃訓練なさってみたらいいでしょう(笑)。マグナム弾を使って、あの距離で、わざと頭をはずして腹部や臀部を狙って撃てるようになるかどうか」(中略)「先年起きた、ある企業の役員クラスの人物の射殺事件との関連性について調査中とだけ申し上げておきます。」
先年起きた、ある企業の役員クラスの人物の射殺事件との関連性….名古屋の住友銀行幹部射殺事件のことですね。Y系G組の犯行と見られています。

 

 

KK 国松長官銃撃事件の真相:私見です。

 

 

3-1 10.マスコミが変だ

 

オウム事件の整理整頓 PAGE3-1

 

 

オウム事件の当初から、警察とマスコミが意図的にオウムを犯人に仕立てようと嘘の捜査情報のリークや虚偽報道を繰り返してきたことは、明白です。一体誰が、警察組織やマスコミを操ることが可能なのでしょうか?このページでは、それぞれの分野で、どのような世論操作、隠蔽工作が行われてきたか検証します。
各文書の題名をクリックしてください。リンク先もしくは、サイト内のファイルに飛びます。表題の下には、内容を要約しておきました。

印文書 : 世の中の99%の人、つまり大衆が信じる標準的オウム事件像。もしくは、意図的に描かれた虚像。大本営発表
印文書 : 世間知らずの大衆ではなく、常識を疑ってかかるのが真実探求の道と知る人のオウム事件像。実像に近い。
印部分 : 管理者注釈、もしくは管理者のサイトですです。
印文書 : 英文サイト、文書です。(英文サイトの翻訳文に限り、印をつけました。)

 

 

10.マスコミが変だ

 

オウム事件で、毎日やTBSが異常な報道を繰り返したのは、創価学会の手下である以上当然のこと。⇒参考文書 AA/BB/CC/DD/HH
マスコミは、創価学会がらみの報道をしない。すれば、信者の抗議部隊から組織的な抗議が殺到するから、印刷業務の下請け仕事がなくなるからなど理由はいくつかある。しかし、最大の原因は、マスコミ自体が既に創価学会に乗っ取られてしまっていると言う事実である。身分を隠した信者が、恒常的にマスコミに送り込まれ、いつのまにか中枢に居座っている。創価学会批判や事件がらみの報道をしようとしても、上から止められる。社内は創価のスパイで充満している。毎日グループ以外のマスコミも創価の支配下にあるということが、この事件でよく解った。どこの会社の中核にも創価がいるし、買収工作も行われたろう。今のマスコミ人なら、真実の報道より、カネの方を選ぶ。
⇒参考文書 BB/EE/FF/GG/JJ/KK/LL/RR
かくして、一部の独立系の出版社以外は、創価の報道を止めてしまった。報道されないということは、創価がどんな犯罪に手を出しても、国民は知りえない、誰も糾弾しえないということである。創価は、犯罪の免罪符を手にしたのである。それでは、どんな犯罪に手を出したのだろうか?オウム事件である。
オウム専門ジャーナリストの正体を見極める必要がある。創価や統一の息のかかった人物であろう。⇒参考文書 MM/NN/OO/PP/QQ/TT
創価学会がマスコミを支配していることだけでは説明しきれない事象がある。海外のマスコミも同様にオウムの真実を報道しようとはしない.。なせか?創価、統一に連なる強大な権力がオウム事件の背後にいるからである。その正体は、本HPを最後までお読みいただければ、御解りになると思う。
政治家とマスコミの関係が、オウム隠蔽に役立っている。⇒参考文書

 

 

 

BB オウムフリーボード ◆「集団自殺」しようとしているのではなく、させられようとしている・・駄目だこりゃ
どう曲解すれば集団自殺になるのか? ….強制捜査前後だけを取り上げて、「集団自殺を示唆するもの」と称するのは、意図的なデッチ上げ以外の何ものでもない。さらに、メッセージの一部分のみを引用して集団自殺と結び付けようとするあたりに、ある意図がうかがわれる。….にもかかわらず、それ以降も「集団自殺」と断定する報道が続いているのである。どこか一つのマスコミが、このような意図的なミスリードをやるというのならまだ話はわかる。しかし今回はいい加減な週刊誌やワイドショーだけではなく、NHKその他のニュース番組や一流新聞報道でもこのデマが流されたのだ。これは「オウム真理教が集団自殺をしようとしていると国民に印象づける」という一つの意図の下にマスコミ各社が動いたことを明白に表わしている。….繰り返そう。オウム真理教には集団自殺はあり得ない。もし万が一「集団自殺した」などと報じられたら、そのときは国家権力によって虐殺されたものと思っていただきたい。
オウムに全ての犯行をなすりつけようとしていた輩は、配下のマスコミを使って、事前に集団自殺の可能性を報道させておき、実際にオウムを丸ごと抹殺する積りだった。何らかの理由で中止になった。こう、考えます。マスコミを包括的に操作できるのは、ひとつの組織しかありません。そうかあ~。

 

 

CC毎日グループ、TBSとオウム事件における偽情報・・・・見え透いた世論操作
問題点をはっきりさせよう。毎日グループは、オウムと最も敵対する教団、創価学会との密接な関係を持っていたのか? 毎日新聞は創価学会の聖教新聞を数百万部印刷するという儲かる契約をしている。それだけでなく、創価学会は毎日グループの編集方針に過度な影響を有しており、伝えられるところではその流通システムに枷をはめているという(それは、1970年代後半にこのメディア・グループの支配権を大きく変えた)。毎日の創価学会とオウムとの関係は何なのか? それは安倍晋太郎への特権的な接近とモスクワへの使節団を乱用したのか?冗談、たしかに! 毎日グループが村井暗殺で誰かをはめようとしていたのはなぜだ?(大衆がどれだけ正当に麻原を憎悪していたとしても、彼は関わっていない事件ではなく、彼が罪のある犯罪についてのみ起訴されるべきである)。毎日グループは、真実の暗殺者の追求を覆い隠そうとしていたのか?創価とオウムの関係を隠蔽するため、毎日グループが動員されたわけです。オウムと敵対していたんじゃない。つるんで汚い金儲けをしていたのが、バレそうになって、オウムに全ての罪をなすりつけたんです。

 

 

DD TBSニュース23で「スクープ・極秘会議で村井を処分」報道・・・・どうしてもオウムの内部犯行にしたかった
他のマスコミは何も言っていないのにTBSだけが、オウムが会議で村井の殺害を決めたとスクープした。村井殺害がオウムの内部犯行だとTBSとその背後にいる組織は印象付けたかったわけ。TBSは、いうまでもないが創価の全面的な支配下にあります。

 

 

EE TBS問題の流れ

 

 

FF 滝本太郎弁護士vsオウムの無罪を証明する会

 

 

GG 2チャンネル創価・公明板「創価学会の話題を避けるマスコミについて」・・・・もはや、誰も信じない

99 毎日新聞、黒いな。黒すぎる。創価学会に何故弱みを握られるような事になったんだ?元毎日新聞記者の古川俊明が創価学会批判書籍出してるが内部でも創価学会に対して疑惑を抱いている記者いないのか?135: ….朝日新聞:系列の日刊オフセットが公明新聞の印刷業務を引き受け。同様のパターンは「西日本新聞」、「中国新聞」、「名古屋タイムズ」、「四国新聞」、「神奈川新聞」、「神戸新聞」、 「北海道新聞」、「福島民報」、「北国新聞」、「南日本新聞」、「鹿児島新報」 で確認されている。あと、創価学会系出版物の広告をでかでかと掲載する所は基本的にクロ。「毎日新聞」、「日本経済新聞」、「朝日新聞」、「読売新聞」、「産経新聞」 がこれに該当。ってことは全国級日刊紙オールクロ………情けない。163: まぁ 社会構造が会社組織だからね そーか学会も例外じゃないし・・・ ちなみに、私は某国営放送局に勤務してるけど、局の幹部に創価学会が多いから創価学会関連の報道はできません(マジ)
211: ….社内にも学会員いるし。 はっきり言ってマスコミは完璧にダメです。信用しちゃいけません。 僕らも諦めながら記事書いてるし。有能な記者ほど完全に諦めモード入ってますよ。「どうせ書けないことばっかりだし、読者もバカばっかりだしなー」ってことで。実際投書なんて読むとゲンナリしますしね…内部規制も多いし、癒着はアタリマエ。そうなるとまあ、バイトの子をひっかけたりとかが数少ない趣味になるわけです(ワラ 記者志望の女子大生とかね。ま、楽しいからいいけどねー。236:連中(創価)の批判記事載せると嫌らせがすごいんだよ。信者を動員して一日数千本の抗議電話がかかってきて、回線がパンクして、仕事にならんかった。あと脅迫状とか、自宅にまで抗議の電話かけてくっから恐ろしいんだ。家の周りを変な連中がうろついてたりもしたしな。242:マスコミ、スポンサー、ユーザー層、公務員色々なところに学会員を忍ばせていっきに革命を起こすのが池田大作 創価学会3代会長の「総体革命」だと聞きました。どんな革命起こすんだろ? やっぱり批判者をゴキブリとかダニとか公権力使って罵ったたり圧力かけたり、●したりするのかな。学会員はどう思ってるの?287: マスコミが犬作のカルトに触れないのは何故かって?社内に犬作の飼い犬がうようよいて、情報筒抜け。かなり上のほうも、頭のてっぺんに三色旗が刺さってるけど、身分を隠してるんでわからない。下手にソウカネタを書くと、確実に左遷される。最悪、ソウカの殺人部隊に消される。(朝木市議を殺った連中。)飼い犬が少ないのが、新潮社、文春、講談社。ほら、大事件なのに殆どマスコミが報道しない事件ってあるじゃない。ソウカがらみだからです。

 

 

HH毎日新聞最後の選択・・・・ホント、創価毎日新聞に変えて、生き残ったら?売れなくても、創価が損失補填してくれるでしょ。「毎日新聞に対して以下の選択肢を提示します。①会社を解散する。早い話自主的倒産。②新聞の名前を「創価毎日新聞」ないしは「毎日創価新聞」に変える。」いやあ、ごもっともなご意見。

 

 

JJ《第11回:誰が創価学会を怪物にしたのか》・・・・創価問題に頬かむり…それがマスコミ自体の崩壊を招く
性根の腐った記者クラブマスコミと頭の腐った木っ端憲法学者が、面倒に巻き込まれることを恐れ、ひたすらわが身大事で創価学会と公明党の問題について頬かむりを続けてきた結果、創価学会は憲法上許されないはずの政治上の権力を思う存分行使することが可能となり、ついには今日のような怪物になってしまったと、そういうことです。
マスコミの事なかれ主義が、創価帝国を作ったんですね。もはや、社会の公器ではない。

 

 

KK大マスコミが自自公批判に腰が引けている理由 ・・・・下請け仕事が欲しくて、創価にこびへつらう?
「ご存じのように、毎日新聞や有力地方紙は、関連の印刷所で創価学会の聖教新聞や公明新聞を印刷しています。数年前からは、読売新聞もやはり関連の印刷所で聖教新聞の一部を刷り始めています。創価学会の財力からすれば、自前の印刷所を持つことなど簡単ですが、あえて大手新聞に委託し、膨大な印刷代金を渡すことで“無言の圧力”をかけようという戦略なのです。新聞印刷だけでなく、大手新聞には創価学会がらみの広告も増えています。池田名誉会長の著書の宣伝から、教学理論の月刊誌の広告まで載っている。長引く不況で広告収入が減っている大手新聞にとって、創価学会は大のお得意先なのです。だからこそ学会がらみのスキャンダルはもちろん、公明党の変節ぶりや政教分離のウソなど、学会が嫌がることは見て見ぬふりをせざるを得ないのです」(ジャーナリスト・乙骨正生氏)
そういえば、最近、創価の書籍の宣伝がやけに目立つ。どうせ、学会員以外誰も読まないのだから、聖教新聞に広告出せばこと足りるものを。広告宣伝費のかたちで金をばら撒き、マスコミに創価に服従させようという姿勢ですね。

 

 

LL2チャンネルマスコミ板 朝日社内に巣食う創価学会員その1
1.: 下関支局長・久恒雄三。彼が担当した県内版(佐賀版、下関版)は創価学会のイベント情報が満載。
重大な選挙(山口県は今年は選挙が続いた)の前には学会幹部を支局に招いて情報提供。こんな奴を平気で使いつづける朝日、やっぱり三流新聞(わら
朝日も….だったのか。朝日には少し期待していたんだけれど。

 

 

MM江川昭子を研究しよう….エガワさん、あんたの正体、もうすぐばれるよ。
2チャンネル 警察板 告発しますスレッド
840 名前:もぐもぐ名無しさん 雄武や喜多がその気になれば坂本弁護士や村井のように必殺するだろう。それなのに未遂に終わったという事では●作襲撃等は島田教授偽装襲撃と同じヤラセの可能性は高いと思う。同じように襲撃されたと主張する者がいる。地下鉄サリン事件の時にテレビに出ずっぱりだった江川詔子だ。彼女はある番組の中で誰かが雄武の背後に統一とか第三国がいるのでは?と発言すると即座に「それは無いです。雄武の単独犯行です。」とその根拠も無く背後関係を否定していたな。
同感です。オウム以外の組織の暗躍が、はっきりと覗えるのに、根拠も示さずに簡単に否定する人物は、信用できないと思います。むしろ、オウムに罪をかぶせるために動員されたオウム以外の組織の息のかかった人物と考えるべきと思います。もとより、本当にオウムがサリンを作ったのかどうかも危うくなっています。サリン攻撃を受けたと主張する人物は、全て他の団体のとの関係を洗う必要があると思います。
NNre:6523 坂本事件
夜の8時ごろ、坂本家の玄関のドアの鍵を開けさせたのは、江川紹子だ、という話を2年ほど前に聞いたことがあるのですが、本当でしょうか? あまり聞かない話だけど、ガセ? あと、江川は統一協会員だというのもありましたが。古い話で済みません。
江川昭子が、統一信者で、坂本事件に関わっていた…となると話は俄然面白くなります。ワクワク!
OO★阿修羅♪読者のページ1996/01/31-1996/12/29 ( 1996read.htm )
伝聞。 坂本弁護士宅の鍵がオウム襲撃時になぜ開いていたかですが、 事前に訪問していた人物とは「江川紹子」だということです。 報道関係者はみな知っているよ。とのことでしたが、意外 な気がしました。(^_^;
PP阿修羅♪ 岩永天佑「告発の書」
オウムの「犯罪」に巻き込まれた人権派坂本という存在は、ヘロデ(創価・統一)にとって不都合な人権派の弁護士集団、及び取り巻きをオウムに反目させ、いずれ殱滅するオウムの外堀を埋めるのに最高の設定であったと言える。これにお人好しの江川紹子、小林よしのり等は見事に嵌められた。このようにみれば、坂本弁解土はオウム問題に関与させられていたことが判る。悪魔の息のかかった告発部隊を利用して、人権派坂本をオウム問題の当事者に祭り上げたのである。坂本一家の消滅は、ヘロデの漁夫の利の象徴であり、オウム侵攻の予備作戦であったのである。
江川昭子はお人好しの嵌められただけの馬鹿女ではありません。したたかな計算のもとに統一のために動いた戦士です。
QQ 新電波 EVANGELIONで見つけた江川昭子の書き込み
励ましのお言葉、ありがとうございます(オウムの掲示板の中で、こんなに激励されちゃったりして、なんだか不思議な気持ち です)。 今後とも、よろしくお願いします。 ところで、「反対する人間をいとも簡単に殺害するのか」というサラスさんの問いかけですが、私もずーっと考えてきました。で、 最近なんとなくですが思うのは、結局は、最終的なところは、麻原彰晃こと松本智津夫被告の「気分」だったんじゃないでしょう か。  坂本弁護士一家の事件などはその象徴で、なぜ妻の都子さんや1歳の龍彦ちゃんまで殺害したのかと考えていくと、「とにか く坂本弁護士を殺したい」「今すぐじゃなきゃイヤだ」「家族がいるなら皆殺し印しても坂本弁護士の命が欲しい」というような麻原 被告の「気分」が、一家皆殺しの指示に結び付いたような気がしてならないのです。もちろん、グルへの絶対的な帰依を求め殺 人をも肯定する教義とか、それまでに培っていた教祖と弟子の関係とか、いろんな要素があるわけですが、最終的なゴーサイン が出た理由を考えていくと、そう思えてならないんです。こう書いていると、まるで、麻原被告は「今すぐおもちゃが欲しい。クリス マスまでなんて待てない」と駄々をこねるのと同じ感覚で、人の命を扱ったような気がして、もしそんなわがままな「気分」の延長 で、一家が殺害されたとしたら、と思うだけで、本当にやりきれないのですが……。 サラスさん、そして他の方たちはどう思われますか。ご意見を聞かせて下さい。もちろんオウムの現役信者さんたちの考えも聞 かせて下さい。
昭子ちゃんが、こんな愚にもつかない精神分析論を展開すると、すぐさまオウム信者(実は統一信者)が、お話に乗ってきて、延々と麻原の精神分析を始めるわけね。こうして、事件の核心には触れず、時は過ぎ、真実は葬り去られていく。
RR オウムが突きつけるも
「───では、オウムに関して報道されているものの、どれぐらいが事実なんですか?「そりゃあ、半分以上はガセ、ウソの報道です」
山形務というジャーナリストの質問に、こう答えているのは、「ある公安当局の幹部」だといいます。これは『週刊プレイボーイ』8月15日号に掲載された記事ですが、この公安幹部によれば、オウム報道の六五%はウソだという。しかもそのウソは、公安当局が意図的に流しているものだというのです。引用をつづけましょう。
「───では当局は、なぜ事実ではない情報を流すのですか。「それには主にふたつの理由があります。一つは、それが報道されることでマークしている人間がどう動くのか見ているということです。つまり、捜査上の作戦として、わざと虚偽の情報を流すということですね」───それは、指名手配中で潜伏しているオウム信者がどう動くかということですか?「それもあります。でも、それだけではないです」───といいますと?「信者以外の人間にも、注目している人物はいるいうことです。それ以上は言えません」───もうひとつの理由とはなんですか?「当局の中にも、いろいろ調べてわかっているけど、とりあえず全部オウムの犯罪ということでまとめてしまおうと考えている人たちがいるということですよ」(中略)───オウムの背後にオウムとは違う何かがあって、それが捜査を抑制してしまう原因になっているわけですか?「だから、言えません。想像力を働かせるなり、ご自分で取材なさったらいかがですか」」
発言のニュアンスを読み取ると、地下鉄サリン事件、松本サリン事件、假谷氏失踪事件、国松長官銃撃事件などの一連の捜査をすすめる過程で、オウムの背後に、オウムとは違うある巨大組織(創価学会)の関わりが分かっているのだが、公安当局の内部で、全ての事件をオウムのせいにして済ませてしまおうとする上層部の意思があり、それがより核心的な捜査の進展を阻む圧力になっている。

 

 

SS 日本マスコミは死んだ: 私見です。
TT もっと”この世の闇”を・・・
彼らにとって(オウム事件で)冤罪を作り出すことはたやすい。我々を簡単に騙してしまう想像を絶する大嘘は、彼らの豊富な経験のなせる技である。刺殺された村井秀夫は「ユダヤにやられた」と言った。”ユダ”ではなく”ユダヤ”である。”ユダ”と報道したのはマスコミによる意図的なデマ宣伝であった。オウム事件ではこのようなマスコミの意図的なデマが非常に多く飛び交っていたが何故だろうか・・・それは彼らの意図した世論を形成するためである。彼らの作った筋書き通りに、事態を収束させるには社会の雰囲気を作る事が最も有効であり、そのためにマスコミが最大限に利用されていた訳である。極端に言うと、彼らが超法規的措置を施行するために必要なのは世論だけなのである。
UU 読売新聞と中曾根の関係 
KSD疑惑と同時にわが国政界を揺さぶった外交機密費(報奨費)問題だが、ここで注目したいのは両事件とも「読売新聞」のスクープとして出現している点だ。かつて読売新聞社の渡辺オーナーは、中曾根首相誕生の折り「私が首相を作った」と公言し顰蹙をかったが、中曾根元首相と読売新聞社との関係は公然の事実。KSDで橋本派の内部対立を生み出し、外交機密費で河野外相の威信を傷つけ森退陣を迫る読売新聞は、いったい最終的に何を目論んでいるのだろうか。背後に「妖怪」と呼ばれる中曾根が存在していることだけは間違いないようだ。
オウムには統一教会がかかわっていた。統一がオウムの真相隠蔽に走ったとき、政界で強力な助っ人になったのは、勝共議員の筆頭、中曽根であったろう。中曽根自身、子飼いの山口敏夫、中西啓介をオウム支援に送り込んでいた。中曽根と読売の関係が、読売に嘘の報道をさせた。

 

 

3-2 11.信者の自供が変

 

オウム事件の整理整頓 PAGE3-2

 

 

印文書 : 世の中の99%の人、つまり大衆が信じる標準的オウム事件像。もしくは、意図的に描かれた虚像。大本営発表
印文書 : 世間知らずの大衆ではなく、常識を疑ってかかるのが真実探求の道と知る人のオウム事件像。実像に近い。
印部分 : 管理者注釈、もしくは管理者のサイトですです。
印文書 : 英文サイト、文書です。(英文サイトの翻訳文に限り、印をつけました。)

 

 

11.信者の自供が変

 

信者は嘘をついている。嘘をつかされているのもいるし、自分から率先して嘘をついているものもいる。後者は、創価・統一が送り込んだ偽信者である。真正のオウム信者も、脅迫と洗脳、そして取引の誘惑に負け、偽証している。いずれもダミーの犯人である。だから、物証や第三者証言と辻褄が合わないし、公判での証言も支離滅裂になる。それでも、とにかく自白のみの証拠で裁判を進めるしかない。東京地検の14人の創価検事さん、ご苦労様⇒参考文書 AA/BB/CC/DD/EE/FF/HH/JJ/KK
そもそも、オウムの麻原のもとに参集した信者のどれだけが、本当に麻原を慕って集まった連中だろうか?大半は、創価と統一が送り込んだエージェントであったと考えるべきである。少なくとも中枢に近いところにいた準幹部連中は、実は創価・統一だったということ。もともと、創価と統一は、自分達の教団の看板では出来ない、ヤバイ仕事をするためにオウムにもぐりこんだ。参考文書 EE/GG
そして、悪事が露見しそうになり、かつ情勢が変わったため、オウム内部でやってきた犯行を隠蔽する必要が出てきた。彼らは、万が一露見しても全てを「オウム」という単一の教団がやったことに隠蔽する体制をとっくのとうに組んでいた。まず、坂本事件や松本サリンなどを、外部の創価・統一の工作員が実行し、外から、オウムの仕業だとやいのやいの騒ぎ立てた。そして、予定通りオウム内部に潜入していた創価・統一信者が、示し合わせた計画どおり、警察の創価信者に逮捕される。そして、犯行を自供する。これで、どこから見てもオウムの犯行にしか見えない。何しろ、オウム信者が自ら自供しているんだから。こうして、創価・統一は事件への関与を追及されることなく、第7サティアンで関わっていた覚醒剤密造への関与も隠蔽できた。
オウムは、武装蜂起を企図して、武器を買い集めていたという。武装蜂起を計画していたのは、オウムだけではなかったのではないか?創価と統一も同じ目的をもっていたのではないかと考えると恐ろしい。

 

 

 

AA 三 流・・・問題は、信者が何故偽証しているのかということ。わかってますよ、もう。
地下鉄ガス襲撃後、オウムの施設に対して警察の手入れが入り、それに続いて小さな容疑で何十人もの信者が逮捕された。これまでに報告された最も有力な「証拠」は、出所の疑わしい「ノート」や「メモ」である。オウムのリーダーたちに対する裁判は、強力な証拠がなく、ほとんど、何週間もの取り調べの後に得た自白に基づいて行われている。犯罪の確定が、強迫によって得た自白だけに基づいており、これはどのような民主社会にとっても恐ろしく危険なことである。明らかに有罪である場合ですら、すべての事実を明らかにする必要が無いという大きな誘惑におそわれるかもしれない。自白のみの場合、最初の逮捕へと導く証拠をつくる必要はない。警察は、その場合、明確な証拠を必要としないのである。十年あるいは二十年後に、新たな証拠が現れて、また別の判決により、容疑者が解放されたとしても、誰が気にとめるだろうか?(日本ではあまりにもよくあることだ)真犯人が逃げてしまっていたとしても、誰が気にするだろうか?
犯罪が捏造されたものである以上、警察/検察は信者の自白のみで有罪に持ち込むしかない。だから、物証はや第三者の証言は一切採用されない。これが法治国家か?ふざけるな。

 

 

BBAum Shinrikyo Investigation October 5 – Lawyer: Asahara Forced to Confess
麻原が弁護士に語ったところによると、「捜査員から罪状を認めれば、オウムへの破防法適用を差し止められると持ちかけられた。教団の思想を失うのは死ぬよりも辛かった。だから、調書にサインした。」警察は、麻原が黙秘を続けていると伝えた。
麻原は、もう過去の人。オウム事件の主犯のように報道されているけれど、もともと実権なんかなかった。実権を持っていたのは、オウムを外から操縦していた爺さんだ。

 

 

CC阿修羅♪謎の裁判(坂本弁護士事件の証人変)
岡崎被告の供述は支離滅裂で、矛盾だらけ。やる気も全く見られない。自供しなければ罪を問われないのに、何故敢えて自分に不利な証言をしたのか?
創価に聞いてみましょう。あと、統一もね。

 

 

DD 阿修羅♪岡崎被告について
確かに、死体は出た。それを岡崎被告が自供した。証拠はそれだけなのだ。誰かが殺害し、埋めて、その場所を岡崎被告に教えて、岡崎被告が「わたしたちががやりました」も、不可能では無い。
それならば、岡崎の証言がダッチロールして、意味不明になるのもよく理解できます。何しろ、自分じゃやったんじゃないんだから。

 

 

EE 創価学会とオウム
いくつかの興味深いポイントが、坂本拉致殺害捜査のなかで明らかになった。3人のオウム信者たちが殺人の第一容疑者とされた。そして、一人は外見上は自白した。しかし、日本では、過去に警察が高度に描いて見せた疑惑が何らかの指摘をしており、そして麻原のボディーガード隊の長の中川智正が警察の望むことをなんでも自白しようとしているように見える――彼は麻原を自分の命を懸けて守ると誓ったのだから――ならば、自白は何の価値も持たない。ほとんど知られていない事実だが、警察は拉致の状況と死体の位置を「第四の男」――他の被告人と分離されようとした岡崎一明――から知ったのである。岡崎は1990年に不思議な失踪をした(上祐の言ったことと一致している)。警察の容疑は、岡崎の手紙によって導かれたが、そのとき彼はどこかに潜んでいた。その手紙には、起こったと思われることの図示と地図が含まれていた。興味深いのは、岡崎は5年間、明らかな援助手段もなく――世界で最も高価な物価の中で――自首するまで隠れて生き延びていたということだ。警察は、彼の背景について多くを明らかにしないが、一つの質問の必要がある。岡崎はかつて創価学会に所属していたのか?
岡崎が忠誠を誓う相手が、麻原ではなかった。だから、本当のボスのために偽証した。では誰か?池田大作か文鮮明か金正日のどれかです。どれでも皆同じことだけれどね。

 

 

FF 催眠博士とオウムの踊り子たち
苫米地英斗は日本のマインドコントロールの催眠博士であり、オウム真理教の処女といわれていた「踊る四姉妹」を誘惑した。東京検察庁は、大ボラ吹きの脳研究者がオウム信者を洗脳することを依頼し、それによって自白を得たが、彼は誤った記憶を拘留された容疑者の心に植え付けた可能性がある。彼のマインドコントロールテクニックは、ある警官を警察庁長官を狙撃犯として陥れようとしたときに裏目に出たのである。(これは第一に、電磁的脳波操作、精神ドラッグ、瞑想技法を含む一連のマインドコントロール法であり、それはオウム真理教によって、またオウム真理教のために、そして反オウムのために使われたのだ。) by ジャック・アマノ
連中がオウム信者に偽証をさせるため、あらゆる手で洗脳していることは、想像にかたくない。

 

 

GG 岩永天佑「告発の書」….オウムじゃないオウムがオウム事件を起こした。
教団内部に潜入したエージェントに、ターゲットのオウム信者、特に幹部に出来 る限り接近させ密接な仲間(運転手等で)を装わせる。ヘロデ(創価、統一)が謀略を仕掛けた後、エージェントは、規定の時期に微罪、あるいは出頭という形で自ら逮捕され る。次に仕掛けた謀略のすべてを、ヘロデに指示されていたシナリオどうりにオウムの犯罪として転写する。ターゲットの幹部を主犯にして「自供」しまくるのであ る。自身はあくまで見張り役、あるいは無関与を主張しながら。このエージェント の基本戦術こそ、地下鉄サリン事件の真相の一端であり、すべてのオウム疑惑の根 本なのだ。このようにみれば「坂本一家拉致、殺害」「刈谷氏拉致、殺害」「リンチ殺人」 などの闇に包まれていた一部分は照らし出すことが出来るであろう。
そうなんですね。ようするに、裁判で偽証している連中は、創価や統一の息のかかった連中なんです。江川昭子も。

 

 

HH 岩永天佑「告発の書」…上祐は、例のことを喋れば消されると解っている。
…何者かの影に異常に怯えている上祐の姿も理解できる。上祐は、為そうとした村井の“秘密”をある部分共有しているのだ。秘密を握らせたまま飼い殺すというのが、公安、ヘロデの戦術である。上祐の教団解体に向かう「柔軟路線」の真意もここにある。“秘密”をカードに強硬路線を進むと、120%今度は自分が消されることを認識しているのである。現在の上祐は、教団内部のエージェントと、外部のヘロデに事実上、生け捕りにされているのである。
上祐の握っている秘密とは、オウム教団に入り込んでいた創価・統一信者のこと….上祐は、この秘密を喋れば、間違いなく殺される。だから、創価・統一に迎合し、やってもいない罪を認めることで命乞いした。そして、創価から資金援助を受け、いまや創価の仲間に取り込まれた。

 

 

JJ 岩永天佑「告発の書」
脳波制御の自白強要装置等は既に実用化されている。“そんなSFまがいのもの信じられるか”と笑うのは自由だが、もはや個人の意志は第三者の手によりコントロールされる時代なのだ。現に、“熊取”の一部で既に実験は成功しているのである。捕らわれのオウムの者には、逆洗脳による、裏取引の誘惑等、様々な罠が待っている。精神の内部での戦いとなろう。他の幹部の多くが誘惑に負け、次々脱落していく可能性がある。
実際、脅しても買収しても、どうしても言うことを聞かない頑なな信者には、あらゆる方法でマインドコントロールが行われているだろう。石井久子のように、裏取引に応じた者も。

 

 

KK 世紀末超兵器HAAP
脳生理学研究者ホセ・デルガド博士の研究によると、地球の電磁場の50分の1程度の微弱な低周波であっても脳の活動に甚大な影響を与えることがわかっている。遠距離から電磁波を照射することによって、睡眠状態から興奮状態まで人工的に作り出せるというのだ。さらに、神経外科医ロバート・ヒース氏は、脳に対する電気的な刺激が、恐怖や快楽といった感情だけでなく幻覚も作り出せることを発見した。こうした技術を使えば、文字どおり人間の意思を操れるようになる。
監獄は密室だから、なにをやっても解らない。
LL オウムが突きつけるもの
実行犯が自供したという報道がなされると、私たちは「そうか、やっぱりな」と思ってしまいます。はじめから報道の推移を見守らなければという立場をとっている者でも、「自供」という報道には弱いのではないでしょうか。正直いって私自身、犯人が自供したという報道に接すると、「そうか、自供したのか。ならばやってしまったのだろう」という感想に傾きます。供述の内容については報道がたえず変わるので、かなりいい加減な報道であると分かりますが、自供の事実そのものがでっちあげられているとすると、私たちはマスコミ報道に対するより厳しい、批判的な眼差しをもたなければならないと思います。

 

 

3-3 12.警察が変だ   3-3 13.検察が変だ、裁判が変だ。   3-3 14.脱会信者が変

 

オウム事件の整理整頓 PAGE3-3

 

 

印文書 : 世の中の99%の人、つまり大衆が信じる標準的オウム事件像。もしくは、意図的に描かれた虚像。大本営発表
印文書 : 世間知らずの大衆ではなく、常識を疑ってかかるのが真実探求の道と知る人のオウム事件像。実像に近い。
印部分 : 管理者注釈、もしくは管理者のサイトですです。
印文書 : 英文サイト、文書です。(英文サイトの翻訳文に限り、印をつけました。)

 

 

12.警察が変だ

 

警察、特に警視庁は、創価学会が意図的に送り込んだ信者により、占拠されている。オウム事件の真相隠蔽においても、これらの信者は、国民のためではなく、創価のために嘘をつきとおした。オウムの強制捜査は、山梨で行われた。名目は、カリヤ事件の捜査だった。結果、創価マフィアの巣窟である警視庁が、捜査の主導権を握った。⇒参考文書 DD/EE/FF
未だ、地下鉄サリンで使用された毒物を誰がサリンと鑑定したのかわからない。誰も鑑定していない。参考文書 AA/BB
創価・統一にとって都合の悪い警察幹部が、創価の策謀で職を追われた可能性がある。参考文書 CC
警視庁赤坂署、四谷署がオウム事件と警察の関わりを解く鍵になりうる。前者の管内には、創価学会があり、後者にはY系G組系列と言われるBプロダクションがある。どちらも、G組の縄張りである。⇒参考文書 HH/JJ/KK/LL

 

 

 

AA 阿修羅♪謎の裁判(科捜研科学班室長変)
麻原の国選弁護人は証人として科捜研(警察の科学捜査研究所)の化学検出班の機械を操作する人を証人として呼んだ。彼は、「サリン」と認定したのは私ではない。室長では無いか?と答えた。次に室長が証人に呼ばれた。室長は、「サリン」と認定したのは私ではない。部下ではないか。と答えた。サリン検出の謎は解明されないまま、裁判は次の問題に進んだ。
要するにサリンじゃなかったのね?タブン。

 

 

BB 顕彰理由
警察庁科学警察研究所 サリン等オウム関連事件 鑑定プロジェクトチーム チームリーダー 角田紀子以下30名 松本事件、東京地下鉄事件の神経性毒ガス・サリンの分析システムを確立するとともに、オウム関連事件における膨大な証拠品の鑑定により事件を科学的に立証し、事件解決に大きく寄与した。
ご立派な鑑定作業の結果、事件が解決したとのことで表彰されたそうだが、その鑑定結果が何一つ公判の証拠品として採用されていないことを、どうお考えですか、角田紀子さん?上から言われて嘘の鑑定結果を捏造したことに、警察官として良心の呵責はないのですか?貴女が言いなりになっている幹部は、宗教団体の手先なんですよ。

 

 

もみ消し
CC 1996年11月、オウム調査の先頭に立った9人の最高の警官がもみ消しに関与したとして罰せられた。懲戒処分は東京警視庁警視総監・井上幸彦の強制辞任、オウム調査のリーダー警視庁公安部長桜井勝の更迭が含まれていた。大阪県警本部長で前警視庁副総監の広瀬権(はかる)も非難された。公安部は信頼度の高い職員に代わった。
公安部は信頼度の高い職員に代わった….本当にそうなんだろうか?オウムの真相を隠蔽するのに好都合な職員に代わったのではないだろうか?いや、代えるために仕組まれたことがあったのではないだろうか?DD 「警視庁と検察局が、激しく創価学会、オウム真理教,その他の好戦的仏教教団によって浸透されているというのは、確立した事実である。これらの好戦的教団は、次には関東地方の薬物取引を管理する住吉連合、山口組の異端的分派後藤組と言った組織的犯罪組織ヤクザの、マネーロンダリングと,斡旋収賄の隠れ蓑である。この斡旋収賄の受益者と後援者には,最高の官僚や政治家が含まれる。1995年3月からの犯罪について,警視庁が狂気のグルと盲目的追従者に全ての責任を負わせることを命じられたとして,なにを驚くことがあろうか?」
この一文こそ、オウム事件の真相を体現する名文です。警視庁と検察庁の創価信者、創価に深く入り込んだ暴力団、暴力団の組織犯罪、受益者としての官僚と政治家…こいつらが、オウム事件を仕立て上げた訳です。

 

 

EE 人権の盲点Human Rights Blindspot
オウムに対する人権侵害の調査に訪れた米国の弁護士代表団は、空港の入国カウンターに到着するとすぐ、警察の尾行が開始された。税関では一時間に渡る徹底的な検査が行われ、そして街に行く電車の中でもずっと尾行は続いた。滞在したホテルでは、彼らの部屋と同じフロアーに警察の指揮所が設けられ、4人の警察官が24時間動きを監視した。彼らの部屋に訪問者が入ることは許されず、かかってくる電話はすべて、ほぼ一日中謎のように切られていた。
なんで、そんな妨害をする必要があったのか?オウム信者に本当のことを話されたら困る…そう、警視庁の創価信者が考えたからです。

 

 

FF 阿修羅♪ 岩永天佑 告発の書
1、正規の現場公安を教団内部に潜行させ、徹底した人物分析、情報収集を行なわせる。
2、公安の中の公安、すなわちヘロデ(創価、統一)の親衛隊、覆面部隊を使って謀略を仕掛ける。
3、信徒に仕立てたエージェントに犯罪を行なわせ指名手配、あるいは逮捕、「自供」という形でオウムを巻き込む。公安子飼いの告発部際である元「信者」「幹部」、家族などに偽証させオウムを告発する。
4、微罪で徐々に外堀を埋めていき、仕掛けた謀略を順次発動させ最後に本丸を攻略する。

 

 

GG CYBER POLICE AGENCY: 私見です。一般論なり。
警視庁赤坂署についての研究….なぜ、特定の警察署に言及する必要があるのか?そのうち、解ります。

HH 今井 亮一さん
で、警視庁赤坂署が、その金(参考人等費用のこと)を、のべ44人の参考人に計43万 円払ったという帳簿「呼出簿」をつくっていながら、じつはそのうちのべ37人 は実在せず(別人が住んでいたり、そこには図書館しかなかったり、住所その ものが存在しなかったりして)、実在する7人も、取材拒否の1人を除いて は、「そんなカネは受け取っていない」と証言していると、96年5月、雑誌 『噂の真相』で暴露されたのです。つまり、参考人費用のカラ支給です。

JJ赤坂署の警官側、不正支出認める 原告の都民「勝訴」
警視庁赤坂署の防犯課が参考人への日当など架空の名目で違法に公金を支出したとして、東京都民が一九九三年当時の署長ら幹部七人を相手に計四十二万七千円を都に返還するよう求めていた訴訟で、被告の全員が八日、東京地裁で開かれた口頭弁論の席上、違法支出に伴う返還義務があることを認めた。これにより訴訟は終了して原告側の勝訴と同様の効力が生じ、被告側は問題の約四十三万円を都に返還することになる。
この事件では、誰一人処分されていないんだよね。赤坂署は、治外法権?KK 石井一昌vs.鈴木龍馬
かつて赤坂署の刑事が、ゲーム機賭博で賄賂を受け取ってクビになったことがあった。違法で、ほんとうは潰さなければならないゲーム喫茶なんですが、上司の命令が無ければ手入れはできない。手入れの命令を上が出さないということは、この違法なゲーム喫茶を守っていたようなものなんです。上の方にはコレ(賄賂)が行っている。それを知った刑事が、「おい、俺にもちょっとよこせ!」というのは、普通だと思っている。
今でも、秘密のゲーム喫茶があるそうですね。赤坂署は、相変わらずお目こぼし料を貰っているのですか?

LL 国境は守られているか 第3部(22)
東京・赤坂を外堀通りに並行して走る「田町」「みすじ」「一ツ木」の三本の通り。両サイドの雑居ビルには、韓国系のクラブやバー、スナック、焼き肉店などが軒を並べ、店の看板にはハングルが躍る。  「全飲食店の六五%が韓国系」(赤坂署)とされ、日が暮れると、派手な服装の韓国人女性たちで「リトル・ソウル」と化す。
韓国系の歓楽街には必ず暴力団の影がある。覚醒剤も賭博も売春も絡む。赤坂署も、ヤクザから随分と恩恵を受けているご様子ですね.一心同体?

MM あるカルト
後藤田正晴の「後援会長の息子」がオウム幹部である、というのは、すでに「噂の真相」と「週刊現代」で報道されたことがあり、私のウェブページでも紹介しているとおりの事実である。その「オウム幹部」とは、法皇官房(ホーコーカンボーと読むらしい)のトップ、石川公一氏だ。現在は都内のC大学にて法律を勉強しているらしい。麻原の弁護士になろうとしているという説もある。
実は、麻原裁判において重大な疑惑が弁護団から指摘されている。石川氏は、サリンを撒く謀議に参加していたというのだ。オウムの教団内でもトップシークレットで、最重要メンバーしか参加できなかった「リムジン謀議」(要するに、麻原以下大幹部のリムジン内での謀議)に加わっていたとすれば、これはほとんどサリン事件の「共同正犯」に近い。ところが、警察・検察はなぜか石川氏を起訴どころか証人としても喚問していない。ここに後藤田の圧力があった、という説が伝わってきている。何しろ、石川氏が「ホテルで偽名で泊まったから有印私文書偽造」で逮捕されたとき、「俺を逮捕していいのか? 後藤田を呼べ!」と叫んだというのは、よく知られた事実。一部では、石川は後藤田に情報を流すスパイだったとか、逆に後藤田とオウムのパイプ役だったという話もある。後藤田辞職が石川氏に関連している、という説も聞いたことがあるが、さもありなん、というところだ。

 

 

13.検察が変だ、裁判が変だ。

 

検察も裁判官も創価だらけであることを忘れてはならない。創価がオウムの犯罪に関与していたことを隠蔽するためには、どんな嘘でもつく。⇒参考文書 GG/HH/LL/NN
検察の嘘を追及しようとした主任弁護士は、非法にも10ヶ月拘束された。口を封じるために。参考文書 BB/CC/MM/QQ
何しろ、供述した信者がダミーなのだから、証言だけを材料に裁判を進めるのも楽ではない。創価検事も苦労している。⇒参考文書 DD/JJ/KK/LL/PP/RR
オウム事件の真相隠蔽に走る勢力は、逮捕すべき信者を釈放した。オウムの闇に一番近い男が、解放された。⇒参考文書 OO
松本弁護団の報告は、オウム裁判の異常性を充分に伝えている。⇒参考文書 SS

 

BBS

 

貴方の知っている情報をBBSに書き込んでください。
(2チャンネル 警察板 告発します 6代目 スレッドです。)

 

 

 

AA 97年4月24日、麻原裁判(意見陳述)麻原弁護団、吼える!
BB《週刊阿修羅マガジン》第13回「安田弁護士12・16即時釈放を求める緊急集会」
CC安田さんへの弾圧とオウム問題  人権と報道・連絡会  山際 永三

 

 

DDオウムへの申し立て
「日本の大衆は、反カルトヒステリーによって叩こうとするマスメディアの試みに簡単に騙されてきたが、やっと証拠が矛盾しており、一致していなかったことに気づき始めた。」「東京地検はなぜ法廷に科学的証拠を提出しないことに決定したのか?」「全ての犯罪告発は自白のみによるもので、信頼できない。」「5000人の地下鉄乗客が被害を受け、おそらく50万人ほどが攻撃を目撃しているはずだ。なぜ、誰も証言を求められないのか?」「中間化学物質の貯蔵品が、警察によってオウム施設から他へ、捜索が始まる前にうつされたのはなぜか?おそらく、化学物質はエクスタシーなどの人口薬物製造のためであったのだ。」東京地検は、オウムの薬物密造が解明されると困る人たちのために、信者の偽証だけでストーリーをでっち上げたのです。地検の誰が?東京地検の14人の創価検事に聞いてみてください。

 

 

EE 麻原裁判の浅さと“闇”の深さ(96/04/24)
立花さん、最近オウム事件絡みの発言をしなくなったけど、どうしたんですか?CIAから直接要請(強要?)されたんですか?
FF 領置調書は法廷に出されているのでは?

 

 

GG 「オウム事件」とくに松本・地下鉄サリン事件について 人権と報道・連絡会  山際 永三
物証がなさすぎる :だいたいオウムが、本当にサリンを作っていたのかという疑問もある。第7サティアンの器械装置では、本格的なサリン合成は無理だと言われている。私は詳細は判らないが、きちんとした換気装置がないと合成作業をしている者に危険が及ぶのだという。この点、オウムの人々の「ワーク」は、綿密性がなく失敗は日常茶飯事だったという話もあるし、何かの時には撒いた当人が中毒症状になって、あわてて治療したという話も伝えられているから、案外粗雑なやり方で薬品を扱っていたのかも知れないとも思う。地下鉄サリン裁判における検察側主張は、第7サティアンではなくプレハブの研究棟で作ったということになった。そうであるならば、第7サティアンの器械装置を「ワーク」しただけの人に殺人予備の罪名を適用するのは無理ということになる。でも、その罪名で重い判決がすでに出ている。 サリンの化学的な詳細については、私たちの仲間の三浦英明さん(緑風出版『DNA鑑定』の著者)が相当勉強しているので、彼からの受け売りが多くなるが、純粋なサリンは無色・無臭だそうだ。ところが、松本でも地下鉄でも現場で白っぽい霧のような煙のようなものを見たという証言が多い。また、刺激臭を証言している人も多い。そこから、オウムのサリンは純粋なものではなく、不純物が混じったか、わざと混ぜたか、あるいは現場で2種類の薬品を混ぜた(バイナリ方式)か、またはサリンとは違った毒ガスを発生させたのではないかという説が有力だ。

 

 

HHオウム裁判を「大邪推」….邪推というけど、筋は通ってるよ。
■邪推に邪推を重ねた結果、出てきた「大邪推」は、次の通り。
1/少なくとも麻原と村井氏は間違いなく、事件の「背後関係から末端までの全貌」を知っていた。
2/むろん一連の事件を実行したのは教団の一部の信者である。
3/ただし、教団を利用して裏で糸を引いたのは「教団外の勢力」。
4/当初は、教団が事件を実行しても、それを「別の組織に罪をなすりつける段取りである」とでも麻原はその勢力から聞かされていた?。それが麻原が強制捜査中にもかかわらず、サティアン内を彼が平気でうろついていた理由か?。つまり「あなたは逮捕されないから大丈夫」と言われていたのだろうか?。
5/ところが村井氏刺殺事件から状況は激変した。「どうも話が違う」と知った麻原は、この段階で隠れるように潜伏した。
6/そして5/16麻原逮捕。「これでは話が違うではないか」と麻原は警察に詰め寄った。「ならば、私は法廷で全てを話すからな」と麻原が裏の勢力や事件の全貌に関する暴露をほのめかしたため、薬物を投与され、また催眠によって口封じをされて、以後、法廷で意味不明の狂言を繰り返すことになった。実際、彼の証言内容は「幻覚症状下の患者」のものに酷似してはいないだろうか?。
●以上が麻原が「薬物投与と長期催眠によって裁判で証言できなくされている」という邪推の根拠である。それを行っている者たちは麻原に法廷で証言をされては困ることがあるのだろう。逮捕後の法廷での麻原のあの状態を、単なる「麻原の狂気と乱心と、不謹慎な居眠り」で果たして片付けられるだろうか?あれは、どう考えても、薬漬け、催眠漬けの症状ではあるまいか?
この方、邪推といっておられるけれど、ある程度情報を掴んで書いていると思います。邪推だなんて、謙遜の必要ありません。

 

 

JJ 阿修羅♪ 岩永天佑「告発の書」….お話の核心でございます。
一連のオウムの事件で、いともたやすく捕まり黙秘してれば絶対に判らないこと、オウムが不利になるように必要のないことまでベラベラしゃべるオウム「信徒」「幹部」の存在を奇異に思われたであろう。教団内部に村井刺殺犯徐のようなエージェントが数十名潜入しており、謀略の詰めの段階で自ら捕まり、公安が捕獲したい真のオウム信徒や幹部に犯罪の嫌疑がかかるように「自供」しまくっているのである。
そうなんです。べらべら自供した奴ら、元をたどれば、創価・統一の信者なんです。

 

 

KK4 Years After Sarin Attack
Japan Times Weeklyで頑張っておられたYouichi Clark Matsushimaさんが指摘する裁判の異常な側面:
①オウムの化学プラントには、換気装置がなく、神経ガスを製造するのが不可能であったことを、はるか以前に日本と米国の専門家が結論付けている。
②地下鉄事件をたくさんの通勤客が目撃しているのに、ただの一人も法廷で証言を求められていない。
③オウムの活動と宗教団体の認定には有力政治家と官僚が関与している。
④別の4つの宗教団体がオウムに深く関わっている。ひとつは、もと米国大統領の絶大な支持を受けているセクト(統一教会のこと)と、もうひとつはハーバード大学に寄付をしているセクト(創価学会)である。
⑤日本の麻薬取締官事務所は、オウムの施設は不法薬物の製造目的で作られたと推測したが、警視庁は設備の検証を許さなかった。
創価・統一・創価・統一・創価・統一・創価・統一・創価・統一・創価・統一・創価・統一・創価・統一・創価・統一・創価・統一ふえ~

 

 

LL サリン事件への問題提起
また、地下鉄サリン事件に対する警察の捜査記録とその後の検察の法廷での動きは「異例」や「異常」という表現をとらざるを得ないものが多々あることもより疑問を膨らませる。これについては麻原弁護団・渡辺弁護団長からも指摘がされているとおりだ。さて、不審物について徹底的な分析を行った結果、得た結論を先取りしていえば、オウム実行犯の証言はある程度信用できそうだが、それはそれとして問題は、起訴されたグループとは別の人たちも毒ガス撒布に関わっているのではないか、という、恐るべき疑惑が浮上した。どちらかというとプロの匂いがする、そういう犯行痕跡や被害傾向に関しては初期報道の後、徐々に消えてゆき現在の検察ストーリーへと統一されていく。驚くほど多くの事柄が現在の検察ストーリーではうやむやにされ、しかも検察ストーリーだけではなぜそういうことがおきたか説明が付かないのだ。繰り返して言っておくが、これはあくまでも上記手法によって、徹底的に分析した上での話しであって、気まぐれや思いつきで言っているのではない。また、これら疑惑がどういうことを意味し、なぜ表沙汰にならないのか、私個人の中で推理がないわけではない。しかし今回の検証は終始地に足を着けて展開することを基本としており、また論点の混乱を避けるためにも今回はそこまで言及していない。
MM 安田弁護士国選解任、私選として再度主任に
3月23日、ついに東京地方裁判所は、拘留中の安田好弘弁護士を松本被告の国選弁護人から解任しました。昨年12月の逮捕以来、松本被告公判を欠席し、今後も拘留が長期化する見通しであることを理由としたもののようです。このニュースにたいする大衆の反応は、「悪いオウムの弁護をする悪徳弁護士であるし、国土法でも逮捕されている。だから、国選弁護人を解任されて当たり前だ。いい気味だ。」という感情論が主流であると思います。馬鹿丸出しです。大衆が、そう思ってくれれば、オウム事件を隠蔽する側としては、大助かりです。しかし、現実は「やばいところを突いてくる安田氏を黙らせるため、東京地裁の創価判事が、同氏の解任を決めた。不当逮捕ももちろん、口封じの手段だった。」ということです。
NN もっと”この世の闇”を
渡辺 脩の装飾のない,地を這うような語り口は社会の恐ろしい一面を覗かせてくれる。それらは決して報道される事のない内容であり、現実感に溢れ圧倒的でさえある。警察、裁判所、マスコミが共謀して彼らの意思する方向へオウム事件を誘導しようとしている。それに対して弁護団はあまりにも無力である。我々の社会はすでに崩壊しているのではないか。・・・背筋がぞっとするばかりだ。
OO 2チャンネル 続・告発します
林郁夫の奥さんは医大時代の同級生らが大量の寛刑嘆願署名を集めていたけど、それも実家が政界にかなり力を持っていたから。自民党の票田でもある、某団体に凄い影響力があると警察関係者が言ってました。ですが、それが果たして司法(裁判体)にどこまで影響したかは不明ですが・・・。
ちなみに不起 訴になった石川は警視庁のオウム専従捜査員の間で、実家が後藤田元警察庁長官と非常に懇意だったという話が流布していました。後藤田のみならず、法務検察官僚とも関係があったそうです。本人が自供しなかったことを差し引いても、状況証拠は黒いのに不起訴・釈放したのは、警察関係者の間でも色々と邪推されてます。彼が不起訴になったことに対して、他の逮捕された幹部信者の不満は凄まじいですし、例の国松長官狙撃事件の捜査過程でも複数の獄中信者が石川の関与を匂わせる発言をしています。
PP 2001年1月31日付朝日新聞朝刊 裁判の「サリンプラント建設事件」の」詳細尋問から…. 

1月に開かれた3回の公判では、サリンプラント建設事件に関し、 滝澤被告に対する弁護側の反対尋問が続いた。建設されたサリンプラントでは、実際にはサリンは製造されなかったとされる。サリン製造が可能だったとする検察側主張について疑いを掛けたい弁護側は、詳細な尋問を繰り返した。

異臭騒動 :
第181回公判から、弁護側はプラントが建設された山梨県上九一色村の「第7サティアン」の検証調書を示しながら、プラントの内部構造について詳細に聞き始めた。「このタンクに入っていたのは」「この配管の繋がり方は」。。。。「質問が細かすぎる」と検察側から異議が挟まれたが、「必要があって聞いている」と主張する弁護側は尋問を続ける。滝澤に対する質問!:
弁護人「塩酸基はどこに行くのですか」
検察官「一つ一つ聞いていくと、時間もかかるし、関連性もない」
弁護人「主尋問で聞いていない。この部分については立証しない、 ということか」
検察官「そうではない」
阿部裁判長「証人ができた、と言っているんだからいいじゃない」
弁護側「そんな!!」と声があがった。

さあて、ここまで読んでも、東京地裁の裁判の異常さに気が付かれない方のために、解説させていただきましょう。
(創価)検察側は、第7サティアンがサリンプラントだったことを、公判で固めてしまいたい。実際に、第7サティアンでは、サリンは製造しなかったということになってるのだから、サリンプラントであったかどうかは、どうでもいいことのはず。

本当は、覚醒剤プラントだったから、それを隠すために裁判で、はっきりとサリン製造目的だったことを結論付けておきたい人たちが居ると考えると合理的に理解できる。弁護側は、このあたりのこと知ってるから、わざと専門的質問を滝澤にぶつける。もともとサリンプラントじゃなかったから、辻褄のあう回答が出来ない。ぼろが出るのを恐れ、(創価)検事が詳細質問を差し止めようとする。(創価)判事が、お追従する。「証人ができたといってるんだから、いいじゃない」なんて、神聖な裁判で使うべき言葉ではない。ふざけるな。朝木市議事件と同じ構図でオウム・インチキ裁判は進んでいる。

QQ 安田弁護士はなぜ起訴され、なぜ保釈されないのか 海渡雄一(弁護士)
安田弁護士の逮捕が、法的根拠のない不当なものだという論評ですが、ここまで 不合理な手段を行使して、安田氏を拘束した目的がなにか?という疑問には、誰も言及していないんですね。(コワイカラ?) 結果、安田氏はアサハラ弁護団から追い出された訳で、それが最初からの目的だったと考えますし、オウム裁判の嘘を安田氏に暴かれるのを、手段を選ばずに阻止したということでしょう。警察・検察ともあからさまな真相隠蔽に自ら走っているわけで、それを国民の多くが、「悪いアサハラの弁護をする弁護士は悪い奴だ。いい気味だ。」程度の認識でいるとしたら、ホント、救いようがないですね。

RR 本日の地下鉄サリン事件法廷での最初の被害者の証言
地下鉄サリンの被害者が法廷で証言するというから、犯行者を目撃した証人が、【あれは確かに、林だった!」とか言うのかと思って期待したら,,,,,…67歳の地下鉄清掃会社のお爺さんだった。犯行者を目撃したわけでもなんでもない、ただの何にも知らない【被害者】だった。予想通り、「アサハラが悪い。極刑にしてくれ。」という感情に訴える証言のみ。これで、国民は、アサハラに対する怒りを新たにするという筋書きのようですね。ところで、気になったのは大手新聞のサイトが、今現在、この記事を載せていないこと。やっと見つけたのが、CNN。なるべく、この件には触らないように、権力御用達マスコミには、お達しでも出てるのでしょうか?

SS松本弁護団報告集会 
オウム裁判で今ひとつ核心が見えてこないのは、きわめて重要な役割を担っていた村井秀夫が殺害されたこと、そして同様にI・K(石川公一)が全く起訴 されていないこと、つまり飛車角抜きの状態であることに起因しているように思う。サリンの鑑定についても、鑑定書に鑑定をした日時すら書いてない。鑑定作業の写真に写っている人物が誰なのかも解らない。鑑定書の記載を裏付ける客観的証拠がない。検察官は、鑑定書があるからいいではないかというが、鑑定書に書いてあることが全て客観的事実であるというなら刑事裁判などいらない。事件当時の混乱である程度整理できないことがあることは解るが、これを指摘しない
としたら刑事弁護人の職責放棄である。弁護士として懲戒ものであると思う。
【オウム主任弁護士安田氏逮捕の裏の裏】阿修羅転載
「インタビュー 魚住昭氏に聞く『特捜検察の闇』」 
http://asyura.com/sora/bd13/msg/791.html
魚住:安田さんが逮捕されたということをテレビのニュースで知ったんですが、そのときにびっくりしたんですね。僕は何百人という弁護士を見てきたけれど、安田さんはおそらくいまの日本の弁護士のなかで最も優秀で良心的な人の一人だと思うんです。彼のような弁護士がいるからこそ、司法に対する市民の信頼がかろうじてつなぎ止められている。だから、ニュースを見てまず最初に思ったのは、そんな良質な弁護士を逮捕してどうするんだ、ということでしたね。…..おかしいと思ったのは、安田さんがいつまでたっても保釈されなかったことです。拘留は一〇ヶ月に及んだのですが、最高懲役二年程度の罪で一〇ヶ月も拘留するなんて、これはおかしいと思い始めた。検察は何を考えているのか、という思いが強まったんですね。それで、これはちゃんと取材してみなければならないと考えて本格的に取材を始めたんです。そうして、裁判の経過や証拠関係を見て唖然としたわけですよ。まさか、検察がこんなひどい捜査をやっているとは思わなかった。──『特捜検察の闇』のなかで、「過去に何百件かの事件を取材したが、これほど検察側立証が総崩れになる事件を見たことがない」「捜査の目的は真実や正義の追求ではない。安田を葬り去ることである」と書いておられますね。魚住:結局は、安田さんの支援者の人たちの言っていることが正しかったわけです。検察や警察のことを知っているつもりでいたけれども、安田事件によって、いままで知らなかった部分を如実に見せられたんですね。魚住 …..たとえば、オウム裁判の長期化批判がありましたけれども、 とりわけ麻原裁判に関してその批判が強くなされた。いまでもそれは続いていますけれども、いろんなオウム・ウオッチャーたちが検察の尻馬に乗って、弁護団批判をやったわけですね。しかし僕は、この批判はいったい何だったのかと思うわけですよ。彼らは、裁判のいちばん基本的なことを理解しないで言っているのではないか。僕らの常識では、弁護人というのは、先ほども言ったように徹底的に依頼人の利益を代弁し権利を擁護するのが仕事であって、麻原であろうが誰であろうが、そうするのが弁護士の役目です。いたずらに裁判を長期化させていると批判するけれども、僕に言わせれば長期化してどこが悪いの、誰が損をするの、ということなんです。
はい、オウム・ウォッチャーと検察は、同じ組織に属しているんですねえ。だから、裁判の長期化はボロが出るから、避けたいわけですね。「それに、検察が組み立てた地下鉄サリン事件の構図を全面的に信用するのは非常に危険なことであって、そのなかに、おそらく捜査当局が隠していることがいろいろあるはずです。」
えー、魚住さん、身の安全に注意された方がよいと思いますが。なにしろ、検察が隠していること….というか、全部嘘なんですから。安田弁護士不当逮捕事件については、どの論評もまだるっこしくて、嫌になりますね。魚住さんだって、おかしい、おかしいと言いながら、オウム事件に切り込んで、安田事件における警察・検察の目論見を看破するまでには、到っていない。簡単な話なのに。あー腹が立つ。それとも、解っていて、意図的に触れないのかな?

 

 

14.脱会信者が変
オウムに潜入していたオウム以外の宗教信者たちがいた。統一教会、そして創価学会。地下鉄サリン事件の直前に忽然と姿を消した元創価学会員のオウム信者たちは、創価に帰ったのか?否。創価とオウムの関係を勘ぐられないために、絶対にそれは出来なかった。あくまでも、表のオウムの顔をして、市中に紛れ込んだ。一体どこに、隠れたのか?「隠れオウム集団の素顔」を参照ください。
別の宗教団体とは?暴力団って、どこの?創価に聞いてみてください。

 

 

BBS

 

貴方の知っている情報をBBSに書き込んでください。
(2チャンネル 警察板 告発します 4代目 スレッドです。)

 

 

 

AA オウム帝国の正体(新潮社)
この早川グループの面々は、リーダーの早川同様、地下鉄サリン事件などの現場には決して顔を見せず、松本、地下鉄両サリン事件の発生直後、二回にわかれて大量脱会している。しかも、早川グループがロシアなどから買い集めてきた大量の武器の行方が、全く分からないままなのである。さらに興味深いのが、彼らの大半が脱会後、別の宗教団体の幹部に収まったり、暴力団幹部や企業舎弟、別の宗教団体関係者と一緒に事業を始めたり、北朝鮮に食い込んで、大々的にビジネスを展開するなど、いかにも怪しげな軌跡を辿っていることだ。

 

 

4-1 15.オウム 事件の背後に誰がいたのか?創価学会?

 

オウム事件の整理整頓 PAGE4-1

 

 

警察、検察、裁判所が真相をひたかくしに隠し、マスコミが真実の報道にそっぽを向き、政治家は知らん顔をしています。一体誰が、これだけ大規模な隠蔽工作をなし得るのでしょうか?このページでは、オウム事件の背後に潜むゴロツキどもを炙り出します。各文書の題名をクリックしてください。リンク先もしくは、サイト内のファイルに飛びます。表題の下には、内容を要約しておきました。

印文書 : 世の中の99%の人、つまり大衆が信じる標準的オウム事件像。もしくは、意図的に描かれた虚像。大本営発表
印文書 : 世間知らずの大衆ではなく、常識を疑ってかかるのが真実探求の道と知る人のオウム事件像。実像に近い。
印部分 : 管理者注釈、または管理者のサイトです。

 

 

15.オウム事件の背後に誰がいたのか?創価学会?

 

熊本波野村での衝突を経て、91年より創価とオウムは休戦状態に入った。事件後、早川の始めた第7サティアンでの覚醒剤密造に絡み、オウムの薬物利権に、創価を操るゴ○ウ組が色気を出し、早川を介して、オウムとの関係を深めた。ゴ○ウ組は、神戸のY組本家にかわる覚醒剤の供給源を手中にした。そして、創価を巻き込んで、大掛かりな密輸、密造、密売に関与しだした。⇒参考文書 BB/CC/GG/HH/JJ
オウムの利権は北朝鮮の利益とも一致した。オウム製品だけでなく、北からの密輸薬物も同じ組織が扱った。隠れ創価信者がオウム内部に送り込まれ、組織的に薬物商売に関与し、暴利をむさぼった。北は、同時にオウムを利用した日本でのテロ活動の準備、ロシアからの秘密裏の軍事技術導入を進めた。参考文書 AA/DD
ところが、93年当時、核査察問題でアメリカと一触即発状態に陥った北朝鮮は、国際的非難を回避するため、オウムとの関係を全面的に隠蔽する必要が出てきた。そこで、全ての犯罪的行為をオウム単独の仕業と偽る必要が生じた。創価学会が自らの利益を守るためもあり、隠蔽に全面的に乗り出した。
オウム内部に潜在する隠れ創価信者や盟友である統一の隠れ信者、総連配下の学習組と呼応し、もろもろの事件を意図的に引き起こし、外部から創価がオウムの仕業だと騒ぎ立てた。そして、オウム内部の隠れ創価・統一信者らが、犯行を自供した。創価の配下の毎日とTBSが、オウム攻撃報道を煽り立てた。
創価の息のかかった警察、検察、マスコミ、政治家が総動員され、見事、全ての事件をオウム単独犯行に仕立て上げ、創価、北朝鮮の関与を隠蔽した。隠蔽のために、自公連立すら行った。
創価は、オウムの残った幹部とも取引した。事件をオウムの仕業と認めさせる代わりに、上祐に資金提供をした。口の軽い村井を殺した後、麻原も拘束して、オウムは上祐の天下となった。早川は巧く騙して、刑務所にぶち込み、発言の自由を奪った。上祐は、創価と妥協して教団を生き長らえさせることを選んだ。
覚醒剤の件には一切触れないよう、国民が目を向けないよう、細心の注意を払った。第7サティアンはサリン製造プラントであることにした。そして、専門家の目に触れないうちに解体し、証拠を消した。
そして、2000年9月、東京地検が麻原の薬物密造4件について、起訴を取り下げた。極めて異例の措置であった。地検次長は、青い顔をしながら、取り下げの趣旨を、”審理短縮のため”と言い張った。マスコミは事務的にほんの短い報道しかしなかった。大衆は、ほとんど関心を持たなかった。これで、オウムでの薬物密造と密輸の真相は、永遠に追究されることなく終わった。関与した創価も統一もヤクザも北も、小遣いを貰っていた政治屋も胸をなでおろした。

 

BBS

 

貴方の知っている情報をBBSに書き込んでください。
(2チャンネル 警察板 告発します 6代目 スレッドです。)

 

 

 

AA ★阿修羅♪K氏の投稿
麻原のふたりの兄弟は創価学会員。87~89年サンデー毎日の攻撃~波野村の衝突までの敵対関係。91年以降,安部外相が開いたモスクワミッションが開いたソ連進出時の休戦・協力関係。元創価学会員のオウムがカリヤ拉致の実行犯?地下鉄事件も朝鮮半島人+オウム側メンバー?地下鉄事件後創価はオウムとの関係を否定にかかる。小沢・池田・毎日「狙われた」宣言。(抗議は噴飯物。)神奈川県警には創価学会員。後藤組は,創価に資金。中国・北朝鮮・ビルマと創価の深い関係。禁輸地域との関係構築によって,大きな金が動く。

 

 

BBもみ消し
「警視庁と検察局が、激しく創価学会、オウム真理教,その他の好戦的仏教教団によって浸透されているというのは、確立した事実である。これらの好戦的教団は、次には関東地方の薬物取引を管理する住吉連合、山口組の異端的分派後藤組と言った組織的犯罪組織ヤクザの、マネーロンダリングと,斡旋収賄の隠れ蓑である。この斡旋収賄の受益者と後援者には,最高の官僚や政治家が含まれる。1995年3月からの犯罪について,警視庁が狂気のグルと盲目的追従者に全ての責任を負わせることを命じられたとして,なにを驚くことがあろうか?」

 

 

CC オウムと統一教会を結ぶ線
平成二年、オウムは総選挙に惨敗する。この選挙惨敗により、「米びつに米一粒さえもなくなった」(元信者の話)というほどの経済的打撃を受ける。ところが、資金ゼロのはずのオウムが、その年の五月には熊本県波野村に六ヘクタールの土地を購入。 さてここで問題なのは、資金ゼロのオウムがいったいどこからそのカネを持ち出したのかということである。立証はされていないが、統一教会が五〇億円を出したといわれている。だが当時、統一教会にそんなカネがあったのだろうか。 「文鮮明が池田大作にたのんで五〇億円を出させ、そのうちの三〇億円をオウムに渡したといわれる。なぜオウムにカネを渡したのか--それは、創価学会の最大の敵(大石寺)をオウムの力で叩かせるつもりだったのだ。」(信頼できる事情通の話)「当時、日蓮正宗と創価学会は激烈な宗教戦争を行なっていた。創価学会はもともと、日蓮宗を叩き潰す目的で作られた宗教団体。その創価学会が大石寺を破門された時、日蓮宗との全面戦争を考えたはずだ。オウムが作ろうとしたサリンは、ほんらいは大石寺の日蓮正宗信徒を狙ったもの。大石寺を叩く、といって統一教会経由で創価学会からカネを受け取ったのだ」(事情通の話)という見方も出てくる。

 

 

DD オウムと創価学会Soka Gakkai & Aum The Doctorine of Final War
オウムの軍部は、創価学会の秘密軍で鍛えられた信者によって作られたという噂がある。…オウムの元創価学会員の多くは,犯行後なぜか消えた。…創価学会は,北京・クレムリンと強力に結びついており、在日朝鮮半島人会員が上層部から下部に至るまで広くその教団に浸透している。「創価学会は、中国と北朝鮮と非常に密接な関係を持っており、巨額の不法取引がある。この二つの国が、オウムの軍事研究と武器獲得計画を阻止する動機を持っていたかもしれない。それが、創価によるオウム攻撃となって現れている。」

 

 

EE Soka Gakkai & Aum
創価学会とオウムの関係を否定した文書。残念ながら、冒頭の一文から、早速嘘をついている。

 

 

FF THE POWER OF SOKA GAKKAI
朝木市議事件は、創価の秘密組織の犯行ではないかと海外でも取り上げられていた。自公が野合する以前、自民の議員がこの文書を取り上げて、国会で創価学会を攻撃した。このときは、まだ自民と敵対していた。このあと、小沢一郎も含めて、何かが起きた。

 

 

オウム帝国の正体(新潮社)
GG …Oの周辺には、暴力団による殺人請負組織があったのである。….創設者のひとりはある宗教団体で教祖の”私兵”と言うべき組織に入っていた人物。….実行メンバーは、ある武闘派暴力団(ゴ○ウ組)から選抜している。別の捜査幹部いわく、「この暴力団は別のモンスター教団(創価学会)に食い込んでいて、巨額の報酬を得て、幹部らの警護に当たったり、反対勢力を襲撃するなどの活動をしてきた。教団施設の地上げなどにも暗躍したとかで、教団も最初は非常に重宝がっていたが、そのうち歯止めが効かなくなってきて、最近では、完全に食い物になっているようなんだ。」(P.279~280)HH 取材を進めていくと、この殺人請負組織の背後に、第三部で紹介した闇の紳士達の影がちらつき、暴力団や北朝鮮人脈が姿を現すのである。…..残念ながら、その組織自体の全貌は解明できていない。もともと所属していた組織はばらばらである上、通常はお互い、あまり連絡を取り合わないようである。ただ、一つだけハッキリとした共通点があることが分かった。それは、メンバー全員が同じ信仰(創価学会)を持っていたことである。(P.281)

 

 

JJ 宗教掲示版白井氏投稿
もはや、オウムも創価学会も、その他の団体も暴力団の資金源として利用されているだけの宗教団体であると理解できた。警察当局も、この事実を把握しているが、暴力団との相互協力(情報の収集・提供など)を優先して、この事実を隠しているのだ。武闘派暴力団として、この本の中で述べているのは静岡県に拠点を置く、Y組系G組のことで伊丹監督襲撃事件でも知られているが、ここの組員が、坂本弁護士一家殺害の実行犯として2名参加していたことや、暴力団が殺人の補助をすることで宗教団体の弱みを握り、永遠に教団をしゃぶりつくす構図を暴露している。警察は、この事実を把握しているが、暴力団との「しがらみ」を優先し、また、暴力団が内部問題として、その実行犯を処刑するという暗黙の密約によって、一切を隠したと思われる。思えば、東村山市議突き落とし殺害にも暴力団が絡んでいたと推測できるが、創価学会は、それ以前から暴力団との交際があったのだ。今も池田のボディーガードをしているらしいし、静岡といえば富士大石寺もあり、創価学会とは「古い付き合い」なのだろう。この本の中では 在日朝鮮人も出でくるが、暴力団さえも 在日朝鮮人によってコントロールされている。北朝鮮がアヘンを国家的事業として栽培していることは、最近でもテレビ報道されていたが、北朝鮮は、在日を通じて暴力団すらも操作しているのだ。この戦慄すべき実態を これからの日本人は、承知しておくべきだろう。殺人や恐喝などの犯罪を暴力団に依頼したり察知された教団は、暴力団によって永遠にしゃぶりつくされるのだ。S学会への信者からのお布施も年間10億円以上も暴力団へと飲み込まれている。もはや何も不明な点は無い。秘密もない。戦慄すべき実態のすべてを承知した。
オウム事件の正しい理解は、この一文で充分でしょう。これが真実です。

 

 

KK2チャンネル 創価板 創価学会とオウムの関係って 
面白いですよ。
LL AUM SHINRIKYO IN CONTEXT

 

 

MM WHO WAS PROTECTING AUM?
一連のオウム事件の捜査に際し発生した異常な事態を、警察の怠慢と無能力に起因すると認めるには、あまりにも無理がある。オウムから逃げてきた信者の訴えを、警察は一切聞こうとしなかった。逃げ出した信者が、誘拐されているにもかかわらず、警察は訴えを無視し捜査を行わなかった。警察は一体誰の意向で、そうしたのか?松本サリン事件では、河野さん犯行説に固執した。世界中の有機化学者や兵器研究者が河野さんにサリンは作れないと主張しても、警察は説を変えなかった。松本の現場で発見されたと同じサリン残存物質が、オウムの施設でも発見されたにもかかわらず。そして、この物質の発見の事実は秘匿された。さらに、警察は河野さんに無理やり自供させようとまでした。無実の罪を着せる目的はなんだったのか?上九一色の強制捜査の直前に、なぜオウムの車が施設の外に脱出するのを許されたのか?なぜ、追跡されなかったのか?強制捜査の開始後もオウムは施設から貨物を出し入れするのを許されている。警察は、捜査開始後に密造中の部品が持ち出され、貯水池に捨てられたと言明している。当時の武村蔵相は、オウムの財政をチェックしようとした。警察は、捜査資料の公開を拒否した。オウムが所持していた巨額の資金の出所を信者の寄付とするには無理がある。強制捜査の際、オウムの施設から7億円の現金と10本の刻印のない金のインゴットが発見された。それと同じインゴットを金丸信が持っていた。浜田幸一は、自著の中で山口敏夫と石原慎太郎がオウムに資金援助していたと言っている。(私が言っているのではありません。浜田さんが言っているのです。)
NN 2チャンネル 創価学会の話題を避けるマスコミについて

507 元々 オウムをロシアに紹介したのも公明党議員 即ち創価学会でしょう。北朝鮮ラインの麻薬も有名だと思う。オウム、統一協会、創価学会 このラインは切ろうにも切れない関係。オウム、統一協会はテレビメディアの攻撃を受けたがただ一つ 政界に強力に進出していた創価学会だけはテレビメディアの追求を受けずに済んだ。
521 毎日見た?KSDで亀井議員攻撃している。また創価学会。東村山殺人事件でもわかるとうりに集団リンチが大好きな組織。事件の告発は全部在日が絡んでいる集団としても有名。KSD 許被告つながり。法の華でも在日が絡んでいた。オウムでも北朝鮮との麻薬取り引きを影で仕切っていたのは他ならぬ創価学会。それで平気で在日を裏切る恐ろしい団体。
523  (朝木事件について)学会がもし組織的にやった事が証明されたら学会員はなんて言い訳するのかな、オウムのときと一緒かな?524 (オウム信者の)半分くらいは創価学会と証明済み。だからこそなんとしても暗闇の中に封じ込めようとあらゆる手を講じた。彼らにとってはオウムと同じくらいやばい事件。その他にも坊主を殺し、天誅降るののチラシをばらまいたりしています。これはいくらなんでも許せないでしょう。創価学会系警察官の名簿の公開を!
ちゃーんとオウムの実体が何であるか、わかっている方も、世の中にはいらっしゃるわけです。はい。
OO 2チャンネル 続・告発します….元オウム信者さんも、創価の関与を証言!

927 名前:エレンサテギデドール投稿日:2001/03/28(水) 14:31
こんちわ。はやいね・・あの事件から、、そっかー 気づいてる人いてくれたというだけで・・・嬉 創価学会員の人はたくさんおりました。確かに 統一教会の信者さん?は、おりませんでした。 そうです。騙されたとしかね、今は・・・。日本は 間違い無く 近い将来、創価さんに汚染される事でしょー 創価さんをなめてたら怖いですよ。おあと、業界では有名な話ですけど、創価さんは法の華とも つながっております。 どうでも、いいですけど・・・村山さん(←あえてこういう言い方します。)すみません。は、創価さんの指示の元殺された・・・ 海外に永住したくてもマークされてるかもしれないので、怖くて申請もできません。ちなみに富士で作ってた覚せい剤は、注射用ではありません。
PP 「4 years after sarin attack」HPより
Inter-sect relations. Four other new religions were deeply linked to Aum, including a sect that boasts support from a former U.S. president and another that has channeled funds to Harvard.
オウムには別の4つの新宗教が深く関わっていた。うちひとつは、米元大統領から支持を受けているセクト(統一)、もうひとつはハーバードに資金提供しているセクト(創価)だった。
QQ 日蓮正宗大石寺をサリンで襲撃する計画も オウム松本被告の公判で明らかに
オウム真理教が、日蓮正宗大石寺をサリンで襲撃する計画を立てていたことが新たに明らかになった。 これは、東京地方裁判所で行われた松本智津夫被告の公判に証人として出廷した元教団幹部、中川智正被告の証言でわかったもの。証言によると、中川被告は、松本サリン事件の前の1994年6月、遠藤誠一被告、新実智光被告とともに、静岡・富士宮市にある日蓮正宗大石寺にサリンをまくための下見に行ったという。中川被告はこれについて、「サリンをまくための候補地だったと聞いた記憶があるが、なぜ大石寺を襲撃しようとしたかはわからない」と述べた。
中川君は、大石寺襲撃の目的を知らなかった。新見君は知っていたんじゃないかねえ?そうでしょ?池田さん。
RR 麻原が憧れたロシアの秘密
こうしてみると、麻原彰晃は、明確に操られた存在であったと考えられる。操った者は早川紀代秀などという小物ではない。早川は単なる手先である。早川の背後にいるのは統一教会であり、その後ろに創価学会が存在する。そしてその創価学会を操る者こそが、日本破壊を企てていると考えていいだろう。
私も同じ考えです。
SS 伏せられた四・一五極秘事件
目黒公証役場の假谷さん拉致事件で指名手配されている松本剛容疑者が石川県の能登半島に潜んでいたことは御存知だろうが、彼はロシアや北朝鮮に逃げるために能都に行ったのではない。敦賀原発襲撃の背後支援をするために行ったのである。麻原彰晃が、地下鉄サリン事件後、名古屋、京都に出現したことも、もちろんこれと関連している。やくざの山口組の中にもかなりの数の北朝鮮工作員が存在するという情報もある。サリン事件は、今後起こる、いや今すでに起きている対日戦争の序章なのである。
私も同じ考えです。
TT  Re: 悪を為す独善性、被害を呼ぶ被害者意識

…愛知の或創価学会代議士が、麻原をロシア政府に紹介したという情報があるのですが、どう思われますか?
確かに、仮谷さん拉致事件に使ったレンタカーなどは創価学会員の名義だったし、創価学会がオームに大量にエージェントを送り込んでいた、という情報も、日頃の創価学会のやり口をみている僕からすると、成る程と思わせられるものです。また、オームのサティアンで、数トンもの覚醒剤の原料が見つかっていながら、その裁判さえ行われない、というのは、刑事が「覚醒剤製造のキーマン」と調書に書いた石川を、後藤田が釈放した経緯はあれ、そのようにすべてを闇に葬る程の力がその後のオームにあるとも思われないという疑問にある種の疑念を起こさせるものでもあるのです。”例えば、1989年、ブッシュ大統領の就任まもなく、麻薬密売の容疑でアメリカに逮捕されたノリエガ将軍の自供の中に「池田の指示で、創価学会の資金がパナマでの麻薬取引の資金繰りにも使われ、そのアガリから池田は小沢一郎に相当な額を常時渡していた」という衝撃的なものがあった。そして、こうした「前例」に倣うかのように、今度の森擁立劇の裏側でも、多額のカネが池田の元から一挙に自民党サイドに流れたのではないか、との見方も出ているのである。[闇の永田町キングメーカー池田大作の全体主義政権づくりに向けた権力欲/「噂の真相」・古川利明稿]”<これなんぞも『独善性と被害者意識でしょうか(笑い)>これにあるように、創価学会は「ヤク」にも実際手を出しており、またその小沢一郎の秘書が、オームに関わっていたというCIA文書もあるようです。アジア・太平洋戦争というのは、実は日本のアヘン権益戦争であった、というのは正しいようです。やはり、オームの事件の本筋も・・・・
はい、そうですね。オウム事件の本筋も、麻薬の権益争いだったんです。
UU 松本サリン事件 3月に映画化!タイトルは「日本の黒い夏」
渋谷東急3・他全国ロードショー決定! 弊社刊行の「妻よ!」も好評発売中! (潮出版社=創価の営利出版部門)松本サリン事件の第一発見者で、被害者でもあるKさんが、実行犯の一味であるとは言いません。しかし、これだけは覚えておいてください。Kさんは、創価学会員です。そして、潮出版も創価学会系列です。
VV 謹慎中ですが くまさんのアニオタキモチワルイ語で書かれた文章を、勝手に日本語に翻訳しました。

創価学会員が借りたレンタカーで行われた仮谷さん拉致で、村井が携帯ができる電磁波銃を使用したというのは、まるちたんの
知る限りテレビ東京が夕方のニュースで報じたのみであった。何故このような危険な物の報道をそれ以外何処もやらなかったのか、また或意味週刊誌的興味をそそるものである。にもかかわらずワイドショーでも週刊誌のような雑誌でも、一切やらなかったのかという疑問が残るが、それはまるちたんが書いた通りマスコミの裏部隊の連中が普段使っているものだからに、他ならない。当然連中と常につるんでいるヤクザ創価学会を筆頭としたカルト宗教団体なども持っている。「ピカチュー」の事件はテレビ東京がその村井の電磁波銃のニュースをやった直後に起きた。まるちたんは、これは「マスコミを主体とした連中」の報復だと思わないこともない。何故なら、あのようなアニメの放映の仕方はその業界ではやってはならないというのが常識で、それがわからなかったはずはないというものだったからである。この種のものはロシアでは「666」という奇妙な呼び名の兵器として開発されてもいるらしい・・・・

石原慎太郎がまた週刊誌で嘘八百を並べているようだが、まるちたんはオウム教に資金提供をしていたことがバレた2週間後
に悪態をついてき議員を辞めている。無論、その資金提供の件の追及から逃れるためである。こんなことは外国人ジャーナリストなら知っていることなのに、何故日本の国民があまり知らないのか。オウム教の黒幕の一人として警察などもマークした松浦良
右は、有名な「ナミレイ事件」では、この石原慎太郎と後藤田正晴という親密だった二人の名を出して高砂熱学を脅した。松浦はその事件発覚後に、後藤田に宛てて「遺書」を書いたが(無論、死ぬための「遺書」ではなく、活動から身を引くというような意味のもの。二信組事件で逮捕された山口敏夫は、その松浦を真似て「遺書」を書いている。後藤田が、取り調べの刑事が「覚醒剤製造のキーマン」と調書に書いた、オウム教の石川公一を釈放したことは前に記した。石原慎太郎と西村真吾が魚釣島に行った件で、「週刊朝日」は『まるちたんらは実弾を船に積んでいた』と報じたが、後にその「週刊朝日」は『議員たちは石原慎太郎を見習え』とやっている。いったい何を見習えということだったのでしょうか。
「アエラ」なども、「日本人は中国人が嫌い」という特集を組んだりしていた。

WW 2チャンネル オウム事件と創価マフィア スレッドより

22 名前:名無しさん@お腹いっぱい。
オウムと原理(統一教会)は連携していた。(オウムの関連会社を捜査したら、実態は原理資本だった。オウムの早川は以前、原理の信者でもあった。{統一側は否定}・・・など証拠有り) だがオウムと創価については???何にも証拠がないし・・・ 勝共連合(反共団体)、笹川、893絡みで関連があったか? Tさん、どうでしょう?教えていただけませんか?
23 名前:Tさん
>22さんの熱烈ご指名に応えて… ●勝共連合の名誉会長=笹川良一氏 (これは有名)●笹川一族 → 日本財団(旧笹川財団)系右翼(笹川良一氏はA級戦犯として巣鴨に服役。笹川良一著、巣鴨日記に詳しい内容あり)●池田大作氏は青年時代、須山秀吉氏(終戦直後愛宕山に軍人、右翼がたてこもり、児玉誉士夫氏の説得もむなしく集団自決した事件の唯一の生き残り)と面識があり、須山氏は笹川良一氏率いる国粋同盟(後に全国勤労者同盟に改組)の青年隊長だった。両氏は短期間だが「郷友会」を通じて交友関係があり、池田氏は須山氏のつてで当時銀座にあった国粋同盟事務所に出入りしており、児玉、笹川両氏とも直接の面識があるとされている。(「カルトとしての創価学会=池田大作」に記載あり(多分これが初出では?) ※仮にこれが正しければ、月刊ペン事件の山崎供述書の「裏工作に笹川氏を選んだのは私」とあるのは嘘で、実際は池田会長(当時)本人ということになるので、池田氏はこれを隠すためには決して山崎氏を完全に刺しきれない(山崎氏が死ぬまでは)ことになる。
●創価学会犯罪に関与していると噂されている暴力団、山口組系後藤会は本部が富士宮市であるが、現在のテリトリーはなぜか新宿区に移動している(ちくり裏事情のバーニングプロ関連のスレッドからの情報)。(後藤組が当時富士宮市で動いていたかどうかは、H氏がもっとも詳しいと思うのですが)
と言うところまでが現在判明している情報。
XX  Re: 悪を為す独善性、被害を呼ぶ被害者意識
…オームのサティアンで、数トンもの覚醒剤の原料が見つかっていながら、その裁判さえ行われない、というのは、刑事が「覚醒剤製造のキーマン」と調書に書いた石川を、後藤田が釈放した経緯はあれ、そのようにすべてを闇に葬る程の力がその後のオームにあるとも思われないという疑問にある種の疑念を起こさせるものでもあるのです。
”例えば、1989年、ブッシュ大統領の就任まもなく、麻薬密売の容疑でアメリカに逮捕されたノリエガ将軍の自供の中に「池田の指示で、創価学会の資金がパナマでの麻薬取引の資金繰りにも使われ、そのアガリから池田は小沢一郎に相当な額を常時
渡していた」という衝撃的なものがあった。そして、こうした「前例」に倣うかのように、今度の森擁立劇の裏側でも、多額のカネが池田の元から一挙に自民党サイドに流れたのではないか、との見方も出ているのである。[闇の永田町キングメーカー池田
大作の全体主義政権づくりに向けた権力欲/「噂の真相」・古川利明稿]”
これにあるように、創価学会は「ヤク」にも実際手を出しており、またその小沢一郎 の秘書が、オームに関わっていたというCIA文書もあるようです。アジア・太平洋戦争というのは、実は日本のアヘン権益戦争であった、というのは正しいようです。やはり、オームの事件の本筋も・・・・
そうですか、小沢一郎の秘書がオウムに関わっていたのですか。当然、麻薬がらみでしょうね。

 

 

4-2 16.オウム事件の背後に誰がいたのか? 統一教会?   4-2 17.オウム事件の背後に誰がいた? 北朝鮮

 

オウム事件の整理整頓 PAGE4-2
INDEX・2チャンネル関連スレッド・関連サイトへ

 

 

印文書 : 世の中の99%の人、つまり大衆が信じる標準的オウム事件像。もしくは、意図的に描かれた虚像。大本営発表
印文書 : 世間知らずの大衆ではなく、常識を疑ってかかるのが真実探求の道と知る人のオウム事件像。実像に近い。
印部分 : 管理者注釈、または管理者のサイトです。

 

 

16.オウム事件の背後に誰がいたのか? 統一教会?

 

統一は創価ほどの資金源を持っているわけではない。社会批判を浴びて以降、いまさら壷も数珠も着物も売れないから、創価に寄りかかって生きていくしかない。その統一が、オウムに隠れ信者を送り込んでいた事実は、何を意味するのか?統一信者としてよりも、北朝鮮の利益に奉仕するものとして捉えた方が良いように思う。⇒参考文書 AA/BB/CC
日本における北朝鮮の利益代表として、弱体化した総連の代わりに、統一がノミネートされたのではないか?⇒参考文書 DD/EE
統一が理解しがたい資金力を保持していること、米国でワシントン・タイムス、UPIなど潰れかけたマスメディアを買収し、さらにブッシュ元大統領など有力政治家を金で操り始めた事実を考慮すると、北朝鮮の意向で統一が動いている、資金源は創価であると考えられないか?
北朝鮮の対日工作は、創価が担当し、対米工作は創価の金で、統一が行うというような図式だろうか?

 

BBS

 

貴方の知っている情報をBBSに書き込んでください。
(2チャンネル 警察板 告発します 6代目 スレッドです。)

 

 

 

AA 裏情報の裏を読む
「統一選挙後,何かがオウムに入り、巨額の資金を得た。…麻原教祖はただの飾り物で、実際は秘密組織から送り込まれた連中が指揮を取っている。…オウムの背後に統一教会=北朝鮮の陰があることには気づいた…まだ創価学会までは辿り着いていないらしい…」

 

 

BB サリン=オウム事件再考 : 背後に、統一教会や創価学会の姿がチラチラする

 

 

CC オウム帝国の正体(新潮社)

松本、地下鉄両サリン事件後、大量脱会したオウム信者のほぼ全員が統一教会の脱会者で、中核は元自衛官を含む十人前後。(P.190)4.
オウムは88年ごろから統一教会系企業と交流を深め、90年の衆院選では選挙活動のコンサルティングを受けていた。選挙後に統一教会からオウムに、大量に信者が移った。
捜査当局がオウム教団から押収した資料の中に、「オウム真理教内の統一教会信者名簿」があった。これは、統一教会の合同結婚式に参加したオウム信者の名簿と見られ、統一教会信者と同姓同名という23人の名前が書かれてあった。オウム教団内には、創価学会やアゴン宗など他の宗教団体から加わった信者が多く、新左翼などの脱会組もいると言われている。(P.187)
麻原が一時住民票を移した杉並のマンションの所有者は、国際勝共連合(統一教会)に近い国会議員だった。(P.187)

 

 

DD ★阿修羅♪K氏の投稿1/4
オウムには2つの核. 諜報・武器取引・麻薬販売など主宰の早川. 早川は統一協会元幹部. 警視庁自身初めてオウムに関心を持ったのは詐欺(fraud)容疑を持たれた早川が 統一協会を辞めて移って来た時以来. 辞める時に$数百万の現金・不動産・ビジネスを東京・神奈川から持ち出し、少 なくとも10数人のフォロワ. 問題は辞めさせられたのか、オウムに資産を供給する使命を持って出て来たのか. 後者であれば資金提供者は北朝鮮(親中国? ロシア?)?南?or両方?(金ヨンサム・金ジョンイルは一時休戦中)
朝鮮半島の状況:ムーンの80年代初にアメリカで脱税容疑で逮捕されて以来の変貌.米国寄り全世界展開の姿勢を変え、韓国ナショナリストに.(>70才の誕生日に統一朝鮮王の戴冠)事業も対北朝鮮・中国・ロシア中心に.晩年健康を害し来世への関心を持つようになったかつての天敵キムイルスンにも元キリスト教系学生だった縁で取り入り、私的牧師役に ・民主化進展で存在が危うくなったKCIAはキムヨンサム大統領当選をきっかけにソウルの右翼~ピョンヤンのロシア派エリート(キムジョンイル=中国派)と手を結ぶようになり、情報機関(・統一協会)<=>指導者の関係を背景にそれぞれ一時的休戦.
早川 大阪府大農学部ー神戸大で卒研(緑化ではなく環境工学)卒業後神戸の建設会社(=暴力団と同義)その後自分の事業(=統一協会フロント):この間の事情不明.オウムの経営中も事業を続けていた世界統一通商(早川メモここで発見)87priest就任、建設大臣就任.波野村の道場建設に着手.(5.9ha=広すぎる.通信施設計画?)建設大臣への村の抗議の後、反オウムサポータ数十人(全員の正体不明)がおしかけ90年8.12-13にかけてもみ合い.20人が病院に運ばれ早川は逮捕.以後; 統一協会を通じての北朝鮮とのコネが再び.ムーンの北朝鮮・韓国・極東ロシアの工場・オフィスを訪問した証拠は無いが、ロシアから北朝鮮に17回入国.化学兵器をピョンヤンに運ぶ為.・この頃から早川の北朝鮮からの帰国の度に麻原の予言にミリタントな内容が含まれ始める.(情報機関から仕入れたとしか説明できないネタも)・当時日本の化学薬品大企業と密接に動いていた早川、Volvograd化学兵器プラント出身のロシア人化学者を雇う.(TV朝日報道)(但オウム施設では姿を見せていない.イミグレーションでは旅券記録が明確に残っている事から、第7サティアンなどのオウム施設でなく他の国内施設にいた可能性高い.(今も?)

 

 

EE統一協会と北朝鮮
FF AUM SHINRIKYO IN CONTEXT
GG 韓国コネクション:早川紀代秀と統一協会
HH 統一協会について・背景  右翼の活動組織として今も総会屋の裏に見え隠れする国際勝共連合は、1968年に統一協会を母体として作られた。その統一協会の設立は私の調査では未だ明らかになっていないが、1935年4月17日文鮮明が15歳の復活祭の時にイエス・キリストが現れ、神のみ旨を完成しなければならない使命があるとの啓示を受けた後、設立したらしい。そして、統一協会の育成には韓国の朴政権とKCIAが携わっている。クーデターによって成立した朴政権が出てきた以上、その指揮をとったCIAが必然と浮かんでくるのだ。 (笹川良一述「巣鴨の表情」参照)

・アメリカの意図  太平洋戦争後、アメリカの国策は明確なものだった。1950年の朝鮮侵略戦争の開始とともに、アメリカは、全アジア地域にたいする多角的な反共軍事同盟を次つぎにむすび、ソ連、中国、朝鮮、べトナムの社会主義諸国を包囲することだ。アメリカはこうして全世界各地に軍事基地をおき、軍隊を駐留させることに成功した。そして資本を輸出しイギリス、フランス、オランダなどの旧植民地を次つぎに自己の勢力圏にかえ、巨大な経済的、政治的、軍事的利益をあげていった。当時、この軍事機構結成を推進した立役者は、アイゼンハワー米大統領と、第三代CIA長官アレン・ダレスの実兄、ジョン・フォスター・ダレス国務長官であった。こうした公然たる軍事的、外交的運動の陰で、アメリカは、CIAという巨大なスパイ・謀略機関をつかい、各国の財界、政界、軍隊、警察から右翼やヤクザに至る反共勢力をあつめ、世界各地で露骨な反共運動、ひそかな謀略活動をやらせ、気にいらない政府を流血のクーデターでてんぷくさせ、指導者を暗殺した。そうして誕生したのが韓国朴政権である。朴政権では再び共産・社会主義に戻る事を恐れ、反共活動組織を必要としており、統一協会が宗教と反共活動の2足のわらじをはく事になった。

・実際の活動  ….国家権力と財界そして右翼系ヤクザが手を結び、結成された統一協会と国際勝共連合を妨害する組織は存在しなかった。最新の活動としては、統一協会のインターネットプロバイダ事業および銀行を始めとした金融への参入が挙げられるだろう。

JJTerroristニューヨーク・タイムズは  教祖文鮮明、統一協会が米議会でロビー活動をやっている  統一協会がKCIAと関係があると報道している  統一協会はA級戦犯笹川良一、児玉誉士夫、岸信介、右翼、日韓暴力団、KCIA  マスコミ、大学、 財界、国会議員と関係がある  中曽根康弘は世界反共連盟、統一協会、勝共連合と関係がある  橋本龍太郎は世界反共連盟、統一協会、勝共連合と関係がある  小沢一郎は世界反共連盟、統一協会、勝共連合と関係がある

KK統一協会とオーム真理教と北朝鮮の関係

 

●オウム真理教は統一協会の仏教部か?
麻原が阿含宗を脱会した時、早川紀代秀他数人が一緒に阿含宗を辞めて、麻原に付いて行った。その中に「統一協会から送り込まれていた人物」がいたと、栗本は指摘する。 平成5年の春頃、三橋はある宗教ウォッチャーと雑談して、話がオウム真理教に及んだとき、その人は、「オウムは統一協会の仏教部です」といった。その頃の三橋はオウムには全く関心がなかったが、彼が「会員や信徒が500人以上いる宗教団体には、決まって隠れ統一協会員が入っているか、入ろうとしていますよ」と言い添えた事は記憶している。 忍者のような彼等(必ずしも統一協会員とは限らないようである)は、最初は熱心な信者であり、幹部の注目を惹く。 やがて抜擢されて、教団の出版部とか事業部とかに入る。 いったんそこに入ったら、教祖や幹部の思惑を越えて、いろんな事をやり出す。そしてその教団はガタガタになる(近藤さん、もしかしたら統一協会の差し金で千乃正法をかき回したのか。

2チャンネル ニュース速報板より
http://saki.2ch.net/test/read.cgi?bbs=news&key=979717370
41 名前:高村法務大臣 反社会的宗教団体として有名な統一協会の訴訟代理人をしていたといわれている高村弁護士が法務大臣になったのも首を傾げることです。このように闇に近い政治家が陽の目を浴びているような気がします。野中、亀井、鈴木、と威圧と恫喝が浮き彫りになる政治家が主導権を握っていることは、これを裏付けているようにおもわれます。
このスレ、日本の闇に鋭く迫っていたのですが、「消えて」しまいました…。81 名前:怖いけど書く 勝共連合=統一協会 自民党代議士の90%にはこの組織からの秘書が入っています。この秘書が活躍するのです。最初はボランティァでしたが、ビラ貼り、街頭演説と言えば若い人、美人を含めて多数動員してくれます。 ややこしい事件に対しても、きちっと解決する人物を紹介してくれます。そうして、いつしか、この人物が、あの勝共連合=統一協会からの贈り物と気づいてもどうもできません。彼らのちょっとした注文を聞いていれば、選挙に、トラブルに役に立つのです。でも、どんどんと秘密を握られてねいつしか主客転倒の間柄になります。民主党の代議士もこういう風になっている人が多数います。新井代議士も、この組織との関係が、キーでした。

 

 

17.オウム事件の背後に誰がいた? 北朝鮮

 

オウム事件における北朝鮮の意図はなんであったのか?そこから考察を始めないと全体像は見えてきません。北朝鮮にとって、日本は二つの意味で極めて重要な戦略的拠点です。①資金源として:産業の育成に失敗し、農業生産が消費量の半分にしか達しない世界の最貧国にとって、日本で得られる資金は、国家体制維持のカギである。在日からのパチンコ献金、朝銀から在日に不正融資させて、北に送金させ、破綻した朝銀は、日本政府から公的資金を補填させた、覚醒剤の対日密輸を増やして、暴力団から売上を吸い上げる、偽ドル札のマネーロンダリングをやらせる、などなど諸々の行為を行うに際して、隠れ蓑として、宗教団体に目をつけた。オウムがその対象となり、かねてから丸め込んでおいた創価と統一がオウムに加担することで、北への奉仕体制を作らせた。②戦争勝利のため:北朝鮮の不倶戴天の敵は、米国である。金日成親子にとって、米国を撃破することが、一生の夢である。北は第二次朝鮮戦争のために、50年にわたり準備をしてきた。38度戦を破り、南侵すれば、数日のうちにソウルを陥落させ、数週間のうちに米韓軍と韓国軍を釜山に追い落とすだけの歩兵力、機械化部隊と砲兵力を持っている。しかし、当初の戦勝は、在日米軍の戦線投入で逆転する。おまけに第一次とは違い、中国の参戦は望み薄である。そうなると、第二次朝鮮戦争に勝利するためには、在日米軍を無力化しなくてはならない。それが、彼らが朝鮮戦争で得た最大の教訓である。横須賀の原子力空母、佐世保の揚陸艦の出港を阻止し、嘉手納、岩国からのB-1、B-52爆撃機が飛来することを避けなければならない。沖縄の第3海兵隊の西海岸逆上陸も阻止しなくてはならない。⇒参考文書 AA/BB/FF/GG/HH/JJ/NN/OO/PP/QQ/YY
つまり、開戦直前に、日本で騒乱を起こし、在日米軍の作戦行動を潰すため、拠点を作り協力者を養成する必要があった。日本国内に工作員を数千人送り込んできたが、彼らは在日朝鮮・韓国人社会にもぐりこみ、オルグ活動に従事してきた。結果、朝鮮半島人の多い、創価学会、統一教会、そして暴力団にシンパを数多く配置することに成功した。創価と統一の領袖は、もともと朝鮮半島人であり、金正日の日本支配構想に簡単に乗せられたかも知れない。老境に入ると人間は、覇権を求めるようになる。工作員を取り締まるべき公安調査庁は、その間、居心地のいい役所で居眠りしてくれていたばかりか、北の意を受けた創価信者をすら、中枢部に職員として受け入れてくれた。警察とマスコミは、もちろん創価がしっかりと抑えてくれている。そして、日本に内乱を起こし、体制を倒すことで理想社会を築こうとする妄想に囚われたオウムと利害が一致した。そこで、盛んにオウムに援助をして、武装化を進めさせた。有事には、一斉蜂起する北の工作員と呼応して軍事行動を起こせるよう、北の銃弾がそのまま使用できるAK-74のコピーを量産させようとした。サリンなどの化学、生物兵器の面でも早川を通じて、援助した。一方で、オウムを使って日本の核(原子力)技術、ロケット技術を盗んだ。⇒参考文書 CC/DD
93年の核査察問題で計画は一旦頓挫したが、創価の協力で、オウムを利用して行ってきた犯罪行為や軍事行為はとにかく隠蔽できた。しかし、北はその野望を捨ててはいない。オウムが今でもサリンの研究を続けていたり、原発の資料を集めたり、防衛庁のコンピューターに侵入したり、不穏な行動が見られるのは、その現れであると思う。⇒参考文書 BB
邪推すれば、こういうことになる。オウムは北朝鮮と取引した。オウム事件の罪をオウムがかぶる代わりに、日本での一斉蜂起の際には、収監されているオウム幹部や信者を解放する。当然ながら、政権掌握の際にはオウムに実権を与える。もし、こんな密約が成立しているとすれば、上祐がやってもいないサリン事件をオウムの犯行と認め、信者が極刑覚悟で偽証するのも、不思議ではない。死刑判決は下っても、数年後、数ヵ月後には解放されるとわかっていれば。
最近の北の柔軟政策への転換を、感動をもって歓迎している大衆も多いと思います。しかし、金正日は、それほど甘い男ではないと思います。作り笑顔は誰にでもできます。忘れてならないのは、金正日が、大韓航空機爆破事件、ヤンゴンの廟爆破事件などの一連のテロ行為の直接の指示者であったことです。狂気の殺戮者なのです。しかも頭のよい。西側に油断をさせるのが金王朝第2代国王の目論見かもしれない。短期間に韓国を武力併合し、日本を人質にして米国と対峙する。何しろ、キチガイなのですから。…そう考えているとしたら…麻原が言っていた「日本と米国が戦争になり、オウムが生き残る。」とかいうたわ言にも、シナリオがあったように思えてくるのです。早川が北から聞いた話を麻原に伝えた。麻原がその気になって、予言した…なんてね。

 

BBS

 

貴方の知っている情報をBBSに書き込んでください。
(2チャンネル 警察板 告発します 6代目 スレッドです。)

 

 

 

AA 「背後にオウムの名を借りて、日本を根底からひっくり返そうつする巨大な“スポンサー”の存在があるのではないか、という疑い。これは警視庁の幹部の間でも議論になったこと」。「麻原教祖はちょくちょくロシアに出かけていたが、その往・復ともアジアの某国に立ち寄っているんです。なぜ支部もない国に立ち寄るのか。いまはまだ話せないが背筋が凍るようなシナリオが見えてくるんです」。以上が内外タイムズ紙からの引用である。ここでいう国際カルト組織とは、統一教会のこと。麻原彰晃がロシアへの行き帰りに立ち寄った国とは北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)。内外タイムズもどうやらオウムの背後に統一教会=北朝鮮の影があることには気付いたようだが、まだ創価学会までは辿りついていないらしい。こうしてみると、麻原彰晃は、明確に操られた存在であったと考えられる。操った者は早川紀代秀などという小物ではない。早川は単なる手先である。早川の背後にいるのは統一教会であり、その後ろに創価学会が存在する。そしてその創価学会を操る者こそが、日本破壊を企てていると考えていいだろう。

 

 

BB 週刊現代「オウムと北朝鮮の闇を解いた」最終回
北朝鮮側がオウム真理教を利用して、日本の原発の資料をはじめとする研究レポートを入手しようとした理由の大半も、そこにこそあった。また、オウム真理教側にとっては、国内では所有不可能な研究施設や研究体制が、北朝鮮側から提供されれば、それに越したことはなかったのである。しかし、このオウム真理教「科学技術省」の構想は挫折した。1993年3月、北朝鮮のNPT(核不拡散条約)脱退宣言から、核査察の受け入れと拒否をめぐる1994年6月のIAEA(国際原子力機関)脱退という、一連の北朝鮮核開発疑惑をめぐる国際政治の荒波のなかで、この構想は着手されなかった。むしろ、あの朝鮮有事に向けた一触即発の状況のなかで、このオウム真理教の構想に、北朝鮮がどんな些細な部分においても関与していることは、どうしても闇に葬らねばならない「事実」だったのである。村井秀夫「科学技術省長官」刺殺事件の背後には、そうした国際政治の闇の部分が、ブラックホールのようにうず巻いていた。オウム真理教が引き起こした一連の事件への北朝鮮の関与、工作組織の存在は、村井の命を奪ってもなお、死守しなければならない機密に属していた。
核査察に絡んで、オウムとの関係が露見するのを北朝鮮は恐れた。北朝鮮は、日本国内のシンパを動かし、自らも関与することで、一連のオウム事件を演出し、全てをオウムの仕業に押し付けた上で、丸ごと握りつぶした。北朝鮮のシンパであり、かつオウムに深入りしていた創価学会、統一教会などが、隠蔽とオウムの口封じに総動員された。創価の操る警察も検察もマスコミもである。

 

 

CC 創価学会とオウム真理教
オウムの軍部は、創価学会の秘密軍で鍛えられた信者によって作られたという噂がある。…オウムの元創価学会員の多くは,犯行後なぜか消えた。…創価学会は,北京・クレムリンと強力に結びついており、在日朝鮮半島人会員が上層部から下部に至るまで広くその教団に浸透している。

 

 

DD ★阿修羅♪K氏の投稿
麻原のふたりの兄弟は創価学会員。87~89年サンデー毎日の攻撃~波野村の衝突までの敵対関係。91年以降,安部外相が開いたモスクワミッションが開いたソ連進出時の休戦・協力関係。元創価学会員のオウムがカリヤ拉致の実行犯?地下鉄事件も朝鮮半島人+オウム側メンバー?地下鉄事件後創価はオウムとの関係を否定にかかる。小沢・池田・毎日「狙われた」宣言。(抗議は噴飯物。)神奈川県警には創価学会員。後藤組は,創価に資金。中国・北朝鮮・ビルマと創価の深い関係。禁輸地域との関係構築によって,大きな金が動く。

 

 

EE AUM SHINRIKYO IN CONTEXT
FF 伏せられた四・一五極秘事件
東名高速道で捕まったオウム真理教信者の車の中にあったフロッピィには、マスコミや国民に知らせることができないほどの重大情報が入っていたという。このフロッピィのかなりの部分がハングル文字で表現されていた…
GG 北朝鮮に「サリン製造文書」が渡っていた

 

 

HH オウム帝国の正体(新潮社)
CIAは当時、早川が北朝鮮を訪れたのとほぼ同時期に、ロシアの化学者や化学兵器技術者らが北朝鮮に終結していることを掴んでいた。ロシア人や北朝鮮人でつくる化学兵器製造チームが北朝鮮で、サリンガスを製造するプラントを建設し、その技術を早川が日本に持ち帰ったのではないかと見ていたのだ。(P.133)
CIAさんとしては、そういう見解が都合が良かったりして。
JJ オウム帝国の正体(新潮社)
「例えば、北朝鮮の対日工作グループが日本国内の友好関係にあるメンバーを通じ、オウム真理教に資金とサリン製造のノウハウを伝授したと考えられないだろうか。オウムを隠れ蓑にして、毒ガス兵器や自動小銃を大量生産し、日本国内に備蓄する。AK74は、北朝鮮軍の制式使用銃と同じ弾丸を使っているから都合がいい。サリンはテロ効果は大きいが、持ち運びが困難だから、日本国内で製造するのが合理的である。これを利用して対日破壊工作を進め、日本国内にパニックが生じた段階で軍事侵攻を目論んでいた。こんなことを言うと、すぐ考えすぎだとか飛躍しすぎだと笑う人が多いが、この論理だと、何故サリンを自前で生成する必要があったか、なぜAK74なのかといたことが、すべて説明つくだろう。」そう話すのは、CIA報告書の作成に携わったエージェントの一人である。

 

 

MM 2チャンネル創価・公明板「在日による言論弾圧について」

5 :ある雑誌がオウムと北朝鮮の関連を記事にしていたが、あれが突然無くなったのも、なんらかの圧力があったせいだろうか?41: 日本人女優に性的暴行…韓国教授、逮捕 3day枚日(さんでーまいにち)さんよりの投稿 naibu酷発 この事件を記事にして、よく書いてくれたとの激励のお電話を多くの方から頂く一方、特定の団体の方々から、ものすごい量の抗議の電話やファックスが殺到し、そればかりか、編集部を直接大人数でおとずれて、圧力をかけてきた人々がいました。さらに、本紙の上のほうからも、編集長に何かしら命令があったようで、結局、外国人地方参政権問題についての、反対派攻撃の煽動記事を書くことで、その団体の方々との取引が成立しました。(この要求をのまなければ、連日抗議に押し掛けるとでも言うような勢いだったのです)実際、地方参政権問題については以前からどういう形であれ記事にする予定はあったのですが、「週刊新潮」をのぞけば、各社の競合週刊誌でこのネタを取り上げたところはほとんどなく、弊誌もせいぜいが両論併記でお茶を濁して終わりにするはずだったのですが、こういう事態を迎えたため、賛成派ベッタリの煽動記事を書かざるを得なくなりました。残念なことです。勿論この記事は、その特定の団体の事前検閲を受けています。そういうわけで、あさって火曜日発売の弊誌には、特定の団体の圧力と社内事情によって成立した煽動記事が掲載されますが、くれぐれも読者の皆さんはこの記事を鵜呑みにしないで下さい。この記事のトーンはわが編集部の方針とは相容れません。そのことを読者の方に分かっていただけるよう、記事の末尾に、ある弁護士のかたのコメントを実名とともに、まるでその人物が高潔な民主主義の闘志ででもあるかのような筆致で、掲載していますが、これは先々週のレイプ犯罪隠蔽を積極的に進めたのと同一人物です。たった2週間の間隔をおいて全く同じ人物をこうも違う取り上げ方をするのか、この雑誌はなんて節操がないんだ、と思っていただければ、それで正解です。勘の良い読者なら、つまり後から書かれた記事のほうには何か事情があるのだろうと察していただけるはずです。編集部の苦衷をなにとぞお察しください。とにかく、どうか記事を本気にしないでください。政治的な取引で仕方なく掲載しただけなのですから……96: 「ぼったくり税金の大問題」 宝島社 P188 在日韓国人・朝鮮人にとっての「税金」とは?で面白い事が書いて有ります。 在日は直接税務署に確定申告書を提出せず、民団・総連の下部組織(税理士資格の有る人が居る)に一度集めてまとめて申告するらしい。 でも、この下部組織自体が税務署に対する圧力団体の位置付けと指摘する 人もいる。 申告漏れは指摘され無ければそのままだから、在日は悪く無いけど税務署の側が勝手にビビルって、突っ込んだ税務調査をしない可能性も有るらしい。109:五箇条の御誓文 : それにしても、総聯絡み、朝銀絡みとなると、どうも我々は腰が引けてしまうようである。朝銀大阪の検査しかり、万景峰号の監視もしかりである。もう一つの例として、昨年11月に新聞紙上でも報じられた“五箇条の御誓文” の件も改めて委員会の席上で取り上げた。これは、23年前に当時の社会党衆議院議員が仲介をし、国税庁と総聯の傘下団体、在日朝鮮人商工連合会(朝鮮商工連)の間で取り交わされたとされる五項目の合意のことである。その五項目とは以下の通りである。
1.朝鮮商工人のすべての税金問題は、朝鮮商工会と協議して解決する。
2.定期、定額の商工団体の会費は損金(必要経費)として認める。
3.学校運営の負担金に対しては前向きに解決する。
4.経済活動のための第三国旅行の費用は損金として認める。
5.裁判中の諸案件は協議して解決する。
これらの合意に基づき、商工連は団体交渉権の成立を主張、確定申告や税務調査への対応は原則として個人で行なわず、商工会を窓口にして行なっている、という。つまりは、商工連の印鑑さえあればノーチェックで必要経費として通してくれる、などという話は、総聯を少しでも知る人間ならば皆知っていることである。国税庁は不満そうな顔付きで「特定団体とのいかなる合意も存在しない」と合意
そのものの存在を真っ向から否定した。それは、そうだろう。そんな不公平を明らかにしたら、真面目な納税者が反乱を起こす。しかし、国税庁がどんなに否定しても、相手である商工連の梁守政氏は「絶対に既得権は守る」と高らかに宣言し続けている。これはいったい、どういうことなのか。そもそも基本的に、彼らには納税の義務感がない。日本に納税するよりは、肉親、親戚のいる北への送金こそが愛国事業と考える。 わが国の真面目な中小零細企業に対し、長時間かけて税務調査が入り、御土産と称してなにがしかの追加徴税を行なう税務署だが、相手が束になってかかってくると急に気弱になるようでは、フェアではないし、大局的な国家のコストとして、割りが合わないではないか。
http://www.yuriko.or.jp/column/colum99/corum990819.htm http://www.sankei.co.jp/databox/paper/9905/27/paper/today/itimen/27iti003.htm朝鮮総連、傘下団体に存在 1000組織 党と直結、朝銀経営にも関与 
在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)や傘下団体などの中に極秘で存在する非公然組織「学習組(そ)」の実態が二十六日、北朝鮮系の朝銀愛知信用組合をめぐる民事訴訟の公判資料などから明らかになった。学習組は「故金日成主席が組織し、金正日総書記が指導する在日朝鮮人金日成主義者の革命組織」で、朝鮮労働党の「国内細胞」とされる。公安当局では「日本人拉致(らち)も含め、日本での対南(韓国)工作、軍事兵器の北朝鮮への不正輸出、不正送金にも関与している疑いが強い」として、警戒を強めている。
この民事訴訟は昨年十一月、名古屋地裁で大阪市中央区の北朝鮮系商社の社長(五五)が朝銀愛知を相手取り、当時の副理事長に横領された預金など十七億五千万円の返還を求めたもの。原告側は、約五億円の預金や土地購入のための事業資金を運用せず、元副理事長が勝手に引き出し、北朝鮮や朝鮮総連への献金、対南工作の活動資金などに回していた、と主張している。朝銀愛知側が「原告と元副理事長の個人的問題で、朝銀愛知は一切関係ない」と主張したため、先月二十二日、原告側が反論として「学習組」に関する公判資料を裁判所に提出した。

原告側は(1)朝銀愛知内には学習組が三つ存在し、元副理事長は指示を出す学習組指導委員会の構成員(2)指導委には当時の理事長も名を連ね、朝銀愛知の実質的な意思決定機関が指導委だった-と指摘、組織ぐるみの関与と主張している。

朝鮮総連の内部資料などを基に作成された公判資料などによると、学習組は原則人員が三人以上いる朝鮮総連の関連団体に極秘に組織され、数は約千にも上る。指示系統は中央集権体制で、朝鮮労働党(金総書記)→朝鮮総連中央組織局→朝鮮総連の地方本部や支部などに置かれている学習組指導委員会→各学習組、という形になっている。

学習組の規定などによると、加入資格は満十八歳以上で、「愛国課題で先駆け的役割を果たし、祖国を擁護防衛する。革命的警戒心を高め秘密・規律を厳守する」が活動任務。目的は「朝鮮総連を金日成主義化し日本で主体(チュチェ)革命偉業の遂行に積極的に寄与すること」にある。

朝鮮総連関係者によると、学習組は、昭和三十年に朝鮮総連が発足した直後は、北朝鮮の革命思想を徹底的に学習させる目的で設置されていたが、三十年代半ば以降、組織改編で非公然党組織として位置づけられ、さらに五十年代半ばに組員点検で再登録された。

在京朝鮮半島筋は「学習組は朝鮮総連の完全な裏部隊で、在日の朝鮮労働党員だ。日本に来た韓国人留学生に近づき、オルグして北朝鮮に送り込んだりする。暴力的手段に出る準備も整っている」と指摘する。

北朝鮮から韓国に亡命した元工作員、安明進氏(三〇)によれば、朝鮮総連に所属する二十代ぐらいの若者が北朝鮮の大学に短期留学していたとされ、在京半島筋は「若者は恐らく学習組に所属しており、日本での工作活動を学んでいる可能性は高い」と話している。

金総書記は平成元年三月、「学習組の存在が公になれば、日本反動に朝鮮総連弾圧の口実を与える。あくまでも朝鮮総連活動家として行動しなければならない」と指示を出している。このため、学習組同士の横のつながりはなく、自分が学習組に所属していることさえ秘密にしている。

公安当局では「学習組のメンバーは金総書記のためなら何でもやるという活動家が多く、日本人拉致も含め、対南工作のために情報戦などのアクティブ・メジャーズ(積極工作)を行っている疑いが強く、非常に危険だ」としている。

 

 

NN 北朝鮮ルートが4割超す 昨年の大量押収覚せい剤
警察が昨年一年間に押収した覚せい剤は過去五年間の合計を超え二トンに迫る記録的な量となったが、このうち捜査当局が朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)を「仕出し国」と確認したものや、成分
分析などから北朝鮮と関連があるとみられるものは八六三・八キロに達し、全体の四三・七%を占めたことが十七日、警察庁のまとめで分かった。
オウム事件以降、北朝鮮からの覚醒剤の密輸が急激に増えています。オウム事件の原点は、ここにあると思います。つまり、オウム事件は、何のことはない、覚醒剤や麻薬の利権をめぐる抗争であったという見方です。後述します。

 

 

OO 北朝鮮の恥ずべき麻薬犯罪
米国務省が先月26日発表した「国際麻薬対策戦略報告」によると、▽中国国境近くの北朝鮮領内に4500~7000㌶のケシ畑があり▽アヘンの推定生産量は年間30~45㌧で、すべてをヘロインに精製すると3~4.5㌧に達する。覚せい剤の製造能力を急速に高め、日本への流入が急増している。

 

 

PP 北朝鮮麻薬取引 アヘン原料のケシ畑7000ヘクタール 亡命者ら証言 [1997年06月26日 東京朝刊
北朝鮮国内にある麻薬・アヘンの原料となるケシ畑は約七千ヘクタール、麻薬取引で獲得した外貨は年間三十億ドルにものぼることが、二十五日までに判明した。亡命者の証言や在京の朝鮮半島筋の情報から明らかになったもので、北朝鮮は覚せい剤密輸事件などで、日本の暴力団との黒い関係も取りざたされており、国家ぐるみで犯罪に手を染める北朝鮮の実態が、一段と鮮明になったといえそうだ。 (北朝鮮問題取材班)
北朝鮮は、覚醒剤だけでなく、アヘンも大規模に栽培しています。問題は、どんなルートで密輸し、どの市場に供給しているかということです。覚醒剤は、日本ですが、ヘロインとなると米国市場をおさえなければ、旨みがありません。覚醒剤取引で確立した日本経由の流通ルートは、そのまま米国までつながり、ヘロインが日本経由で米国に大量に流れ込んでいると考えるべきです。この取引は、もちろん主体は、暴力団ですが、半ば治外法権である日本のカルト教団が、現在でも取引の仲介やマネーロンダリングに関わっていると考えます。これが、オウム事件の背景です。勿論、米国の役人も関わっています。

 

 

RR朝鮮総連青年部情報委員会通達 第98-09-02号3)
….反動的人物・団体を発見した場合は、地区長へ通報の上、可能な限りの情報を収集する。なお個人が特定できない場合、インターネット接続業者を通じてアカウント名の割り出しをおこなう。…. 政治的指導性もしくはインターネット上での行動力をもつものについては、協力者としての育成をはかる。ただし協力者と地区長に認められるまで、自らの立場を明らかにしてはならない。
つまり、ネット上で北朝鮮叩きをやっていると、金で買収され、仲間に引き入れられるということです。日本の公安警察と同じだな。私もそろそろ?いや、抹殺の方かな?
SS 高沢皓司著 「『オウム真理教と北朝鮮』の闇を解いた」 (「週刊現代」講談社)
◆第1回 麻原被告の側近には、北朝鮮の潜入工作員がいた。  オウムには、北朝鮮の主体思想(金日成・金正日を絶対化した 思想)を身に付けた工作員Aが潜入していた。その頃から、オウ ムは急激に変質、過激化した。Aは村井・科学技術省長官に重用 されて武器製造に関与していた。  オウムは、北朝鮮に「徹底的して領導され、誘導され、利用さ れ尽くしたともいえるのでは」と高沢氏は見る。「サリンをはじ めとした一連のオウム真理教のテロ事件は、日本かく乱工作(ク ーデター工作)の、いわば予行演習でもあり得たのである」と。
オウムの村井には、正真正銘の北朝鮮工作員が張り付いていた!◆第2回 潜入工作員と「よど号犯」はマドリッドでつながった  工作員Aは、一連の事件でオウムの幹部が逮捕された後に、オ ウムを脱会し、スペインのマドリッドへ飛んだ。そこは北朝鮮の 工作拠点のある街。あの赤軍派「よど号」グループらが、日本人 留学生の拉致等の活動拠点としていた場所だ。  そこで、Aは、「よど号犯」の一人・柴田泰弘と同じホテルに 宿泊していた。マドリッドで、工作員Aと、「よど号」グループ とがつながった。
その工作員は、よど号グループとつながっていた!◆第3回 金正日総書記直筆の「日本破壊工作」指令書の全貌  昭和57年(1982)5月6日、「よど号犯」は、金正日か ら直筆の極秘指令を受けていた。その指令書が実在する。内容は、 金日成主義によって日本革命を準備・達成せよ、というものだ。 金正日は、自衛隊工作や軍事クーデターの中核的人間の育成など を、赤軍派に指示していた。しかし「よど号犯」の工作活動は、 あいつぐ逮捕などのために、1980年代後半に挫折した。  しかし、その後、「金正日指令の日本破壊・かく乱工作を、ち がう筋で見事に実行したのが、オウムではなかったのか」と高沢 氏は見る。首都中枢の霞ヶ関を狙ったサリン事件については、 「日本の危機管理のずさんさと、どのような動きが取られるのか というシミュレーションのデータを得るためにこそ、かく乱工作 の第一歩は必要だった」と述べている。
よど号グループが挫折した日本破壊計画は、オウムに受け継がれた。◆第4回 故金日成主席の「毒ガス兵器」研究と麻原彰晃のテロ実行  一連のオウム事件が起こった後、韓国は、事件の背後に北朝鮮 の影を読み取り、毒ガスの緊急防護訓練を行っていた。  金日成の著作集には、毒ガスや細菌兵器についての大量の論 文・教示がある。朝鮮戦争後、北朝鮮では、毒ガスや細菌兵器の 研究が行われている。  高沢氏は言う、「オウム真理教が毒ガスや細菌兵器の開発に手 を染めはじめていたのは、そこに北朝鮮の工作組織の浸透があっ たとすれば、けっして偶然ではないのである」と。麻原らにサリ ンなどの知識を吹き込み、オウムを北朝鮮型の組織体系に誘導し た、工作組織が存在するのだ。
オウムに浸透していた北朝鮮の工作組織。◆第6回 もう一人の潜入工作員は林郁夫の右腕だった  工作員Bは、共産党系の病院に医師として勤務していた時に、 オウムに入信した。ある時、突然、都内にある北朝鮮系の病院に 移り、さらにオウム付属病院へ移った。Bは、以後、林の右腕と なり、麻酔剤・電気ショック・LSDなどを用いて、信者に洗脳 を行っていた。  これらの方法は、高沢氏によると「北朝鮮の洗脳技術と瓜ふた つ」だ。北の毒ガス等の兵器開発と「まったく同じ軌道上にある もの」という。しかもBは、「教祖・麻原に対しても心理療法、 あるいは催眠療法などの『イニシエーション』を行える立場にあ った」。(*Bはこの記事が出た後に、逮捕された霜鳥隆二容疑 者のこと)
霧島はやっぱり、北朝鮮の工作員だったのですね。◆第8回 麻原彰晃の右腕・早川紀代秀と北朝鮮の「闇の関係」  オウムの元幹部の証言によると、早川建設省長官は、ドイツか ら精巧な印刷機を手配し、北朝鮮の偽ドル印刷に関係していた。 早川は、頻繁にウクライナの首都・キエフへ行き、またそこを経 由して北朝鮮に行っていた。  高沢氏は、早川がロシアでは、武器の購入だけでなく、プルト ニウムの密輸事件にもなにか関係があったのではないか、と見る。 早川が窓口としていたのは、北朝鮮の核兵器関連物資やIC機器 の調達を行う部署、「経済第2委員会」だった可能性が、最も高 いからだ。
早川は、北朝鮮の偽ドル製造にまで関わっていたのか?◆第10回 村井秀夫が極秘指令 「原発の機密をスパイせよ!」  村井はテレビで、資金は一千億あると言った。また、地下鉄で 使われた毒ガスは、サリンではないとも証言した。とすれば、ガ スの製造元はどこの国なのか。それは不明のままだ。そして、さ らに村井がさらけ出しかねなかった第三の秘密があった。それは、 日本の原子力発電所に関するものだ。  オウムは原発に関する膨大な機密書類を手に入れていた。村井 らが200人もの作業員を潜入させて収集したものだ。専門家も 初めて見るような詳細な資料だ。こうした原発の機密資料が、早 川ルートによって北朝鮮に流出していた可能性がある。
オウムは原発の機密資料を収集していた。同じようなことを、創価がフランスでやっていた。なぜか?目的は同じだ。

◆第11回 村井秀夫は「北朝鮮の核」機密保持のために殺害された  村井は、物理学の専門家であり、原発のデータを理解すること ができた。彼は、究極の教団武装化として「核」開発を考えてた。 村井は早川とともに北朝鮮に渡航し、関係を持っていた。北朝鮮 も、核開発のために、日本の技術とデータを必要として、オウム を利用していた。両者の利益は一致していたのだ。しかし、平成 6年のIAEAの北朝鮮核査察問題で、その野望は挫折した。  オウムの一連の事件への「北朝鮮の関与、工作組織の存在は、 村井の命を奪ってもなお、死守しなければならない機密に属して いた」と高沢氏はいう。村井刺殺事件の背後には、国際政治の闇 の部分が渦巻いていたのだ。

オウムの強制捜査の際に、脱会してスペインに逃げた喜多の工作員Aというのがいて、スペインで、よど号グループの柴田泰弘と現地で会ってる…..という話をなにげに聞き流していたら、同じ柴田という名前が、一水会を鼓舞する会の発起人名簿にあったに気がついたわけです。この新右翼の会には、例の有田も創価の渉外部長も日本赤軍の塩見孝也も出ているわけで、このあたりから、北朝鮮と日本の左翼、右翼、カルトが「オウム」で繋がる人脈が見えてくるわけです。
http://www2.neweb.ne.jp/wc/issuikai/226.html

TT 北の大物スパイが警視庁公安部に捕まりました。
①やっぱり、喜多は日本経由で韓国財界に入り込み、シンパ組織を作っている。 ②喜多の工作員が、平気な顔をして、日本で企業経営なんかやっている。事業の中身はどうせ実体がなく、工作活動そのものだろう。②韓国の財閥すらもはや、喜多の支配下にある。一体どこの財閥か?オヤジが96年に死んだっていうから、調べればすぐわかると思う。まさか、三星じゃ…
③「キリスト教」を隠れみのにして、在日を喜多の組織に組み込もうとしている。やっぱりカルトを利用している。層化・統一だけじゃない。
UU 石笛10号
本誌 当時から今に至るまで行動が判明しているオウム信徒が事件に絡んだ可能性は低いと思う。だが、何らかの形で、オウムの内部にいた異分子というか、半島直結人脈が事件に絡んだ可能性はあると思う。ところでオウム真理教の信者数は、あの頃、実際には何人くらいだったのですか。
星野 平成七年三月はオウムが最大規模になったときでした。この時点で出家信者が一八〇〇人、在家信者が約一万人。
本誌 現在は?
星野 公安警察の発表ですと、現在は出家信者が五〇〇人、在家が一〇〇〇人ということです。この数字はかなり信憑性があると思っています。
VV Korea News 題目 : “金正日党書記に 秘密資金 300億円 伝達”・朝総連前幹部 暴露
……このお金を新幹線列車で新潟まで運搬する事が僕の任務であった。テックォンド有段者の5~6名の若者が組を作って現金かばんを運搬する。新潟に到着すれば直ちに港そばにいる朝総連 新潟県本部へ行く。こちらからお金を紙封筒に2000万~3000万円ずつ分けて込める。この封筒を萬景峰号に乗る北朝鮮人にあげて“重要な物であるから船に乗れば直ちに指導員同志に伝達しなさい”と指示する。税関員が検査をする場合は稀だ.検査をしようとすれば騒動を起こし検査が不可能にさせる。 また前の人について間を置かなくて直ちに乗船する為に検査自体が不可能だ。新潟の朝総連職員に“お金はいくらを使っても良いから税関員をよく接待しなさい”と指示しておく為に、そのおかげをこうむる事なのかも知れない。一見、オウム事件とは直接関係ない記事のようですが、そうでもありません。新潟の税関が総連に取り込まれている恐れがあることを、覚えておいてください。
WW 共同全記事
….この前後、数人の女性が一斉に日本を出国する。行き先は別々だが、最終目的地は平壌。彼女たちは(よど号グループの)メンバーと現地で結婚していた日本人女性だった。当時、女性たちは平壌の指示を受け、日本国内で情報収集を行っていたとみられている。 「危ないということで(平壌へ)急きょ帰った」。最近、女性の一人がこう語っている。▽欧州で女性たちの経歴はさまざまだが、多くに共通しているのは、七〇年代後半に欧州に出掛けたまま行方不明となり、北朝鮮に渡ったという点。昨年急死したリーダーの故田宮高麿元赤軍派幹部は生前、七五年ごろにメンバーが欧州など各国で活動していたことを認めた上で「七七年ごろ、革命任務は女性獲得だということで一年か二年かかって任務を遂行した」と告白。欧州で女性たちを”スカウト”したことを明かし「実情を知るために日本に入国してほしかった」と語った。ある支援者は「こうした活動のために、メンバーは八〇年代まで世界各国を飛び回っていた」と明かす。彼らの行動に北朝鮮政府の「意思」は働いていたのか。公安当局者は「北の工作の一端を担っていた」と断言。支援者も「北朝鮮の庇護(ひご)の下で生活しているのだから、影響があったのは当然」と話す。ピョンヤンのよど号グループのメンバーに日本人の妻がいて、子供も20人いるという話は前から聞いていたのですが、一体どうやって日本人妻を「仕入れたのか」が、やっと解りました。スペインにあった日本赤軍の根拠地で、日本人留学生を拉致する工作をしていたのですが、その犠牲者が現在の妻たちな訳ですね。現地で洗脳され、主体思想を叩き込まれたのでしょう。この女性たちは、日本国籍がある以上、自由に旅行できるわけであり、連中の対日工作部隊として、機能してきたはずです。今度は、その子供たちも一斉に帰国するというニュースが入っていますが、北朝鮮の洗脳教育を受けた彼らが、日本で何をやるか、今後も注目したいと思います。そういえば、重信房子の娘も帰国しましたね。
XX コラム 万景峰号問題

…..そして、これもまたずっと“パンドラの箱”状態にあるのが、月二、三回北朝鮮の元山港と新潟港を往復する連絡船、万景峰92号の問題である。私はこの万景峰92号こそが、堂々と入港してくる不審船ではないか考えている。理由は大きく分ければ以下の二点である。
まず、テポドンをはじめとするミサイルや潜水艦など、北朝鮮製の兵器に使われている部品の多くが日本製品であることは、月刊誌『文藝春秋』九九年八月号に掲載された『議員告発「北朝鮮兵器」日本企業リスト』(浅尾慶一郎・山本一太)でも明らかにされた。それらハイテク製品がこの船によって北朝鮮へと持出され、結果的に北朝鮮群や兵器開発を支えていることが第一の点だ。これは韓国に亡命した軍人の証言からも明らかになっている。
そしてもう一点は、昭和46年に在日朝鮮人が北朝鮮への親族訪問が再開されて以来28年間もずっと、この船が現金や物資をひっきりなしに北朝鮮に送り続けられ、それも、手荷物に隠すなどといった不正な手段が取られていることである。この話についても、枚挙に暇がないほどの証言が存在する。
委員会では新潟港での税関のチェック体制についての質問を行なった。「警察や海上保安庁などの関係取締機関との連携によって、厳重に警戒している」「旅客の携帯品や貨物についても必要に応じ開披検査を行なっている。万全を期している」との回答はあった。事実、新潟に停泊中、ずっとわが国の監視船が万景峰92号を取り巻き、あらゆる動きをチェックしているというが、実際に現場を知る人間の報告によれば、実態は極めて手薄だという。
このように、単なる連絡船ではない万景峰92号の航行をこれ以上放置し続けることは、わが国の国益上断じて許されない。高知県知事の橋本大二郎氏は「非核港湾条例を制定しよう」などという地方自治と国益との関係をまるで履き違えた提案をしていたが(議会で否決)、ならばこの際、新潟県知事には、万景峰92号の港湾使用権を拒否するよう、是非ご一考いただきたいものである。

万景峰号のからみでは、ミサイル部品や現金の不正持ち出しは勿論大きな問題だ。しかし、最大の問題は別にある。持ち出す方ではなく、持ち込む方だろう。何を持ち込むか?新宿の歌舞伎町でも、赤坂でも簡単に手に入る、白い結晶状の物質かもしれない。

YY オウムの闇の朝鮮人人脈 
http://teri.2ch.net/test/read.cgi?bbs=korea&key=994547447&ls=100
1995年のオウム真理教事件に闇の朝鮮人人脈が絡んでいるという噂がある。元々、統一教会がオウムと密接な関係にあるというのは有田有生などが主張していた。また、事件に北朝鮮の影もちらつく。政治の世界に君臨している創価学会も朝鮮人の支配している団体だ。北朝鮮、統一教会、創価学会、オウム真理教。これらの反日組織の連携はあったのか。創価学会も統一も日本を食いつくしテロもいとわないという点では共通している。デマや先入観、陰謀史観じゃなくて真の情報を提供してくれ。統一協会が日本でさらに活動をするために作ったダミー団体がオウムという説がある。いわば、オウムは統一の仏教版だということだ。確かに大学でのサークル活動を通じての勧誘。専業主婦、お年寄りを狙った布教。瓜二つの所が多い。初期の教団施設が統一と同じビルだった事も複数あった。教団実務を仕切っていた早川は統一出身だし。狂信的なまでに日本を憎悪する所も気になる。一体、統一とオウムの間に接点はあったのだろうか。
封印された三国人の犯罪…こんな面白いスレもあったんですね。 
http://mentai.2ch.net/korea/kako/961/961775260.html
60:事件と同時に起きた国松警察庁長官狙撃事件も、国松が始めて総連本部の家宅捜査を指揮した事と関係があるのではとも思える。現場にわざとらしく北朝鮮のバッジを落としてたりしてるし・・。なにか、とんでもない陰謀があると思えるのだが。70:地下鉄サリン事件直後の週間現代誌上で栗本慎一郎が、麻原の出自について調査した結果、麻原の父親が戦後、朝鮮からわたってきた男というのが判明したと明言している。しかし、それもその後デマ扱いされるようになぜかなった。しかし、オウムの構成員の内少なくても幹部の全てが、在日(帰化を含む)と同和出身者で閉められてるのは事実。このあたりに日本社会に対する何かがあったのでは?と思うのは無理な想像だと言えるだろうか?
★この話本当?71:グリコ・森永事件 「北」工作員の犯行
http://www.sankei.co.jp/databox/paper/9707/html/0704side01.html
ただしこの記事を全面的に信じるのは危険。なんでもかんでも北のしわざで決着がつくなら、フリーメーソンを盲信していたオウムと一緒。73:グリ森事件の犯人が日本人ではないのでは?と思われる最も重大な根拠は送られてきた脅迫文にある。あの脅迫文は文法的にはそれほどの間違いは無いものの、決定的におかしな部分があった。どこかと言うと、「は」と「わ」である。例えば「我々は」を「我々わ」というように、日本人であれば間違い様のない仮名使いを文章全体で間違っているのである。これは、日本語は出来るが、日本で教育を受けた人間で無い事を裏付ける決定的な証拠だろう。74:オウム事件の最中、入信者のうち今だ百名を越す(若い女性が殆ど)出家信者が行方不明であるとの報道があったがその後ぷっつりとその件はなぜか報道されなくなった。さて、オウムが新潟に第二の拠点とも思えるほど行き来していたのは、報道でも明らかになっている。新潟にはオウムの所有する外洋クルーザーもあった。そして、そのクルーザーに複数の若い男女を乗せ出航するのを何度か地元民に目撃されてもいる。何の目的だったのだろうか?何所へ行ったのだろうか?レジャーを楽しんでただけなのだろうか?75:グリコ森永の社長が北朝鮮へのお金の寄付を断ったから、反動分子ということで北の工作員に攪乱工作をされたってのが本当のところか?結局大金を、北側に払って決着つけたみたいだけど。ってことはグリコ森永は@日系企業と言う事か?

76:>70 週刊誌で見たんだけどオウム施設一斉がさ入れの際、がさ入れを逃れて滋賀の路上で捕まった信者がもっていたオウムの詳細な情報が入ったフロッピーディスクは、ほとんどがハングル書きだったみたいよ。公安当局は、その資料を解析して大体の事件の流れを詳細に把握してたらしい。でもその後、朝鮮と事件を関連付ける報道、警察発表は皆無に近かったね。なぜだろう?一説には某大物政治家が圧力かけたって噂もあるけど。真相はどうなんだろう?

77:上九一色村のサリンプラントだが、土田被告がいかに化学知識に長けていたとしても彼の他数人のみであのプラントを完成させるのは絶対に無理。研究棟で少量のサリンをやっと完成させた程度の人間がその後、短期間にあの大プラントを設計から完成まで仕上げる事など到底できっこない。やはり、プラントを実際に造った経験のある者の協力があったと考えるべき。上九一色強制捜査では、相当数の食済みの肉類の缶詰の空き缶が発見されている。(中に日本では販売されてない食材のものもあった
らしい)信者には肉類の摂取を禁じているので信者が食した物ではない。また、麻原の家族だけで消費しきれる量でもない。となると、外部の人間が相当数施設内に出入りしてたはず。上九一色の村民の情報にも明らかに信者では無く、日本人ともチョット風情の違う東洋人数名が施設に出入りしているところを見たという話しもあった。
わくわくするなあ!

82:東京の下町に西新井病院というのがある。その病院は総連=北朝鮮の経営する病院である。そしてオウムの経営する病院の医師の中にその西新井病院から移ってきた医師がいた。このあたりからもオウムと北朝鮮のつながりが・・・・。また、オウムの病院では他の病院とは比べ物にならないほどの死者が出ている。しかも死者の殆どはオウムに財産の殆どを寄贈した事になっている。
病院に来た老人を薬物でぶっ殺し、財産寄付の書類をでっち上げて、財産根こそぎ掻っ攫った?なんだ、統一のノウハウかい?

97:オウムと言えば江川、有田のコンビが頭に浮かぶ。彼等はオウム事件ではテレビ、雑誌に最も登場したマスコミ人だろう。一見すると彼等はオウム追及の先鋒のようだ。しかし、何かが違うのでは?と思える事もある。彼等はオウムを追求するように見せながら、実はオウムの背後を意図的に隠そうとしている様に思える。江川は一切オウムに背後関係は無いと根拠も無くテレビで言明してもいる。有田も背後関係に付いては一切言及しない。これは彼等があの事件をオウム単独、特に麻原個人の発案に拠る物とし、結果的に、背後にある某国や団体を守ろうとしているのではとも思える。
ちなみに江川、有田と云う姓は三国人に多い姓でもある。

★こ、この書き込み、2000年の8月だよ。こんなに解っている人がいたなんて….。最後の一文が気になる。

99:江川についての疑問はまだまだある。なぜあの閉鎖されたオウムの内部事情にあれほど詳しいのか?なぜ、オウム批判の立場にあるものがオウム内部に入ることが出来、あれほどの情報を得る事が出来たのか?しかもなぜ、幹部と接触でき話しも出来たのか?そして、一貫して江川の主張は麻原絶対権限説の強調に終始しているのはなぜか?何かを隠そうと意図してるのではと思えてしまうのだが。

 

 

 

4-3 18.オウム事件の背後に誰がいた? ロシア?   19.オウム事件の背後に誰がいたのか? 暴力団?   20.オウム事件の背後に誰がいたのか? 政治家?   21.ちょっとおもしろい話

 

オウム事件の整理整頓  PAGE4-3
INDEX・2チャンネル関連スレッド・関連サイトへ

 

 

印文書 : 世の中の99%の人、つまり大衆が信じる標準的オウム事件像。もしくは、意図的に描かれた虚像。大本営発表
印文書 : 世間知らずの大衆ではなく、常識を疑ってかかるのが真実探求の道と知る人のオウム事件像。実像に近い。
印部分 : 管理者注釈、または管理者のサイトです。

 

 

18.オウム事件の背後に誰がいた? ロシア?

 

オウムとの関係がばれそうになって、早速KGBの連中が隠蔽に走ったり、何人か不審な死に方をしたり…皆さん、お金がお好きな方々だったようで。当時のロシアは、エリツインと政商がつるんで金儲けをするなど、とにかく金のためなら何でもありの世界でした。だから、金蔓のオウムに便宜を図った。欲しい武器は何でも売ってやった。オウムはオウムで、直接取引の出来ない北朝鮮のために、ロシアからの兵器密輸を斡旋してやった…程度の話では?
⇒参考文書 AA/BB
もっとも、核爆弾ぐらい、本当にオウムの手に渡っているかもしれません。オウムから、さらにピョンヤンに行っているかも。⇒参考文書 AA

 

BBS

 

貴方の知っている情報をBBSに書き込んでください。
(2チャンネル 警察板 告発します 6代目 スレッドです。)

 

 

 

AA オウム帝国の正体(新潮社)(サリンはどこからきたのか?)
筆者 「これだけは是非、答えて欲しい。オウムは核兵器を入手したのか?」
ロシア武器商人 「さあ、どうかな。ハヤカワが入手しようとしていたのは事実だし、その可能性はある。」

 

 

BB オウム帝国の正体(新潮社) ….CIAはオウム事件の内幕を知っていた。米政府は、その情報をネタに日本の指導層を脅し、言いなりにさせる。
オウムとロシアの密接な関係は、92年2月のロボフ・麻原会談から始まった。軍事転用も可能な大型ヘリコプターを購入し、サリンの空中散布を計画したり,AK74(ロシア製機関銃)を国内に持ち込んだり、重火器や戦車、潜水艦などの購入計画があったことも、「早川ノート」で明らかになっている。(CIA)報告書では、さらに、「国内で行われたオウムの軍事訓練で、少なくとも50丁のAK74を見た。」との証言を採用している。(P.96)

 

 

19.オウム事件の背後に誰がいたのか? 暴力団?

近年、暴力団は、伝統的な任侠団体としての矜持を失いつつある。ヤクザの世界でも金が全ての価値基準になり、金を多く持ってくるものが評価される堕落した社会に成り下がった。結果、最大の資金源である薬物取引に強い、在日系の組員が組織内で幅をきかすようになった。次第に、暴力団の中枢に在日が座るようになり、組織は、その在日が密かに信奉する金正日のために奉仕する組織に様相を変えてしまった。山口組の神戸の本部に忠誠を誓った筈の下部組織が、いつのまにかピョンヤンのほうを向いていたのである。

 

 

BBS

 

貴方の知っている情報をBBSに書き込んでください。
(2チャンネル 警察板 告発します 6代目 スレッドです。)

 

 

 

AA もみ消し
「警視庁と検察局が、激しく創価学会、オウム真理教,その他の好戦的仏教教団によって浸透されているというのは、確立した事実である。これらの好戦的教団は、次には関東地方の薬物取引を管理する住吉連合、山口組の異端的分派後藤組と言った組織的犯罪組織ヤクザの、マネーロンダリングと,斡旋収賄の隠れ蓑である。この斡旋収賄の受益者と後援者には,最高の官僚や政治家が含まれる。1995年3月からの犯罪について,警視庁が狂気のグルと盲目的追従者に全ての責任を負わせることを命じられたとして,なにを驚くことがあろうか?」

 

 

BB オウム帝国の正体(新潮社)
麻原と対立して脱会した元幹部の証言 「麻原は早川のペースに乗せられ、暴力団に食い込まれてしまった。連中は金に群がり、教団を骨の髄までしゃぶり尽くしたんだ。坂本事件も、村井が殺されたのも皆そうだ。麻原はついに病気と、警察と、暴力団に対する恐怖や焦燥感からおかしくなってしまったんだ。」 (P.240)

 

 

CC 2チャンネル創価/公明板「創価学会の話題を避けるマスコミ」

250: 創価学会の行動を影でサポートしている支援組織として、N財団(旧S川財団)麾下の右翼グループ(環境および福祉での癒着)月刊ペン事件での裏取引にもボス自らが登場)・広域指定暴力団Y組系G組などが指摘されている。
オウムも創価も、同じY系G組に侵食されているんです。

 

 

DD ★阿修羅♪K氏の投稿1/4
後藤組v早川: 統一協会~神戸の建設会社~獄中のいずれかで後藤組と近い関係に.・神奈川・古くから山口組系 (・s会=創価学会にも資金.(>神奈川県警にも会員.>>後に坂本事件捜査).タイセキジのピストル襲撃は組員が犯行メンバーとされる)・バブル期に山口(アンフェタミン・エクスタシー供給)ー稲川(関東圏販売)の仲介で太る. (化学薬品工業は在大阪企業が多く、覚醒剤製造に関しては山口組が鉄の統制.>80年代の抗争=映画ブラックレインのモデル)・90年代以来販路拡大により、後藤組は海外(韓国・台湾・中国)に供給源を求め始める.+販売価格価格低下で対山口との関係悪化.(山口は後藤への供給を減らし、「東日本で製造したら戦争」)出獄後早川はオウム上九一色施設内にアンフェタミン工場を建設.(=第7サティアン)当時早川ロシア・オーストラリア・東南アジア・フランス渡航繰り返し計画遅延.このため大分・三浦半島に台湾・韓国・中国船からの密輸用にクルーザー.….
オウム、統一、創価、暴力団…揃い踏みい~

 

 

GG 宗教掲示版白井氏投稿
Y組系G組の組員が、坂本弁護士一家殺害の実行犯として2名参加していたことや、暴力団が殺人の補助をすることで宗教団体の弱みを握り、永遠に教団をしゃぶりつくす構図を暴露している。…創価学会は、それ以前から暴力団との交際があったのだ。…、暴力団さえも 在日朝鮮人によってコントロールされている。….北朝鮮は、在日を通じて暴力団すらも操作しているのだ。….殺人や恐喝などの犯罪を暴力団に依頼したり察知された教団は、暴力団によって永遠にしゃぶりつくされるのだ。創価学会への信者からのお布施も年間10億円以上も暴力団へと飲み込まれている。
HH 2チャンネル 芸能界の覚醒剤汚染スレッドより…後藤組がオウムの闇の鍵を握っている。
333 名前:芸能界は怖い  後藤組 日本でもっとも金を持っている超武闘派暴力団。 この組を知ることは、日本の権力中枢のもっとも深い闇を知る事と同義。国民の世界観までひっくり返りかねない。知りたい人はオウムにでも乗り込んでみてください。ただし命の保証は全くありません。517 名前:芸能界怖い投稿日:2001/01/11(木) 05:02 オウムは覚醒剤を作っていたよ。ここら辺が根が深いのよ 。きっと芸能界にも富士山麓で作られたブツに世話になった人も多いはず526 名前:名無しさん23投稿日:2001/01/11(木) 13:12  オウムの覚醒剤は品質が悪いのに高いっていってあまり喜ばれなかったよ。 やっぱり国を挙げて作っている北のブツの方がいいですね。528 名前:名無しさん23 喜多だと結局後藤さんとこのお世話になるしかないんだよなあ。530 名前:闇の権力構造  喜多腸線→後東組→松岡利勝→鈴木宗男→野中広務531 名前:名無しさん23  あかんて、これ以上やったら。

533 名前:名無しさん23  誰か、創価学会もついでに加えとけ。

537 名前:  喜多腸線>ヲウ無真理教>草加学会>野中広務ってのもあるよ。

539 名前:敗訴ストリップ で、やっぱりヲウムは北と繋がってたの?

540 名前:名無しさん23  確定なんだけど当時野党だった草加が送り込んだ信者帰還までは待ってくれって泣きついて、決着した頃にはうやむやになっちゃった。

541 名前:敗訴ストリップ >540さん  え、それは草加がオウム信者を送り込んだということですか?

554 名前:>>549 おいおい、一橋の本って、一橋文哉の奴か? 誤解のないように解説しておくか。一橋文哉>一橋の文哉>一橋のブンヤ>一橋の新聞記者>毎日の新聞記者 例のオウム事件を取材していて、権力の闇を見ちまった記者が書いた本だな。喜田兆銭、後等組、草加学界、外字課、青磁家、唐逸協会、みんなグルになってヲウムをいいとこだけ使って、ばれそうになって、全部ヲウムにおっかぶせた事件のことだ。

555 名前:名無しさん23 オウムがサリンを作ってたサティアンは、覚醒剤工場だったことがばれちゃっているからねえ

後藤の支配下にある創価が、オウムでの覚醒剤事業をやらされていたのか?それとも、創価自身の事業だったのか?

JJ 2チャンネル ニュース速報板より
http://saki.2ch.net/test/read.cgi?bbs=news&key=979717370
このスレ、日本の闇に鋭く迫っていたのですが、「消えて」しまいました…。

38 名前:名無しさん23 山口組は抗争防止のため東京に直系組を置かず、富士宮市に本部のある後藤組を派遣している。メインのシマは新宿区(中でも信濃町-四谷署)と港区(赤坂-赤坂署)。
四谷署といえば、創価。赤坂署といえば、後藤にバーニング。40 名前:桶川署 オウムは銃製造と覚醒剤製造を行っていたとマスコミ報道されていました。ところが、それらの禁制品の行方について、捜査がおよんでいないし、裁判にも現れていいません。これを追求すると闇社会へ波及するので追求をやめたと解されます。グリコ事件、赤報隊事件、送電塔倒壊事件、住銀支店長射殺事件、興紀銀行副頭取射殺事件等の迷宮入りは闇社会による犯罪であるからではないでしょうか。闇社会の犯罪には警察や検察は動こうとはしません。桶川の女子大生殺人事件も闇社会の事件だと思います。彼らは闇社会のフロントとして彼女を脅しつけて、彼らの店で無報酬同然で働かそうとしていたのではと推察しています。他の従業員の報酬の有無を知りたいものです。無報酬で美人を働かせる事が出来れば利益は莫大なものになっただろう。警察はグルになつていたと思われます。44 名前:頻発する謀殺 明らかな殺人事件でも、闇関係であると自殺にしてしまいます。日債銀の本間社長、竹下の秘書青木伊平、地元秘書桑原安俊、中川代議士、八百長相撲告発の大鳴戸親方、橋本成一郎氏の、同病院同時死亡、東村山市議朝木明代墜落死と不可解なことが溢れています。でも警察や検察は動きません。闇社会から抑止されているのではないでしょうか。警察や検察が動かないのは、特定の団体に支配されているからです。そして、その団体を支配しているのが、闇社会なのです。お分かりでしょうか?
KK 2チャンネル 続・告発します スレッド
393 名前:Uさん 住友不動産会長宅襲撃事件の主犯は次の3人。蜷川正大(大悲会会長)  中台一雄(義有同士会会長代行)  針谷大輔(統一戦線義勇軍情宣局次長)  で、住友銀行名古屋支店長銃殺事件の犯人(?)近藤忠雄は大悲会メンバーを名乗っていた。俺が何が言いたいかわかるよね? 『オウム帝国の正体』の275ページから読み返してみてね。 その線でいくと、坂本弁護士一家殺害事件のメンバーに百恵組系久美子組の人間が入っているのは確実だと思う。
やっぱり……
LL 酒乱.….この稲川会は千葉県柏市の「カーサ」で店員の高村サチコという名の女の子の頭を拳銃で撃って殺した組員が所属するところだが、その射殺事件は名古屋の住友銀行の畑中支店長射殺事件(やはり頭を撃たれている。普通の人が頭を撃たれ殺されるというのは、日本ではこれが最初ではないかと思われる)の後に起きており、住友商事がプリペイカードで「日本ゲームカード」を設立していてたことなども考えると(「日本レジャーカードシステム」は「日本ゲームカード」と偽造プリペイカードの件で激しく対立していた)、偶然とはいえないようなものを感じさせる。住友商事ではその後、横浜の社宅で社員の妻の戸田正美さんが、福岡の刑務所を出たばかりの男に殺されたが、この殺人事件は三菱重工の工場のXXXXXのXXXXとからめて行われた。犯人は戸田正美さんの殺害後、オウム教があった山梨の上九一色村に行き潜伏した。

MM スーパーエディター安原顕が読む「オウム帝国の正体」
….その早川をロシア政府高官に引き合わせたのも政界、右翼、暴力団など幅広い人脈を持つ、笹川良一の「対ソ連窓口」の男Jだった。元駐日公使のボリゾフが、狙撃された国松長官と同じマンションに入居していたが、保証人はこのJだった。早川はまた、ロシア経由で北朝鮮に十四回以上(公判では「一回も行っていない」と否定)、ロシアには二十一回、その他、東南アジアもしばしば訪れている。世界的偽ドル札偽造グルーブと、「よど号事件」の田中義三と早川、北朝鮮籍から帰化した林泰男等々、みなどこかで繋がっていると著者は書く。

NN 日本国の主権者は、闇の勢力だ。
15 オウムは銃製造と覚醒剤製造を行っていたとマスコミ報道されていました。ところが、それらの禁制品の行方について、捜査がおよんでいないし、裁判にも現れていいません。これを追求すると闇社会へ波及するので追求をやめたと解されます。グリコ事件、赤報隊事件、送電塔倒壊事件、住銀支店長射殺事件、興紀銀行副頭取射殺事件等の迷宮入りは闇社会による犯罪であるからではないでしょうか。闇社会の犯罪には警察や検察は動こうとはしません。桶川の女子大生殺人事件も闇社会の事件だと思います。彼らは闇社会のフロントとして彼女を脅しつけて、彼らの店で無報酬同然で働かそうとしていたのではと推察しています。 他の従業員の報酬の有無を知りたいものです。無報酬で美人を働かせる事が出来れば利益は莫大なものになっただろう。警察はグルになつていたと思われます。
OO オウムとアウトロー@都市伝説
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=4649&key=993238899&ls=100

1::オウム騒動の前後・・・。オウムと闇社会の関係が流布した。 当時、村井刺殺事件(羽根組事件)以後、山口組でもFAXでオウム関係者を組から出せと通達が出され、噂と疑心と打算がうずまき、数人の直参はオウムと関係があるのではないか、と詰問されたという。巷間、後藤組との関係は根強いものがあり、今でも警視庁の専従捜査員のなかにはそれを確信する者が多い。 中田清秀で有名な存在となった『元暴力団信者』は、他にもH、S、Yがいる。今でもオウムと暴力団フロント企業(企業舎弟)の関係は活発である。東京のAなどの競売専門不動産業者はその一例である。皆さんも当時、そして今、聞いた・見た・知ったというオウムと闇社会のつながりを書きませんか?私も皆様のレス次第では裏ネタをどんどん暴露します。

 

 

20.オウム事件の背後に誰がいたのか? 政治家?
確かに、複数の日本の政治屋がオウムに肩入れし、犯罪行為に関与していたであろう。しかし、その動機は、つまらない金儲け目的に過ぎない。オウム事件に絡んで名前の出てくる政治屋は、山口にしても中西にしても、名うての銭ゲバである。オウムを助けることで、汚い金を受け取っていただけの小物であろう。逆に、事件発覚に際しては、脅され、隠蔽に協力させられたと思う。また、今現在、オウム事件を創価主導で隠蔽しようとする動きに対して、誰一人政治屋が異論を唱えないのも、納得できる。彼らの派閥の領袖達の誰もが、多かれ少なかれオウムにからんで利益を得ていたであろうから。論評する価値のないほど、つまらない、どうでも良い連中である。政治屋のことには、興味がない。国家転覆を目論むテロリストの方が、間違ったものであれなんであれ、思想があるだけ、政治屋よりはましである。もし、本当にオウム事件が報道されているような内容のものだと信じている政治屋がいるとしたら、能力の面で、議員失格です。早く、辞職しなさい。

 

 

BBS

 

貴方の知っている情報をBBSに書き込んでください。
(2チャンネル 警察板 告発します 6代目 スレッドです。)

 

 

 

AA オウム帝国の正体(新潮社)
オウムが稼ぎ出した巨額の資金は、「かなりの部分が二信組疑惑に群がる連中に流れた可能性が高い」(捜査幹部)とも言われている。(P.175)

 

 

BB 赤い龍に入れ……中曽根・山口・中西
元首相中曽根康弘の親友にして子分である山口敏夫は、自民党外事委員会の指導的人物であった。その権限で彼は露日大学を設立し、これが自民党とオウム真理教をまぎれもなく結びつける機関となった。フォーカス誌によると、オウムの諜報省長官井上嘉浩が山口を尊敬していたという。井上は、山口を軍事クーデター後の滅亡の日の政府の首相に据えようと計画していたという。これほどその関係は密接であった。長く、輝かしく、そして時期尚早に終わった政治的経歴のあと、山口敏夫は、現在、かつて高橋治典が経営していた共和・安全信用金庫からの資金を使い込んでいた容疑で、警察の保護下にある。元防衛庁長官中西も、この堕落したトロイカの一員であった。中曽根内閣の元労働大臣として、山口は、労働大臣の認可が必要な職業斡旋会社だったリクルートから株式贈与を受けていた主要人物の一人であるが、その関与に関して起訴されなかった。安全・共和信用金庫スキャンダルが日本で徹底的に報道されていたとき、どの主要メディアも、山口の兄弟によって管理された使途不明金について――あるいはリクルート疑惑で彼が以前に得ていた不正利得や、元労働大臣関係資金がオウムの資金に転用されたかどうかについて――はまったく調査しなかった。リクルートの支払いは、山口が労働大臣だった1985年から、オウム真理教が宗教法人認可を得た前年の1988年に行なわれている。警察捜査官と議会秘書がすべて、山口がオウムの後援をしていたことを知っているのに、東京都検察庁は今月、東京地下鉄毒ガス事件の一周年をまえに、オウム事件全体を調査終了すると決めた。なぜ山口はオウム事件について起訴されないのだろうか? おそらく、彼の起訴から政治的に波及するならば、数十人の最高級の官僚と政治家の没落、不名誉、刑務所入りが導かれるからだ。そのなかには、最低一人の元首相も含まれている――山口の派閥の長であり指導者が。

 

 

CC 魔法の銃弾……石田・海部
愛知地域は、日本の「金権政治」のための違法献金が最も潤沢な地域でもあった。それは元公明党(創価学会の政党)党首の石田幸四郎と元首相海部俊樹の地盤である。この二人は、バブル経済の頂点での最大の建設事業である関西新空港建設運動を導いた。愛知出身の二人の政治家は、今や新進党の主軸であり、その党の議員の数名がオウム事件と関わっている。その結果は、日本経済に、また最近の最悪のニュースである平和相互銀行の数兆円緊急援助に影響している。平和銀行頭取の殺害から、企業重役暗殺の波が始まり、それはついに日本の警察官僚トップ暗殺未遂に至ったといえよう。日本の堕落した報道機関が何でもかんでも麻原に罪を着せようとしているのは、不思議ではないか!

 

 

DD オウムと統一教会を結ぶ線……加藤六月・草川昭三・山口敏夫
現実にオウム真理教とロシア政府との仲を取り持った人物は、加藤六月、草川昭三、後に山口敏夫が関っている。この三人の政治家のなかで、とくに熱心だったのが草川昭三である。では、草川昭三とはどんな人物なのか。草川昭三昭和三年生まれ。名古屋第一工芸高卒。愛知県選出の衆議院議員。最初は民社党から出馬、後に公明党となる。当選七回。早くから在日朝鮮人の差別問題に取り組み、公明党のなかでも朝鮮半島に明るい人物とされる。オウム真理教麻原彰晃をロシア政府に紹介した政治家とは、創価学会員であり、朝鮮と密接な関係を持つ男だった!創価学会と統一教会が密約を交わした関係にあることは明々白々である。
EE 事実とニュース……山口敏夫・中西啓介
地下鉄サリン事件と、東京の二信組事件との関連性を、その起きた日が同じだということから、疑わない人はそれほどいないでしょう。山口某などは、井上に「山口某を総理大臣にするんだ!」言われていたくらいなのだから、疑う理由はまず十分にあります。しかし、このニ信組事件の本命は小沢某と中西某なのです。彼らは何のお咎めもなく、今ものうのうとしています。それからいくと、地下鉄サリンが、ニ信組事件に対する陽動作戦でもあったというのは、どうもしっくりしません。しかし、「誰か」が、そこまで見込んで、つまり、そのような陽動行為だと世評が立つのも計算の上で「ヤラセ」た、という可能性もありはしないだろうかとも思います。つまり二重の防御をはったということです。この意味は、後でわかります。
FF 謹慎中ですが……石原・後藤田・山口
くまさんのアニオタキモチワルイ語で書かれた文章を、勝手に日本語に翻訳しました。
石原慎太郎がまた週刊誌で嘘八百を並べているようだが、まるちたんはオウム教に資金提供をしていたことがバレた2週間後
に悪態をついてき議員を辞めている。無論、その資金提供の件の追及から逃れるためである。こんなことは外国人ジャーナリストなら知っていることなのに、何故日本の国民があまり知らないのか。オウム教の黒幕の一人として警察などもマークした松浦良
右は、有名な「ナミレイ事件」では、この石原慎太郎と後藤田正晴という親密だった二人の名を出して高砂熱学を脅した。松浦はその事件発覚後に、後藤田に宛てて「遺書」を書いたが(無論、死ぬための「遺書」ではなく、活動から身を引くというような意味のもの。二信組事件で逮捕された山口敏夫は、その松浦を真似て「遺書」を書いている。後藤田が、取り調べの刑事が「覚醒剤製造のキーマン」と調書に書いた、オウム教の石川公一を釈放したことは前に記した。
GG 石笛10号 小森氏エッセイ….この文書、石笛10号から削除されてる?かわりに、検察ストーリー通りの元信者のインタビューに差し替えられています。変だなあ。
本誌 国松長官が狙撃された日、ちょうど与党訪朝団が北朝鮮に行っている。そして狙撃の翌日の三月三一日、北朝鮮は日本海に向けてミサイルを発射し、与党訪朝団を恫喝して食糧援助ほかを手に入れている。
川島 そのミサイル発射の件は国会でも質問されたが、公式的には無かったことになっていると思うが……。
本誌 国会答弁では公式的には恫喝されたことになっていない。当時は社会党の村山首相の時代で、渡辺美智雄(副総理)を団長とした与党訪朝団が朝鮮労働党に恫喝されたことは紛れもない事実だ。
星野 渡辺美智雄さんの時代でしたか。こちらはそういった情報をあまり持っていないので何とも言えませんが。
川島 渡辺美智雄と言えば、秘書が例の阿部令子だ。阿部令子と言えば、合同結婚式を挙げた統一教会の熱心な元信者で後にオウムに宗旨がえをした。
本誌 そう、そして渡辺美智雄に薫陶した政治家と言えば新井将敬!川島 ここまで半島人脈が出てくる話は珍しい。
本誌 そしてオウムの早川紀代秀が北朝鮮にたびたび行っているという情報にも繋がってくる。
HH あるカルト……後藤田
後藤田正晴の「後援会長の息子」がオウム幹部である、というのは、すでに「噂の真相」と「週刊現代」で報道されたことがあり、私のウェブページでも紹介しているとおりの事実である。その「オウム幹部」とは、法皇官房(ホーコーカンボーと読むらしい)のトップ、石川公一氏だ。現在は都内のC大学にて法律を勉強しているらしい。麻原の弁護士になろうとしているという説もある。
実は、麻原裁判において重大な疑惑が弁護団から指摘されている。石川氏は、サリンを撒く謀議に参加していたというのだ。オウムの教団内でもトップシークレットで、最重要メンバーしか参加できなかった「リムジン謀議」(要するに、麻原以下大幹部のリムジン内での謀議)に加わっていたとすれば、これはほとんどサリン事件の「共同正犯」に近い。ところが、警察・検察はなぜか石川氏を起訴どころか証人としても喚問していない。ここに後藤田の圧力があった、という説が伝わってきている。何しろ、石川氏が「ホテルで偽名で泊まったから有印私文書偽造」で逮捕されたとき、「俺を逮捕していいのか? 後藤田を呼べ!」と叫んだというのは、よく知られた事実。一部では、石川は後藤田に情報を流すスパイだったとか、逆に後藤田とオウムのパイプ役だったという話もある。後藤田辞職が石川氏に関連している、という説も聞いたことがあるが、さもありなん、というところだ。
JJ ★阿修羅♪K氏の投稿4/4….小沢
・ロシア→北朝鮮への核を含む兵器/関連技術の流出へのオウムの関りをCIAが知り、この教団に自衛隊員が大量に参加しているのはオザワ(~金丸)「日本戦略研究センター」(=防衛/兵器取引関連への、元・自民主流派/経世会系圧力団体)が関係しているのでは?と疑いを持ち始め、周辺が一斉に手を引きオウムが追い詰められた(その際数100億の金が行き場を失い、最終的に2信組人脈=新進党/オザワ人脈そのもの=に流れた。)
KK 重信房子、よど号犯、オウム真理教の深い関係….中曽根、山口
オウムはサリンによる無差別大量テロに続いて、国家中枢テロを行って、クーデターを起こし、さらにはアメリカ、ロシアを巻き込んだ第三次世界大戦を引き起こそうとしていたともみられている。オウム真理教はサリン事件の十日後、三月三十一日、国松孝次警察庁長官を狙撃する。そして四月二十四日、オウム真理教幹部の村井秀夫科学技術省大臣が、オウム本部前で刺殺された。一橋氏は一連の事件の中でも三つの事件は、特に疑問が多いとしている。つまり坂本弁護士一家拉致事件、国松長官狙撃
事件、村井刺殺事件だ。一橋氏は徹底した取材によって、多くの疑問点を記している。そこから浮かび上がってくるのは、オウムに関っていた暴力団、疑惑のある宗教団体そして大物政治家の存在である。この方面はある段階で「上から」捜査にストップが
かかった。捜査当局はオウム事件を、オウム真理教単独による犯行として処理しようとしている。また、裁判において検察は、この方面については、ほとんど何も追及しようとしていない。重要点の多くに関係する早川は、裁判において、この領域に関して
は固く口を閉ざしたままだ。
早川はオウム真理教と北朝鮮・ロシアの関係についても明らかにしていない。毒ガス、偽ドル、麻薬、銃火器、潜水艦、軍用ヘリコプターなどオウム真理教の一連の事件は、日本史上、かつてない国際的な事件である。さらには核兵器製造に関する情報がやりとりされていた可能性もある。背後には北朝鮮や暴力団とのつながり、オウムをロシアに紹介した元代議士、その背後にいるとみられる大物政治家、ロシアにおける国際的な武器商人の暗躍等々、日本の内外を結ぶ組織的な関与が見え隠れする。
これが単に噂の類ではないことは、CIAがオウム事件の調査を行い、アメリカの上院で大部の報告書が出されていることを知れば、わかるだろう。
ここに出てくる大物政治家とは、中曽根。オウムをロシアに紹介した政治家とは山口敏夫であろう。
LL 日本国の主権者は、闇の勢力だ。 ….高村
16 反社会的宗教団体として有名な統一協会の訴訟代理人をしていたといわれている高村弁護士が法務大臣になったのも首を傾げることです。このように闇に近い政治家が陽の目を浴びているような気がします。野中、亀井、鈴木、と威圧と恫喝が浮き彫りになる政治家が主導権を握っていることは、これを裏付けているようにおもわれます。

 

 

21.ちょっとおもしろい話

 

 

BBS

 

貴方の知っている情報をBBSに書き込んでください。
(2チャンネル 警察板 告発します 6代目 スレッドです。)

 

AA THE AUM THAT NEVER WAS
BB スターウオーズと最終戦争①②
CC 世紀末超兵器HAAP
脳生理学研究者ホセ・デルガド博士の研究によると、地球の電磁場の50分の1程度の微弱な低周波であっても脳の活動に甚大な影響を与えることがわかっている。遠距離から電磁波を照射することによって、睡眠状態から興奮状態まで人工的に作り出せるというのだ。さらに、神経外科医ロバート・ヒース氏は、脳に対する電気的な刺激が、恐怖や快楽といった感情だけでなく幻覚も作り出せることを発見した。こうした技術を使えば、文字どおり人間の意思を操れるようになる。
DD BRIGHT SKIES
EE Uncivil Wars: Tokyo and Oklahoma City
FF ロシアの地震兵器

 

5 22.創価マフィアとは、なにか?

 

オウム事件の整理整頓  PAGE 5
INDEX・2チャンネル関連スレッド・関連サイトへ

 

 

オウム事件の背後に創価学会を始めとする有象無象の宗教カルト、ヤクザ、北朝鮮、ごろつき政治家が蠢いていることは、ご理解いただけたでしょうか?そして、創価学会の手先となっている警察、検察、裁判所、マスコミがオウムの真実の隠蔽に奔走してきたことも。創価学会の裏側を覗いてみないと、オウムの真実は見えてこない、そう考えます。本ページでは、創価学会の隠された素顔に迫ります。各文書の題名をクリックしてください。リンク先もしくは、サイト内のファイルに飛びます。表題の下には、内容を要約しておきました。

印文書 : 世の中の99%の人、つまり大衆が信じる標準的オウム事件像。もしくは、意図的に描かれた虚像。大本営発表
印文書 : 世間知らずの大衆ではなく、常識を疑ってかかるのが真実探求の道と知る人のオウム事件像。実像に近い。印は、極めて重要な文章です。
印部分 : 管理者注釈ないしは、管理者のサイトです。

 

 

22.創価マフィアとは、なにか?

 

国家公務員上級試験に合格した人たちは、大半が大蔵や通産を志望します。警察庁を選ぶのは、変わり者か、創価本部の連絡局の指示を受けた創価信者のどちらかです。結果、警察庁のキャリア組は、創価で溢れかえりました。彼らの奉仕の対象は、国民ではなく、池田大作です。

司法試験に合格した人の大半は実利のある弁護士の道を選びます。検事や判事を選ぶのは、変わり者か創価信者のどちらかです。結果、東京地検を始めとする検察官と東京地裁を始めとする裁判官は、創価で溢れかえりました。彼らの準拠するのは、法律ではなく、池田大作のご意向です。司法行政が、一宗教団体の意向で捻じ曲げられています。国家が法律ではなく、カルトの爺さんの意向で治められています。民主主義が瀕死の重傷を負っています。国家の危機です。⇒参考文書 GG/HH

警察の公安部や公安調査庁にも、創価が中枢に入り込んでいます。60年安保闘争当時、共産党と対峙していた創価信者の学生を選択的に公安に配置した経緯があるんです。日本のFBIともいえる組織が収集した極秘情報は、過去は自民党の有力議員に提供され、政争に利用されていました。今は、池田大作と創価に必要な情報を収集することが、彼らの仕事です。自民党議員は醜聞を握られ、手も足も出ません。創価と公明の言いなりです。⇒参考文書 KK/OO/PP
創価から貰う下請け仕事欲しさに、そして創価怖さに、マスコミ各社は創価信者を社員として受け入れました。結果、どこのマスコミにも創価の社内シンジケートが出来上がってしまいました。まわりは、創価のスパイだらけ。創価がらみの事件は一切報道できなくなってしまいました。⇒参考文書 LL
警察、公安、司法、マスコミを意のままに操ることが出来るようになったので、創価はどんな犯罪でも平気で手を出せるようになりました。そして、創価はオウム事件の真相隠蔽に成功したのです。⇒参考文書 BB/CC/FF/NN
始めは、創価の敵対者を潰す目的で活動していた秘密組織ですが、後に仲間の暴力団に秘密組織を利用されるようになってしまいました。ただのつまらないヤクザの金儲けの手助けをさせられています。国民を守るのが仕事であるはずの警察官、検事、判事が、人殺しのお手伝いをしています。
⇒参考文書 AA
創価マフィアは、国税庁にもネットワークを作っています。外部の公認会計士や税理士とつるんで、創価学会系企業の脱税を助けています。⇒参考文書 EE
しかし、もっと恐ろしいことを忘れてはなりません。創価マフィアを操る暴力団を、さらに操る者がいるのです。誰でしょうか?北の方の半島国家の封建君主がその人です。創価マフィアは、知らず知らずのうちに、北朝鮮の対日工作の手先として、利用されるだけ利用されているのです。そして、悪事を働いては、分け前を貰うことで、いつのまにか北の組織にしっかりと組み込まれてしまっているのです。本人たちには、自覚はないかもしれないけれど。そして、もうひとつ、創価の内部でも朝鮮半島人が実権を掌握してしまいました。幹部の三分の二が半島人です。彼らは、池田大作のために奉仕する顔をして、実はピョンヤンを向いているのです。ようするに、北朝鮮の工作員に創価学会は占拠されてしまっている。実際のところ、池田自身のいう総体革命も、北朝鮮のめざす主体思想に基づく世界制覇も、中身は大して変わりはしない。どちらも、馬鹿げた妄想だけれど、キチガイ同士、利害が一致したとしたら、恐ろしいことです。北朝鮮の工作員が一気に750万人に増えてしまいます。⇒参考文書 JJ

 

BBS

 

貴方の知っている情報をBBSに書き込んでください。
(2チャンネル 警察板 告発します 6代目 スレッドです。)

 

 

 

AA  犯罪集団創価学会・・・連絡局というのが創価の犯罪の中枢
最近、脱会した人物(かつて、創価学会のこうした悪質行為に参加した人物)の話や内部情報から、創価学会には、こうした〝非合法的秘密工作活動〟を指揮し、これを専門に行なう部局が存在することがわかっています。その中心は、池田大作のきわめて近いところにあり、本部会館の警備の部局と連携していると見られます。現実の社会では、創価学会員による犯罪が多発しています。  刑務所の受刑者の一割以上が、また強盗・強姦などの重大犯の三割が、学会員だということです。
これ、本当のことでしょうか?確かに暴力団員が多いのは解るけれど。創価に入っていると、警察のご厄介になっても、いろいろと便宜を図ってもらえるとか、創価警察と組んで、犯罪に手を出せるとか、いろいろとメリットが多いのでしょう。その目的で入信する人も多い?

 

 

BB 池田大作の正体・・・・国家を私物化できるだけの組織。そんなもの作ったから、ヤクザとか外国に利用される。 
創価学会の目的は日本国支配だった!?すでに各分野に送り込まれた工作員
現に学会の急激な教線拡大を背景として、公明党は第三政党にまで議席を伸ばしましたし、各分野に送り込まれたエリート学会員(弁護士、検事、判事、公認会計士、税理士、警察官や外交官等の国家公務員上級職等々)はおそらく現在では約一千名を数えるでしょう。池田大作と創価学会による日本国乗っ取り計画は着実に進んでいるのです。
創価の工作員の社会浸透は、既に大いに成功しています。警察、検察、裁判所、マスコミ、国税、外務、他の官庁…だから、どんな犯罪でも平気で手を出せるのです。特に国税庁関係の信者ネットワークは、創価系企業、信者の脱税に組織的に便宜を図っている可能性が非常に強いと見ます。元平塚税務署の後藤君とかね。

 

 

CC 国家中枢に配される学会特殊組織・・・・池田は天下を取る積りでも、誰かに利用されているだけ

創価学会は、池田大作の元「天下取り」を目指して、選挙という合法的手段で政権奪取と、優秀な学会員師弟を官界、法曹界、経済界、マスコミ、教育界などに送り込み、社会の中枢の部署を創価学会員で占める総体革命戦略という二本柱で「天下取り」構想を推進してきた。この総体革命の中核に位置していたのが、創価学会学生部の中に設置された法学委員会だった。これは全国十数万人の学生の中から司法試験、国家公務員上級試験、外交官試験、そして公認会計士試験を受験する学生を徹底的に訓練し、池田大作の「天下取り」の為の手駒、有能なスタッフを育成する為の特殊機関。現在、学会副会長で創価大学教授、学会顧問弁護団の中心人物桐ヶ谷章氏が、1967年春に書いた「法学委員会の新体制について」と題する文書にその設立趣旨や目的、勢力と概要等がはっきり記載されている。この文書を入手したので紹介します。

趣旨 法学委員会は現在学生部に所属し、受験生の掌握、指導、合格者の輩出と言う点に重点を置いて活動している。しかしながら、合格者も年々累積しまた社会活動の面でも年齢的な面においても学生部に所属し上記活動のみを行なえば良いという段階をすでに通り越している。また総体革命の中において各分野にどのように切り込んで行くか(青法協等に対抗する組織の構築、官僚機構等にたいする食い込み、そのあり方などの検討など)を検討していかなければならない段階に差し掛かっている。更に、学生の諸活動に関する戦略ブレーンの本格的育成も重要な任務となってきている。一方合格者自身の本格的信心の訓練の育成という事も考えていかなければならない。(中略)…今後の展望 合格者の増員、今後5年間で現在の倍、十年間で現在の4倍にする事。検事は5年後には各都道府県に一人、十年後には二人宛配置できる様にしていく」 この文書から32年が立ちました。

池田大作の野心と自自公(9) 法曹界・官僚等、各界への侵略 
http://www.kit.hi-ho.ne.jp/kokumin-shinbun/11090209ikeda-ambition.html
中山:マスコミの職場で働く学会員の組織に「ユーモアグループ」というのがあり、いろいろ情報交換などや懇談を行っていますね。こういった集まりは各種の職種ごとに分けられています。例えば先ほど話しました弁護士や検事は「旭日グループ」、理容美容師の「華峰グループ」、看護婦の「白樺グループ」、調理師の「白雲会」があります。 ホステスばかりの「フリージアの会」は、情報源として有力らしい。学会がイベントを催す時に設営するのは、大工、建築士の集団「鉄人会」がボランティアで請負う。また全国の会館の警備係は「牙城会」だが、池田大作の親衛隊、所謂ボディーガードを務めるのが「金城会」。メンバーは約2000人で、文字通り体を張って池田を守ることになっています。山田:池田の私兵といわれている「金城会」は昭和49年に、教義上から対立していた妙信講の信徒が学会本部に押し掛けた際、大きくクローズアップされたんですね。外務省内の秘密組織「大鳳会」は権力の中枢に入り、キャリアからノンキャリアまで約300人の学会員が食い込みに成功しています。平成6年に、イタリアのミラノ総領事館に勤めている学会外交官の渡辺博が、ヴァチカンの動向を分析したリポートを池田に送っていたことが判明したこともあった。昭和63年頃、学会が三菱商事の斡旋で、フランス・エソヌン県にある城などの不動産4カ所を買おうとしましたが、4カ所いずれもその近くに仏軍の原子力関連施設があったために、学会にスパイ疑惑が生じたことがありました。これを巡って裁判になった際、元フランス大使の中山賀博と木内昭胤が池田の側近から依頼されて、学会全面弁護の上申書を提出したことがあった。中山:学会の中でも、エリートは法曹界、官僚、地方・国会議員として活躍していますし、都職員、警察官も相当います。特に司法試験や外交官試験などの資格試験合格者の創価大学グループを「ブロンズ会」といい、そのメンバーは池田に直接、懇談できるというので、皆、有難って、競い合って国家試験の受験を目指しているようです。山田:国家公務員上級職や司法、外交官試験の合格を目的に創価大学始め有力大学の学生を組織する「法学委員会」がその核らしい。中山:こうやって、官僚機構に食い込みを図っている。
(平成11年9月25日号)

 

 

DD 東京地裁まさかの不当判決
EE 日刊ゲンダイを読む・・・・国税庁もか?ハアー
税金逃れと疑惑を持たれている創価学会の財政についても、政権を握ってしまえば国税庁も手を出せない「国税庁を押さえてしまえば、創価学会に対する審査、調査は大甘になって、いつも申告通り右から左でしょう。これまで創価学会の関連事業には、“脱税の疑いアリ”で何度か税務調査が入っていますが、これからは疑いを抱くことすらできなくなる」
国税庁への創価マフィアの浸透度が、以前からとても気になっていました。既に税理士、公認会計士を含めた全国的な横の連絡網が出来上がっていると思うし、創価系企業の脱税はやり放題だと思います。ねえ、元平塚税務署の後藤さん、そうでしょ?

 

 

FF 池田大作が学会に下した恐怖の報復指令の生テープを第一線週刊誌が入手 
▼ “批判する者は許さぬ”が池田の体質 ▼ この池田発言がその通りであれば空恐ろしい。自自公批判をする議員は今後、永田町では生きていけなくなるからだ。「批判するものを徹底してたたきつぶすというのは、創価学会の体質そのものです。まともな理屈なんてまったく通りません。押さえ込むためには、手段を選ばない。殺しこそしませんが、オウム真理教のポアと同じ発想ですよ。この体質が自自公連立でいよいよ露骨、かつ強引に出てきたという印象です。背筋に冷たいものを感じますね」(創価学会ウオッチャーのジャーナリスト・乙骨正生氏)
 殺しこそしませんが….え、そうなんですか?殺しこそしてるんじゃないですか?
【池田大作の野心と自自公(8)マスコミの要所への侵略】 
http://www.kit.hi-ho.ne.jp/kokumin-shinbun/11090208ikeda-ambition.html
中山:池田が昭和63年1月に東南アジア4カ国へ外遊する時、それに先立って、現地の税関当局などに便宜を図って貰うため、当時、外務省の小和田恒官房長に強引に頼んでいる。聖教新聞は毎日新聞より多い550万部を発行しており、その印刷は読売新聞の印刷工場や毎日新聞の子会社であるに委託させて刷っている。だから”ドル箱”ということもあって学会・公明批判が全く行えない。山田:かつて米CBSテレビが製作した学会批判の番組を、提携先のNHK衛星で放映しようとしたところ、”横槍”が入って中止してしまったことがあった。公明党議員がNHKの予算に注文をつけると脅したらしい。またフジテレビの「報道2001」のあるプロデューサーは熱心な学会員で、番組編成のスタンスは、常に学会寄りの制作ということで、局内ではよく知られており、このようなマスコミ関係の要所々々には確りと、学会員が入り込んでいます。(平成11年9月25日号)

 

 

GG 宗教犯罪(オウム・ミイラ事件・法の華)の教訓に学ぼう
創価学会の教祖・池田大作の野望は、  「日本の国家機構を乗っ取り、絶対支配者となる」 ということです。 池田大作は、この目的のために、「公明党」を作ったのです。  同時に、創価学会は、司法界・官僚・警察・マスコミ界等へ、池田大作私兵を送り込む作業を、長年にわたり、組織的に続けています。 彼ら創価学会員の判事・検事・官僚・ジャーナリスト達は、公明党を中心とする安定政権ができたときには、それを支える中核として働き、この時、日本の国家機構は完全に池田大作に支配されることになります。
既に支配されていると考えます。そして、池田の背後にいる連中の存在こそが全ての鍵です。

 

 

HH 闇の法皇・池田大作に自民党は母屋まで乗っ取られる
「池田大作名誉会長の最終目的は、この国の権力のすべてを握る“絶対神”になることです。学会の全方針は、これを基準にして決められている。公明党を組織して政界に進出したのも、外務省や警察・検察などの中央省庁にエリートを大量に送り込んでいるのも、すべて“池田天下”をつくるためです。“財務”と称して、学会員1人につき最低1万円、計3000億円近いお布施を半強制的に集め、それが全額無税扱いになる。その潤沢な資金力を背景に、ボコボコ施設を建てて、そこが選挙の拠点となる。そうやって、巧妙に税金を払わずに着実に“天下取り”を狙っているのです」
税金を払わないのは、創価本体だけではありません。着目すべきなのは、創価が国税庁内に構築した信者のネットワークです。創価系企業の脱税に手を貸し、見返りに献金を引き出している筈です。全国規模で、大掛かりに脱税工作をしています。当たり前のことですが。

 

 

2チャンネル「創価学会の話題を避けるマスコミについて

JJ 143:池田大作のファミリーは、父 池田子之吉 (当時、内地人と呼ばれた朝鮮人で日本国籍を取得した。戦争中は、二等兵としてソウルに赴任し、子供の太作に朝鮮語や韓国の夜景の美しさを教えた。  戦後は、大田区大森にて海苔の漁師をしていた。)母(旧姓不祥、帰化していない朝鮮人)多摩川沿いの古市場(現・大田区矢口三丁目)朝鮮部落出身。子 池田太作(後に大作に改名) 『東京府荏原郡入新井町(いりあらいまち)不入斗(いりやまず)百七十七番地 (現・大田区大森北二丁目十三番地)』朝鮮部落にて出生。子供の頃は、日本語がロクに喋れず周囲は朝鮮人ばかりであった。….今では、創価学会は在日朝鮮人に乗っ取られてしまいました。副会長等の役員の3分の2は、朝鮮人の系譜です。ですから、ことあるごとに反日的言動と行動を取るのです。「聖教新聞」「大百蓮華」などで”韓日友好”とかに”日本は、いくら韓国に謝罪しても謝罪しきれない” という反日的記事を毎日のように書き連ね、在日朝鮮人への参政権付与に血眼になっているのです。
帰化である事に何も異議はありませんが、問題は北朝鮮との濃密で、犯罪性のある関係です。

KK 247:….創価学会の場合は「総体革命」と称して、組織的な侵入と配置が行われてきた。….司法権力(裁判所)への侵入はすでに長期にわたっており、創価学会員の裁判官は数百名に達するといわれている。また検察官としても多数が配置されており、警察にも大量の学会員が配置されているとされる。オウム事件の折、私は刑事から直接「署内で学会批判はタブーである。すべて学会員の署員に聞きとられ、報告されているらしく、予算編成のとき、署長が都議会議員からお叱りをこうむ蒙る」というのである。実害が生ずるので批判はタブー禁忌とのことであった。また外務省への学会の浸透もしばしば問題になってきた。在外公館が海外での創価学会の「文化イベント」の後援を行っていることはつとに有名である。池田名誉会長が外遊すると、日本大使館員が空港に出迎えているという。都道府県市町村等の地方公務員の中に、公然・非公然の会員が配置されていることもまた周知の通りである。政府省庁にも、情報収集に必要な程度には侵入しているはずである。 また日刊新聞にいたっては、地方紙にいたるまで組織的に配置されてきた。いかなる宗教教団であれそれぞれの信者が、あらゆる職種におり、公共機関にも職を得ているであろうが、創価学会の場合と他の教団の場合とはどこがちがうのであろうか。それぞれの職場において、学会の利益のために、会員独自の組織的活動を行う、という点が異なるのである。….これらの活動を「総体革命」というのである。
我々の知らぬ間に、裁判所、警察、検察、外務省、地方公務員、省庁、新聞社が創価の支配下に入っていたんです。
LL 248: 『シンジケートとしての創価学会=公明党』 「腐乱した臭気」の発生源に踏み込む 創価学会の謀略活動の一部が、日本共産党の宮本委員長(当時)宅盗聴事件で明るみに出た“SCIA”の機能をもつ裏組織は、創価学会内部でも秘匿され、会員一人ひとりのデータをも蓄積し、創価学会本部中枢の「連絡局」が一元的に管理する。この本で特に光るのは、創価学会の「戦略会議」によってすすめられる「総体革命」の解明。それは「権力機構の中枢に学会員を次々に送り込んでいく戦略」で、「中央官庁にはじまって、地方自治体、大企業などありとあらゆる分野に及んでいるが、特に重点を置いたのが… 法務省・検察庁…次に外務省、そしてマスコミ(特に新聞社)である」。「『創価大卒』として、公然と入り込むこともあれば、信仰を隠して『草』として紛れ込むこともある」。 自治体の清掃事業に食い込み、暴力団ともただならぬ仲となり、利権をあさる創価学会=公明党の姿は醜悪だ。
(宗教問題研究家 平 靜丸) (発行:第三書館 定価:1500円+税)
信仰を隠して『草』として紛れ込む….だから、創価と解らないカクレ創価がうようよいる。警察にも検察にもマスコミにも。しかも実権を握っているんです。MM 353: 学会員はいいかげん池田が日本支配をもくろむ朝鮮人だと言う事に気づけよ
それはちょっと違うと思います。池田はうまいこと乗せられて、北朝鮮に操られていること、自分の周りの幹部たちが北の工作員であることを自覚していないのではないでしょうか?好意的解釈過ぎる?MM 524 (オウム信者の)半分くらいは創価学会と証明済み。だからこそなんとしても暗闇の中に封じ込めようとあらゆる手を講じた。彼らにとってはオウムと同じくらいやばい事件。その他にも坊主を殺し、天誅降るののチラシをばらまいたりしています。これはいくらなんでも許せないでしょう。創価学会系警察官の名簿の公開を!創価学会批判などの広告 毎日が掲載拒否….国民新聞 
http://www.kit.hi-ho.ne.jp/kokumin-shinbun/120203mainichi-refuse.html
元毎日新聞記者でフリーのジャーナリストの古川利明氏が著した創価学会批判本『システムとして創価学会=公明党』『シンジケートとしての創価学会=公明党』(いずれも第三書館刊)の広告掲載を毎日新聞が一時ボツにしていたことが分った。同書は、子会社・東日印刷が手掛ける聖教新聞のアガリによる毎日新聞の「創価学会枠記者」問題をはじめ、毎日新聞と学会の癒着を追及したものだが、版元が広告代理店に広告を入稿すると「毎日」からはOKの返事があり、広告は12月4日付朝刊に掲載される予定になっていた。ところが、掲載前日の夜、ゲラ刷りの段階で、「毎日」首脳部の判断で突然広告はボツ、版元の抗議で翌日朝刊にようやく掲載された。ボツにした理由について「毎日」は学会サイドの圧力を否定、あくまでも「自主規制」と強調しているが、自公打倒を目指す自民党の反執行部派や野党有力議員は既に資料を入手するなど強い関心を示している。(平成12年2月25日号)

 

 

2チャンネル創価・公明板 こんにちわ JFKの妹です・・・・民主主義を破壊する創価学会

NN 4. : http://www.apsoken.com/shinseiki/maruyama.html   このような活動を公権力(国や自治体の公務員の職域)で行なうといかなる事態が生ずるであろうか。第一に、行政に裏と表の二重権力が生ずる。表面は議会の決定と首長の方針にしたがって職務が遂行されているように見えながら、実は創価学会の指令・方針に従って利益誘導が行われるということである。 私見によれば、近頃の裁判所や検察庁の判断で、学会を有利に導くような傾向が見えるのは(法手続き上の問題があるので素人がうっかりした見解を述べにくいのだが)疑念をはさまざるをえないときもある。  つまり、「総体革命」が進めば、国民のあらぬ「司法不信」「官庁不信」を生みだすことになり、それ自体が国家を成りたたしめている三権(司法・行政・立法)の権威と信頼をゆるがすことになるのである。しかもその三権が、裏でひとつの教団の権力につながっていることになったならば、それはすでに「民主主義体制」などとは、とうていいえない国状となるのである。
 この一文が、どれだけ危機的な状況を表しているか!国家が、特定の宗教団体の言いなりになっているのです。そして、その事実に気づいている人はごくごく一握り。残
りの大衆は、口をあんぐり開けて、涎をたらしながらテレビのバラエティー番組を眺めているだけです。

 

 

OO 2チャンネル警察板 創価学会と警視庁の関係・・・確かに5000人は学会員。ただし、隠れ学会員含まず。 
1 名前:「お笑い 創価学会」著 テリー伊藤と佐高信  この本の後書に警視庁職員4万6千人(警察官、事務職員)の内、5千人は学会員だとか、書かれているのですがもし、これが本当だったら、警察の中に独自のネットワークを作ることになるのではないでしょうか?交通や生活安全で学会員に贔屓めな事をやるならまだしも、刑事で事件揉み消したり、公安で公安の中にもう一つの公安を作ったりするおそれがあると思うのですが? まさか、チヨダには学会員はいないでしょうね
もみ消しどころかコロシの手伝いまでやってます。公安はもはや創価公安です。チヨダ?サクラの時代から創価の巣窟です。

 

 

PP 都議会を押さえることで、警視庁を支配した。・・・・警視庁は東京都の下部機関。都議会は公明の支配下。

<警察のもみ消しや被害者が何故泣き寝入りしてきたか?>一昨年3・12号先週金曜日発売のFRIDAYの見出し”池田大作の東京乗っ取り計画”はホントか?考えてみましょう。公明党の竹入元委員長が都議会公明党の幹事長時代に、学会・公明党は警視庁に猛接近した。当時は自民党が警視庁を抑える様な動きをしたが、公明党は積極的に警察予算や警察人事を都議会で承認した。警察も公明党の協力が得られなければ、予算拡大や増員がはかれない。だから、警察は創価学会がらみの事件になると遠慮し、及び腰となった。また学会は予算や人事を通すみかえりとして、選挙違反などに露骨に手心を加えてもらう様要求。両者は、持ちつ持たれつの関係となった。朝木市議(東村山市議転落死事件)や私の事件の捜査、解明に本腰をいれないのも、そうした関係の現われ(元都議会公明 幹事長 龍氏 談)都政も都議会も学会・公明が常にキャスティングボードを握ってきた。予算や人事を楯にやりたい放題。警視庁も予算の為には学会には遠慮する。しかも都政担当記者をやっていて判ったのですが、学会・公明のあぐどいのは、学会と距離をおいたり、学会がらみの事件をやろうとする警察幹部がいると、徹底して出世の妨害をする。役人である警察官のもっとも弱いところをつくやり方で、これをずっとやってきたものだから、警察は創価学会がらみの事件には触らないという風潮が出来上がっているのです。(元毎日新聞都庁キャツプ・ジャーナリスト内藤国夫氏 談)実例)過去の夏の参議院選挙で学会は大量の選挙違反事件を起こした。これに慌てた学会・公明は東京から参議院法務委員長の和泉覚氏、都議会幹事長竹入氏、後に公明党の国対委員長となる大野潔氏などを送り、必死に検察首脳警察首脳に働きかけることで、上層部への捜査の波及をからくも食い止めたので或る。この時竹入氏が警察首脳にかけた脅しは次ぎの様なもんくだったという。『このまま捜査を拡大させる様だと、警視庁の予算、特に機動隊の予算を、大幅に削るぞ』公明党は国政に進出以来、参議院法務委員長のポストを掌握しつづけたが、法務省に睨みをきかせる事が出来るこのポストと都議会のキャスティングボードを握り警視庁予算を左右することで、事件の揉み消しを図ったのである。ちなみに創価学会の外郭企業の社長を集めた「社長会」の席上,池田大作は次の様に発言している。「警察だって動かしているのは竹入,井上だよ。龍なんかおどすだけで味方にならない。竹入の一声だよ」この発言からは,警察権力も意のままになるとの池田大作の自信のほどが窺える。
池田大作はいつから裏の警視総監になったのか?】
http://www.skwbbs.net/bbs/politics/bbs4196.html
都議会公明党が警視庁と癒着するきっかけになったのは、1965年7月の出直し都議選で第三党に進出し、キャスティング・ボードを握ってからです。ここでマルハムは任期切れとなる二人の公安委員の人事に難癖をつけたことで、いったんはお流れになるのですが、その後、突然、コウモリのごとく変身し、警視庁が出してきた当初の案に賛成します。このとき、「警視庁」と「公明党・創価学会=池田大作」との間に、どのような裏取引があったかは不明ですが、少なくとも、昭和四十年代の間は警視庁は池田大作にSPを派遣するという“VIP待遇”を行っています(笑)。
こうした警視庁との「ただならぬ仲」によって、「創価学会・公明党=池田大作」は、「選挙違反事件のもみ消し」も平気でやるようになります。その代表的な例が、1967年の衆院選進出後にあった大量替え玉投票事件です。
これについては、「警視庁対策の総責任者」だった竹入義勝・元公明党委員長が、朝日新聞に連載した手記『秘話』の中で、次のように明らかにしています。
<替え玉投票事件では、警視庁の幹部に陳情にも行き、さんざん絞られた。東京地検にも行った。「二度としないので勘弁してください」と謝ったが、地検幹部から「ここへ来るとみんなそういうだよ」とやられた。そこで「こういう事件を二度と起こさないよう誓います」と言ったら、「いっぺんだけ信用しよう」といわれた。> 特に、池田大作の“お庭番”である新宿区選出の藤井富雄は都議会の警察消防委員会に「永久指定席」の形で居すわっていて、「予算」を人質に警視庁に対して睨みを効かせています。ですから、まあ、ただでさえ、「自・自・公―自・公・保」という政権中枢に入っていることに加えて、都議会公明党を通じて、警視庁に対して多大なる力を行使できる立場にいる“ウラの警視総監”であられる池田センセイにとって、公示前日に「セレモニー」のためにガサ入れをさせることなど、朝飯前でしょう(笑)。
httpp://www.skwbbs.net/bbs/politics/bbs4209.html
そういえば、前回、投稿した文章で、池田センセイの“ウラの警視総監” ぶりを象徴する過去のエピソードを紹介するのを忘れていました(笑)。ここで、それをちょっと付け加えさせてもらいます。
それは、1976年に起こった「月刊ペン事件」です。「月刊ペン」事件とは、当時、編集長だった隈部大蔵(故人)が、同誌の76年3、4月号で、池田センセイと女性幹部とのただならぬカンケイを記事したことに関して、学会サイドは隈部氏の刑事告訴を決断。当時、公明党委員長だった竹入義勝の指示で、書記長・矢野絢也、公明党衆院議員・大野潔が警視庁サイドと入念な根回しを行い、通常このテの捜査にあたる捜査2課ではなく、暴力団事件を担当する捜査4課に「池田大作を証人として出廷させない」という条件(※交渉にあたった学会弁護士の小谷野三郎が、捜査4課の幹部と親しかったため)で、告訴状を提出したものです。
でもって、それから何と、わずか約1週間で、隈部編集長を刑法の名誉毀損容疑で逮捕に踏み切ったわけです。ところが、起訴の段階で、検察側から「最初に池田大作に証人として出廷してもらいたい」と打診があったため、学会内では大騒ぎになったのです(笑)。
QQ 創価学会財務部の内幕 P.67 小学館文庫 学会マネー研究会
昭和37年6月16日付聖教新聞より、池田会長(当時)の講演録。「邪教などは、みんなうまい事を言って、金を巻き上げ、教祖のために、教団の勢力のために、それも本当に人々を救えるなら許せるけれども、全部が地獄に落ち、民衆が教祖にだまされ、そして教祖は立派な家ばかり作り、民衆は最後には乞食みたいになってしまう。これが、邪宗教の姿です。創価学会としては、永久に皆さん方から、ただの一銭も寄付を願ったり、供養を願うようなことはいたしません。」
なるほど、池田大作の言葉を借りれば、信者に年間1500億から3000億の寄付を願っている現在の創価学会は、とんでもない邪宗教だということになりますね。分かりやすくていい言葉だ。RR 山崎正友・元創価学会顧問弁護士の月刊ペン事件での最高裁への上申書
「私が創価学会弁護団の中心者であった間に、処置した隈部太蔵氏の事件について率直にいって罪におとし、かつ池田大作氏を法廷に出廷せしめないために、汚い裏工作を行った事実についてであります。」1.隈部氏を告訴するに当たっては、公明党幹部と法務省幹部、検察官部、警視庁幹部と綿密な打ち合わせをした。2.池田氏を証人として法廷に出させないために、月刊ペン社社長、同弁護士と和解の話し合いに入り、その仲介役として笹川陽平氏にお願いした。3.その和解金として相手方に2000万円を支払った。
弁護士を買収したわけですね。創価学会は。
【真偽の程は知らないが….納得する部分もある】 桜田論文 
http://www.jade.dti.ne.jp/~shingun/speech/sakurada2.html
小泉政権は、反創価学会・反公明党の右翼愛国政権だ。
思えば創価学会の池田大作が「私は韓国系日本人だ」と自信たっぷりに話はじめた一九九九年末から二○○○年末が、在日朝鮮人と創価学会の黄金時代であった。(笑)
確かに野中前自民党幹事長と組んだ池田大作による天下取りも可能であった。CIAエージェントの日系アメリカ人のプロスナイパーX氏が、その当時、池田暗殺プランについて僕に説明してもくれたのだった「逃亡ルートは海上に確保されているので万全だ。ただし池田は同じ型のベンツを三台乗り回していて、窓には防弾ガラスという用心ぶりなので狙撃は困難だ」と話していたぐらい、アメリカ筋は、池田・野中ラインを警戒していたのだった。ところが今は小泉人気(TBSの調査では支持率九十七・八%)に見られる国民世論の右傾化と六月二十四日の都議選・七月二十九日参院選の前に、創価公明(池田・野中反日ライン)は、ひたすら小泉首相に頭を下げ続けている。(笑)小泉首相に「靖国公式参拝」「集団的自衛権」「憲法改正」「連立解消」「在日参政権反対」など創価公明の主張や政策と真っ向から対立することを言われても、衆参同時選挙になれば、公明党の議席が半減すると判明しているので、小泉首相の決断が怖くて何も言えない有様だ。(笑)公明党が、連立政権から離れると池田大作への国会証人喚問が実施される公算が高く冬柴幹事長は池田から「絶対に連立政権から離れるな!」と厳命されているので、今の政局は冬柴にとっては冷や汗ものなのだろう。(笑)池田大作の国会証人喚問の理由はこうだ。宗教活動に名を借りた聖教新聞の巨額脱税、池田会館などのSGI名義を含む池田の個人資産三兆円以上の不明朗な資産調査、外務省の機密費の池田への巨額流用疑惑などである。
外務省機密費が、大作に流れていた?真紀子が外務省を叩く理由は、ここにあったのか?オモシロイ!そもそも韓国系日本人の故竹下元首相が日韓議員連盟会長をしていた時に在日参政権付与の方針が出てきたのであった。この竹下の利権と流れを継承したのが野中なのだ。この野中の下で自民党経理局長をしていたのが鈴木で、こいつらが勝手にロシア側と二島買収返還で話を進め、それに反対していた四島返還論のロシア課長を左遷させたことに怒ったのが、田中真紀子新大臣なのであった。野中と鈴木は巨額買収の二○%がロシア側からバックマージンとしてもらえるはずであったが、さぞかし悔しかったらしい。「ざまあみろ!売国奴の野中め!」と言ってやろう。(笑)二○○一年の小泉政権から、明らかに政局の流れは変わった。小泉政権に擦り寄っているのは公明党ばかりではない。総裁選で橋本派に恩を売るつもりが予想外の小泉総裁になったため、慌てて「逮捕されないように頼む」と言っているのが亀井静香である。パチンコ業界との癒着、許永中からの収賄、アルゼからの五○億、KSDからの収賄などで、東京地検特捜部も小泉首相のゴーサインがあれば、いつでも亀井を逮捕する体勢にあるらしい。小泉政権になってから日米同盟 は強化され、反日侮日の池田・野中ラインは潰された。野中などもニューヨークタイムズに「野中は部落民だ!」と叩かれたのに、日本のマスコミは、この問題を取り上げなかったが、これからは、このような些細な記事でも日米マスコミは連動して動くはずである。
シンジケートとしての創価学会=公明党
……この文章を読むかぎり、(公明党の)神崎は市民のため、あるいは国家の正義を守るために検察官になったのではなくて、「いざ鎌倉」のときに「池田先生をお守りする」ために、司法権力を行使する職に就いた、と受け取られても仕方がないだろう。そして、学会員の検事は「自然友の会」や「天空会」といった名前のグループに加わり、任官後、池田と一緒に会食し、直接、指導を受けるという特別待遇が保証されるのだという(このほか、弁護士は「カーネーションクラブ」、外務官僚は「大鳳合」といった名前のグループがあり、同様の特別待遇を受ける)。【創価学会追及市議の怪死を「自殺」処理した検事も上司も学会員】 実際に神崎のような〃池田親衛隊〃の検事は、相当数に上っているものとみられる。
この検事や弁護士で構成された創価マフィアが、オウム事件の真相隠蔽に邁進している。
池田大作の野心と自自公(10) 国家乗っ取り、独裁者・池田大作 
http://www.kit.hi-ho.ne.jp/kokumin-shinbun/11090210ikeda-ambition.html
中山:経済界から自民党への政治献金は来年やめることになっています。そこで自民党議員が頼りにするのが、学会の組織票や選挙協力なのです。もう完全に池田大作の掌の上に乗せられてしまっています。山田:学会票という”禁断の実”がいかに怖ろしいことか、後で分かっても遅い。官界とマスコミを抑えておいて、次は自民党、自由党と野合して、公明党が遂に政権をもとることになった訳だ。オウム真理教の国家乗っ取りは荒唐無稽として、国民は一笑に付していましたが、今、着々と同じような陰謀を現実化しようとしているのが創価学会であり、その独裁者、池田大作なのです。中山:「オウムはサリンと銃弾、学会はカネと選挙」で目的を達すると言われています。創価学会員は政治に首を突っ込まないで、ただ勤行に励めばいいのです。池田センセイの為なら、「たとい火の中、水の中」と言う学会員は、そのマインドコントロールから早く目覚めて欲しいですね。山田:池田大作の野心だけのために動かされている学会員も気の毒ですね。本日はどうもありがとうございました。(平成11年9月25日号)
「オウム真理教の国家乗っ取りは荒唐無稽として、国民は一笑に付していましたが、今、着々と同じような陰謀を現実化しようとしているのが創価学会」というのは、違うと思います。オウムは創価そのものなのですから。
池田大作の野心と自自公(7) 池田大作、及び創価学会の不正蓄財 
http://www.kit.hi-ho.ne.jp/kokumin-shinbun/11090207ikeda-ambition.html
中山:池田が創価学会を私物化して久しい。年収は7億円あり、伊豆には温泉付きの別荘を持っているほか、全国1000カ所にある文化、平和、記念、研修と名のつく会館や道場には池田専用の施設があります。外遊の時には6,7億円のカネを持っていくといわれています。山田:池田の使うこれらの莫大な金は、学会員の献金や大規模な墓苑ビジネスの上がりでしょう。なにしろ「財務」と称する金集めでは毎年4000億円にものぼる。一日で2000億円集めたこともあったらしい。その金でヨーロッパの古城なんかを買っている。池田の道楽に学会員は何も言わない。会員には「金出しコンクール」といって献金を競い合わせる。信者らはよく黙っていますね。中山:平成2年の学会創立60周年だけで3900億円も集めている。会員は全て王国構想のため、金は広宣流布基金として必要だと思っていますからね。しかし脱会者が出れば、ひどい仕打ちを食うらしい。また報道によると、墓苑建設や墓石販売に際して、大掛かりな脱税を行っているという。公明党国会議員による国税庁への働きが功を奏して、実態は不明なんです。山田:かつて渡辺美智雄蔵相は、創価学会の脱税をモミ消したことがあると国会で証言したこともありますよ。学会の墓苑開発に当って、地元住民とのトラブルが全国的に繰り広げられています。しかし、静岡の富士桜自然墓地公園の建設では、地元の暴力団を使い、反対派住民の家にブルドーザーで突っ込んだり、刀で切りつけて怪我をさせたこともあった。脱税といえば、発行している公明新聞、聖教新聞、創価新聞、月刊大白蓮華、聖教グラフへ大企業が広告を載せていますが、広告料は宗教法人の収益事業というので法人税率は十五%以上も安くなっています。雑誌の「潮」「第三文明」あるいは『人間革命』の売上も課税対象になっていないと聞きます。これまで集めた献金2兆円も無税。池田会館や池田専用室、墓苑・墓石販売など全てが優遇税制の恩恵を受けている。池田がこれらを個人的に利用していますので、学会から経済上の利益を受けていることになります。これは税法の一時所得に当りますから、税務当局は所得課税をしなければならないのに全くしない。学会員から現金、物品の供与を受けている池田や幹部も贈与税を払わない。これは脱税行為でしょう。課税しないのは非常におかしい。こうして集めた金は、一旦、東京三菱銀行の市ヶ谷・四谷両支店に預けられる。残高は常に6000億円は下らないらしい。中山:創価学会が宗教法人を”隠れ蓑”に、特典の恩恵を受けて蓄財に励んでいる。これは宗教団体というよりも、もう営利企業です。宗教法人への
課税の見直しが急務でしょう。この四谷支店は、先代の戸田城聖会長が大蔵商事という貸金業をやっていた時からの関係で、つき合いは深い。山田:その小売貸しの営業担当が池田大作だった。戸田の長男もそんな関係で三菱銀行に入行している。三菱グループ、とりわけ三菱商事ディベロッパー事業部と学会は、いろいろとキナ臭い話が取り沙汰されていますね。平成2年、15億円使途不明のルノアールの絵画疑惑、また平成元年の新宿左門町・戸田記念国際会館にまつわる不正など。また海外布教や池田の外遊の際には、三菱商事や三菱銀行が海外根回しに動くことが度々あります。(平成11年9月25日号)
創価マフィア: 私見です。

 

 

 

6-1 23.創価を批判すると…創価マフィアのチンピラ部門が動き出す。

 

オウム事件の整理整頓  PAGE 6-1
INDEX・2チャンネル関連スレッド・関連サイトへ

 

 

誤解のないよう、一言申し上げておきます。創価学会員の方々、誰もが犯罪者であるなどと言っている積りは、毛頭ありません。むしろ、創価学会の末端の信者の方々は、本当に心のきれいな、模範的な社会人であると思うのです。しかし、ごく一部の幹部に操られた輩が、犯罪に手を染め、私腹を肥やしていることは、紛れもない事実なのです。殆どの真面目な創価学会員の方の名誉を守るためにも、これらの学会員の名前をかたった犯罪者を組織から追い出すべきです。彼ら一部の宗教ビジネスマン達は、信者の曇りのない信心を自らの利益と権力保持に利用しているだけなのです。幹部に朝鮮半島人の系譜を持つ人が多くなってきたことにも、気づいてください。それが、あなたの愛する国家、日本にとって、どんな重大な危機を意味するのかも。創価学会員の方々の奮起を期待します。いい加減に、もう騙されつづけるのはおやめになってください。創価学会の浄化は、内部からしか出来ないのですから。
また、韓国、朝鮮籍の方にもご理解願いたいことがあります。日本に住む人たちを国籍で区別する積りは全くありません。大体がもともと日本人の血の90%は、韓国・朝鮮人です。(別に解説します。)私には、在日の友人もいるし、韓国には50人を下らない、気のおけない友人たちがいます。皆、本当に信頼できる人たちであると同時に、私も彼らにとって、かけがえのない親友であろうと自負しています。私が、ここで取り上げている在日とは、北朝鮮の現政権に操られた、日本乗っ取りの意図をもった連中のことだけです。決して、民族的対立を煽る積りはありません。日韓、日朝の相互理解については、私なりの考えもあります。この点については、別途私見を述べさせていただく積りです。

 

 

23.創価を批判すると…創価マフィアのチンピラ部門が動き出す。

 

嫌がらせ・無言電話・脅迫電話・盗聴(NTT本局で)・尾行・車のガラスを割る・タイヤに穴をあける・窓ガラスに卵をぶつける・ゴミを投げ込む自宅のゴミをあさる・郵便物が盗まれる(パトリオットミサイルチーム、下欄参照)⇒参考文書 AA/BB/CC/EE/HH/JJ
車でひき殺されそうになる⇒参考文書 CC
クモやシマヘビなどおぞましいいきものを投げ込む⇒参考文書 CC/MM
醜聞ネタを掴まれ、口封じされる(FOCUSチーム)
893部隊や極道の妻達部隊が、抗議行動に出てくる(下欄参照)⇒参考文書 CC
酒席で、飲み物に薬物を混入する
家族につきまとい、創価糾弾のHP閉鎖を余儀なくされる(地球包囲作戦チーム?)⇒参考文書 DD
勤め先で、大事な書類が紛失する。社内の創価が持ち去る。
知らないうちに生命保険を掛けられる
買収に応じて、仲間に入るよう迫ってくる。が、結局後々犯罪に加担させられ、組織から抜けられなくなる。⇒参考文書 NN/PP
電車で酔って寝込んでいると、かばんを置き引きされる。手帳や携帯が目的。誰とコンタクトしているか知りたいのだ。
電車の中で身に覚えのない痴漢行為で、警察に突き出される
地域のサークルやPTA関係で家人に取り入り、自宅に出入りするようになる。盗聴、薬物注意 (ワイフキャッチャーチーム)
自宅や事務所に侵入、覚醒剤を隠し置いて、後で警察にたれこむ。警視庁や神奈川県警の創価警官に逮捕される
ゴ○ウ組に拉致され催眠導入剤を注射され、ビルの7階から投げ落とされる。警察は司法解剖をしたと言い張るが、検体は他人のもの。(東村山の朝木さん)
▲▲▲被害者の会の人物が自宅を訪れ、気を許して歓談していると、飲み物に薬物を入れられ昏睡する。以後、ゴ○ウ組に拉致・殺害され、山中に埋められる。(坂本一家)
創価マフィアの犯罪を警察に告発すると、警視庁の創価警官から呼び出される。聴取後、理由をつけて車に乗せられ、山中に拉致される。待っていたゴ○ウ組に殺害され、埋められる。(ところだった。…アーテック事件。右下欄参照。
最悪、海外の提携先の犯罪組織まで利用する。KICAや中国の公安組織ともつながりがある。海外出張先で、謂れのない犯罪の嫌疑を掛けられ拘束される。もしくは、行方不明になる。特に韓国が危ない。
脅迫の対象は本人だけではない。家族や親戚に及んでくる。実に巧妙な手段で。本人の口を封じるのが難しい場合、家族の危険をほのめかして、脅してくる。創価マフィアは、ヤクザと同じで、強いものには弱く、弱いものには強い。だから、女子供や老人を狙ってきます。⇒参考文書 FF/GG

 

BBS

 

貴方の知っている情報をBBSに書き込んでください。
(2チャンネル 警察板 告発します 6代目 スレッドです。)

 

 

 

AA 創価学会という得体の知れない教団に操られた公明党が、政権入りして本当にいのか
創価学会に批判的な人々の間でも、似たようなこ とが起きている。嫌がらせや卑劣な無言電話が相次いでいるのだ。ジャーナリストの乙骨正生氏は、自自公に猛反対の「立正佼成会」の幹部のインタビュー記事を週刊誌に掲載した直後から自宅に無言電話がかかるようになり、先月17日には、何者かに車のガラスを割られた。また、「公明党の政権参加は民主主義に反する」と新聞にコメントした日大教授の北野弘久氏(税法学)は、無言電話が殺到しただけでなく、尾行もされたという。 国会で自自公連立の問題点を追及した民主党議員のケースも同じだ。国会図書館で創価学会に関する書物をまとめて借りたとたんに、自宅に無言電話や暴力電話がかかり始めたというから恐ろしい。北野弘久氏があらためてこう言う。「私の場合、4年前に国会で宗教法人法改正の賛成意見を述べたときも、家内まで尾行され、自宅のゴミも持ち去られた。大学の研究所には“貴様、死ね”といった電話が殺到しました。創価学会は否定するかもしれないが、陰湿なやり方や時期からして、あの集団の組織的犯行としか考えられません。自分たちに邪魔な存在はどんな手を使ってでも言論封殺をする。まさに麻原のオウム真理教と同じです。警察は、オウムだけでなく、創価学会の違法性、犯罪性にも目を光らせるべきですよ」
創価の違法性、犯罪性に目を光らせるべき警察・検察・判事が、創価の手先なのだから、どうにもなりません。

 

 

BB 2チャンネル創価・公明板 こんにちわ JFKの妹です
http://www.apsoken.com/shinseiki/maruyama.html
9.: 学会と池田大作名誉会長にさからう者には、物理的な暴力も襲いかかってきているはずだが、それは実証することがむずかしい。近頃民主党のある国会議員が国会図書館から創価学会批判の書物をまとめて借り出したところ、その日の夜半からいやがらせの電話が殺到したという。つまり国会図書館職員の中に学会員がいて、議員の読書傾向を監視しており、問題があった場合には〝嫌がらせ組織〟を動員して攻撃をしかけるのであろう。私自身オウム事件の時、池田大作に触れるコメントを発言したとたんに、日本テレビの電話回線を占拠されるほどの抗議を受けたことがある。暴力的行為に及んでも批判的言論を受けつけないという性質は、独裁者池田大作支配の下の創価学会の特徴のひとつであろう。
「私自身オウム事件の時、池田大作に触れるコメントを発言したとたんに….」そうなんです。オウムと創価には深い関係があった。だから、脅迫してでも黙らせたかったんです。創価は正直でわかり易くていい。

 

 

CC 嫌がらせ部隊
….また、脱会者に対する嫌がらせは1990年日蓮正宗との破門騒ぎの後、ますます激しくなります。今号ではその活動の幹部向け極秘文書を入手したので、報告します。◆行動マニュアル 『勇気のエンジン』大作戦大網◆『●活動について 2/4『追放大会』参加者が『[元初の同志]グループ』として、誓いを立て、今までのビクトリー活動を発展させ、以下の活動を展開する。1)D作戦チーム(CUTされたら取り返す。脱会者/法華講にアタックする脱講チーム)
2)特別個人指導班
@A班(葬儀、法要、墓、納骨の問題等に回答出来るスペシャリスト。別名:メモリアルチーム)
@B班(宗問問題解説班、寺信心の色のついた人の脱色作業を行う。*廃案になった名称:ハイターチーム)
@C班(主に怨嫉問題等で活動しなくなった人へ手をさしのべられるチーム 別名:人間復興/ルネサンスチーム)
3)FOCUSチーム(悪行を暴くネタ取材班)
4)賢者の利剣チーム(ミニコミ誌を新たに編集発行する)
5)特攻野郎Sチーム(男子部の特殊潜行活動班。別名:鉄砲玉)
6)ワイフキャッチャーチーム(女房を徹底糾弾する、婦人部の追っかけチーム)
7)四条金吾チーム(壮年部の特別抗議行動チーム。別名:893部隊)
8)十羅刹女チーム(婦人部の電話抗議行動チーム。別名:極道の妻たち)
9)ネットワークチーム(地域包囲対策作戦。略称:ネット)
10)パトリオットミサイルチーム(郵便物の回収作業班)
11)ナポレオングループ(前進を合言葉に、不可能を可能にする唱題会の参加者 *廃案になった名称:わら人形グループ)
12)広布の使者チーム以上、本部、支部、地区のビクトリー責任者が核となって行動します。』冗談は、やめてくれ~。地区のビクトリー責任者が核になって行動なんかしないでくれ、頼むから。嫌がらせ部隊なんか作るなよ。あんたら、宇宙の真理を探究する神聖なる仏教団体だろう?北朝鮮じゃあるまいし。特攻野郎Sチームだって…”極道の妻たち”って、本当にそうなんじゃないの?藁

 

 

ネット上で見つけた創価マフィアによる脅迫 私も脅迫されました。気にもしないけれど
DD 当ホームページは閉鎖させていただきます。
創価学会を始めとする宗教全般に少しでも関わると自分を含めて当事者でもない友人・知人、更には家族にまで迷惑が掛かってしまうという事をこの身を持って体験しました。私自身は何をされても動じないだけの気力も体力も持ち合わせておりますが、妻や子、年老いた両親には無理な話なのです。とても残念ですが・・・創価が憎いです!このホームページが閉鎖されたからといってニセ宗教創価学会を認めたり賞賛する訳ではありません。学会の教えは間違っています!学会はこれ以上不幸な人を増やさないで欲しい!
創価マフィアはヤクザと同じで、強いものには弱く、弱いものには強い。だから、女子供や老人に狙いをつけてくる。ヤクザ以下。おっと、ヤクザもたくさんいたっけね。
EE 2チャンネル創価・公明板 創価学会の話題を避けるマスコミについて
356 :偶々この掲示板に立ち寄った者です。幾つかのXXXXさんの御発言を拝見させて頂きました。創価学会に対する疑問、御批判などから、やがて、XXXXさんが学会員の方に抱かれた「苛立ち」「不信感」等理解できました。処で、老婆心ながら心配するのですが、XXXXさんは、何故これほど創価学会員に拘りになられるのでしょうか?脅迫めいた言葉さえ浴びせられたようですが、それでもXXXXさんは、怯まず御発言されていますよね?(それもかなり過激な文体で) 私は創価学会自体がXXXXさんに何らかの危害を加える事は、自身の団体の存亡にまで関わる事なので、絶対にありえないと思います。しかし、此処の板にやって来る方々の中には、過去実際にあった刑事事件の例を見るまでもなく、かなり危険な方もいらっしゃると思うのです。そして、ソフト&ハード両面においてもかなり知識のある人間もいらっしゃいます。学会員か学会員を陥れようとする者かは分かりませんが、XXXXさん御自身の身に何らかの危害が加えられるのではないかと危惧します。(杞憂でしょうが・・・)この板でXXXXさんに賛同される方の中で、実際にXXXXさんを護って下さる方がいらっしゃるのでしょうか?創価学会に限らず、宗教と言うのは、人間の根幹に関わる重要な位置を占めています。
ある種、その部分はタブーな領域です。 人間は歴史上「宗教戦争」と言う愚かな過ちを幾たびも経験してきましたが、未だ根絶されておりません。それ程「宗教」とは「自身の命を賭してでも護らなければならないもの」だと認識している人々がいる証拠でもあります。(日本でも類似の事件がありました)
>ここ一ヶ月何度となく創価と対話し、罵り合い、茶化してきた。
「茶化す」と述べられた一文を見て、心配となり横レスをさせて頂きました。余計なレスをすみません、御自身の御体をどうか大切にされてください。
この一文は、要するに創価批判者への脅迫です。

FF 2チャンネル 保険板 保険金殺人を告発してます。しつこく。 
35 そーか。勝くん、元気かなぁ。
創価マフィアの保険金殺人を告発したら、こんなレスがきました。私の親戚を狙うという意味の脅迫です。
GG 2チャンネル 警察板 告発します。
670 名前:匿名 投稿日:2000/09/27(水) 22:10 告発します。たぶん10月2日 母親を殺します。 間違いなく...329 名前:投稿日:2000/08/09(水) 15:19 1は近いうちに逮捕する! 警察をなめるな!
これらも同じ連中からの脅迫です。いつになったら逮捕してくれるんだ?

 

 

HH犯罪集団創価学会
私は、〝創価学会による被害者の会〟発足時から事務を担当し、本年五月十六日、同会事務局長に就任しました。  私に対しては、〝被害者の会〟発足当時から創価学会員の尾行・見張りがついていましたが、この五月以来、それがいっそう露骨に、激しくなりました。事務局の前には、いつもレンタカーに乗った男女が張り付いており、私が移動しますと、タクシーであろうと電車であろうと、必ず数名が尾行してきます。  私に対する尾行・張り込みは二十四時間行なわれますから、私のプライバシーが大幅に侵(おか)されていることはいうまでもありません。私が外で人に会うと、今度はその人をも尾行します。つきまとい、写真を撮ったりするものですから、知人は驚きます。また、事務所を訪ねてくる人も尾行されます。  事務所を訪ねてきた知人が、その状況を確認して、彼らの側(そば)に行って写真を撮り、  「何の用ですか。いい加減にしたらどうですか」 などと声をかけると、素早く逃げます。しかし、しばらくすると、またやって来るのです。調べた結果、彼らが創価学会員であることが判明しました。最近では、事務局の郵便受けから郵便物が盗まれる、という事件も発生しています。発送者から、〝まだ着かないか〟と問い合わせがきて、郵便局に調査してもらうと、担当配達人が、〝確かにそのような郵便物を配達した〟と証言していますので、郵便受けから盗まれたとしか、考えられません。

 

 

JJ 盗聴・盗撮から身を守れ!
盗聴・盗撮の手口が解説されている文書です。創価マフィアもよく使う手ですが、共産党幹部盗聴事件以降、この手はあまり使わなくなったと思います。創価はもっと安全確実な盗聴手段をもっています。NTT内部の創価信者に回線に悪戯させれば、簡単に盗聴できます。
KK2チャンネル 創価学会の話題を避けるマスコミについて

263  アメリカ:カルト教団として政府機関(CIA、NSA)が調査中 。但し、ノリエガ疑惑(パナマのノリエガ将軍が麻薬買い付けを行う際に創価学会から資金を調達したとされるもので、将軍の自白で発覚。この問題には竹下登、小沢一郎の関与も噂されている)により外交カードとして使われている懸念がある。またCBSのインサイドエディションでも、カルト教団として報道された(国内ではNHKが放送拒絶)。
LL池田大作傍聴席 しし座流星群検事さん
はっきり言って陳述するのに覚悟が必要だった。自分を危険にさらすかもしれんからだ。でも・・・余りに危険なので陳述する決意を固めた。公明党の裏のオーナーにして創価学会名誉会長で、与党の生命線。非常に危険。愛読書「わが闘争」通称「法華経を唱えるヒトラー」国政を私物化し、宗教団体を隠れ蓑に私服を肥やし、着々と合法的日本征服を企んでいます。戦後最強の超危険人物と言っていいかと思います。どんな法人でもどんな自然人でも、どんな組織でもどんな個人でもいい。だれかこのおとこの暴走をとめてくれ・・・
MM 創価学会財務部の内幕 P.100 小学館文庫 学会マネー研究会
富士宮市議会に、(創価学会の)墓地問題を言及する100条委員会が設けられ、市を騒がす創価学会は、富士宮市から出て行けと、地元住民による街頭デモまで行われた。100条委員会でも、創価学会の最高幹部を証人に呼ぶなど真相究明に乗り出すが、いつのまにか解散する。市内で問題追及のビラなどを配布していた市民の代表宅も、何者かによって、深夜10匹のシマヘビを投げ込まれるなどの嫌がらせを受けたとされる。
NN 年表:戦後最大の宗教企業とその時代
11/30 【学会】山崎正友弁護士、ホテルニューオータニで北条浩、笹川陽平をまじえ、月刊ペン側弁護人・重富義男と懇談。会長の証人喚問をやめるよう依頼する。※のち、笹川陽平、この会合のあったことを認める。※「この段階で私は学会首脳に泣きつかれ、池田氏の証人出廷を防ぐための裏工作に入りました。数人の情報マンを使ってめんみつに調査した結果、仲介人として笹川陽平氏に白羽の矢を立て北条浩氏が父親の笹川良一氏に依頼して承諾を得た上で、陽平氏が動きました。笹川陽平氏は人を介して『月刊ペン社』の取締役であった栗原一夫氏にわたりをつけ、栗原氏から原田倉治社長、そして重富弁護士(月刊ペン社監査役)にわたりをつけて、和解の話し合いに入りました。11月30日、私と笹川陽平氏はホテルニューオータニ内、さざんか荘において栗原氏、重富氏と会い、話し合った結果、和解についての基本的な合意をしました。その後、学会側は北条氏も加わり、何回か具体的な話し合いをしました。最大のネックは隈部氏自身が和解には反対で話し合いにのらないことでした。結局本人には知らさないで、弁護士の裁量で池田氏を法廷に出さないような弁護活動をすることにより、目的を達することになりました」(81年1月山崎上申書)※この不出廷工作には知られるように金が動いた。山崎が上申書で述べるところによれば、その額は2000万円で、北条→山崎→笹川陽平→重富と わたり、「さらに原田氏にわたったものと思われ」るという。創価学会側も金の支払いがあったことだけは認めている。会長・秋谷栄之助が「山崎3億円裁判」で証言したところによれば、北条は3000万円を山崎に渡したという。(『実録 創価学会=七つの大罪』)
月刊ペン事件で、相手の弁護士に金を握らせて池田大作の証人喚問を止めさせた。カネを使って言論を封じるのは、創価の常套手段だが、仲介に動いたのが右翼のドン、笹川良一の息子だったというのが面白い。笹川は、統一教会と組んで国際勝共連合を作った親父であり、当然ながら文鮮明のお仲間。創価と統一教会が水面下で深く繋がっている証拠である。』)OO 03/日本船舶振興会(会長=笹川良一)、都が埋め立てた東京湾の13号地の一部に海事科学産業館を立てることを計画し、その払い下げを都に申請していたが、議事が進まないため、公明党に協力を依頼。公明党、これを了承し都議会で議決させる。(『実録 創価学会=七つの大罪』)』)
笹川良一と創価の関係、もはや癒着以外のなにものでもない。PP 04/初め エール出版社、内藤国夫の『公明党の素顔』を出版。新聞による書籍広告は『朝日』『毎日』のほかは出来ず。内藤、呼び出され笹川良一事務所へ行く。笹川、「私は前に公明党に借りがあるので、この際、その借りを返したい。そのためにあなたの本を全部買い取りたい」と申し入れるが、内藤これを拒否。笹川、エール出版社に一括買い上げを申し入れるが拒否され、複数の書店から約9000冊を購入。(『実録 創価学会=七つの大罪』)
またまた、カネを使って言論弾圧しようとした.それも、笹川を動かしてね。
こちらは、今後新たに蒙った被害を記載するスペースです。お楽しみに。

 

 

6-2 24.創価マフィアの関与が疑われる事件   25.創価・統一と暴力団

 

オウム事件の整理整頓  PAGE 6-2
INDEX・2チャンネル関連スレッド・関連サイトへ

 

 

24.創価マフィアの関与が疑われる事件創価がらみの事件には共通のパターンがあります。

①毎日グループ・読売グループを始めとする大手マスコミが殆ど報道しない。しても警察発表を事務的に報じるだけ。

②警察がそそくさと事件性のないことを表明し、事件に幕を下ろす。死体の司法解剖をしない。もしくは、実施したことをつくろう。

③検察が、事件を立件しない。不起訴となる。

④絶対負けないはずの裁判で、敗訴する。不当判決をマスコミが取り上げない。

マスコミで突然死している記者たちや、覚醒剤所持やシモネタで逮捕された記者の中にも、創価マフィアにはめられた犠牲者はいるはずです。

彼らは、あまり頭が働かないのか、こんなことをいつまでも続けていられるわけがないのが、解らないようです。特権にあぐらをかいて、犯罪に手を出したことが、結局組織の崩壊に繋がることを理解していないようです。

 

 

BBS

 

貴方の知っている情報をBBSに書き込んでください。
(2チャンネル 警察板 告発します 6代目 スレッドです。)

 

 

 

朝木市議転落死
AA2チャンネル 朝木明代市議暗殺事件 
BB「朝木明代議員謀殺事件の究明コーナー」
地検検事は創価幹部信者
創価マフィアの犯罪を扱う検事になぜ創価検事を配するのか?検察庁自ら、創価の巣だと認めているようなものだ。いい加減にしろ。
CC カルトとしての創価学会 古川利明氏著 P.43
94年の一学期に、創価学園が、池田批判をした生徒に対し「創設者を批判する生徒は退学になる。」と伝えた。朝木市議にこの話がはいり、東京都知事あてに人権侵害の申し立てを行った。都学事部は、創価高校の尾崎校長を呼び、厳重注意した。池田は退学強要事件が明るみに出たことに激怒し、マスコミが創価学園に現れて取材されることを恐れて、学園祭への出席を取りやめた。学園内で、朝木市議に対する怒りが充満した。95年9月1日、朝木さんは転落死した。
DDこれが他殺の証拠だ
EE朝木明代市議転落死事件を追う掲示板過去ログ
余りにも有名な事件で、米国でも創価学会の関与が報道されるくらい。創価の検事と判事が隠蔽に動いたのはっきりしているし、警察も創価信者だったとしか思えません。邪魔者を創価マフィアが徒党を組んで、抹殺した。ただし、やり口があまりに下手だったんで、ばれそうになり、創価マフィアの馬脚をあらわしてしまった。そういう事件です。
AAA 後藤組組長が83年3月に創価学会に送った内容証明付郵便
”現在、朝木さんの不可解な転落死については、未確認ながら、朝木さんが四人の不審な人物にビルへ連れ込まれるのを見た、消えたはずの靴は、事件直後に現場のビル六階の空き部屋で発見されていたなどの情報が「草の根」事務所に寄せられている。また、この事件の背景に暴力団の介在があるとの噂も永田町を中心に流れている。[怪死/乙骨正生著]”

 

 

桶川女子大生刺殺事件
FF 桶川女子大生刺殺事件と捜査をめぐる経過
GG 桶川女子大生刺殺 地検が「終結宣言」 真相は“藪の中” 元交際相手の男性死亡で
HH 桶川女子大生刺殺事件の真相?
130 名前: あめぞから転載  あの「ストーカー」というドキュン男は、まったくのダミー。今回は裏に、ある趣味を持つ超大物財界人(製薬系)が絡んでおり、かなり複雑です。実際、手を下したのもそっち系のコワイ人たち。やくざよりよっぽど悪質。一時期、狸穴町あたりで流行っていた、かなり危険な人体系クラブの系列が、昨年11月に高輪方面へ移転(支店か?未確認)。被害者の彼女は、けっこう
ソッチ系も平気な顔でやるらしく、高輪では有名な存在だったのですが、2月ごろに、とある「ショー」の執行を拒否してモメたことがありました。まぁ、それぐらいで消されることはありませんが、そのことや店自体のことを誰かにいろいろ喋っちゃったのでしょう。あのころ、暴かれたある権力者のスキャンダルに、彼女は深く関与しています。思い出せるでしょうか?ただ、今回は珍しく、ソッチ好きの巣窟のはずのKS族も現役組も「顧客」としては名前が出ていません。また、法務スジもなぜか沈黙。戸籍をいじって、ああいうショーを可能にしている立場だけに、最後まであちこちに“貸し”があるのでしょう。それでウエ的には一斉検挙もOKの腹だったのですが……。なんと先週の段階で大蔵が出てきたそうです。しかも使いに厚生族のSを使って。さらに、検察OBのあのフィクサーも急遽帰国。じかに埼玉県警に面入れしたという噂(これも未確認)ですが、それが事実ならば、完全に迷宮入りでしょう。本当にヤバすぎます。 もしかして、原因をつくったヒトがヒトだけに、菊のスジまでナシはついているのかもしれません。だてに北朝鮮に別荘を持っているわけじゃありません。これ以上書くと私も「被害者の仲間入り」なので、もう“これまで”ですけど、この事件は、本気ですべてを解決する気になると日本の国が傾きます。もし、誰かが捕まっても、それは本人も知らないうちに仕立て上げられたダミー以外のなにものでもありません。もしかして、既にロボトミー処置済みなのかも。どっちにしろ、永久に闇の中ですね。
この文書は、ちょっと癖があるんで、そのまま信じない方がいいかもしれません。ただし、巷で信じられていることと、事実とは相違するということだけは、間違いありません。
JJ 桶川女子大生殺害事件で自殺とみられる小松和人の謎
自殺するような場所ではない。体に浴衣のひもがまきついていた。首に絞められたあとがあった。体内から酒や睡眠薬が発見された。釧路でだれかと会おうとする気配があった。警察の遺体の発見から自殺と断定の発表が異常に早かった。「俺のほうは、話ができてるから心配ないから警察には行かない」といっていた。沖縄で逃亡中、常に行動をともにする関西弁の男性がいた。釧路からロシア逃亡の話も噂されていた。北海道のロシアとも関係する裏組織に2000万円渡してかくまってもらっていた。持っていた1億円近い逃亡資金はどこへ?13人の男が2000万円もかけて女子大生を殺すメリットは?このまま終わらしちゃまずいだろ…
KK 桶川女子大生刺殺、小松「えん罪だ」
創価がらみの事件だとの噂がネット上で流れています。巷で信じられている事件像とは全く異なる見方があるので、ご紹介しました。この事件では、埼玉県警の末端警官が告訴取り下げを被害者に働きかけ、免職となりましたが、問題はその目的です。必ず汚いカネのやり取りが背後にあります。被疑者の自殺も、実は他殺の可能性があります。
LL 報道被害 桶川女子大生殺人

 

 

熊本70億円保険金疑惑:創価支配下のマスコミが一切報道しない。だから、創価が怪しい。
MM 2チャンネル 創価・公明板 熊本の保険金疑惑 
1:70億円もの保険金をもらえる病院の理事長は、創価学会員だそうで事件揉み消しの手際の良さからも納得できます。70億の何割が創価学会に、上納されるんでしょう。創価学会はそろそろ政治的犯罪組織という正体をあらわし、正々堂々と犯罪とテロ行為を行なえ。みんな薄々正体を、気づいているよ。
14.:警察板より転載  熊本保険金疑惑続報(フォーカス9月27日号)
その1.99年9月台風18号が熊本を直撃。林が原病院が被害を受け、損保に請求。3社の見積合計額が、1800~2000万だったのに、今回死んだ3人の看護婦も交渉に加わり、損保の担当者をつるし上げて増額させた。結局、合計で一億円を支払わされた。実際の被害は、6回の窓ガラスが割れたのと、床が水浸しになったこと。ガラスは入れ替え、床は雑巾で拭いておしまい。随分高いガラスと雑巾だな。
その2.99年2月、理事長が自宅で飼い犬に襲われ、瀕死の重症。当時理事長自身に50億の生命保険が掛けられており、多額の特約保険金が支払われた。さて、誰が診断書を書いたのか?誰かその傷跡を見た第三者はいるのか? 以後、当然ながら理事長の名前は保険会社のブラックリストに載ったそうな。
もっと面白いのは、今回新潮社を名誉毀損で告訴した際出てきた弁護士。河上以外のふたりは、いずれも台風の際に病院とトラブルになった損保の代理人を過去に勤めていた人物。損保の裏事情を知っている筈。損保が騒げば、アレとコレをばらすぞとの脅しじゃないのかな?組織犯罪のにおいプンプン
NN 2チャンネル九州板 熊本70億円保険金殺人疑惑
OO 熊本病院理事長夫人保険金殺人疑惑
現地で取材に動いていたマスコミ関係者に、やくざ風の連中が付き纏い、威圧をかけています。これが、事故ではなく事件である極めて明快な証拠です。ヤクザの絡んだ殺人事件であり、保険金詐欺です。間違いなく熊本県警が、保険金受取人の病院理事長とつるんでいます。そして、ネット上で、理事長が創価信者であるとの噂が流れています。事実なら、創価マフィアの組織的犯罪と考える必要があると思います。この事件を報道しているのは、新潮社、文春などの限られたメディアだけです。毎日新聞は、勿論沈黙しています。TBSは理事長寄りの報道をしています。
PP2チャンネル保険板 プルデンシャル
248: >>244(熊本保険金疑惑)に関して、プルの熊本支社は、何やったのよ。逃げずに答えろよ。こういうと、関係者はしばらく黙るんだよな。>244 そんなことも知らないのか?偉そうなことを書く前にもっと勉強しろ。熊本支社のSが病院長に巨額S(5億円)の保険を販売したのが事件の発端。その後代理店に紹介してリベートを取っている。
250: プルで足りない分を何社か紹介して、手数料をキックバックしたとか、その程度の噂は知っているが、それが事実なのか、そうでないのか、プルはコメントしたのか?
278:熊本の医療法人で、看護婦等に総額60億円の保険をかけ、不自然な事故によって死亡した。県警の幹部が医療法人の役員に就任していた。迅速に保険金請求手続きが行われた。熊本県警は、早々に事故と断定し、この件は終わったと発表。それらの保険契約は、プルの熊本支社某氏が、他社と調整したもので、多額の手数料を得た。今のところ、噂は、こんな感じかな。
297:熊本の件、以前登場した役員ずらした黄身、なんか言ったら同なのよ?外資なら外資らしく白黒はっきり付けに出てきなさいよ!香言う時だけだんまり決め込むなんて日本の会社と変わらないのかな?
300:白黒なんてはっきりつくわけないでしょ!請求がきても払わず裁判でしょ。詳細は,熊本支社のSさんに電話して聞いてください。
309:>297 yagiがどう熊本の件とからんでるの?黄身って黄色いジャケットをよく着ているからなの?
プルデンシャル熊本支社のSさんが、真相を知っているってことか?

 

 

保険金殺人を組織的に行っている…と考えます。
QQ保険金殺人を告発してます。しつこく。

16 :某大手生保の社員です。うちには、生保歴の長いおばちゃんたちに健康だった夫が寝ている間に突然死・成人病を持つ夫の事故死等の未亡人が多い。
29 :生保のおばちゃんに、創価学会員多いの?-多いよ。常識じゃん?生保だけじゃなく、化粧品のセールスレディーとかなんでもそう。助け合いの精神?なのかね。あれって。今月何人入れなきゃとか、幾ら売り上げなきゃ!って時にあのネットワーク は役に立つのさ。継続率は悪いけど、その月だけ取り合えず成績が欲しいって人にはめちゃ役に立つのさ。保険月とかって成績競争するのが年に2~3回あるんだけど、そういう時だけ成績上げて旅行に会社から招待されてるような人は大抵宗教団体に入ってるよね。

 

 

RR 横浜保土ヶ谷男性放置到死事件
SS 保土ヶ谷・保護者遺棄致死隠ぺい事件 
この事件に創価マフィアの関与があるかどうかは、根拠がありません。しかし、神奈川県警が極めて異様な対応をしていること、後述する疑惑の監察医が、やってもいない司法解剖をやったと称して、自然死と判定していること、監察医を告訴されて、横浜地検が信じがたいことに不起訴としていること、正義派の横浜地検検事正が転出させられて直後に、この不当な不起訴処分が決定されていることなど、全て疑惑だらけです。警察、検察がつるんだ真相隠蔽は、創価マフィアのお得意の手法です。

 

 

TT 週刊ポスト/2000.3.24 <特報・ニッポン警察の腐敗>でたらめな監察医を使い続ける神奈川県警の無自覚
….結局、遺体は横浜市でクリニックを開業している県監察医I氏(69)のもとに搬送されることになったんです」だが、結局藤沢の老女は解剖されず、死因も『脳軟化症』と診断されてしまった。その所見に対し、当時法医学者の間では、「外見のみで脳軟化症とするのは危険。外傷との因果関係も不明なので、解剖して本当の死因を調べるのが監察医の仕事のはず」と疑問の声があがっていた。
実は、この監察医I医師は、法医学関係者の間では“問題人物”として知られている存在なのである。今年1月、浴槽で水死したように擬装された絞殺遺体を、見ただけで解剖せず『心不全による水死』と鑑定したり、97年7月に、裁判所の令状が出る前に解剖を始めてしまったりといった前歴がある。
UU 驚くべき監察医
VV 神奈川の監察医、この人を信じますか?
警察の監察医が解剖もせず、自然死と見なせば、どんな事件も隠蔽できます。老女に保険を掛けておいて殺害することも可能です。絞殺死体も、頼まれれば水死体と検視してくれるなら、闇の社会の紳士には、願ったりかなったりです。監察医と周辺の警察官の宗教色が気になります。生保の外交のおばさんに、異様に創価信者が多いことをお忘れなく。

 

 

WW 2チャンネル 創価・公明板 英国人元チュワーデス失踪
822  英国人ホステス失踪事件の容疑者・・・織原は昭和27年8月、大阪の在日韓国人一家の二男として生まれている。そし て、なぜか21歳の時に家族の中で一人だけ日本に帰化しているのだ。「父親は戦後の混乱期に大阪で多くの土地を取得して一代で財を築いた人。織原が 17歳の時に亡くなりますが、不動産業や焼肉屋、バー、それにパチンコ店、タクシー会社など、広範囲に事業を展開した人です。阿倍野区内に広大な邸宅を構える など、在日韓国人の中の成功者として知られていますよ」(地元住人)その家に本名・金聖鐘として生まれた織原は、カネに不自由することなく成長していた。
織原という人は在日だと聞いていたのですが、創価でもあったのでしょうか?よくあるパターンですが。どなたか、真相をご存知の方は?

 

 

XX 栃木コンクリ殺人事件の背後に創価学会?
栃木コンクリ殺人事件の背後には創価学会が一枚噛んでおり、TBSや毎日系列の下野新聞がこの事件の報道に及び腰なのはそのためだ、と言う話が2chで出ています。
毎日、TBSは創価の関わった事件は報道しないから、こんな詮索も受ける。でも、大体事実のようです。毎日グループは、行動がわかりやすくて、大変あり難いですね。

 

 

YY2チャンネル 創価学会の話題を避けるマスコミについて
413 :創価学会の起した事件をいちいち書いていたらきりがないよ。なかにはウルトラ級のもあるんだけど、マスコミは全然取り上げない。例えば幸福の科学が痴漢した時、マスコミは幸福の科学の信者が痴漢をしましたと堂々とテレビのニュースで報じる。ところが創価学会が殺人事件を起すと 創価学会の名前は伏せられる。 半端な数じゃないよ、創価学会が絡んでいる事件は。そして共産党から日本を守る振りをしての日本売りの外人参政権の公明党。マスコミは本当に金を日本国民から盗んでいるだけの状態。メディア機関としてのプライドがない。ケンナオコや久本のようなそうか芸人の太鼓持ちに成り下がっている。

 

 

ZZ アーテック連続保険金殺人疑惑
この事件に直接遭遇してしまったことが、私の創価マフィアへの関心を呼び起こしました。金目あての凶悪犯罪を隠蔽するために動員された警視庁の創価信者たちが、どんな手を使って、私を黙らせようとしたか、ご一読ください。末端のチンピラではありますが、創価マフィアの警視庁小野警部補、鈴木(自称)警部補、創価信者らしきマスコミ人も登場します。これが、創価マフィアの真実です。他にも、同じ組織が同様の犯行を繰り返してきたと考えます。

 

 

AAA タンクローリー爆発事故
ただの事故だとは思うのですが、私が遭遇した創価マフィアの一員、警視庁刑事部の小野警部補が、この事故の捜査に駈り出されていた様なので、ここに載せてみました。ちなみに、運転者は、創価学会の地区支部長でした。小野警部補については、こちらを参照ください。
BBB 2チャンネル創価・公明板「創価学会の話題を避けるマスコミについて
318: どっかの議員の他殺疑惑のときも。どこかの女子大生ストーカー殺人のときも。そして今回の外国人女性誘拐事件のときも。何故か死者(行方不明者)を踏みにじるような常軌を逸した書き込みをする一連の人達がいる。普通の人なら死者に対しては(しかも被害者)悼む気持ちを持ち合わせるはずなのに、まったく別の価値観を持つ連中がいるようだ。まるで、犯人を庇うかのように。
ここに出てくる事件、全部創価マフィアの仕業ってことね。よく、ご存知で。マスコミの人かな?

 

 

CCC 朝木明代市議転落死事件を追う掲示板 市議の自殺と同様の事件がありました。
数年前の日経新聞夕刊を調べてください。僕が22歳以降のときですから平成4年以降の話です。右翼団体、新政政経研究会:代表橋本剛こと全国明さんが、赤坂のビルから飛び降り自殺という記事があります。彼は、金や女に不自由しておらず、悩み事など全くありませんでした。そんな同氏が酔って赤坂のビルから飛び降りる訳がありません。警察は「橋本さんは役員だった暴力団から抜けたがっていたらしい」というコメントで終わらせていますが、嘘です。右翼団体の背後には暴力団の影がなくては、過激な行動ができません。ですから橋本さんは暴力団の役員を辞めたいなどというのは明らかに嘘なのです。白金には数十億という豪邸の所有し、預貯金も数億円あったのです。彼は病院に運ばれるまでの救急車の中では、市議と同じく意識があったのです。同氏は「てめえら、学会の連中みんなぶっ殺してやる!」という言葉を残しています。間違いなく学会の仕業です。市議との共通点(自殺のケース、反学会)を洗い出せば、必ず学会の仕業だとわかります。
朝木市議の事件にそっくり。前から創価マフィアは同じ事をやっていたんですね。

 

 

25.創価・統一と暴力団
創価に深く入り込んだ暴力団は、創価の組織をおおいに活用して、好き勝手を働いています。オウム事件でも、この両者の関係が浮き彫りになっています。

 

 

BBS

 

貴方の知っている情報をBBSに書き込んでください。
(2チャンネル 警察板 告発します 6代目 スレッドです。)

 

 

 

AA 後藤組組長の後藤忠政が、83年3月に池田名誉会長と公明党の竹入委員長に送った内容証明付郵便。

”「昭和55年12月、富士宮市議会における百条問題は学会にとって大変な出来事でした。斉藤滋与史氏(静岡県選出の自民党代議士)にしろ、杉 山憲夫氏(自民党静岡県議)にしろ、百条問題調査打ち切りに関しては多 少なりの力添えはあったにしろ、現実はそのような甘いものではなかった。四方八方に手を尽くしてもどうにもならなかった学会側は、以前の富 士桜墓地霊園(公園)造成の時と同じ様に、今度は百条委員会調査打切 り、池田大作先生の名誉市民剥奪を叫ぶ市民会議解散、山崎正友元弁護士の証人喚問阻止を、土橋(昌訓)公明党富士宮支部長、公明党元代議士・高橋繁、公明党稲田(圭佑)市議の三氏が、学会側の代理人として私の元に依頼してきたのです。私はこの問題解決のため全力を尽くし解決いたしました。
百条委員会に関しては中心人物、河原崎(澄雄)市議を自宅に呼び、説得に説得を重ねました。 私は常に物事に対処する時は、自分の生命を賭け、明日を考えずにその一事、一事、に全力をぶつけて力一杯生きています。ですからこの件にしても、若しこれが刑法223条に於ける処の強要罪になったとしても、信念を持ち行動して来ました。また、市民会議の代表者である川村、黒田の両氏を喫茶店『ミミ』に呼び、市民会議を解散するよう得々と説得いたしましたし、山崎弁護士に対しては、私自身かなり強い態度で接して私の真意を伝えました。この件に関して私と学会は一心同体のはずです。先にも書いた様に、富 士桜自然墓地霊園造成問題に関係して、私の若い者が学会のために6年もの刑を受け今だに受刑中です。それを知り、あえて私に百条委調査打切り、市民会議解散、山崎正友の証人喚問阻止を依頼して来た事実は拭う事の出来ない事実であり、私の信念五分、学会側の依頼五分を言うのも判って頂けると思います」
「しかるに学会側は、そんな私の心を踏みにじる問題を投げつけてきたのです。私は地位も名誉もないが仁義は守り、その上での意地があります」
「学会の指導者はおのれだけの権力志向を欲望に生き、口先きだけの勤行を唱えているにすぎない。私は池田大作氏の真の声が聞きたい」[実録・創価学会=七つの大罪/吉良陽一著]”かつて創価学会は、日蓮正宗の総本山大石寺のある静岡県富士宮市で、昭和五十年代初頭に、大規模墓苑富士桜墓苑を開発しようとした。この際、地元の暴力団山口組系後藤組に、反対運動の鎮圧を要請。後藤組はこれに応じて反対運動の中心者を日本刀で叩き切り、反対運動を潰した。同様に創価学会からの依頼を受けて、同会から造反した山崎正友元学会顧問弁護士が、八一年に富士宮市の百条委員会で学会と市当局との癒着を証言しようとした際、これを暴力的手段によって阻止している。
後藤組長は、八三年三月に、創価学会の池田名誉会長と公明党の竹入義勝委員長に約束の履行を求める内容証明郵便を発送したが、そのなかで、富士桜墓苑反対運動潰しや、百条委員会での山崎氏の証言を阻止したのは、創価学会の代理人として、当時の土橋昌訓公明党富士宮支部長(市議)、稲田圭祐市議、高橋繁元公明党代議士が依頼してきたものであり、自分は刑法に触れてもいいとの信念でこれを遂行したことを明らかにしている。[怪死/乙骨正生著]”創価の墓苑計画に反対する市民を暴力、恫喝、買収で押さえ込んだゴ●ウ組。充分な成功報酬を創価が支払わなかったのか、こんな内容証明で創価を脅しているわけです。この頃から、既に創価はヤクザのいいなり状態に入ったようですね。やばい仕事をヤクザに依頼して、以後、逆にヤクザの言いなりになるというのは、よくあるパターンです。BB 後藤組とは? : ”後藤組。組長、後藤忠政。静岡県富士宮市。1970年山口組傘下。1991年、東京都八王子市ニ率会が系列入。福島、北海道、埼玉、熊本など十都道府県に三十近い団体。組員五百名、準構成員を入れると千名近い。都内に金融、不動産、物品販売業などの企業事務所を進出。祖父後藤幸正は実業家。富士川発電、身延鉄道、伊豆箱根鉄道を創設、社長を務めた。富士川発電が東京電灯(現、東京電力)と合併すると取締役に就任。成田鉄道の役員。浅野セメントの浅野総一郎、安田財閥の安田善次郎、運輸大臣・東京市長を歴任した後藤新平らの知遇を得、戦前・戦中に政界、軍部に顔を効かせ活躍。頭山満、古島一雄と親交を結び、蒋介石、孫文らと交わり、敗戦により全財産を失うまでは中国、台湾、朝鮮、カラフトに事業所、会社を持つ。[襲撃 伊丹十三監督傷害事件/安田雅企著]”CC  創価の土地転がし:地価500円で買収した厚田の土地を創価学会に売り渡す時には約30倍の金額、1万5000円にはねあげて売買していたという。この土地転がしで得た利益は単純に計算しても差益40億円にのぼるとも言われている。この金が闇に消えたと言われているのだ。また中部池田記念墓地公園では、学会系列のダミー会社と言われる「菱浅開発」を使って、厚田と同様の手口で土地買収を行って学会に売却したという。このように土地転がし会社はもともと学会系のものと言われているものだが、学会が自分で買うための土地をいったん、この奇怪な会社を介して購入することで差益を吸い上げる、いわゆるマッチポンプシステムだった。このためにわざわざ作ったダミー会社の存在場所が、ほとんどM系列の会社の中に同居する形で置かれ、用件を果たすと忽然と消えてしまう形を取ってきたことからM商事との黒いウワサも立った。「文化会館や墓苑の工事を一手に引き受けているのはM商事です。例のルノアールから墓苑まで、というM商事に対する皮肉はこうした実態から形容された言葉なのです」。[創価学会・池田王国の崩壊/]”M商事とつるんだ土地転がし。バブル期に一世を風靡したヤクザの錬金術ですが、創価学会の世界では、まだ通用するようです。何も知らない信者さんは、のせられて高い墓地をいくつも買わされている訳ですね。

DD  ゴルバチョフと池田の会談を金で買った :疑惑の眼は、M商事と創価学会とのビジネスにおけるきわめて密接な関係(同商事は創価学会の墓苑事業で莫大な利益をあげているともウワサされている)にも向けられている。この両者に密接な関係があることから、巨額の裏金を必要としている池田名誉会長に対して、同商事が不明朗な15億円の一部をお礼として差し出すためにやったのではないかと疑われたわけである。創価学会幹部が、「これは池田名誉会長がゴルバチョフと会うための裏金作りのために起きた」と言っていることは興味深いことである。。[創価学会・池田王国の崩壊/]EE  宗教舎弟とは?: 稲川会の石井進前会長は一時期創価学会会員だった。 ・・・山口組の大黒柱と言われた山本健一元若頭とその夫人は創価学会員だったとされる。 東声会の初代会長町井久之氏の夫人は熱心な創価学会会員だし、その影響か同会幹部には学会員が多いと言われている。 また会津小鉄の高山登久太郎会長も、知人の暴力団関係者に学会員である事を明かしたことがある。

「わしらが宗教団体に近づきやすい理由は、もう一つあるんゃ。稼業柄わしら右翼の先生方と付き合う事が多く、その影響で右翼的な宗教に入ることがあるんや」 右翼と言えば、故児玉誉士夫氏も当初統一教会の大幹部だった事が解っている。

ヤクザ社会の学会員は、G組だけではなかったようですね。ヤクザの大親分ばかり、名前が並んでいます。石井会長は、 竹下の誉め殺しを止めさせた、例の佐川急便がらみの大親分。稲川といえば、G組と組んで、関東のシャブ市場を取り仕切る東日本随一の大組織。天下の山健まで、学会員だったとは知りませんでした。高山さんは、在日でヤクザで学会員というわけですか。稲川に山健に会津といったら、要するに日本のヤクザ社会の根幹ではないですか?それが全部、創価だということなのでしょうか?しかし、素朴な疑問がります。反社会的な暴力団幹部が、宗教団体に入っているというのには、違和感があります。創価は本来、ヤクザに足を洗わせるような、崇高な理念の元に運営されている宗教団体のはずではないのでしょうか?そうではないということでしょうか。
創価という接着剤が、G組も稲川もオウムに引き寄せたということでは?オウムの覚醒剤密造に両方の組織がかかわっていたのではないでしょうか?稲川の方は、皇民党事件で明らかになったように、竹下とつるんでいましたから、オウムの真相隠蔽に、竹下が動員されたとしても、不思議はありません。さらに、会津は京都ですから、同和の関係で、金丸-竹下の子分、野中某と繋がっている可能性もあります。同和関係者が、オウムに多数いたという情報もあります。
もうひとつ、中曽根は、勝共議員の筆頭ということで、統一がらみで、オウム隠蔽に走ったかもしれません。竹下、野中、中曽根というそうそうたるメンバーが動けば、オウム事件の真実を隠蔽する上で、大きな力になったでしょう。

 

 

7-1 26.世界の麻薬王たち

 

オウム事件の整理整頓  PAGE 7-1
INDEX・2チャンネル関連スレッド・関連サイトへ
26.世界の麻薬王たち
オウム事件の背後で蠢いていた魑魅魍魎たち。創価、統一、G組、笹川一派だけではありません。実はCIAもオウムの不法行為に深く関わっていました。彼らに共通するキーワードがあります。「麻薬」です。オウム事件は、世界的規模で繰り広げられている国際麻薬密輸組織の日本支部の予行演習だったのです。俄かには信じられないと思います。一つ一つ順を追ってご説明します。
池田の麻薬ビジネス
創価学会の池田は、パナマのノリエガ将軍がやっていた麻薬密輸事業に資金提供をして、巨額の利益を受け取っていた。その金は池田から、小沢一郎や金丸信など保守政治家にも流れていた。ブッシュ元大統領は、就任直後パナマを急襲して、ノリエガを拘束し麻薬密輸の罪で、投獄した。実際は、ブッシュとノリエガが共同してやっていた麻薬事業を隠蔽し、ノリエガの口を封じるのが目的だった。以後、ブッシュにこのネタを握られた池田、小沢、金丸らは、ブッシュ・CIAの犬として、奉仕することになったのだ。
池田大作が、なぜ麻薬ビジネスに手を出したのか?それはノリエガとの繋がりからだけではない。創価の南米における麻薬ビジネスには、身近なところにセンセイがいたのである。統一協会の文鮮明である。文が池田を麻薬ロンダリングの世界に引き込み、池田は財務で集めた金を麻薬ビジネスで運用していたのである。文と池田の関係は、池田とCIAとの関係に発展した。創価学会も、統一
同様に、CIAと運命共同体に成り下がったのである。
ブッシュと文鮮明
ブッシュ元大統領は、元CIA長官でもあり、現在でもCIAの影の支配者である。CIAは、ブッシュが長官になってから、秘密裏に麻薬密輸に積極的に取り組んだ。CIAはいまや、世界最大の麻薬密輸組織となった。そのブッシュの中南米での麻薬密輸事業には、統一教会が深く関与していた。ブッシュ・CIAと文鮮明は、麻薬を介して繋がっていたのだ。いや、むしろ文鮮明の方が主体だったかもしれない。文は、ブッシュの大統領選に資金提供し、見事当選させた。その見返りに、ブッシュは、文の麻薬組織が大量のクラックとコカインを米国内に持ち込む手伝いをしたのだ。勿論、その仕事に携わったのは、ブッシュ子飼いのCIA要員である。麻薬に手を出しているのは、CIAだけではない。イスラエルの諜報機関、モサドも関わってきている。
文鮮明と笹川良一、そしてCIAの飼い犬たち
統一の文は、どこから麻薬密輸ビジネスのノウハウを学んだのか?笹川良一からである。戦前からの右翼にして、暴力団の首領である笹川は、戦前、日本が中国向けにやっていた麻薬を用いた撹乱作戦を伝授した。文は、南米での麻薬ビジネス展開に際しても、笹川の援助を受けているのだ。笹川をはじめとする右翼暴力団や保守政治家が、勝共連合と言う統一協会の傘下団体に名を連ねているのは、麻薬ビジネスの利権に群がっていたからなのだ。勝共に身をおく連中の多くは、麻薬ビジネスを通じて、CIAの犬でもあることを忘れてはならない。
中南米の麻薬王たち
一見、人格者、偉大な指導者に見える人たちの多くが、ブッシュ・CIAと裏で繋がり、麻薬密輸を手伝っていた。メキシコの前大統領、サリナス、キューバの独裁者、カストロ、そして、ペルーのフジモリすらも。中南米の指導者の多くが軒並み、麻薬組織のボスだった.これが、真相である。黄字で示した人物、皆が、ブッシュを中心とした麻薬サークルの仲間だった。
見え隠れするユダヤ人脈
コントラ事件で、ノリエガとともに麻薬ビジネスに携わっていたモサドの大幹部。ブッシュとの関係9でで訴追されることもなく、逃げおおせた。ジョージ・ソロスすら、南米の麻薬ビジネスにかかわっていた。
文鮮明に飼われた朝鮮半島の指導者たち
文鮮明が麻薬取引で得た金で買収し、掌中に引き入れたのは、ブッシュだけではなかった。北朝鮮の金親子も、韓国の金鐘泌も金大中も、文に金で飼われていたのである。中南米で文とブッシュが連携して、麻薬ビジネスをやったのと同様に、日本では、オウムを隠れ蓑に統一とCIA、それに創価が、麻薬商売に精を出していたのである。加えて、文鮮明と北朝鮮の金正日との深い関係が、北朝鮮の麻薬ビジネスの謎を解く鍵でもある。統一教会の日本での暗躍を知ることで、オウム事件の闇が、北朝鮮の関与が見えてくる。
CIAのスポンサー
ブッシュやCIAを陰で操っているのは、当然ながら共和党。ブッシュへの大口献金者である、軍産複合体、国際金融資本、石油メジャー、穀物メジャーなど米国経済界の根幹と言われる連中である。ブッシュは彼らの利益のために動く小物に過ぎない。彼らの利益のために、地域紛争が喚起され、世界中に麻薬が蔓延する。テポドン発射騒ぎ、湾岸戦争、TMD・NMD計画…..全てに彼らの計算が見て取れる。米国と北朝鮮は表面上は激しく対立しているように見えるが、水面下ではCIAと金正日のあいだで、互いの利益のため、協力するところはしている。そして、その仲介役を果たしているのが、文鮮明である。北朝鮮の延命は彼らCIAとそのスポンサーの利益に合致する。そして、オウムも北朝鮮延命の一つの方策であったし、日本の(暴力的)政変を演出する上での橋頭堡だった。ブッシュとスポンサー、文鮮明、池田、金正日の全ての利益に合致する出来事が、日本を舞台に起きるのではないかと危惧します。それが、オウム事件の本番なのです。彼らは野望を捨ててはいません。

 

 

BBS

 

貴方の知っている情報をBBSに書き込んでください。
(2チャンネル 警察板 告発します 6代目 スレッドです。)

 

 

 

池田の麻薬ビジネス一兆円も隠し金があるから、池田はノリエガの儲け話に載ってしまったのかな?たっぷり分け前貰って、子飼いの小沢一郎の政治資金にくれてやってたのか。経政会も池田の麻薬資金で運営されてたのね。こりゃ、だめだ。

 

ブッシュとつるんで麻薬密輸をやっていたパナマのノリエガは、ブッシュの大統領就任直後にブッシュにより拘束され、監獄に放り込まれた。それは、ブッシュとの黒い関わりを隠蔽するためだった。一方で、ノリエガは、池田大作から麻薬資金提供を受けていたこと、池田は受け取った利益を小沢一郎や金丸に分配していたことを白状した。ブッシュは、ノリエガの吐いた池田、小沢、金丸の秘密を恫喝に利用した。日本の三大政治勢力、自自公は、ブッシュの言いなりに動かされる事態となった。⇒参考文書 AA/BB/CC/EE
ノリエガと池田の麻薬繋がりを報道しようとした噂の真相は、右翼の襲撃を受けた。右翼は、池田とノリエガの記事の載った7月号を刊行しないよう要求した。⇒参考文書 DD

 

AA 池田とノリエガ
題名:No.8『アメリカ殺しの超発想』 霍見芳浩著 
日本を操るアメリカの秘密兵器は「小沢レバー」であった。レーガン、ブッシュ、クリントンと続く米国大統領は誰もが、日本政治のフィクサー、小沢一郎を利用して市場開放、湾岸戦争への拠出金、米国からの武器調達等の要求を次々に日本に呑ませ、小沢はその見返りにリベートや利権を手にしてきた。米国が日本の腐敗した金権政治に一役も二役も買ったのは間違いない。ノリエガ将軍は、ブッシュ氏がCIA長官時代には、その手先となって、キューバのカストロ首相やニカラグアなど中米の革命グループの撹乱に協力した。そして、その代償として、パナマを中継地として、時にはCIAの輸送機も使ってアメリカに南米コロンビア産のコカインを輸出(?)する暴挙を大目に見てもらっていた。このためにブッシュ氏の弱味を握ったとして、ノリエガ将軍は、ブッシュ氏が大統領となったアメリカを、好きなように操れると過信したのだ。しかし、こんなノリエガを放置しておいたら自分の政治生命が危ないと知って、ブッシュ大統領は89年就任早々に、米軍による電撃的なパナマ侵攻をやって、ノリエガ将軍を「戦犯」として捕え、アメリカのフロリダにさらって来た。そして、同将軍を「アメリカへのコカイン麻薬供給の罪」もつけて秘密裁判にかけて有罪とし特別監獄の奥に閉じ込めてしまった。このノリエガ将軍が吐かされたものの中に、池田大作氏が創価学界の金をパナマで運用し、ノリエガ将軍の麻薬取引の資金繰りにも使わせていたことと、このあがりから、池田氏は小沢氏へ相当な額を常時渡していたというものがあった。ブッシュ氏はこの自白の証拠書類もがっちりと手に入れて、金丸、そして小沢の両氏を操作するムチとして使っていた。もちろん、アマコスト駐日大使は、このムチを必要に応じて直接使用した中心人物であったということだった。この話は「小沢のパナマコネクション」として、アジア・太平洋諸国の政府の間にも知れ渡っている、と教えてくれたアジアの外交官もいる。知らぬは日本のみということだろうか。あまりにも有名な文書ですが、ホント、核心に触れていますね。
BB 小沢レバー
カルトとしての創価学会 P.101
 別にこのネタは、金丸、小沢だけではなく、池田大作を操作するムチとしても、当然有効であるし、こうした麻薬取引にかかわる資金繰りの情報は当然、国際金融資本にも入っているわけだから、実は池田大作はアメリカに既に金玉を握られてしまっている、ということになる。一説では、こうした資金運用に深く関わっているのは、スイス銀行であり、さらにはその奥にいるモルガン、ロックフェラーといった国際金融資本であると言われている。スイス銀行は普通の銀行とは違って、預金に利子はつけない代わりに、逆に保管料を徴収する。それゆえ、スイス銀行はその秘密を守るために、いかなる国家権力とも戦う、というのがタテマエになっているが、その一方で、スイス銀行はその潤沢な資金を世界各国で流用することで、マフィアやCIAの莫大な利潤稼ぎや、マネーロンダリングの役割を果たしている。具体的には、スイス銀行からいったん投資銀行を経由した上で、きな臭い国際政治に絡んだ世界各国における資金繰り、例えば、紛争当事国に対する武器供与の資金に回される。こうした点を踏まえて、ある学会中枢に近い筋は、「このスイス銀行の池田大作の秘密資金が、ノリエガの麻薬密売に回された可能性はあると思う。具体的には、ロックフェラーあたりから資金運用の指南役が入り込んでいるのではないか」と指摘している。ブッシュが元CIA長官であったこと、CIAが国際麻薬取引に深く関わっているという公然の秘密を考慮すると、「ブッシュの麻薬がらみの不正を知って、脅しを掛けていたノリエガが、ブッシュに急襲されて逆に拘束され、口を封じられた。」「ノリエガの自供で、池田や日本の政治支配者の麻薬取引関与を知ったブッシュとその背後にいるCIA内部の麻薬組織は、以後、創価と自民党をいいように操り、自らの麻薬ビジネスに協力させてきた。」と考えるべきではないのか?その延長線上に、北朝鮮の芥子畑と一連のオウム事件がある。当然、オウム事件にも、CIAが関与していると疑われる所以である。ブッシュ元大統領と統一教会が妙に繋がっているのも、気になる。ところで、ブッシュの息子は大統領になってしまった。最悪だ。

 

 

CC アメリカ殺しの超発想
An Unconventional Method for Killing America 
新進党の小沢は、池田大作がノリエガ将軍の麻薬取引に投資して得た利益から、巨額の資金の提供を受けていた。
DD 噂の真相襲撃事件
『噂の真相』襲撃事件の背後に浮かぶ「本当の原因」….噂の真相を襲撃して、池田ーノリエガ疑惑の記事を差し止めようとした
月刊誌『噂の真相』をめぐる広域右翼構成員による襲撃・傷害事件が話題を集めた。ことの発端は、同誌六月号の一行情報で「皇太子妃」を呼び捨てにしたことが原因とされている。….抗議のさなか、二人組の右翼は「七月号を休刊しろ」と要求したという。七月号の休刊が要求されたことに関し、同誌の編集幹部は七月号に掲載が予定された記事内容に抗議・襲撃の背景があるらしいと示唆している。皇太子妃をめぐる呼び捨て問題を起こした『噂の真相』六月号の発行は五月十日前後。その抗議に右翼二人が同誌の発行元を訪れたのが、六月五日午後六時というから、いくらなんでも右翼が行動を起こすまで一カ月近くの空白があることは不自然。『噂の真相』七月号の記事に曰くがあると見るのが自然だ。同誌の七月号に目を通すと、皇室絡みのニュースは皆無。政治絡みの記事は「森首相の逮捕問題」と、「創価学会・池田大作をめぐるノリエガ・スキャンダル」の暴露がある。….ちなみに創価学会をめぐっては、数年前、広域右翼・三団体連合軍に集中攻撃された経緯がある。この三団体は広域暴力団Ⅰ組と関係が深く、今回、襲撃事件を起こした右翼団体とはライバル関係にあるとされている。
下手な芝居やなあ。右翼もヤクザも、あんまり大っぴらに使うたらあかんでえ。

 

 

EEパナマの創価学会
World Tribune 
日蓮正宗アメリカ(当時)のジョージ・ウイリアムスは、パナマのノリエガから表彰されたんだそうである。パナマの国家に貢献したそうである。どうやって、貢献したの?麻薬取引で?

 

 

ブッシュと文鮮明
CIAが国際麻薬取引に関わっていることは、公然の秘密です。そして、組織の中核はどうやら、元大統領にして、元CIA長官のジョージ・ブッシュ。今度大統領になった息子も、元麻薬中毒者。CIAは、米国に敵対する国家や勢力に対峙する際、反政府勢力に資金・武器援助する手法をとってきました。しかし、議会でこの類の資金支出の承認を得ることは至難の業です。代案としてCIAが採用したのは、反政府勢力の麻薬取引を黙認するか、もしくは一部手助けすることで、資金調達させてきました。結果、麻薬の処女地帯だったアフガニスタンなどに巨大な消費が生まれたわけです。これらの麻薬に関わる取引の中でCIA自体も麻薬取引で利潤を求める構造が出来上がってしまい、CIA=麻薬組織といってもいいような惨状となったわけです。CIAの陰のボスであるブッシュ元大統領は、共和党の中心的存在であり、共和党は米国に本拠を置く国際金融資本や軍産複合体、石油資本の利益のために動きます。当然、CIAもこれらの財閥の意のもとに動きます。麻薬は、マネーロンダリングの絡みで、国際金融資本に巨額の利益をもたらします。また、地域紛争や戦争は、軍産複合体にとって飯の種です。中東で紛争が起きれば、石油が高騰します。戦争がなくなると困る人たちうのために、火種を世界中に振りまくのがCIAの仕事です。世界の麻薬王に、池田も小沢も金丸も取り込まれてしまったワケですね。池田に小沢に金丸(旧経政会)?なるほど、公明に自由に自民…自自公ってことね。ヤバイことに関わった三派が、野合して政権固めしたわけか。ところが、ブッシュよりもさらに上手の人物がいたのです。統一協会の文鮮明です。CIAによる中南米での麻薬密輸事業は、むしろ文鮮明が主導権を握っていたのではないかと思われます。

 

CIAの麻薬密輸・密売関与を糾弾している記事、コントラ関係⇒参考文書 AA
ブッシュ・CIAは、アメリカ国内の麻薬密売にも関わっていた。ブッシュの3人の息子たちは、麻薬のマネーロンダリングに関わっていた。⇒参考文書 BB
中南米だけではない。ブッシュ・CIAが世界中の多くの国を麻薬大国に変えた。⇒参考文書 CC
ブッシュのJFK暗殺関与を匂わせる記事⇒参考文書 DD
ブッシュの中南米での麻薬犯罪は、文鮮明の組織を利用して拡大した。文鮮明は、ブッシュと北朝鮮の両方に巨額の金を注ぎ込んでいる。自分がブッシュを大統領にしたとほざいている。⇒参考文書 EE
統一と北朝鮮の接近。統一は、CIAの対北朝鮮窓口になっている。⇒参考文書 FF

 

BBS

 

貴方の知っている情報をBBSに書き込んでください。
(2チャンネル 警察板 告発します 6代目 スレッドです。)

 

 

 

AA CIAの麻薬密輸・密売関与
Re: 事実とニュース
マニュエル・ノリエガというパナマの元独裁者は、アメリカに入ってくるコカインの大半を仕切っているメデジン・カルテルから一ヶ月四百万ドルの報酬を受け、CIAの給与台帳にも名を連ねていた人物です。ジョージ・ブッシュとつながりがあり、ブッシュを通じ
てオリバー・ノースとも接点を持っていました。ブッシュはオリバー・ノースと共に、このノリエガをコントラへ武器を供給する為のパイプ役として使っていたにもかかわらず、名目は「民主主義を復活させる」ため、ブッシュは1989年12月20日、パナマへの侵
攻を命令し、ノリエガを「追放」しました。 年間20万ドル契約のCIA工作員だったパナマの軍人ノリエガは自国の独裁者となり、傲慢さによって名を馳せ、自分のパトロン、ブッシュまで敵対させてしまったのらしいのです。
影の政府
パナマのノリエガ将軍も麻薬密売をしながらCIAの支援を受けていました。「CIAがノリエガに金を払っているのを知って私はアメリカがこんな男と付き合うべきではないと思いました。カーター政権は彼に金を渡しませんでした。再び彼に金を渡し始めたのはレーガン大統領(私の記憶では政策を決定していたのはブッシュ副大統領ーーもとCIA長官か、CIA関係 だったと思うのですが、間違いなら教えて下さい)です。」ノリエガが、コントラを支援する限り彼の違法行為は見逃されました。1,980年代CIAはニカラグアの反政府ゲリラコントラに、資金と武器を供給するルートを確保しました。ところがそのルートがアメリカへ麻薬密輸のために使われることになったのです。「コントラが麻薬取引にかかわったという情報を得ましたエルサルバドルの空港にはCIA所有の格納庫があります。われわれのスパイからの報告によると、CIAは麻薬取引に深く関与していました。コントラのパイロットの中には、麻薬取り締まり局に麻薬の運び屋としてファイルされている者もいました。「ニカラグアのコントラが、左翼政権と戦っている間コントラを支援するアメリカは,麻薬取り締まり法を適用せず麻薬密売人たちがアメリカに麻薬を運び込むための抜け道を用意していました。すべてはコントラの活動を支援しニカラグアの左翼政権を倒すためでした。」
CIAの麻薬売買関与を示唆したウェブ記事論争に結末
CIAと親コントラ麻薬輸出組織が協力した確固たる証拠を見つけることは難しいが、CIAの後方支援なしでは、中米各地から米国へ大量の麻薬輸送ができたはずがなく、CIA上層部が積極的に関与していなかったとしても、現地活動を「見て見ぬふり」をしていた可能性が高いと指摘している。
CRACK THE CIA! COALITION
1990年にCIAが、軍事基地に麻薬をこっそり持ち込んでいることを発見した海軍大佐が殺害された。
「麻薬とブッシュ元大統領」 ….麻薬ビジネス拡大のためにCIA長官になった男。ジョージ・ブッシュ
……例えば、ブッシュ大統領が麻薬に対する戦争等を宣言しても、最初から真に受ける者等いない。其の理由は、ブッシュがCIA長官になるやいなや、CIAに依る麻薬取引が飛躍的に拡大したからである。彼が長官になる以前からCIAは麻薬取引に従事していたが、ブッシュの到来に伴って、全ての足枷が外されたとしか思えない。此の様な政策転換は、最高責任者の意向無しには有り得ない。
マヌエル・ノリエガはパナマの独裁者であったが、ブッシュに依る平成元年(1989)年のパナマ侵攻で逮捕された。米国に於いて使用されるコカインは大半がコロンビア産であるが、此の元独裁者はコロンビア産のコカイン売買に関連してCIAから利益供与を受けていた。ノリエガはブッシュとも繋がりがあり、コントラへの武器供給に関わっていたが、ブッシュは自らの権益を守る為に、此の男を捕獲する事を選んだ。其の勝手な目的の為に、多くの人命が犠牲になろう事も厭わなかった訳である。
イラン・コントラ事件の際にも、報道機関は麻薬に関する件では沈黙を守ったが、其の真の理由は、麻薬売買を通して膨大な利益を上げながら米国政府を動かしている集団と、報道関係を世界的に管理する集団が、同一だったからである。其の犯罪の為に直接働かされたグループの中に、米国大統領及び副大統領がいる。「麻薬売買を通して膨大な利益を上げながら米国政府を動かしている集団と、報道関係を世界的に管理する集団が、同一だったから….」 ここなんです.ポイントは。ニューヨーク・タイムスやワシントン・ポスト、ABC、CBS、ロイターなんかを誰が所有しているかが!
BB ブッシュ・CIAのアメリカ国内での麻薬密売
New evidence links George Bush to Los Angeles drug operation
96年米の地方紙、サンノゼ・マーキュリーが、CIAとつながっている組織が、ロサンゼルスの黒人地区での精製結晶コカイン販売に直接関わっていることを暴露した。そして、密売組織の連中が報告する先が、事件当時のブッシュ副大統領のオフィスだったことを突き止めた。すると、3大紙、ニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポスト、ロサンゼルス・タイムズは、すぐさまマーキュリーを批判し、疑惑を否定した。

「当時副大統領のブッシュが、ロサンゼルスの麻薬取引に関わっていた。」さもありなん。びっくりしたのは、地方紙が疑惑報道したら、ワシントンポストもニューヨークタイムスも即座に疑惑否定に動いて、ブッシュの味方をしたこと。アメリカのマスメディアも日本同様に、完全に権力にコントロールされているわけです。ブッシュも麻薬取引で稼いだ金をあちこちばら撒いてるみたいですね。
アメリカの大手メディアも、日本の毎日・読売同様に体制に迎合して、麻薬王の擁護に回った訳だけれど、別にブッシュにもみ消しの政治力があったからではないと思います。麻薬王ブッシュと政治母体の共和党には、米大企業というスポンサーがいて、
ブッシュは、その連中の「パシリ」に過ぎない。役に立つから、突然無名のブッシュがCIA長官になり、さらに連中に都合のいい暗躍をしたから、大統領まで祭り上げられたのでしょう。麻薬密輸も、その連中の利益に合致しているから、ブッシュも頑張ったわけです。その連中とは、簡単にいうと国際金融資本と軍産複合体、石油メージャー、つまり、米経済界の根幹というわけです。おまけに、マスメディアの経営も同じ連中がやってます。
ブッシュ――“思いやりのある名家”
ブッシュ元大統領には、4人の息子がいる。父親と、オリバー・ノースが“コントラ”の冒険を行った時、ジョージ・W・ブッシュ、フロリダ州知事ジェブ・ブッシュ、元コロラド州の貯蓄貸付陰謀人ニール・M・ブッシュの3人の息子は、一生懸命そのマネーロンダリングを行った。3人とも、今のところは起訴を免れているが、時限爆弾は音と立てている。大統領選挙が始まったら、時限爆弾は爆発するだろう。1980年代、ブッシュ・ファミリーのテキサス州は、貯蓄・貸付の略奪の中心地だった。その略奪は、秘密の戦争と、武器・麻薬取引のために行われていた。コントラ事件で、ジェブ・ブッシュと一緒にマネーロンダリングを行ったミグエル・レカリーは、連邦政府から1億ドルを盗んで、いまだに逃走中である。米国広報・文化交流局のウェブサイトには、レカリーの指名手配広告が掲載されている。

 

 

CC CIAが世界中の多くの国を麻薬大国に変えた
「麻薬売買の闇の世界を解明する」….CIAは総力をあげて、パキスタンを麻薬大国に育てました!
アメリカとCIAなくして、麻薬取引がそのようなすさまじい比率になることはない。自称“世界の警官”は、世界中で最もあやしげな人たちと関わりを持ってきたのである。

アフガニスタンとパキスタンからの麻薬取引をたどれば、CIAの闇活動にたどりつく。ソ連のアフガニスタン侵攻以前には、パキスタンには一人の麻薬常習者もいなかった。現在では、パキスタンに麻薬をはびこらせ続けることを主張するアメリカの麻薬強制エージェントの存在のおかげで、600万人以上の常習者がいる。
麻薬強制エージェント、CIA。極東でも似たようなことをやっています。
国際協調は皮肉にも麻薬の世界で実現化
麻薬売買は完全に国際的に組織されている。昭和48(1973)年にオーストラリアでヌーガン・ハンドと云う銀行が設立されたが、此の銀行の設立に名を貸したマイケル・ハンドなる人間は、CIAの亜細亜要員であった。オーストラリアでは可也著名な此の銀行は、CIA関連の企業として大いに発展したが、当初から麻薬貿易に従事しており、非常に血生臭い歴史があった。オーストラリア当局の調査に依れば、オーストラリア経由でヘロインを米国に運搬する際に生じるシドニーから東南亜細亜への支払に此の銀行が利用され、麻薬貿易の中枢たる香港上海銀行の支局としても機能していた可能性がある。現に、「黄金の三角地帯」(麻薬の一大生産地とされるタイ、ラオス、ミャンマの山岳地帯)にも事務所(オフィス)があった。

 

 

DD ブッシュのJFK暗殺関与を匂わせる記事
「JFK暗殺当時のブッシュの消された記録」
ある情報当局筋は(ブッシュ)副大統領について次のように語った。「彼はカリブ海に関与しながら、ケネディ大統領暗殺の後の事態の隠蔽にも関与していた。その背後には、キューバ人グループがカストロ反対の運動をし、その責任をCIAに負わせようとした懸念があった。」
大ブッシュのJFK暗殺関与は、2003年の公文書開示で明らかになるのだろうか?なるわけないね。
JFKの軍産複合体批判演説
「軍産複合体の経済的、政治的、そして精神的とまでいえる影響力は、全ての市、全ての州政府、全ての連邦政府機関に浸透している。我々は一応、この発展の必要性は認める。しかし、その裏に含まれた深刻な意味合いも理解しなければならない。(中略)軍産複合体が、不当な影響力を獲得し、それを行使することに対して、政府も議会も特に用心をしなければならぬ。この不当な力が発生する危険性は、現在存在するし、今後も存在し続けるだろう。この軍産複合体が我々の自由と民主的政治過程を破壊するようなことを許してはならない」
この演説の3日後に、JFKが大統領に就任。彼の対キューバ政策や対ソ連(軟化)政策、対ベトナム(撤退)政策などは、軍産複合体の利益と真っ正面から衝突した。
そして、JFKは暗殺された。誰に?ジョージ・ブッシュなら知っているだろう。「軍産複合体は年々肥大化し、ペンタゴンから発せられる莫大な「軍需注文」は、2万2000社もある「プライム・コントラクター(ペンタゴンと直接契約する会社)」と呼ばれる巨大な航空機メーカーやエレクトロニクス企業に一括して流されている。
更に、その周辺に彼らの下請け・孫請け会社1万2000社、彼らの金融面を司る多国籍銀行団、スタンフォードやハーバードなどの大学研究室が70以上、ランド研究所、フーバー研究所などペンタゴンと契約している「シンク・タンク」が16・・・などといったように、何百何千万人もの労働者や科学者、研究家、政治家、退役軍人、ロビイストたちが張り付いているのである。」この「軍産複合体」の中核に位置するのが、ペンタゴンとCIAである。1947年に「国家安全法」に基づいて、それまで独立機関であったアメリカ4軍を一元的にコントロールするために設けられたのが「国防総省(ペンタゴン)」で、更に同じ「国家安全法」に基づいて作られたのが「中央情報局(CIA)」であった。このペンタゴンとCIAの誕生により、軍産複合体は一つのガッチリした
“中央集権的組織”となって、アメリカに根を下ろしたと言えよう。ふむふむ、軍産複合体とCIAは運命共同体なわけですね。CIAは、軍産複合体の利益のために存在するとは、知りませんでした。アメリカの国益のためだと思っていた….。CIAは、軍産複合体のためならば、時には自国の大統領をも殺すのでしょうか?

 

 

EE ブッシュの中南米での麻薬犯罪は、文鮮明の組織を利用して拡大した
Dubya Debate ….ブッシュの中南米麻薬戦略は、文鮮明との共同作戦だった。
「ブッシュと南米の犯罪組織との関わりは、文鮮明の商業・政治・宗教帝国を通じて拡大している。60年代と70年代、文の統一教会は、南米とアジアの組織犯罪者たちと密接な関係を築き上げた。1980年には、文の組織はボリビアの右派軍事クーデターの首領と協力関係を築いた。その結果、ボリビアは地域で最初の麻薬汚染国家となった。」
統一協会とオーム真理教と北朝鮮の関係.….文鮮明とロックフェラー
●統一協会の目的は各国の愛国者を骨抜きにすること
韓国政府はロックフェラーの銀行であるチェース・マンハッタン銀行を取引先に指定した(韓国は、北朝鮮を実質的に支援している共産主義者に魂を売った!忍)。1962年10月、米国政府は同銀行の助言に従って、韓国諜報機関であるKCIA(韓国中央情報局)の局長に金鍾泌を就任させた。1962年10月、いわばCIAの出先機関であるKCIA(韓国中央情報局)の金局長が訪米した。その際に同行したのが文鮮明だった。金と文はCIAのジョン・マッコーン並びにキャロル陸軍中将と会談するのが目的だったが、この訪米でネルソン&ディヴィッド・ロックフェラーと会った。文鮮明とネルソン・ロックフェラーは、ぜひ自分達の目で世界統一政府実現を見届けたいと、たちまち意気投合した。
統一の文鮮明は、CIAそして、CIAのスポンサーであるロックフェラーと提携していたわけですね。
文鮮明の統一協会カルトとブッシュ家の腐れ縁…オウム事件に関わった嫌疑のある統一教会が、一方で、北朝鮮とブッシュに資金を提供していたというお話。解りやすいなあ!(翻訳)
改定版米国防御諜報機関文書によると、保守紙、ワシントン・タイムズを含む文鮮明のビジネス帝国は、1990年代初期に、数百万ドルを北朝鮮の共産主義者リーダーに支払いった。その外貨は、軍備増強に必要なものだった。支払いは金正日の誕生日のプレゼントとして300万ドル、前の共産主義者独裁者に海外での支払いとして「数千万ドル」になっていた。一方で、文はブッシュ前大統領にも数百万ドルの資金を提供していた。その金額は関係者によると、1000万ドルとのことだった。
今年(2000年)の大統領選挙のキャンペーンの間に、文のワシントン・タイムズは、北朝鮮のミサイルプログラムに対して防御するために、より攻撃的な処置を取らないとクリントン・ゴア政権を攻撃した。新聞社は、政権の決定を「国家安全保障についての責任の放棄。」と呼んだ。
さらに、90年代、北朝鮮がミサイル開発などの資金を必要としていた時、密かに北朝鮮に投資した外部の実業家の小集団の中に、文が加わっていた。合衆国に対する潜在的な軍事的脅威を監視している諜報機関は、文に注目した。歴史的に見ても熱烈な反共産主義者であるはずの文が、共産主義者リーダーとビジネス取り引きを続けていたのである。商談は、北朝鮮の文の生誕地を新しい聖地とするだけでなく、ピョンヤンのホテルコンプレックスの建築を要求したものだった。DIAは、商談は文と金日成の間の直接会談で持ち上がったと言及している。猛烈な反共主義者のはずの文鮮明が、北朝鮮の独裁者に援助をしたり、現地で事業を始めたり。一方で、ブッシュに献金し、選挙でもゴア陣営を批判している。このからくりを解ければ、国際政治の実像が見えてきます。文鮮明は、ブッシュ共和党、CIAと北朝鮮とのパイプ役なのです。北朝鮮と米国は敵対関係にある…というのは表向きの話。裏では、統一教会を通じて、しっかり繋がっています。その目的は?お互いの現世的利益のためです。おわかりでしょうか?
ブッシュと統一教会の文鮮明 (Bush and the Moonies)
ブッシュ一族について私が心配しているもう一つのことは、統一協会との関係である。世の殆どの人が知らないが、文鮮明は、数千人のヒッピー信者を従えた東洋のちんけな洗脳者というわけではない。文は億万長者であり、アメリカで巨額の金を使うことで、選挙やニュースメディアへの影響力を買ってきた。殆どの人が知らない事実だが、文の組織は、ワシントン・タイムスを所有している。文は、同紙を80年代初頭に設立し、20億ドルを注ぎ込んできた。文は、同紙を通じてアメリカに多大な影響を及ぼしたと」主張している。文が、SDIもしくはスターウオーズ計画を実現し、88年にジョージ・ブッシュを大統領に就任させた主張する。
1.統一教会は、韓国朴政権の時に設立された。 2.アメリカは、北朝鮮と中国の共産勢力に対抗する親米政権を作るため、朴将軍をCIAがサポートして、軍事クーデターを起こさせた。CIAの造った政権。 3.統一と言う宗教団体も、朴政権下、CIAの影響のもとで造られた。だから、反共を旗印にして、傘下に「国際勝共連合」を造った。もちろん、KCIAとも繋がってる。4.ちなみに、「勝共」の日本の初代名誉理事長が、「人類皆兄弟…」の笹川良一。 戦前からの右翼。戦犯で収監されるところを、CIAに助けてもらい、以後CIAの協力者となったと噂されてる
統一協会について
統一協会(世界基督教統一神霊協会)結成の裏側を幾つかの経路から調べても、すべて同じ所に行き着いてしまう。下らない陰謀論に思われてしまうが、それぞれの事件や出来事を追及してみて帰納的にそうなったにすぎない。当初、アメリカ占領軍(GHQ)と国家権力が共謀して行った悪事の数々(国鉄三大謀略事件や松川事件)を調査していた。そのうち、CIAや国際勝共連合につきあたり、芋蔓式に統一協会が姿を現わしたのだ。カルトを含め各宗教団体に対する興味は以前から持ってはいたが、全く異なるプロセスで統一協会が出てきた事に私は驚いた。そして、統一協会に特に興味をもつことになった。.統一協会結成の裏側を幾つかの経路から調べても、すべて同じ所に行き着いてしまう。下らない陰謀論に思われてしまうが、それぞれの事件や出来事を追及してみて帰納的にそうなったにすぎない。
…..当初、アメリカ占領軍(GHQ)と国家権力が共謀して行った悪事の数々(国鉄三大謀略事件や松川事件)を調査していた。そのうち、CIAや国際勝共連合につきあたり、芋蔓式に統一協会が姿を現わしたのだ。カルトを含め各宗教団体に対する興味は以前から持ってはいたが、全く異なるプロセスで統一協会が出てきた事に私は驚いた。そして、統一協会に特に興味をもつことになった。
統一教会は、CIAと一心同体だったんです。その統一が、日本の政界に入り込んだのも、CIAと背後のスポンサーの意向なのです。
David Icke Magazine 
文鮮明は、南米の麻薬カルテルにとって、よく知られたマネーロンダーリング業者であり、 CIAの麻薬密輸組織と資金面で提携している。(文は、CIA元長官であるブッシュを買収 している。)
EX-SITE
「ブラジルのニュースメディアの最近の記事によると、文鮮明のセクトがパラグアイとブラジルの国境での麻薬や禁制品の密輸に関わっているのではないかとの疑惑を表明している。」
Bush consorts with Moonies, criminals in Ibero-America
中南米において、ブッシュのパワープレイを資金援助したのは、統一協会の文鮮明である。文は銃と麻薬の密輸、マネーロンダリング、その他の凶悪な活動に関わったことが立証されている人物である。従って、ブッシュが南米諸国歴訪の際、大英帝国の植民地政策とでも言うべき、自由貿易政策(つまり、麻薬密輸のことか?)を擁護し、ペルーでやったと同じく、クリントン政権の麻薬対策を非難したのは、全く驚きでもなんでもなかった。
この後、延々とニカラグアやホンジュラスでの文と麻薬組織との関わりが書いてあります。この記事を書いたニューズウイークの記者は、大ブッシュが編集部を直接訪れた後、解雇されたそうです。やっぱり。
統一協会の麻薬密輸 
2ch統一教会の何が悪い!!!!!スレッド
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=psy&key=987847580&st=147&to=147&nofirst=true
147 名前:元原理研 イヤー原理講論の勉強は大変でした。毎日勉強です。大学の専攻より勉強したかも?入信して1月で40日間の研修に参加したんです。基準が高い!とかいわれて。参加者は50名ぐらい。原理試験ではトータルで6番目だったよ。ほとんどの兄弟姉妹が1年以上の信仰歴だったのに。みんな何を信じてたのかな?その試験で1番だった子は、1年後に反対牧師のもとへ。堕落した非原理の世界にもどっていきましたー。やっぱ原理ってわかるやつほどはなれていくね。
今、文先生は麻薬の密輸に夢中で原理はそっちのけみたい。
なにげに見つけた、元統一信者のなにげな書き込みです。誰もが見過ごしたでしょうが、注目に値します。 最後の、この一文、「今、文先生は麻薬の密輸に夢中で原理はそっちのけみたい。」の意味、当該スレの人たちは、誰一人解らなかったようです。統一の麻薬密輸は、やっぱり事実だったわけです。
統一教会の何が悪い!!!!!スレッドにて533 :統一教会 麻薬などと、関係してるの?内部にいてもそんなこと聞いた事ないや。
535 :統一夫人よ、これが現実  >533 >統一教会 麻薬などと、関係してるの?内部にいてもそんなこと聞いた事ないや。当たり前でしょうが。一般の末端信者がそんなこと知ったら、教団が潰れるでしょ。あくまでも絶対にコロビの可能性のない、狂信者を選んでワークに従事させてるよ。もっとも、その狂信者にも全ては教えないけどね。オウムで覚醒剤製造に携わっていた信者が、ごく少数の精鋭?だったのと同じ。オウムの覚醒剤も実は、統一の事業だったんだけどね。
ま、どれをとっても、貴方には信じられないことだろうけど、それだけ、貴方が単純で騙しやすい人物だということ。文鮮明の素顔を知ったら、その場で自殺したくなるんじゃない?知らない方がいいよ。一生ね。
541 : >統一教会 麻薬などと、関係してるの?内部にいてもそんなこと聞いた事ないや。
>>535 の言う通り、そんなの当たり前でしょ。 狂会の特別人事で、海外に人事とまでは言うけれど具体的にいつどこの国に行くかとか、何を担当するとか、全く周囲の狂会員には言わないで、いつのまにか国外にいった人達を数人知ってる。大体、そういう人って外国語に堪能で、容姿もまぁまぁで信仰心も強い人ばかり…昔から、そういう場合、軍需関係の工場で働かされているかもしくは、麻薬でしょ?って知っている人は知っていたよ。The Bush-Kim-Moon Triangle of Money  by Robert Parry 
http://www.commondreams.org/views01/0310-03.htm
当時、文鮮明は、(アルゼンチンで)Tiempos del Mundoなる新聞を発行しようとしていたが、南米の新聞界は、文の組織が、1970年代に右派「殺人組織」政府や、1980年初期のボリビアのいわゆる”コカイン密売”政府と密接な関係を持っていたことを指摘していた。そこに現れた、大ブッシュは、米国元大統領の名において、文の組織の麻薬取引関与を否定した。文の組織の麻薬スキャンダルは、立消えた。
馬鹿言ってんじゃないよ。麻薬王ブッシュが、文鮮明の麻薬関与を否定するって、それ身内の庇いあいじゃないか。統一協会の麻薬・マネーロンダリング拠点は、ウルグアイ 
REV. MOON’S URUGUAYAN MONEY-LAUNDRY
http://www.ainfos.ca/98/sep/ainfos00005.html
●文鮮明は、ウルグアイ国内に大規模なマネーロンダリングセンターと思われるものを開設した。
●文は、信者を使って資金をウルグアイに秘密裏に移送している。その額は少なくとも数千万ドルに上る。
●1996年、文の日本人女性信者4200人が、モンテデビオの、文の支配するBanco de Credito 銀行にやってきて、各々、25000ドルの預金をしていった。これらの預金は、Cami2と呼ばれる、文支配下の匿名の組織の口座に入った。日本女性の行列が終わった時に、預金総額は、約8000万ドルに上っていた。
●1997年、文のマネーロンダリングを取材していたEl Observador紙のP.Alfano記者が、誘拐された。二人の誘拐犯は記者の口に拳銃を突っ込み、文の非合法活動の情報を漏らした奴が誰なのか、口を割らせようとした。1980年、文は、ボリビアの軍事クーデターのお膳立てをした。首謀者に400万ドル以上の資金援助をして、政権を奪取させた。以後2年間、ボリビアはコカインの大量生産拠点となり、コロンビアへの原料供給の役を担った。
右派軍人を取り込み、資金援助して、暴力革命を起こさせる。政権掌握の暁には、麻薬生産を行わせ、統一自ら、密輸やマネーロンダリングに関わり、巨額の資金を儲ける。利益は、日本人の馬鹿女信者に持たせ、陸路、ウルグアイに運ばせ、(南アメリカのスイスを目指す)ウルグアイの銀行でマネーロンダリングする。このカネが廻りまわって、ブッシュや金正日、金大中、中曽根、亀井らの懐に入るわけですね。

【パラグアイのニュース】
http://www.mars.dti.ne.jp/~mitsui99/kanko/news.html
019・統一協会系の団体、町ごとパラグアイ北部の土地を購入(2000年10月14日)
パラグアイ北部、アルト・パラグアイ県に在る「プエルト・カサード」の土地約39万ヘクタールをアルゼンチンの企業、カルロス・カサード社が統一協会系の団体に売却したことを明らかにした。土地の中には大きな集落も在り、数千人の住民が暮らしている。地域の住民は抗議行動を起こし、今回の売却に抗議している。新聞の写真を見ると「我々はカトリック教徒である、パラグアイ人である」と書かれている。
統一協会側は住民に対して、学校、病院、港湾施設の建設、木材の輸出の促進、町の歴史のに関する本の発行、環境に配慮した観光プロジェクト、等を提案している。(写真:抗議デモ:ウルティマ・オーラ紙より)
住民に対して、統一がやる麻薬栽培の説明はしなかったのか?

 

 

7-2 中南米の麻薬王たち

 

オウム事件の整理整頓  PAGE 7-2
INDEX・2チャンネル関連スレッド・関連サイトへ

 

 

中南米の麻薬王たち
ジョージ・ブッシュを中心とした麻薬密輸サークルは、驚いたことに中南米の麻薬生産国の指導者をも、しっかり仲間に取り込んでいました。むしろ、麻薬取引に手を貸すことが、ブッシュ・CIAから最高権力を与えられるパスポートだったようです。そして、麻薬取引が露見するか、破綻しそうになると….CIAはもとの仲間を亡命させたり、場合によっては拘束して口を封じます。

 

日本では評判のよかったフジモリも結局は、米CIAの犬で、麻薬王の一人だった。⇒参考文書 AA
キューバのカストロすら….⇒参考文書 BB
嗚呼、ボリビアも。⇒参考文書 CC

 

BBS

 

貴方の知っている情報をBBSに書き込んでください。
(2チャンネル 警察板 告発します 6代目 スレッドです。)

 

 

 

AA フジモリも結局は、CIAの犬
フジモリ大統領、今度は麻薬組織からの不正献金疑惑 ペルー (CNN)
「メデジンはペルーでの(麻薬)密輸作戦がうまくいくよう、当局の保護を受ける目的で(フジモリに)金を払った。モンテシノス氏は、政権入り後、メデジンが買い取った粗製コカインが無事コロンビア国境まで運ばれてくるよう、便宜を図ってくれた」と話し、ペルー政府と麻薬組織との間に癒着関係が続いていたことを示唆した。89年のペルー大統領選の時、フジモリがコロンビアの麻薬王、メデジンカルテルから選挙資金100万ドルを受け取り、当選後、麻薬の密輸で便宜を図ったって、書いてあるわけですが、フジモリは共和党と近かったし、彼の人権弾圧にアメリカがあまり注文をつけなかったのも、麻薬つながりがあったからなのでしょうか。そのフジモリを今匿ってるのが、笹川良一の妾腹(?)と言われる曽野綾子だから、麻薬カルテル同士の助け合い運動なのかもしれません。 それとも、フジモリの話自体、CIAの謀略?
ペルー人質事件背後で蠢く「フジモリの黒衣」….ペルーの麻薬もやっぱりCIA
ペルーにおける麻薬対策がアメリカ外交の重要課題であることは言を待たない。にもかかわらず、CIAが、麻薬取引に手を染めている軍幹部やSINの諜報員と接触するのみならず、その保護さえ厭わないであろうというのも、衆目の一致するところだ。現にCIAはパナマで、麻薬取引への関与が明らかなノリエガ将軍との関係を長年にわたって維持していた。80年代、戦乱のニカラグアでも、CIAの支援していたコントラが麻薬取引を行なっていた。ジョージ・ワシントン大学のマクリントクによれば、アメリカ全体の安全保障に主眼を置くCIAと、麻薬対策を主たる任務とするDEAの間では、対ペルー政策をめぐって衝突が絶えないという。

 

 

BB キューバのカストロすら
「ユダヤの告白」10 
アメリカ政府捜査当局は、今日に至るまで、ロバート・ヴェスコがコカイン取引の中心人物であると考えている。一九八一年にアメリカ麻薬取締官の逮捕の手を避けるためコスタリカから逃亡して後、ヴェスコはついにキューバの独裁者フィデル・カストロからハバナに住む許可を獲得した。…..このキューバの独裁共産主義者の厚意に応える形で、ヴェスコはレーダーと共に築き上げた麻薬密輸ビジネスの仲間にカストロを加えた。
共産主義独裁者、カストロすら、麻薬組織の一員だったのです。カストロが、もう一人の麻薬王、メキシコのサリナス元大統領の亡命を受け入れたのも、さもありなんということです。

 

 

CC ボリビアも
Dubya Debate ….ブッシュの中南米麻薬戦略は、文鮮明との共同作戦だった。
「大ブッシュと南米の犯罪組織との関わりは、文鮮明の商業・政治・宗教帝国を通じて拡大している。60年代と70年代、文の統一教会は、南米とアジアの組織犯罪者たちと密接な関係を築き上げた。1980年には、文の組織はボリビアの右派軍事クーデターの首領と協力関係を築いた。その結果、ボリビアは地域で最初の麻薬汚染国家となった。」この後、延々とニカラグアやホンジュラスでの文と麻薬組織との関わりが書いてあります。この記事を書いたニューズウイークの記者は、大ブッシュが編集部を直接訪れた後、解雇されたそうです。やっぱり。

 

 

文鮮明と笹川良一、そしてCIAの飼い犬たち

 

A級戦犯、笹川良一と文鮮明、60年代からの腐れ縁⇒参考文書 AA 
統一教会に蝕まれた日本政界・言論界。右翼がフィクサーになっている。⇒参考文書 BB
麻薬密輸ビジネスは、笹川が文に教えたのか?⇒参考文書 CC
社会の右傾化の影に統一あり⇒参考文書 DD
米エシュロンは、日本国内の政治家・官僚の会話を盗聴し、不祥事を握って脅し、操縦している?⇒参考文書 EE

 

BBS

 

貴方の知っている情報をBBSに書き込んでください。
(2チャンネル 警察板 告発します 6代目 スレッドです。)

 

 

 

AA 笹川と文鮮明
統一協会(勝共連合)=原理研 「岡大学生新聞」をデッチ上げ
「世界基督教統一神霊協会(統一協会)」は一九五四年五月、文鮮明によってソウルに作られたのが発端である。そして日本には五八年、韓国より密入国した崔翔翼(日本名西川勝)によって持ち込まれ、六四年に立正校成会から転向した久保木修己を会長に統一協会が発足、同じく小宮山嘉一を会長にして全国大学原理研が作られた。そして韓国では朴政椎下KCIAと一体となって、日本では岸元首相ら右翼、日韓ロビイストの保護をうけて、急速に勢力を拡大、六八年、笹川良一を名誉会長、久保木修己を会長にして「国際勝共連合」が結成されたのである。
「何とも胡散臭い児玉、小佐野、中曽根、笹川、そして小沢と続くCIA人脈」
共通する放置現象として思い出されるのは、児玉誉士夫、小佐野賢治、中曽根康弘、笹川良一など疑惑がらみで注目された人物が、多くのスキャンダルでも厳しい追及も受けず、奇妙な具合に逃げのびてしまった事実だ。これらの人物は謎に包まれた影の部分を持ち、CIAとの特殊な繋がりを取り沙汰されたものだが、この中に最近やたらに不審な行動が目立つ小沢を加えるなら、何ともウサン臭い人脈のパターンが浮かび出す。日本の検察には奇妙な不文律が伝統としてあるようで、CIA絡みの事件は国際上の取り扱いや、厄介な日米政府間の暗黙の了解により、できるだけ介入しないことになっているとか。[日本が本当に危ない/藤原肇著
こいつらは、CIAと繋がっていると同時に、文鮮明の犬でもあるのです。
特別講演「中村敦夫が斬るこの国の司法制度」
….「統一教会」の問題について質問したわけですね。これは皆さんご存知のとおり、とんでもない詐欺集団でございまして、韓国人の文鮮明というですねとてつもない詐欺師が教祖になって、日本に入ってきてですね、「笹川良一」やなんかと結んで、「勝共連合」 という右翼組織を作り、岸政権にとりいり、霊感商法をやり、大学では「原理研究会」というんで大学生達を結構秀才達をどんどんへんちくりんなその理論で巻き込んでいって、大勢力をつくり、いろんな企業を興し、ものすごい力をもっている。詐欺集団なんですね。…..何故この教団が伸びたかというと、政治家と非常に密着していた。一社200人ぐらいの同盟議員を持っていた。ほとんど当時の自民党、民社党も少し入っていました。だからもう深く入りこんで、選挙運動を手伝ったり、資金を供給したり、ものすごいことをやっていました。そのために取締りができないわけですね。そういうために伸びていったわけですね。
Ryochi Sasakawa
文の麻薬組織や腐敗した右翼政治家との関係は、統一協会の草創期のアジアにおいて始まっている。文の教会が日本に本格的に上陸したのは、60年代初めのことであり、日本のヤクザ犯罪組織のリーダ-であった笹川良一の支持を得てからであった。…日本と韓国では、裏社会のヤクザが、利益の多い麻薬の密輸や売春の組織を運営していた。
1980年7月17日、バービーと彼のネオ・ファシスト構成員とボリビア陸軍の右派将校が、中道左派政権を打倒した。バービーのチームは、政府職員や労働運動指導者を追跡し、殺害した。一方で、アルゼンチンの特殊部隊が飛来し、最新の拷問技術を披露した。….この作戦の側面援助的役割をしたのが、笹川良一と文鮮明であった。
4社会という談合組織による日本証券界のイカサマ 
自称世界一金持ちのファシストで山口組組長田岡一雄と飲み友達であることを自慢の種にしていた 笹川良一が巣鴨プリズン出所後に始め、育て上げたのは「全国モーターボート競争会連合会」というバクチの帝国でありそれを元に拡大した「日本船舶振興会」(’62設立;’95年死去に伴ない作家の曽野綾子会長就任「日本財団」へ移行)という慈善団体(?)であった。
D・Eカプラン+A・デュプロ「ヤクザ」109~111、373ページ参照。

BB 統一教会に蝕まれた日本政界・言論界
現職国会議員128人の「勝共連合・統一教会」関係度リスト(『週刊現代』99.2.27号から)
勝共には『まず秘書として食い込め。食い込んだら議員の秘密を握れ。次に自らが議員になれ』という文鮮明の指示が出ている。このリストにはないが、実は橋本さんにも2人ついています。現在も私設秘書を務める地元・岡山のO氏と東京のY氏が統一教会員です」(元統一教会員・A氏(40歳))という証言もある。
統一協会とオーム真理教と北朝鮮の関係.
….以後、統一協会や勝共連合は、文化人に、政界に食い込む。代議士の秘書には多くの統一協会員を送り込み、選挙には、統一協会・勝共連合の力を借りなければ当選しないとまでいわれる程の勢力を持った…(中略)….昭和61年の衆参ダブル選挙では、130人の”勝共推進議員”が当選したと「思想新聞」(同年7月20日号)が伝えている。又、その3年後に東京で開かれた勝共連合推進国会議員の集いには、自民・民社などの国会議員232名が参加している。
統一教会の軍門に下った232人の国会議員が、結果としてロックフェラー、CIAの手下として日本を操縦する羽目になったわけか。
後藤組組長が83年3月に創価学会に送った内容証明付郵便 …創価さんもCIA?
「ホワイト調査班の創価学会レポート」という米国人が著したという意味でめずらしい本を図書館で借りるも、学会にCIAの影を少し想定している僕としては、告発の本かというはかない期待は見事に裏切られ、学会の御用記者であり、「本書は国防教育法第四号による合衆国保健教育福祉省教育局からの財政援助と、私に必要な期間の日本滞在を許し、本研究執筆のあいだ私を支えてくれた海外友好計画の資金とがなかったならば、出来えなかったであろう」という500ページを越える大著である。僕はこれだけの枚数をヨイショで埋めて、よく気が変にならないものだと感心するのみである。(僕のノートから)
「学会にCIAの影を少し想定している僕としては…」なんですね。私も同じことを考えています。

….以後、統一協会や勝共連合は、文化人に、政界に食い込む。代議士の秘書には多くの統一協会員を送り込み、選挙には、統一協会・勝共連合の力を借りなければ当選しないとまでいわれる程の勢力を持った…(中略)….昭和61年の衆参ダブル選挙では、130人の”勝共推進議員”が当選したと「思想新聞」(同年7月20日号)が伝えている。又、その3年後に東京で開かれた勝共連合推進国会議員の集いには、自民・民社などの国会議員232名が参加している。
統一教会の軍門に下った232人の国会議員が、結果としてロックフェラー、CIAの手下として日本を操縦する羽目になったわけか。
事実とニュース
…..ニューヨーク・タイムズの記事は、「…元CIA工作員(複数)の言によると、この他に、戦後の早い時期にCIAの恩恵を受けた人物として挙げられるのは、強力な読売新聞の社主であり、一時期は日本テレビ放送網社長、第2次岸内閣の原子力委員会議長、科学技術庁長官となったマツテロ・ショーリキである。」とあって、その後に訂正記事のエピソードを含むとはいえ、元CIA工作員の発言は否定されていない。正力と中曽根が田中清玄や児玉誉士夫などの利権右翼と結び、CIAコネクションの中で日本の政治に対して、エージェントとして動いていた姿が見え、正力の人脈が占領軍のG2(参謀第2部)に密着し、ウィロビー部長との結びついた意味が納得できる。原子力施設の工事で最右翼といわれ、中曽根と姻戚関係を持つ鹿島建設の繋がりが、闇の中から浮かび上がってくるのである。[朝日と読売の火ダルマ時代/藤原肇著]

はい、これでオウム事件における読売の報道は、毎日・TBS同様に信用できるものではないとご理解いただけたでしょうか。
事実とニュース(2)…自民も野党も産経も日経も読売も勝共・統一。
亀井静香は「勝共推進議員」であるが、西村真吾が最近言っているらしい「スパイ防止法」というのは、勝共連合が1980年代に推進していた法案である。”「勝共推進議員」とは統一協会の教えを支持することを条件に、選挙で統一協会員の支援を受けている政治家のこと”であり、勝共連合というのは、統一協会と児玉誉士夫、笹川良一、岸信介らが結成したものであり、それは次のようなものである。 (中略) 日本の勝共連合は、その設立と、発展とも、自民党及び財界の首脳たちが中枢の人間として関ってきた。そして、その勝共連合の関係者の連携者として、日韓米の軍部、CIAがあった。政党では特に民社党が「シンパ野党」
として深いつながりをもってきた。この「隠れ自民党」(民社党)は、財界や、戦犯の人脈も「本家自民党」と重なっているらしい。また、マスコミも「サンケイ」「日経」「読売」らを筆頭順に勝共連合に深く関っており、それは「朝日」や「毎日」も程度の差こそあれ例外ではなかった。勝共連合が中軸となって推進した「スパイ防止法」(国家秘密法)案が浮上したとき、その問題の本質が言論と思想の弾圧と、市民の支配にあったにもかかわらず、総じてマスコミが問題の大きさと比して、穏やかであったのも偶然ではなかった。
統一教会がオウム事件に関与していたとするならば、すなはち、右翼、自民党、民主党、財界、マスコミ、軍部、CIAも同じ穴の狢ということなのです。だから、真相を隠蔽できたのですね。
《週刊阿修羅マガジン》第9回「予定通りのインドネシア危機」 
….97年12月には新進党の党首選が予定されているのだ から、それに立候補して、都議選敗退における小沢の失敗を追求すればよいで はないか。なぜ、そうしないのか?それはだれも小沢を党首の座からは降ろせないか らである。なぜ、降ろせないのか?それは、小沢には米保守本流人脈の中心、ロック フェラー財閥の支持があるからである。ジョン・D・ロックフェラー4世は、小沢 の著書『日本改造計画』の英語版に序文を贈ることでその支持を公然と認め た。日本の政治家でここまで明白な支持を受けた者はほかにいない。米保守本流は明らかに小沢を日本一有能な政治家と見ており、その支持がある限り、小沢の身にはいかなるスキャンダルも降りかからない(CIAなどが総力を挙げて 小沢を守るからである)。
統一協会について
統一協会(世界基督教統一神霊協会)結成の裏側を幾つかの経路から調べても、すべて同じ所に行き着いてしまう。下らない陰謀論に思われてしまうが、それぞれの事件や出来事を追及してみて帰納的にそうなったにすぎない。当初、アメリカ占領軍(GHQ)と国家権力が共謀して行った悪事の数々(国鉄三大謀略事件や松川事件)を調査していた。そのうち、CIAや国際勝共連合につきあたり、芋蔓式に統一協会が姿を現わしたのだ。カルトを含め各宗教団体に対する興味は以前から持ってはいたが、全く異なるプロセスで統一協会が出てきた事に私は驚いた。そして、統一協会に特に興味をもつことになった。.統一協会結成の裏側を幾つかの経路から調べても、すべて同じ所に行き着いてしまう。下らない陰謀論に思われてしまうが、それぞれの事件や出来事を追及してみて帰納的にそうなったにすぎない。
…..当初、アメリカ占領軍(GHQ)と国家権力が共謀して行った悪事の数々(国鉄三大謀略事件や松川事件)を調査していた。そのうち、CIAや国際勝共連合につきあたり、芋蔓式に統一協会が姿を現わしたのだ。カルトを含め各宗教団体に対する興味は以前から持ってはいたが、全く異なるプロセスで統一協会が出てきた事に私は驚いた。そして、統一協会に特に興味をもつことになった。
統一教会は、CIAと一心同体だったんです。その統一が、日本の政界に入り込んだのも、CIAと背後のスポンサーの意向なのです。
Re: 北朝鮮はミサイルモラトリアムを終了するかもしれないと警告
北朝鮮の「テポドン騒動」の時、外務大臣だった高村正彦が、電光石火アメリカに飛び、総額は5兆円にもなるといわれる「TMD」の商談を成立させてきたが、彼は統一協会の「霊感商法」で中軸的な役割をはたした「ハッピーワールド」の顧問弁護士をやっていた、と前に書いた。この「ハッピーワールド」の社長は古田元男という統一協会幹部だった。そして、1990年頃、統一協会が北朝鮮進出を始めたときから、この古田元男は「コマンダー」と異名をとるような役割を担ってきたらしい。

KCIAのアメリカでの活動を分析した「韓米関係の調査」(下院フレイザー委員会)では、「1963年のある未評価のCIA報告は、金鍾泌がKCIA部長であったとき統一協会を[組織]し、それ以来統一協会を[政治的用具]として利用してきた、と述べている」と記されている。

CC麻薬密輸ビジネスは、笹川が文に教えたのか?
日本、韓国人徴用者動員しアヘン製造
日本が第2次世界大戦中、中国人をアヘン中毒にするために用いるアヘンの生産にサハリンで韓国人徴用者らを動員し、1945年まで政策的に大量のケシを裁培していたという事実が初めて明らかにされた。これは戦争中、中国でアヘンを密売し、巨額の工作資金を確保すると同時に、地元の麻薬中毒者を意図的に増加させ、抗日運動を抑制するという日本政府のいわゆる「毒化政策」によって行われたものである。
なるほど、麻薬密造は、文やブッシュや金正日よりも、日本の方が先輩だったわけですか。それで、当時から、特務機関みたいなことやってた笹川が、文に麻薬密売のノウハウを伝授したってことでしょうか?…しかしキリスト教徒で作家の彼女(曽野綾子)が何故フジモリの亡命に関わってくるのか? かなり以前から、曽野綾子の実の父は笹川良一だとされる。笹川人脈が今回のフジモリ亡命に関わったというのが情報通の話。ところで、曽野綾子が笹川良一の子供だとすると、彼女は鳩山邦男と異母兄妹ということになる。曽野綾子は、日本財団の会長。 つまり、笹川のやっていた競艇ピンハネ組織の。血縁だったのか?フジモリの片腕だったモンテシノスは、麻薬密輸組織のボスだった。笹川は当然CIAの犬だったから、麻薬でフジモリと繋がりのあるCIAの依頼で、曽野綾子がフジモリの日本亡命を画策しているのだろうか?
DD 社会の右傾化の影に統一あり
新しい教科書を作る会
(同会の母体となった)「自由主義史観研究会」は旗揚げ当初から、占部賢志などの天皇崇拝の宗教団体「生長の家」系の右翼組織メンバーが入り込んでおり、また「つくる会」には、西尾幹二や山本夏彦といった単なる右派言論人だけでなく、高橋史郎といった霊感商法でおなじみの「統一協会・勝共連合」と深いつながりをもつような人物まで加わっている。さらに実際の政治で
も、板垣正や奥野誠亮といった自民党タカ派グループとも密接な関係にあることが、上記二誌のレポートによって暴露されている。
日本の右傾化に、やっぱり、倒逸の影あり。
EE 米は、エシュロンの盗聴で、政治家、官僚を支配?
 不思議の国日本
日本にも青森県の三沢基地、エシェロン施設には1600名の外国人がその為に勤務しているという。日本全国の通信は全て筒抜けと考えたほうが良いと思います。政治家や官僚のスキャンダルなど全て彼らに握られている可能性が高い。それらの情報を
小出しに暴露されたのがKSD事件ではないでしょうか?つまり「これを問題に取り上げないなら、もっと巨悪なものを出しましょうか」などと暗に圧力をかけられたとしたらたまらないと思います。

 

 

見え隠れするユダヤ人脈

 

コントラ事件には、ジョージ・ソロスやイスラエルの諜報機関、モサドも関わっていた。⇒参考文書 AA
ソロスは文鮮明とすらつるんでいる可能性がある。⇒参考文書 BB

 

BBS

 

貴方の知っている情報をBBSに書き込んでください。
(2チャンネル 警察板 告発します 6代目 スレッドです。)

 

 

 

AA コントラ事件にモサドの影
ソロスに背後の大物:アイゼンバーグ 
●1992年のポンド暴落に際し、空売りにより100億ドルを越えると言われるほどソロスは大儲けした。ソロスは麻薬合法化のキャンペーンに力を入れている人物でもある。「タバコへの批判は、麻薬へ切り替えるための布石である」との噂もあるのだが、その噂もソロスの合法化キャンペーンの勢いを見ると真実みが出てくる。なぜ麻薬をそんなにも推進するのか?麻薬は売る側にとって、とにかく儲かるのである。そのソロスの背後にいた強力な裏部隊の一人としてアイゼンバーグの名前をアメリカ国務省の金融情報の専門家は挙げている。
●1970年代、米CIAとイスラエル・モサドが所有し、麻薬のマネーロンダリングを行うアメリカン・バンク・アンド・トラスト(ABT)から
導入した資金でアイゼンバーグは、パキスタンに原子力発電所を建設する秘密プロジェクトを実施した。
●1980年代パナマのノリエガは、ニカラグアの反政府ゲリラ組織・コントラへの支援をアメリカとイスラエルから求められた。イスラエルの情報部工作員マイク・ハラリたちは、コントラへの資金援助を行うため麻薬を扱うアイゼンバーグの組織を築き上げた。
●1986年にはフィリピンで、アイゼンバーグの組織は米CIA、フィリピン債務の引受人アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)と組んで、マルコス政権を転覆させた。AIGの経営者はモーリス・グリーンバーグだった。
●アイゼンバーグと麻薬とのかかわりは、彼がパキスタンに原発を導入する際の資金元になった銀行が麻薬のマネーロンダリングをしていたこと、コントラへの資金援助のためにアイゼンバーグの麻薬の組織が作られたことに現れている。ソロスもアイゼンバーグも、ともに麻薬にかなり深くかかわっている様子である。
ソロスの資金源は、麻薬だった!?麻薬で稼いでいたのは、CIAだけじゃなかった。モサドもやってたということですね。

 

 

BB ジョージ・ソロスと文鮮明
米国の煙草批判は麻薬公認とセット?! 
ソロスが、アメリカ西海岸のワシントン州で「麻薬合法化」住民投票キャンペーンを展開した。地元のボーイング社やマイクロソフトは反対運動を始めたが、ソロスは個人資産を一層投入し、「麻薬(合法化)政策財団」を新しく設立した。新財団は「オープン・ソサエティ」から150万ドルの資金を受け取り、国内、海外でも事業展開を強化している。ソロスに連動する形で、国際金融の中心部に近いリヒテンシュタインで、ハンス・アダムス二世王子が「ワシントン・タイムズ」(1998年8月17日)の紙面を買取り、麻薬合法化の全面意見広告を掲載した。著者は、ソロスという投機家が気まぐれで推進していると思っていた「麻薬合法化キャンペーンが、水面下ではるかに広い支持を得ているらしいことが判明した」としている。ちなみに「ワシントン・タイムズ」という「ワシントン・ポスト」と「ニューヨーク・タイムス」を合わせたような名前の新聞は、統一協会系の発行している新聞である。
麻薬撲滅運動をしている文鮮明所有の新聞が、なんで麻薬合法化の広告載せるのでしょうか?ユダヤのソロスと文鮮明も繋がっていたのでしょうか?

 

 

文鮮明に飼われた朝鮮半島の指導者たち

 

統一と北朝鮮の接近。統一は、CIAの対北朝鮮窓口になっている。⇒参考文書 AA
金大中、金泳三すら、文鮮明に飼われていた。⇒参考文書 BB

 

BBS

 

貴方の知っている情報をBBSに書き込んでください。
(2チャンネル 警察板 告発します 6代目 スレッドです。)

 

 

 

AA 統一教会と北朝鮮
連合ニュース 金正日党書記秘書、文鮮明総裁の誕生日に祝電(連合ニュース)
北朝鮮の金正日党書記・党総秘書兼国防委員長は、今年で80回の誕生日を迎えた統一教会・文鮮明総裁に祝賀メッセージとプレゼントを送った。パク・チュンギル金剛山国際グループ代表は7日、「南浦市の平和自動車総合工場の着工式(3日)に参席するために、1日から5日まで北朝鮮訪問したパク・ポヒ金剛山国際グループ会長が、キム・ヨンソン朝鮮アジア太平洋平和委員会委員長を通じ、文総裁の誕生日を祝う金総秘書のメッセージを受け取った」と明らかにした。金総秘書が韓国の重要人物にメッセージを送るのはきわめて異例なことで、統一教会との関係を象徴的に見せる事例と考えられる。北朝鮮はまた、金総秘書への祝賀プレゼントとキム・ヨンソン委員長の祝電、萬寿台創作社名義による文総裁夫妻の肖像画の手芸(1点)などもともに送ってきた。しかし金総秘書の祝電とプレゼントの内容については、すぐには明らかにされなかった。北朝鮮はこれとともに、チョン・ヨンマン二重努力英雄(人民芸術家、作家)など有名画家20人の絵画作品40点の韓国搬出も許可し、文総裁の誕生日の祝賀の一環として、10日から21日まで、ソウル芸術の殿堂美術館で開かれる「世界平和美術祭典2000」で展示されることになった。
北朝鮮当局が絵画作品の韓国への搬出と展示を公式許可したのは今回が初めてである。一方、統一教会は文総裁の80回目の誕生日と10日前後し、2000世界文化体育大会(10日・ソウル、ソコン洞ロッテホテル)など多様な慶祝行事を開催する。今回の行事にはアブドゥラマン・ワヒド・インドネシア大統領など各国の主要人物が参加する予定である。
えっ?ワヒドもCIAだったのか?
文鮮明の統一協会カルトとブッシュ家の腐れ縁…オウム事件に関わった嫌疑のある統一教会が、一方で、北朝鮮とブッシュに資金を提供していたというお話。解りやすいなあ!(翻訳)
改定版米国防御諜報機関文書によると、保守紙、ワシントン・タイムズを含む文鮮明のビジネス帝国は、1990年代初期に、数百万ドルを北朝鮮の共産主義者リーダーに支払いった。その外貨は、軍備増強に必要なものだった。支払いは金正日の誕生日のプレゼントとして300万ドル、前の共産主義者独裁者に海外での支払いとして「数千万ドル」になっていた。一方で、文はブッシュ前大統領にも数百万ドルの資金を提供していた。その金額は関係者によると、1000万ドルとのことだった。
今年(2000年)の大統領選挙のキャンペーンの間に、文のワシントン・タイムズは、北朝鮮のミサイルプログラムに対して防御するために、より攻撃的な処置を取らないとクリントン・ゴア政権を攻撃した。新聞社は、政権の決定を「国家安全保障についての責任の放棄。」と呼んだ。
さらに、90年代、北朝鮮がミサイル開発などの資金を必要としていた時、密かに北朝鮮に投資した外部の実業家の小集団の中に、文が加わっていた。合衆国に対する潜在的な軍事的脅威を監視している諜報機関は、文に注目した。歴史的に見ても熱烈な反共産主義者であるはずの文が、共産主義者リーダーとビジネス取り引きを続けていたのである。商談は、北朝鮮の文の生誕地を新しい聖地とするだけでなく、ピョンヤンのホテルコンプレックスの建築を要求したものだった。DIAは、商談は文と金日成の間の直接会談で持ち上がったと言及している。猛烈な反共主義者のはずの文鮮明が、北朝鮮の独裁者に援助をしたり、現地で事業を始めたり。一方で、ブッシュに献金し、選挙でもゴア陣営を批判している。このからくりを解ければ、国際政治の実像が見えてきます。文鮮明は、ブッシュ共和党、CIAと北朝鮮とのパイプ役なのです。北朝鮮と米国は敵対関係にある…というのは表向きの話。裏では、統一教会を通じて、しっかり繋がっています。その目的は?お互いの現世的利益のためです。おわかりでしょうか?

 

 

BB 金大中も金泳三も文鮮明に飼われていた
THE CONSORTIUM
「米議会報告書によると、金鐘泌(韓国現国務総理、元KCIA長官)とKCIAは、文鮮明の宗教団体が財政基盤のしっかりした、国際的な組織になるように援助してきた…そうなってからは、金らは文の組織を米政府内部でのロビー活動に使い始めたと議会
報告書は結論付けた。」 「金鐘泌は、韓国での大統領選に際して、文鮮明から資金的、組織的支援を受けていたと、1987年にDIA(米軍事諜報局)は報告している。」「文鮮明は、同時に金大中と金永三にも資金提供していた。つまり、ノ・テ・ウ以外の全候補者に。金大中は、文鮮明との関係を長期間秘匿してきたが、99年2月の文夫妻のパーティーに突然現れ、信者を驚かせた。」
金鐘泌国務総理(もう、辞めたんだっけ?)は別にして、金大中も文が、 スポンサーだったとは、知らなかった。金大中の電撃的な喜多との接近は、金鐘泌の暗躍かと思っていたら、どうやら違った。これも、文鮮明の差し金か?韓国首脳も、文鮮明に取り込まれ、操縦されていると言うことか。

 

7-3 CIAのスポンサー (これからのシナリオ)

 

オウム事件の整理整頓  PAGE 7-3
INDEX・2チャンネル関連スレッド・関連サイトへ

 

 

CIAのスポンサー (これからのシナリオ)
ブッシュやCIAを陰で操っているのは、当然ながら、共和党・ブッシュへの大口献金者である、軍産複合体、国際金融資本、石油メジャー、穀物メジャーなど米国経済界の根幹と言われる連中です。ブッシュは彼らの利益のために動く小物に過ぎないのです。彼らの利益のために、地域紛争が喚起され、世界中に麻薬が蔓延するのです。テポドン発射騒ぎ、湾岸戦争、TMD・NMD計画…..全てに彼らの計算が見て取れます。米国と北朝鮮は表面上は激しく対立しているように見えますが、水面下ではCIAと金正日のあいだで、互いの利益のため、協力するところはしているのです。その仲介役が、統一教会なのです。北朝鮮の延命は彼らCIAとそのスポンサーの利益に合致するのです。そして、オウムも北朝鮮延命の一つの方策であったし、日本の(暴力的)政変を演出する上での橋頭堡だったのです。彼らは野望を捨ててはいません。オウム事件の本番は、これからです。

 

CIAのとは、いったい何者なのか?CIAの職務は、世界平和のためでも、米国の国益のためですらありません。スポンサーの利益を誘導することがCIAの仕事です。⇒参考文書 AA
CIAの背後にいる人達の素顔は?彼らの利益とは何か?⇒参考文書 BB
CIAのスポンサーにとってはなくてはならぬ北朝鮮。テポドンだって、ブッシュが飛ばした。北朝鮮こそ、宝の山
⇒参考文書 CC
CIAにとって、オウムがなんで必要だったか?⇒参考文書 DD

 

BBS

 

貴方の知っている情報をBBSに書き込んでください。
(2チャンネル 警察板 告発します 6代目 スレッドです。)

 

 

 

AA CIAとは、一体何なのか?
「利権屋ブッシュを慕うCIA」 ….テキサスの石油利権屋、ブッシュは麻薬で貢献して、ついに大統領になってしまったのである。
CIA史上、最も高く評価され、敬愛された長官としてジョージ・ブッシュは名を残している。元CIA職員らは「ブッシュ・リーグ」と称して定期的に全世界から集い、ブッシュを囲んで情報問題について状況説明を行っている。
日本の公安警察が、サクラの元裏理事官の亀井君に、マル秘情報を報告するようなもんだね。ジミー・カーター元大統領やその大統領特別補佐官だったズビグニュー・ブレジンスキーらと共に、デヴット・ロックフェラーが設立した日米欧三極委員会のメンバーに連なっている。ブッシュはロックフェラーやモルガンの支配する石油メジャーに平伏する一介のテキサスにおける利権屋でしかなかったはずであり、その関係は日米欧三極委員会のメンバーとして今も続いている。ジョン・D・ロックフェラーは自分の会社からスパイを次々と輩出しながら、各地に秘密組織を設置し、不正を取り締まるべき権力中枢をも味方に付けていった。こうした悪行が後のCIA設立に役立つのである。つまりCIAの前身はロックフェラー家に雇われたゴロツキだったということである。そのCIAに尊敬されるブッシュという人間もおよそ見当がつくというものだ。そのロックフェラーは、統一の文鮮明と御友達。ブッシュと文鮮明も御友達。文鮮明と金正日も御友達。友達の友達は、皆友達だあ。だから、御友達同士で、仲良くテポドン飛ばして、緊張創出。ぼろ儲け!というわけです。CIAやFBIが必死で追っていると言われる南米の麻薬ルートも、過去を分析すれば胡散臭いものである。「コントラ」におけるブッシュの影にもスポットを当てる必要がある。コロンビアのコカイン・カルテルと1000万ドル支払いの段取りをつけたCIAのフェリクス・ロドリゲスは「チェ・ゲバラの時計をはめ、ジョージ・ブッシュを友人とみなした同級生」でもあったのだ。

こんな胡散臭いオヤジがアメリカの大統領にもなってしまう。おまけに今度は、息子まで。

 

 

BB CIAの背後にいる人達の素顔は?

「麻薬とブッシュ元大統領」 ….ブッシュや文鮮明の麻薬疑惑を報道しないマスコミは、もともととブッシュの
スポンサー
が経営していたんです。
イラン・コントラ事件の際にも、報道機関は麻薬に関する件では沈黙を守ったが、其の真の理由は、麻薬売買を通して膨大な利益を上げながら米国政府を動かしている集団と、報道関係を世界的に管理する集団が、同一だったからである。其の犯罪の為に直接働かされたグループの中に、米国大統領及び副大統領がいる。

「麻薬売買を通して膨大な利益を上げながら米国政府を動かしている集団と、報道関係を世界的に管理する集団が、同一だったから….」 ここなんです.ポイントは。ニューヨーク・タイムスやワシントン・ポスト、ABC、CBS、ロイターなんかを誰が所有しているかが!

Re: 北朝鮮はミサイルモラトリアムを終了するかもしれないと警告
”韓国の経済発展は日本と同様に世界の驚異だ。その源泉こそ、ベトナム特需に始まり、中東産油国大プロジェクトでの巨大な利益が主柱であり、マンパワーの養成と相まって、今日の経済成長をとげたのであった。その数百にものぼる産油国大プロジェクトの発注者こそ、外ならぬベクテル社であり、実にベクテル社こそ漢江の奇跡の演出者と断言してよいのだ。これまた日本人はほとんど知らないくらいである。[ブッシュの世界支配戦略とベクテル社・江戸雄介著]”
ベクテル人脈、ロックフェラー人脈の両者にリンクするCIAコネクション。但し、或時期から原子力産業に社の未来をかけた戦略をとり、1990年の時点で、世界の原子力発電所の60%を建設してきたベクテルにとって、先進国が(日本は除き)原子力から撤退を決めている趨勢は、如何に他にも巨大な様々なプロジェクトを抱え世界に並ぶものがない存在として君臨しているとはいえ苦しいことであるようだ。
巨大企業ベクテル人脈、ロックフェラー人脈が、CIA荷とってもっとも大事なスポンサーのようですね。

湾岸戦争….湾岸戦争が軍産複合体と石油メジャーの利益のために行われたことをご存知ですか?
●で、結局、湾岸戦争で一番得をしたのは、誰か?それは「軍産複合体」と呼ばれる軍事兵器企業群である。湾岸戦争前、軍産複合体は“冷戦終結”のせいでレイオフに次ぐレイオフを続けていた。全米で1位と2位の軍事企業「マクダネル・ダクラス社」と「ゼネラル・ダイナミックス」の両社は、国防総省が「倒産」を口にするほど危機に陥っていたのだ。それが、湾岸戦争のおかげでそれまでの軍縮ムードが一気にブッ飛び、危機に陥っていたはずの軍産複合体は莫大な暴利を手
にし、救済され、息を吹き返したのである。
●アメリカにある民間軍事研究機関「ディフェンス・バジェット・プロジェクト」による推計によると、「砂漠の嵐作戦」で中東に展開したミサイル、戦車、ヘリコプター、戦闘機といった陸・空の主要兵器だけで総額は約2740億ドル(約36兆1680億円)にのぼり、各兵器企業の儲けは以下に記すように、莫大な金額を計上していたのである。(当時1ドル=130円) ゼネラル・ダイナミックス社は、巡航ミサイル「トマホーク」で1.7億ドル、「F16戦闘爆撃機」で21.1億ドル、「M1戦車」で3.4億ドルの儲けを上げた。

マクダネル・ダクラス社は、「F15E戦闘爆撃機」で47.6億ドル、「F/A18ホーネット」で40.3億ドル、「A-H64アパッチヘリ」で11.1億ドルの儲けを上げた。
グラマン社は「F14戦闘機」で58億ドル、「A6攻撃機」で42.4億ドルの儲けを上げた。
レイセオン社は湾岸戦争で一躍注目を浴びた地対空ミサイル「パトリオット」で1.4億ドルもの儲けを上げた。
ロッキード社は初めて実戦参加させた「F117ステルス爆撃機」だけで、なんと130億ドル(1.7兆円)もの荒稼ぎをしていた!

●兵器産業に負けず、石油メジャーもボロ儲けである。イラクのクウェート侵攻によって、OPECは分裂状態となり、その結束力は急激に弱体化。必然的に、アメリカおよびメジャーの石油価格に対する統制力は大幅に回復したのである。そして原油価格の高騰により、1990年末の四半期で、アメリカ大手石油18社の純益は前年の250%という途方もない額に達し、最終的に、有史以来の大儲けを記録し、テキサスなどの国内石油も採算ベースに乗ったほどであった!

テボドン&不審船謀略:直近の成果…..テポドンが飛び、不審船が出現したことで、日本も米国も軍事予算の拡大に抵抗がなくなった。ブッシュの要望で、統一が北朝鮮に働きかけ、テポドンを飛ばしてもらった….と考えてください。
日経1999.4.8.によると、以下のように、当初で90億円から完成で2000億円に至る「ご予算」が、テボドンを口実にして浮上し、不審船または工作船を契機に決定された。超大型のミサイル防衛構想に先駆ける「前菜」程度であろうか。

テポドンがひゅ-っと飛んできて、不審船が日本海に出現した結果、三菱電機が情報収集衛星の仕事にありついたわけです。防衛庁への不正請求事件のドサクサで、NECの牙城を切り崩すことに成功したわけですね。この後に、TMDに兆単位の血税が使われるという筋書きですか。ご苦労様。さて、なぜこんなにも都合よく、テポドンが飛んできてくれたのでしょうか?CIA(の極東シナリオ製作部?)に聞いてみましょう。

【テポドンはミサイルか、人工衛星か?】
[防衛庁「水増し請求事件」/広瀬隆稿/月刊「宝石」]
http://www6.plala.or.jp/X-MATRIX/memo.html
”ミサイル発射だと騒いだ日本と韓国とアメリカは、ミサイルか人工衛星か断定できず、人工衛星説を否定できる軍事評論家はいなかった。ロシアと中国は、[北朝鮮の人工衛星を確認した]とすぐに発表し、十一日になってアメリカの上院外交委員会の東アジア太平洋小委員会のクレイグ委員長が、「NASAは北朝鮮がミサイルではなく人工衛星を軌道に打ち上げたと見ている」と公聴会で明言し、最後にホワイトハウスのルービン報道官が、公式に「人工衛星だった」と政府の見解を表明した。ところが、日本のマスコミは、曖昧なミサイル発射説を規定の事実として、北朝鮮がいかに危険な国であるかという議論を真面目な顔で続け、日本の上空をミサイルが飛び越えたのだから由々しき問題だとして、軍事評論家やテレビ・キャスターが国民の不安をかきたてた。そして、一ヶ月も経たない九月二十日、高村外務大臣と額賀防衛庁長官が渡米し、アメリカの国務長官と国防長官の四者会談で、来年から日米が共同で、ミサイルを迎撃するための戦域ミサイル防衛構想(TMD)の技術研究に踏み切ることに合意したと発表した。”
統一高村と北朝鮮の共同作戦、大成功。

TMD,NMD計画….TMD,NMDの実施は、日米の軍事産業にとって冷戦終結後の最大の飯のタネです。テポドンが飛んでこなければどちらも具体化しなかったでしょう。ブッシュがテポドンを飛ばさせたんです。
「音速の20倍の速度で突入してくる弾道弾の弾頭を、迎撃ミサイルで撃ち落とそうというTMD、BMD、NMD計画。この「銃弾で銃弾を撃つ」ような無理のあるアイデアが、なぜ推進されようとしているのか。60年代の迎撃ミサイル論争から80年代レーガン政権の「スターウォーズ」計画に連なる、その根は深い。そして背後にあるのはいつも、軍産複合体の利益である。お飾り程度の効果しか持たず、あるいは地域の安定を損なうようなこの戦略に、巨額の費用を掛ける価値があるのか。

TMD、NMDが実効性のない無駄な計画であったとしても、軍産複合体にはどうでもいいことなんです。ようするに、計画が推進され、米日の軍事予算が下りるなら、毎年巨額の金が入ってくるわけです。CIAのスポンサー様である軍産複合体の犬、小ブッシュにしてみれば、是が非でも予算を取らないと命を狙われます。日本も当然巻き込まれて、血税が奪い取られます。

Re: 北朝鮮はミサイルモラトリアムを終了するかもしれないと警告…..テポドン騒ぎに乗じて、統一がTMD商談を決めてきた。マッチポンプだ。
北朝鮮の「テポドン騒動」の時、外務大臣だった高村正彦が、電光石火アメリカに飛び、総額は5兆円にもなるといわれる「TMD」の商談を成立させてきたが、彼は統一協会の「霊感商法」で中軸的な役割をはたした「ハッピーワールド」の顧問弁護士をやっていた、と前に書いた。この「ハッピーワールド」の社長は古田元男という統一協会幹部だった。そして、1990年頃、統一協会が北朝鮮進出を始めたときから、この古田元男は「コマンダー」と異名をとるような役割を担ってきたらしい。

KCIAのアメリカでの活動を分析した「韓米関係の調査」(下院フレイザー委員会)では、「1963年のある未評価のCIA報告は、金鍾泌がKCIA部長であったとき統一協会を[組織]し、それ以来統一協会を[政治的用具]として利用してきた、と述べている」と記されている。

2チャンネル 続・告発します
332 名前:国情板 NMD(National Missile Defence)とTMD(Theater Missile Defence)について。 ICBMに限らず、冷戦時代に核抑止力の根幹理論となったのがMAD(Mutual Assured Distruction)です。 MAD理論(相互確証破壊理論)を簡単に述べると、「やられたらやり返せ」というもので、核弾頭が自国・同盟国に発射されれば自動的に報復する論理です。NMDやTMDは、この相互確証破壊理論を打ち崩す防衛構想としてスタートしました。80年代のレーガン時代のスターウォーズ構想も、いかにして相互確証破壊理論から逃れるかというのを大前提にして推し進められてきました。
しかし、それは仮の姿に過ぎないでしょう。何故なら、使えもしないスターウォーズ構想の立ち上げにかかわり、莫大な研究費のほとんどを「防衛研究」の目的で手に入れたのが他ならぬ軍産複合体なのですから、進めたがるのも無理はありません。TMDやNMDを日本に薦めて来るのも、「アメリカ・日本によって作られた敵」である喜多のミサイルから逃れるためという口実があります。つまり、喜多の存在を使って防衛費を使い、その中からうまい汁を吸うという構図が、ここでも浮かび上がってきます。「喜多の存在を使って防衛費を使い、その中からうまい汁を吸うという構図」こそが、諸悪の根源であり、自分たちの利益のために他国民と自国民に幾多の犠牲を強いてきた連中が、今まさに権力を掌握しているのです。
334 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 喜多は、「アメリカ・日本によって作られた敵」。そうするとイラクなんかも完全に米英に飼われてるなあ。 湾岸戦争後わざとらしくフセイン政権をそのままにして、中東諸国にアメリカ製の武器を売りまくり、フセイン監視目的で中東に駐留。中東でのアングロサクソンの影響力を維持してる。この前もイラクに爆撃してやりたい放題。絶対ブッシュとフセイン裏で繋がっているな。経済封鎖で一番儲けているのは闇取引を牛耳っているフセインだからね。こうなってくると可哀想なのは喜多と同じくその国民だな。340 名前:国情板 イラクにしてもセルビアにしても、潰そうと思えば簡単に潰せます。イラン・イラク戦争の際、西側諸国は「イスラム原理主義の浸透」を阻止すべく、多くの武器をイラクに供与しました。つまり、西側諸国(主に米英)の軍需産業がイラン・イラク戦争で潤ったんです。湾岸戦争も同じ、フセインは中東におけるアメリカの利権を維持する代理人の一人だからこそ、トドメを刺さなかった。アフリカ各地に起こっている内戦を放置しておくのも同じ理由です。希少金属やダイヤモンドの地下資源に恵まれるアフリカ諸国の内戦を放置しておけば、当然彼らは武器を欲しがる。その武器の取引に使われるのが希少金属やダイヤモンドです。そして、希少金属・ダイヤモンドを扱うブローカーには○○ヤ系が多いのも特徴。
金儲けのために犠牲になる庶民….もういい加減に、こんなことは止めさせましょう。アメリカの軍需産業
アメリカの軍・CIA首脳は軒並み軍需産業の役員を兼任、天下りしていたというとんでもない話です。90年代の代表的な例。
ジェレミア統合参謀本部副議長→リットン、アライアント、レイセオン重役
ミラー海軍大西洋艦隊司令官→アライアントC.E.O.
ナン上院軍事委員長→ロッキード代理人
チェイニー国防長官の妻→ロッキード・マーティン重役
レアード国防長官→マーチン・マエリエッタ重役
ベシー統合参謀本部議長→マーチン・マエリエッタ重役
ウールジーCIA長官→マーチン・マリエッタ重役
カールッチ国防長官→ジェネラル・ダイナミックス重役
バンス国務長官→ジェネラル・ダイナミックス重役日本でも、防衛庁の高官が、東芝やIHIや三菱重工の役員を兼任したりすることがあるでしょうか?あったら、みんな騒いでいると思います。アメリカは、どうにかしています。戦争が仕事の連中が、武器業者も兼任しているわけです。戦争をやらないと、自社の業績に響くわけです。だめだ、こりゃ。そして、今の副大統領、チェイニーさんの奥さんも、ロッキードの重役なわけですね。

 

 

CC CIAのスポンサーにとってはなくてはならぬ北朝鮮
北朝鮮の麻薬ビジネス…..北朝鮮のヘロイン、コカインは米国・欧州市場に密輸されていると考えます。日本経由で。
覚醒剤だけでは、ミサイル開発や軍備増強のための外貨は、手に入らない。それで、喜多は、ヘロインもコカインも作っているわけです。ヘロイン・コカインとなると日本市場というのは、あっても小さいから、当然他の市場向けの生産。ご近所のロシアや中国に売っても購買力がなく、市場価格が安いから、たいした商売にならない。やっぱりロシア経由でヨーロッパとか、どこかの国経由でアメリカとかに流れている筈。問題は、アメリカへの流通ルートです。一方で、世界最大の麻薬密輸組織、CIAにとっても、組織の弱体化の目立つ中南米に変わる安定して、コストの安いサプライヤーを確保することは、急務であったと思います。そこで、統一が仲介し、北朝鮮が米国市場の必要とする各種の麻薬を生産し始めたと考えます。尚、流通ルートには経由国として、日本が使われている考えて間違いないと思います。

 

 

DD CIAとオウム…..オウム事件の背景をまとめてみました。
★北朝鮮の現封建体制がこのまま存続することで、極東の緊張状態が継続し、かつ北朝鮮のミサイル輸出が続くことで、中東やインド・パキスタンの地域軍拡競争を促進させれば、世界的な武器市場は活況をていし、軍産複合体には巨額の商売が転がり込みます。また、北朝鮮が麻薬生産国として良質で安価な商品を安定供給してくれれば、麻薬密輸組織としてのCIAも、マネーロンダーリングに携わる国際金融資本も大助かりなわけです。
★しかし、過去10年間、北朝鮮の経済は疲弊の度を増し、いつ現体制が崩壊するかわかりません。さらに日本経済の悪化から、北朝鮮最大の収入源であったパチンコ献金も最盛期の5分の1程度まで減ってしまいました。このままでは、体制が崩壊してしまい、CIAもスポンサーたちも大変困ります。ところが、もちろん表立って、経済援助をするわけにはいきません。
★そこで、CIAは日本で飼っている犬たち、つまり創価、統一、創価系列の暴力団などを使って、オウムを支配下におき、オウムで覚せい剤密造を行わせたわけです。その利益は、オウム、創価、統一にも分配されたでしょうが、多くの部分は北朝鮮に送られていたと考えます。一部は、オウムの早川がロシアで入手した武器を北朝鮮に送る資金にも使われていたでしょう。その中には、核兵器もあったかもしれません。
★一方で、創価、統一には、カネ以外の別の目的も合ったと思います。両教団とも教祖は、朝鮮半島の血を引く人物です。オウムの麻原についても、母親が在日だとの情報が一部にあります。統一は、北朝鮮の金親子と深い繋がりを持っています。すべてが、反日という点では共通するはずです。統一は反共を旗印にはしていますが、一方で北朝鮮と確実につながっているわけであり、「反共」は日本の政治家たちを取り込むための隠れ蓑にすぎません。
★彼ら朝鮮半島の系譜を持つ人たち、特に70歳以上の世代の人たちにとって、秀吉の朝鮮出兵、日清戦争、日韓併合、そして、日本における在日差別は、決して許すことのできない過去です。闇献金と議員秘書送り込みで日本政界に深く入り込んだ統一教会、公明党という政治政党の力だけでなく、総体革命と称する人材送り込みにより、司法、警察、外交官、マスコミなどに信者のネットワークを張り巡らせた創価学会、1万人もの工作員を日本に送り込んでいる北朝鮮。彼らが一致団結して、軍事的な騒乱を起こせば、日本の実権を掌握することも不可能ではありません。特に、創価の池田はなんとしても日本の君主として君臨したいという気持ちをお持ちのようであり、私兵ともいうべき準・軍事的親衛部隊30万人を抱えています。
★オウムの武装化は実際には、これらのカルトが主体になって計画していた武装蜂起が目的だったと考えます。もちろん、北朝鮮の勢力もカルトとともに、動いていたし軍事的側面では、むしろ北朝鮮が主体であったでしょう。そして、オウム事件は、本番に先立つ予行演習であり、パニック時に、日本がどんな対応をするかを見極めるためのものだったように思います。結果、日本の当局は完全にコントロールすることができたし、マスコミも簡単に買収されて、真実には口をつぐんでくれました。つまり、本番をこれから実施しても、半島人によるクーデターだということを見破られずに、政権を奪取できると判断したはずです。だから、彼らは必ず本番を実行すると思います。
★一方で、CIAとスポンサーたちにとっては、長いこと経済面での脅威であった日本が、自分たちの子飼いの犬たちによって統治されれば、都合の悪いことはありません。日本弱体化にも役に立ちます。たとえ、騒乱・政変があっても、CIAボスのブッシュの息子が大統領であるかぎり、あっさりと新政権を承認してしまうような気がします。こうして、日本の実権を池田が名実ともに握り、それを統一の文が背後で操るという政権が一時的ではありますが、出現するのではないでしょうか?もちろん、傀儡の日本人総理は、石原でも高村でも誰でもいいわけです。
★今現在、日本の一部の人たちが、南京虐殺、従軍慰安婦の存在を否定するなどして、韓国、中国からの非難を呼んでいます。新しい教科書を作る会という人たちも、強硬な姿勢を崩しません。これらの反動的な動きの背後には、統一教会が存在します。統一の目論見は、日韓、日中関係の悪化です。日の丸、君が代、慰安婦と騒ぐ右翼団体にも、かなりの割合で在日が混じっています。日本全体を右傾化の方向に引っ張っていき、来るべき準・全体主義的政権樹立の際に、庶民の支持を得られるよう、今から画策しているわけです。文鮮明が、200人以上の勝共議員をカネで飼っているのも、同じ目的です。日韓、日中の関係を悪化させることは、日本での騒乱時、中韓の介入を躊躇させるという意味もあります。
★クーデターの暁には、CIAがインドネシアでやったように、彼らに反対する勢力はことごとくパージされるでしょう。インドネシアでは一説では100万人が殺害されたそうです。
★しかし、CIAとスポンサーたちはもっと先読みしていると思います。政権を奪取した連中も1000年の恨みを一気に晴らそうとするかもしれません。在日米軍基地が、扇動された暴徒に襲われ、米国民に危害が加えられれば、ブッシュ政権は、日本を軍事的に叩くこともありえます。日本を戦場とすることは、オウムにかかわったすべての組織にとってメリットのあることですから。★私は、彼らの陰謀を暴いて、暴挙を止めようなどとは考えておりません。もはや痴呆化した日本人には彼らの行動をとめることはできないし、すでに社会の枢要な位置を占める人たちの多くが、統一のばら撒いた麻薬資金で買収されてしまっています。もはや、流れは止められません。戦後55年間、平和ボケの中で危機感を失った日本が、再生するには大きな痛みを感じることが必要です。全体主義者に奴隷化され、苦難の末に実権を取り戻したとき、新生日本が誕生すると思います。ですから、創価、統一さんには、このままぜひ陰謀をお続けいただきたいと思います。ただし、日本人も馬鹿ばかりではないことをご承知おきください。
オウムと北朝鮮による国家謀略
高沢皓司著 「『オウム真理教と北朝鮮』の闇を解いた」(「週刊現代」講談社平成11年8月~10月に連載)
◆第1回 麻原被告の側近には、北朝鮮の潜入工作員がいた。 オウムには、北朝鮮の主体思想(金日成・金正日を絶対化した思想)を身に付けた工作員Aが潜入していた。その頃から、オウムは急激に変質、過激化した。Aは村井・科学技術省長官に重用されて武器製造に関与していた。オウムは、北朝鮮に「徹底的して領導され、誘導され、利用され尽くしたともいえるのでは」と高沢氏は見る。「サリンをはじめとした一連のオウム真理教のテロ事件は、日本かく乱工作(クーデター工作)の、いわば予行演習でもあり得たのである」と。
◆第2回 潜入工作員と「よど号犯」はマドリッドでつながった。工作員Aは、一連 の事件でオウムの幹部が逮捕された後に、オウムを脱会し、スペインのマドリッドへ飛んだ。そこは北朝鮮の工作拠点のある街。あの赤軍派「よど号」グループらが、日本人留学生の拉致等の活動拠点としていた場所だ。そこで、Aは、「よど号犯」の一人・柴田泰弘と同じホテルに宿泊していた。マドリッドで、工作員Aと、「よど号」グループとがつながった。
◆第3回 金正日総書記直筆の「日本破壊工作」指令書の全貌 昭和57年(1982)5月6日、「よど号犯」は、金正日から直筆の極秘指令を受けていた。その指令書が実在する。内容は 金日成主義によって日本革命を準備・達成せよ、というものだ。金正日は、自衛隊工作や軍事クーデターの中核的人間の育成などを、赤軍派に指示していた。しかし「よど号犯」の工作活動は、あいつぐ逮捕などのために、1980年代後半に挫折した。しかし、その後、「金正日指令の日本破壊・かく乱工作を、ちがう筋で見事に実行したのが、オウムではなかったのか」と高沢氏は見る。首都中枢の霞ヶ関を狙ったサリン事件については、日本の危機管理のずさんさと、どのような動きが取られるのかというシミュレーションのデータを得るためにこそ、かく乱工作の第一歩は必要だった」と述べている。
オウムの強制捜査の際に、脱会してスペインに逃げた喜多の工作員Aというのがいて、スペインで、よど号グループの柴田泰弘と現地で会ってる…..という話をなにげに聞き流していたら、同じ柴田という名前が、一水会を鼓舞する会の発起人名簿にあったことに気がついたわけです。この新右翼の会には、例の有田も創価の渉外部長も日本赤軍の塩見孝也も出ているわけで、このあたりから、北朝鮮と日本の左翼、右翼、カルトが「オウム」で繋がる人脈が見えてくるわけです。
http://www2.neweb.ne.jp/wc/issuikai/226.html

 

8-1. 統一が全ての黒幕なのか?

 

オウム事件の本番  PAGE 8-1
INDEX・2チャンネル関連スレッド・関連サイトへ
第二章 オウム事件の本番
前章の「オウム事件の整理整頓」では、オウム事件の分析を中心に論じてきました。第二章では、「これから何が起きるか」について、最近の社会情勢を踏まえて論じます。創価、統一、北朝鮮を主体とした日本の実権奪取の計画は、これからが本番です。彼らが具体的に何をどう進めようとしているのかは、オウムにかかわった人たちのその後を見ていけば、推測できると思います。さて、武装蜂起とは、どんな風におきるのでしょう?オウムも統一も日本赤軍もよど号グループも総連学習組も北朝鮮の工作員もヤクザも、そして創価の裏部隊も、みんな一ご緒でしょう。仲良く、一斉蜂起。いつの間にか、なかったはずのサリン70トンやAK74数百丁も東松山あたりから、引っ張りだされます。原発は、内部から破壊され、放射能を垂れ流します。そして、まず、反創価の面々が血祭りにあげられます。米軍は、なぜか動きません。自衛隊も国内法が足かせとなって出動できません。彼ら犯罪者たちの動向を察知するため、現在起きている不可思議な社会現象の幾つかを、まず解析してみたいと思います。そこから、必ず見えてくるものがあります。

 

27. 統一が全ての黒幕なのか?
28. ブッシュ新政権の不道徳
29. 個人情報保護法という名の言論封殺法
30. 北朝鮮と日本の保守政治家の暗い関係
31. 創価と三菱
32. 原発利権、ヤクザ、右翼、中曽根
33. 読売、中曽根、メディアの自殺
34 防衛利権
35. オウムウオッチャー
36. 騒乱は起こりうる。
37. 右翼、左翼、創価の接近
38. 不穏な動き38.
38. 不穏な動き-2
38. 不穏な動き-3
38. 不穏な動き-4
9-1 オウム事件の本番

 

BBS

 

貴方の知っている情報をBBSに書き込んでください。
(2チャンネル 警察板 告発します 4代目 スレッドです。)

 

27.統一がすべての黒幕なのか?
本HPでは、オウムに関わったカルトの代表として、創価学会を主体に取り上げてきました。しかし、統一とブッシュ・CIAとの犯罪的な深い関わりや、日本における勝共議員を通じての水面下での政界浸透を考えると、本当の黒幕は、統一ではないのか?という素朴な疑問が沸いてきます。このページでは、統一の暗躍について、改めて検証します。

 

赤報隊事件と統一協会 ⇒参考文書 AA
闇社会と統一・CIAと統一⇒参考文書 BB
勝共議員と統一 ⇒参考文書 CC
新井将敬、統一協会、阿部令子 ⇒参考文書 DD
北と日本のパイプ役…統一協会 ⇒参考文書 EE
米社会に巣食う統一 ⇒参考文書 FF
オウムと統一、もう一度おさらい ⇒参考文書 GG
統一協会とCIA(統一の基本理解のできる文書です。)⇒参考文書 HH

 

BBS

 

貴方の知っている情報をBBSに書き込んでください。
(2チャンネル 警察板 告発します 4代目 スレッドです。)

 

 

 

AA 赤報隊事件も統一がやったのか?
「さようなら、小木さん」
「朝日新聞社襲撃事件」の時には、「とういつきょうかいにはんたいするものはみなごろしだ」という脅迫状がショットガンの空薬莢と共に朝日新聞社に送付されたという事実がある。同時期に、統一協会を非難しているある牧師のところに「赤報隊(朝日新聞社阪神支局銃撃事件において犯行声明を出した団体)って知ってるか?あんたも危ないんじゃないの?」という趣旨の電話があった(わたしはその録音テープを所有している)。また、統一協会と関わりの深かったある団体が、その後統一協会と決裂し、渋谷の統一協会本部に対し銃撃を行ったという事件も起こっている。更に、統一協会系の銃砲店は全国に点在しており、「モデルガンを実弾発射可能に改造した」として検挙された統一協会員も存在する。そして、統一協会の経営する「統一産業」は韓国軍に武器を供給する軍需産業であり、ムンソンミョン氏の長男が膨大な銃器コレクションを所有していることが離婚訴訟で判明し、しかもムンソンミョン氏の息子のひとりは銃器メイカーで中型拳銃のデザインまでてがけている。
15年目の報告 朝日新聞襲撃事件 
14年間にわたって犯人を追う取材が続いている。87年5月3日夜、兵庫県西宮市の朝日新聞阪神支局で、散弾銃を持って侵入した男に記者2人が殺傷された。東京本社や名古屋本社の社員寮などが標的となった一連の警察庁指定116号事件は関連事件を含め8件にのぼる。それぞれの事件の直後、「赤報隊」の名で届いた犯行声明には「すべての朝日社員に死刑を言いわたす」「内外の反日分子を一掃せよ」などとあった。銃口は「自由な言論」に向けられた。私たちはそう受け止め、真相解明を目指す一方、暴力によって市民の自由を脅かそうとする動きを紙面で取り上げてきた。阪神支局事件の時効まで1年。事件の背景や言論を取り巻く状況を随時、報告していく。=敬称略
統一の言いなりにならない新聞社を襲い、恫喝した。誰が?

 

 

BB 闇社会と統一・CIAと統一
日本国の主権者は、闇の勢力だ。
15 オウムは銃製造と覚醒剤製造を行っていたとマスコミ報道されていました。ところが、それらの禁制品の行方について、捜査がおよんでいないし、裁判にも現れていいません。これを追求すると闇社会へ波及するので追求をやめたと解されます。グリコ事件、赤報隊事件、送電塔倒壊事件、住銀支店長射殺事件、興紀銀行副頭取射殺事件等の迷宮入りは闇社会による犯罪であるからではないでしょうか。闇社会の犯罪には警察や検察は動こうとはしません。桶川の女子大生殺人事件も闇社会の事件だと思います。彼らは闇社会のフロントとして彼女を脅しつけて、彼らの店で無報酬同然で働かそうとしていたのではと推察しています。他の従業員の報酬の有無を知りたいものです。無報酬で美人を働かせる事が出来れば利益は莫大なものになっただろう。警察はグルになつていたと思われます。
16 反社会的宗教団体として有名な統一協会の訴訟代理人をしていたといわれている高村弁護士が法務大臣になったのも首を傾げることです。このように闇に近い政治家が陽の目を浴びているような気がします。野中、亀井、鈴木、と威圧と恫喝が
浮き彫りになる政治家が主導権を握っていることは、これを裏付けているようにおもわれます。統一教会について 
http://www.geocities.com/Colosseum/Court/8490/special/toitsu.htm
統一協会(世界基督教統一神霊協会)結成の裏側を幾つかの経路から調べても、すべて同じ所に行き着いてしまう。下らない陰謀論に思われてしまうが、それぞれの事件や出来事を追及してみて帰納的にそうなったにすぎない。当初、アメリカ占領軍(GHQ)と国家権力が共謀して行った悪事の数々(国鉄三大謀略事件や松川事件)を調査していた。そのうち、CIAや国際勝共連合につきあたり、芋蔓式に統一協会が姿を現わしたのだ。カルトを含め各宗教団体に対する興味は以前から持ってはいたが、
全く異なるプロセスで統一協会が出てきた事に私は驚いた。そして、統一協会に特に興味をもつことになった。…..統一協会の育成には韓国の朴政権とKCIAが携わっている。クーデターによって成立した朴政権が出てきた以上、その指揮をとったCIAが
必然と浮かんでくるのだ。
なるほど、この文章を読む限りは、CIA主導の下に存在する統一凶会ということなのかな?

 

 

CC 勝共議員と統一

事実とニュース2(くまさん)
亀井静香は「勝共推進議員」であるが、西村真吾が最近言っているらしい「スパイ防止法」というのは、勝共連合が1980年代に推進していた法案である。「勝共推進議員」とは統一協会の教えを支持することを条件に、選挙で統一協会員の支援を受けている政治家のことであり、勝共連合というのは、統一協会と児玉誉士夫、笹川良一、岸信介らが結成したものであり….

日本の勝共連合は、その設立と、発展とも、自民党及び財界の首脳たちが中枢の人間として関ってきた。そして、その勝共連合の関係者の連携者として、日韓米の軍部、CIAがあった。政党では特に民社党が「シンパ野党」として深いつながりをもってきた。この「隠れ自民党」(民社党)は、財界や、戦犯の人脈も「本家自民党」と重なっているらしい。また、マスコミも「サンケイ」「日経」「読売」らを筆頭順に勝共連合に深く関っており、それは「朝日」や「毎日」も程度の差こそあれ例外ではなかった。勝共連合が中軸となって推進した「スパイ防止法」(国家秘密法)案が浮上したとき、その問題の本質が言論と思想の弾圧と、市民の支配にあったにもかかわらず、総じてマスコミが問題の大きさと比して、穏やかであったのも偶然ではなかった。

カルト宗教、統一教会による新聞界の汚染度ランキング….サンケイ、日経、読売。2チャンネルで、朝日を叩いている人たちは、
ようするに自分たち(統一)の言いなりにならない最後の新聞社、朝日を脅しているということ。

国際勝共連合….同志社大学神学部自治会 
反共をPRすることによって与党勢力に歩調を合わせ、岸信介元首相や自民党タカ派議員らと癒着。「三流右翼」と呼ばれつつも、自民・民社党候補への選挙応援、両党幹部の原理研究保護といった関係にまで発展している。それゆえ「勝共人脈」も相当なもので、岸信介にはじまり、福田赳夫、石原慎太郎ら与党陣営、更に財界の首脳たち・・・・と挙げればきりがない。
http://www3.ocn.ne.jp/~kakumei/kokusai.html

現職国会議員128人の「勝共連合・統一教会」関係度リスト
(99年7月当時の役職。90年当時の勝共推進議員から、大物をピックアップ。他にもいっぱいいるよ。防衛庁長官は、勝共じゃないとなれない? http://www.asahi-net.or.jp/~AM6K-KZHR/wgendai.htm
佐藤孝行(自民・元総務庁長官)
越智通雄(自民・元経企庁長官)
中川昭一(自民・農水相)
鳩山由紀夫(民主・党幹事長代理)
三塚 博(自民・元蔵相)
愛知和男(自民・元防衛庁長官)
中山利生(自民・元防衛庁長官)
額賀福志郎 (自民・前防衛庁長官)
船田 元(自民・元経企庁長官)
尾身幸次(自民・前経企庁長官)
中曽根康弘(自民・元首相)
羽田 孜(民主・元首相)
柿澤弘治(自民・元外相)
鳩山邦夫(民主・党副代表)
石川要三(自民・元防衛庁長官)
松永 光(自民・前文相)
綿貫民輔(自民・元建設相)
森 喜朗(自民・党幹事長)
中西啓介(自由・元防衛庁長官)
平沼赳夫(自民・元運輸相)
亀井静香(自民・元建設相)
高村正彦(自民・外相)
麻生太郎(自民・元経企庁長官)
衛藤征士郎(自民・元防衛庁長官)
青木幹雄(自民・参党幹事長
●勝共には『まず秘書として食い込め。食い込んだら議員の秘密を握れ。 次に自らが議員になれ』という文鮮明の指示が出ている。このリストにはないが、実は橋本さんにも2人ついています。現在も私設秘書を務める地元・岡山のO氏と東京のY氏が統一教会員です」(元統一教会員・A氏(40歳))という証言もある。

勝共連合と統一協会
http://www.jcp.or.jp/akahata/20008/0827/2000827_yasuoka_karuto.html
保岡興治法相の秘書官が「統一協会」(=国際勝共連合)の集団結婚式の参加者で、有力な幹部信者であることが二十六日明らかになりました。この秘書官は山下魁川(本名・徹)氏。七月の第二次森内閣で入閣した保岡法相の大臣(政務)秘書官になりました。
山下氏は一九七五年に韓国のソウルで開かれた集団結婚式(千八百双)に参加し、結婚記念アルバムに紹介されています。山下氏は、七〇年代には統一協会系学生が出す大学新聞でつくる全国組織の事務局長、その後、海外生活をへて統一協会(=国際勝共連合)企業(宝石販売)をへて、保岡議員事務所に秘書として入っていた統一協会メンバーと入れ替わり、主に昨年まであった東京都千代田区平河町二丁目にある保岡議員の個人事務所に勤務していました。法相就任前まで自民党司法制度調査会長だった保岡氏を補佐した実績から、山下氏は先輩秘書をとび越して秘書官にばってきされました。[1997/12/01、月曜、曇]
http://popup.tok2.com/home/zundou/dnisi/dnisi9712.htm
先月29日にワシントンで開かれた統一協会の合同結婚式の様子が連日テレビで報道されている。それに世界各地で行われた同様の行事をあわせると360万人が参加することになるらしい。統一協会についてはその犯罪性が次々と暴露されてきたが、その頂点に位置する文鮮明夫妻が何ら裁かれないのはどうしたわけであろうか。以前にも資料を公開したことがあるので再度ここ
で統一協会の実態を紹介したい。これを読むと統一協会が日本の右翼や政界と手を組んでいるのがよく解る。最近、官官接待が問題となっているが、統一協会もまた日本の著名人を招待しては「飲ませ、食わせ、抱かせる」という過剰接待を繰り返してきた。私の手元にあるリストをみれば、いかに日本の政界が統一協会に牛耳られているかが分かる。統一協会が裁かれない
理由がここにある。いずれ名指しで暴露したい。

国際派日本人のための情報ファイルJOG Wing No.335
http://www.melma.com/mag/56/m00000256/a00000341.html
この様な統一協会が自民党とどのように繋がっているのかと言うと、これは多くの方が既に御存じかと思いますが、統一協会は勝共連合と言う反共団体を持っており、その勝共連合を通して統一協会の人間を自民党の多くの政治屋達の秘書にしているの
です。つまり、公明党が創価学会の政党であるのと同様に、自民党を統一協会の政党にしようと企んでいるのです。統一協会とは只、霊感商法をやっているだけのカルト教団ではないのです。
実はこれは噂ですが、あのオームと統一協会と創価学会は陰で繋がっていると言われ、後1年程の時効となった朝日新聞神戸支局襲撃事件の真犯人ではないかとも噂されております。(無法松はだからこの襲撃事件の真犯人が捕まらないのだと考えています。坂本弁護士の事件もあの地下鉄事件がなければ明らかになっていなかったでしょう。)これで自民党が公明党と連立政権を組む理由もはっきりとしたでしょう。以上が我が国の政治のある一つの裏状況ですが、この統一協会が日本でなぜここまで
大きくなったのかと言うと、それはあの一日一善で知られた故笹川良一氏が勝共連合に協力したからです。勝共連合や統一協会の実体を知った晩年には笹川氏はこの組織とは距離をおくようになりましたが、時既に遅し、と言う現状です。

【CIA、児玉、統一、自民党】 
http://www6.plala.or.jp/X-MATRIX/memo.html
”自民党は、CIAの支持なしで38年間権力を維持することができただろうか?史実はなおあいまいだから、その疑問に答えることは不可能である。だがCIAの援助がなかったら、そして犯罪社会や多国籍企業の世界にCIA一派が入っていなかったら(以下に述べるように同時に両方の世界に入り込んでいる場合もある)、日本の政治の形はどこか違ったものになっていただろうと言いきれるだけの十分な事実は上がってきている。”
”ロッキード社の賄賂は、実質上日本の政治を操るためのCIA作戦の一部だったのだ。[ニューヨーク・タイムズ]によれば、同じ上院調査委員会がその気になれば日本でのCIA活動を暴くこともできたはずだという。委員会の中でも高い立場にいたある職員
は引退したCIA要員からヒントを受け取ったが、その相手はこう告げたという。「単にロッキードだけでなくもっと根は深いのだ。日本のことを本当に理解したいならば、自民党の設立とそれに対する我々の関与まで遡らなければ」 CIAは、児玉の後ろ盾となった。児玉は、自民党を作った。児玉は、ロッキードのために働いた。そして児玉には、他にも奇妙な提携者がいた。伝えられるところによれば、人生のある時点において、児玉は統一教会に入ったのである。”
”カルトであるにしろそうでないにしろ、「教会」の実態は世界的な規模で運営されているビジネス・政治組織であり、韓国で軍事独裁政権が続いていた時代、歴代の体制と強力に結び付いていたのだ。児玉は、韓国で広範囲なビジネスを行っており、同国においてもロッキードのの代理人だった。”

”さらに、統一教会は実際上KCIAの手先だったのではないかという疑惑もある。KCIAは、韓国政府の情報機関であるというだけでなく韓国を実質上動かしていたのだ。KCIAの元長官たちが、幾度となく軍事政府の大統領や首相の座に就いた。軍国体制はいくつかの形を経たけれども、CIAによって育まれたのは事実であり、1950年代はじめに遡って言えば、チャールズ・ウィロビー将軍が率いる諜報ネットワークG-2によって育まれたのだ。KCIAは、アメリカのCIAから相当な援助を受けて1961年に設立された。児玉、文、そしてロッキードの三つどもえからは、著述家ジム・フーガンが指摘するように、めまいのする可能性が浮かんでくる。すなわち、「ロッキード社が、香港を通して資金洗浄した金を使って、ソウルからジョウジア州サヴァナまで広がる統一教会の活動に資金を提供し・・・・その金が東京の財界の黒幕に(箱詰めで)送り届けられるという亡霊のような光景」である。
この混合物に、日本の政界でのCIAおよび児玉の人脈を加えると、蜘蛛の巣をたどることはもはやまったく不可能になる。自民党は、CIAと児玉から供給された資金で日本の政治を動かした。その児玉はKCIAとの関係が濃厚な統一教会にも金を提供した。さらに児玉は、CIAの給料支払い名簿に名前を連ね、ロッキードの極秘エージェントとして行動し、そしてそれらの資格において、日本で最有力の政治ポストを占めた自民党ボスである岸や田中のような友人に対して影響を及ぼした。”

【??自民党=勝共連合=統一教会=原理研=世界日報】
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi?bbs=giin&key=995713040
60:統一も南米の麻薬取引に関与して、たっぷり儲けてきたわけです。アメリカのサイトでは常識です。北朝鮮の麻薬密造を思い出してください。覚醒剤に、ヘロイン に、コカイン 全部作ってます。誰がどこに売っていると思います?統一が、アメリカに持って行ってるんです。そして、そうかの役割は、ロンダリング。麻薬で儲けた金を何に使っているか?これが焦点です。新しい教科書を作る会のじじいどもに渡して、日韓摩擦をあおっています。彼らの真の意図、もうおわかりでしょ?二つの宗教とも、教祖は半島人です。金正日も半島人です。 二つの宗教とも、特定の半島人の意思で動いています。 彼ら特定の半島人(全部ではない)の敵は、日本です。 教義はあくまで表向きです。大多数の日本人の普通の信者を欺くのには、教義が必要です。金儲けとある目的の達成のために、宗教の閉鎖性が利用されています。
72:参院選後は中曽根を中心とした教育基本法改正審議が始まる。中曽根を中心とする自民教育改革の目標はセミナー合宿による個人の自我破壊、人畜無害化。まさに統一教会方式である。
74:自民党は児玉がCIAの資金援助で作ったんだから、出発点からして売国政党だわな。戦後右翼に筋金入りの愛国者なんかいない。アメリカに飼い馴らされたゴロツキの集まり。売国右翼が国益を顧みないのが幸いして、日本は自由貿易国として成功したのかもしれんがな。共産党のほうが反米ナショナリズムで一貫してるよな。「真の愛国者の党」と自慢してたくらいだし。米兵暴行事件の時も右翼の連中はシーンとしてたな。

 

 

DD新井将敬、統一協会、阿部令子

統一教会と新井将敬 
新井将敬氏が自殺してから半年が過ぎようとしている。東京地検特捜部の逮捕許諾請求の原因となった日興証券がらみの1億2000万円運用での約3000万円の利益供与要求、一言で言えば「そんなことぐらいで自殺などするはずがない」謎の事件である。当時は頻繁にマスコミの臆測が飛び交ったものだが、ここにきてようやく闇にメスを入れるようなスクープが出てきた。ルポライターの金泰賢(キムテシヨン)のソウル取材で、新井将敬と許永中の接点から闇の人脈が浮かび上がってきたのである【『宝石・八月号』66~77頁「新井将敬と許永中・闇の接点」】。その記事には新井将敬の裏の顔として「許永中グループの黒い資金をバックに、株取引に精を出す(新井将敬氏)の姿です(無担保の一億円はその筋の資金だと思われる)。捜査が難航したのは企業舎弟と呼ばれる暴力団企業などが複雑に絡み合っていたせいで、将敬氏は口を割るわけにはいかなかった。なにより将敬氏は韓国財閥とも密接な関係をもっており、政界を含めた一大スキャンダルになる恐れがあった」と暴露する。また許永中と亀井静香氏は兄弟分でもあり、統一協会も絡んだ巨大ブラックマネーが蠢いていた。記事は極めて具体的で実名も公表されており「新井将敬氏には闇からのもの凄い力が加えられていた・・・としか考えられない」と結んでいる。その冷酷が将敬氏を自殺に追い込んだとする。これまでの一連の事件を加味しながら検証していくべき重大な問題だろう。故新井代議士と霊感商法・統一教会との知られざる関係? 
社会問題化した霊感商法の「統一教会・勝共連合」と故新井氏との親密な関係はほとんど知られていない。関係者によると、「統一教会・勝共連合」が故新井氏を物心両面から積極的に応援したのは、二つの理由からである、という。一つは故渡辺美智雄氏が「統一教会・勝共連合」に対し、故新井氏への応援を依頼し、その代償として「統一教会・勝共連合」の女性幹部信者・阿部令子女史(旧大阪三区から二回出馬、いずれも落選)を自民党公認とすること約束した、と統一教会内部ではいわれている。もう一つの理由としては、在日韓国人からの帰化日本人である故新井氏について、韓国人教祖文鮮明氏が、「統一教会・勝共連合」の幹部信者らに「新井を応援しろ」と指示したからだ、と伝えられている。初当選前後に新井氏は、文鮮明教祖に会っている。故新井氏の選挙区には「統一教会・勝共連合」から「十数人の地元秘書を派遣した。前回の選挙の時にも秘書のほか、大量の運動員を派遣した」(「統一教会・勝共連合」関係者)といわれている。ところが、一昨年の総選挙後、両者の関係が悪化したと
いう。最近では「新井はカネに汚い。こっちは利用されただけ」(「統一教会・勝共連合」関係者)と関係が冷えている。それでも、通夜と告別式には「統一教会・勝共連合」の幹部や統一教会信者の元秘書らが出席した。

阿部令子
川島 あの当時の国家公安委員長は、現在官房長官をやっている野中だ。野中といえば、同和と半島。この事件にはなぜか半島が繋がってくる。
本誌 国松長官が狙撃された日、ちょうど与党訪朝団が北朝鮮に行っている。そして狙撃の翌日の三月三一日、北朝鮮は日本海に向けてミサイルを発射し、与党訪朝団を恫喝して食糧援助ほかを手に入れている。
川島 そのミサイル発射の件は国会でも質問されたが、公式的には無かったことになっていると思うが……。
本誌 国会答弁では公式的には恫喝されたことになっていない。当時は社会党の村山首相の時代で、渡辺美智雄(副総理)を団長とした与党訪朝団が朝鮮労働党に恫喝されたことは紛れもない事実だ。
星野 渡辺美智雄さんの時代でしたか。こちらはそういった情報をあまり持っていないので何とも言えませんが。
川島 渡辺美智雄と言えば、秘書が例の阿部令子だ。阿部令子と言えば、合同結婚式を挙げた統一教会の熱心な元信者で後にオウムに宗旨がえをした。
本誌 そう、そして渡辺美智雄に薫陶した政治家と言えば新井将敬!
川島 ここまで半島人脈が出てくる話は珍しい。

 統一幹部からオウムに移った阿部令子….

 

 

EE北と日本のパイプ役…統一協会

オウム帝国の正体
北朝鮮ビジネスを仕切る女性・中曽根に近づいた文鮮明(P.197~)
●喜多と日本のパイプ役になっていた在米韓国人実業家、MADAM朴。金剛山国際グループ会長。マダムが選んだ日本の対北窓口は、金丸。コメ支援話を日本側に持ち込んだのもマダム。
●91年、文鮮明が金日成と会談。35億ドルの献金を申し出た。金日成に文の招聘を持ちかけたのは、マダム。同グループには統一の信者が多く、マダム自身、統一の代理人だった?
●93年、超法規的措置で、入国不能なはずの文が来日。金丸と会談。北への援助資金の調達方法などについて話し合った。ある公安幹部の話「二人は表向きは日朝国交正常化について話し合ったことになっているが、実際は、利権話の相談だったと見られている。 …日本の政治家は利権しか頭にないが、統一側は朝鮮半島の南北統一を目指し、それが達成された暁には、日本国内に混乱を起こさせ、自ら対米、対ロシアの中心的存在となるため、さまざまな対日工作を繰り広げる可能性が高い。」
●94年、金丸失脚後、文の側近と中曽根が軽井沢で密談。統一関係者いわく、「金丸失脚後、北と日本を結ぶパイプ役がいなくなり、ここは是非、中曽根先生にお骨折りいただきたいと思って、会談をセットした。」
●94年、ロシアの中古潜水艦40隻が北に売却された。仲介したのは、日本のT社。T社社長は、統一信者。合同結婚式で日本人と結婚している。
統一関係者は、ここまで、日朝間で暗躍してきているんだよね。その統一を単にCIAのエージェントとみなすべきなのか?だとしたら、上記の北がらみの暗躍は、どれもがCIAの意向と言う事になる。潜水艦売却も。ほんまかいな?

勝共連合と統一協会 
http://ebi.2ch.net/sisou/kako/974/974390524.html
50:純正右翼
統一教会及び勝共連合には、はっきり言って非常に腹が立つ。表と裏が全く逆だからだ。教科書問題、北朝鮮問題などで、我々民族派の肩を持つふりをしながら、彼らの企んでいることは、日本から北朝鮮と組んで金を搾取し、骨抜きにし続けることだ。憲法改正、防諜法制定を訴える一方で、いつまでもアメリカに依存させる。つまり、ある意味、自民党、産経と同じスタンスなのだ。
私は、産経を購読しているが、時々、産経は朝日より国賊的なのではないかと思うことがある。これは野村秋介先生も指摘しているところだ。我々は、野村先生の著作にもあるように、まず、「内なる敵」と闘わねばならない。それは、反共だけを旗印とし、アメリカ、勝共連合と手を組もうとする、似非民族派としての売国奴である。競艇の笹川良一、金権の児玉誉士夫、現在では文鮮明を賛美する清水馨八郎があげられよう。これらの人々が元から悪いとは言わない。このような人々を生み出してしまった「戦後」そのものと我々は闘わねばならないのである。勝共連合と統一協会
http://ebi.2ch.net/sisou/kako/974/974390524.html
83:金大中により曲がりなりにも民主主義への道を歩むようになった現在の韓国にとって統一協会は単なるカルトにしか過ぎない。そこで新たな道を探るべく汎朝鮮主義として北朝鮮に接近しながらも右傾化しつつある日本を今まで以上に魅力のある「市場」として見ている。問題は日本に協会に直接関わり合いがなくても事実上のシンパが存在する事であろう。彼らは自分が売国行為をしていることに気づかぬまま、勝共連合の作った反民主主義に乗せられている。これがただのカルトマニアであるなら大した事はないのだろうが、勝共連合関係者には右系大学教授や国会議員、某右系新聞を初めとしたマスコミなどが同士化している。民族系掲示板では飽きるほど論議されてきたが、反共という餌に釣られて日本人の心を売り飛ばす事のないよう改めて要望する。

 

 

FF 米社会に巣食う統一

米福音派は統一教会を許容?
http://www.gospeljapan.com/skj/960812.htm
文氏が主催して八月二日まで三日間開催された世界平和のための家族連合の会議の講演者の中には、『キリスト者連合』のラルフ・リード代表や、『ファミリー・リサーチ・カウンシル』のゲイリー・バウワー総裁、『コンサーンド・ウイメン・フォア・アメリカ』のビバリー・ラヘイ議長といった福音派の著名人が名を連ねている。あのクリスタル・カテドラルのロバート・H・シュラー氏も出席していた。…..なぜ宗教保守派の指導的な政治組織が文鮮明派と提携することを選んだのか…

もちろん、買収されてつまらん会議に顔を出したのだろうけれど、福音派の重鎮がみな揃ったのは、文の米宗教界における力が強大であることを物語っていると思う。文の力は…..侮れない。ちなみに、これらの宗教組織の多くが、ロックフェラーの影響下にある団体である。ロックフェラーと文鮮明の深い関係がここでも現れている。

Dark Side of Rev. Moon 
http://www.consortiumnews.com/archive/moon.html
文の巨額資金とワシントンの盲目
司法当局の公開した資料によると、レーガン・ブッシュ政権が海外エージェントとしての文鮮明を司法捜査から守るため、いかに組織を動員したかが書いてある。一方で、政権は文の組織をレーガンの政策に反対する米国内の批判者にたいするスパイ活動に利用していた。文が、政治的な保護を受けるために、昔から使われてきた手段を講じたことは明らかだ。文は、それを金で買った。
ジョージ・ブッシュ大統領(当時)は、カルト指導者に金で雇われた代弁者となった。巨額の金を受け取り、統一の合同結婚式でスピーチを行った。http://www.sonofbush.com/
ブッシュは、こう言って文鮮明を褒めたたえた。「私は、ワシントンタイムスの創設者である文師に敬礼したい。」ワシントンタイムスは、ブッシュがブエノスアイレスに姿を現したことで、10万ドルを受け取ったと報道した。
ブッシュがCIAのボスであることに、たいがいの人は異論はないと思う。そのブッシュが、ここまで文鮮明に肩入れするのは?どっちが、ボスなのか?

Bush-Moon link 
http://www.bushcampaignhq.com/boards/general/messages/40.html
1980年代中頃までに文の統一教会は、米国の右派の一部分として容認されるに到った。信者へのスピーチの中で、文は、レーガン大統領さえ、自分の導きに従っていると自慢した。ブッシュと文は、20年間に渡って政治的に直結している。元大統領は、
1年以上の間、文のフロント役として、活動している。両者の関係は、元大統領の長男の大統領選のサポート活動が進むにつれ、21世紀までも継続するだろう。

 レーガン政権時点から、既に文の影響力は強大だった。CIAボスのブッシュが、全面的に文と活動を供にしている….洗脳されてしまった?麻薬ビジネスで互いに秘密を握っているから、どうにも切るに切れない関係?いったいどっちが、ボスなんだ?

統一協会とオーム真理教と北朝鮮の関係 
http://hiroshima.cool.ne.jp/h_sinobu/touitukyoukai1.html
1962年10月、いわばCIAの出先機関であるKCIA(韓国中央情報局)の金局長が訪米した。その際に同行したのが文鮮明だった。金と文はCIAのジョン・マッコーン並びにキャロル陸軍中将と会談するのが目的だったが、この訪米でネルソン&ディヴィッド・ロックフェラーと会った。文鮮明とネルソン・ロックフェラーは、ぜひ自分達の目で世界統一政府実現を見届けたいと、たちまち意気投合した。スプリングマイヤーによると、第2次世界大戦直後にロックフェラーは日本で密かにかなりの株式(又は資金)を保有していたが、その日本セクターが隠密裡に文鮮明に資金援助する事を決定したという。彼の反共十字軍は、「ロックフェラーの新世界秩序に反対する日本の愛国的保守勢力を骨抜きにする」事を使命にして動き出した。これが勝共連合だった。

Why is TV news ignoring the relationship between Moon and the Bush
family?

(なぜ、テレビニュースは、文鮮明とブッシュ一族の関係を無視するのか?)
http://www.onlinejournal.com/Media/Binion022201/binion022201.html
●2001年2月22日:なぜ、議会とニュースメディアは、ブッシュ一族と文鮮明の関係を調査しないのか?クリントンの浮気の言い訳なんかを繰り返し報道しているが、もっと重大な文-ブッシュの関係について、テレビの視聴者は何も知らされていない。
●Frederick Clarksonの記事によると、文は自分の最終目的を、「米国政府と米国市民の征服」だと言明している。
●文は、自分の敵である米国人と米国政府が、自分の前に跪くだろうといった。
●97年5月1日、文は信者にこう言った。「サタンを代表する国は、アメリカだ。」

ここまで、反米的なカルト指導者をなぜ、米マスコミが叩かないのか?なぜ、政治家は黙っているのか?なぜ、反米の塊の東洋人にサポートされた人物が、二度も大統領になったのか?なぜ、WASPは黙っているのか?…..誰が、ボスなのか?

 

 

GG オウムと統一、もう一度おさらい

オウムーサリン事件 (生方卓)
一連の事件の直接的当事者がオウム以外ではありえないということは、もはや疑いを いれないことだろう。とはいえ、疑問も残る。第一にオウムの突然膨張した資金のもとは何か。この疑問に対しては、憶測として、北朝鮮説、ロシア説、統一協会説などが挙がっている。統一協会はかっては韓国と結び付いていた。しかし韓国に政変が起こった後、同国政府は統一協会と縁を切り始め、そのころから文鮮明は北朝鮮と接触をもち始める。オウムはロシアと結び付いている。またオウム幹部は日本とロシアと
の間を旅行する機会があれば、かならず韓国を媒介するという。統一協会とオウムとの微妙な関係については有田芳生氏が明らかにしたとおりである。両者の間には、少なくとも人脈上の関係がある。そこから政策上の継承関係も生じうる。有田氏は、オウムの資金源は統一協会であると推測しているが、根拠を示すことができるわけではない。
しかし、一連の事件の直接的主体がオウムであることはまず間違いがないにせよ、同時に、国内外の他の組織が何らかの形で関与していることも十分に考えられる。この事件はオウムを主体としながらも、国家的、さらには国際的性格をあわせもった
大陰謀事件であるようだ。
この文書、生方氏のサイトに今もまだあるかどうか、未確認。「蟻田の変節」が窺えるかな?
生方氏のサイト:http://www.kisc.meiji.ac.jp/~ubukata/ubukata.html

HH <統一教会について> 
統一協会(世界基督教統一神霊協会)結成の裏側を幾つかの経路から調べても、すべて同じ所に行き着いてしまう。下らない陰謀論に思われてしまうが、それぞれの事件や出来事を追及してみて帰納的にそうなったにすぎない。当初、アメリカ占領軍(GHQ)と国家権力が共謀して行った悪事の数々(国鉄三大謀略事件や松川事件)を調査していた。そのうち、CIAや国際勝共連合につきあたり、芋蔓式に統一教会が姿を現わしたのだ。カルトを含め各宗教団体に対する興味は以前から持ってはいたが、全く異なるプロセスで統一教会が出てきた事に私は驚いた。そして、統一教会に特に興味をもつことになった。
・背景
右翼の活動組織として今も総会屋の裏に見え隠れする国際勝共連合は、1968年に統一教会を母体として作られた。その統一教会の設立は私の調査では未だ明らかになっていないが、1935年4月17日文鮮明が15歳の復活祭の時にイエス・キリストが現れ、神のみ旨を完成しなければならない使命があるとの啓示を受けた後、設立したらしい。そして、統一教会の育成には韓国の朴政権とKCIAが携わっている。クーデターによって成立した朴政権が出てきた以上、その指揮をとったCIAが必然と浮かんでくるのだ。(笹川良一述「巣鴨の表情」参照)
<統一教会について 第二回>
・アメリカの意図
太平洋戦争後、アメリカの国策は明確なものだった。1950年の朝鮮侵略戦争の開始とともに、アメリカは、全アジア地域にたいする多角的な反共軍事同盟を次つぎにむすび、ソ連、中国、朝鮮、べトナムの社会主義諸国を包囲することだ。アメリカはこうして全世界各地に軍事基地をおき、軍隊を駐留させることに成功した。そして資本を輸出しイギリス、フランス、オランダなどの旧植民地を次つぎに自己の勢力圏にかえ、巨大な経済的、政治的、軍事的利益をあげていった。当時、この軍事機構結成を推進した
立役者は、アイゼンハワー米大統領と、第三代CIA長官アレン・ダレスの実兄、ジョン・フォスター・ダレス国務長官であった。こうした公然たる軍事的、外交的運動の陰で、アメリカは、CIAという巨大なスパイ・謀略機関をつかい、各国の財界、政界、軍隊、警察から右翼やヤクザに至る反共勢力をあつめ、世界各地で露骨な反共運動、ひそかな謀略活動をやらせ、気にいらない政府を流血のクーデターでてんぷくさせ、指導者を暗殺した。そうして誕生したのが韓国朴政権である。朴政権では再び共産・社会主義に戻る事を恐れ、反共活動組織を必要としており、統一教会が宗教と反共活動の2足のわらじをはく事になった。
<統一教会について 第三回>
・日本においての反共活動
当時の日本の情勢は、日本最大の組合「国鉄労組」による左翼活動や安保闘争がおこなわれたのに続いて、池田内閣が強行しようとした政暴法案に反対する共産党・社会党を中軸とした行動が進められていた。米CIAにとっても、偉大な安保闘争におびえた日本の支配層にとっても、新しい共産活動に対抗する既成右翼勢力ではない新しいタイプの反共団体が必要であった。とくに献身的無条件に、疑いを抱かず反共活動たけに専念する若いエネルギーが求められていた。そして、韓国においてキリスト原理主義のもと、数多くの若者が献身的に活動している統一教会に目をつけるまでに時間はかからなかった。
すぐにソウル統一協会の宣教師崔翅翼が、文鮮明の指示で日本に密入国し、西川勝という日本名で統一協会を発足させ原理運動の「布教」を始めた。呼応するように笹川良一は、密入国で逮捕された崔翔翼の身元引受人となり、1963年、統一協会顧問に就任、財界、政界、警察にわたりをつけて大々的なテコ入れをした。国家による暗黙の了解の下、原理運動はキリスト教の外被と呪術的な方法(血液精液を服用する)で、現代日本社会の矛盾に押しひしがれた若い男女の一部を吸収していく。そして、国際勝共連合が結成される。
国際勝共連合が、日本で誕生したのは1968年4月である。発足に至る具体的経過も明らかにされており、それによると1967年7月、笹川良一の肝入りで、韓国側文鮮明(統一協会教祖)、劉孝之、日本側笹川良一、児玉誉士夫代理の白井為雄、市倉徳三郎らが山梨県本栖湖畔にある全日本モーターボート競走連合会の施設に集まり、「第一回アジア反共連盟結成準備会」が開催されたが、ここで韓国流の反共運動を日本で受け入れることが決められた。
日本の右翼暴力団の「二人の首領(ドン)」が、そのシマ(縄張り)の中で、韓国系ヤクザの活動を承認した手打式と言うことができる。会合の目的とされた日本における「アジア反共連盟」という名の団体の結成は、日本の旧右翼の中につよい反発があって実現しなかったが、その後の話し合いで、日韓両国の統一協会が、「国際勝共違合」という看板を掲げ、宗教と反共団体の二足のわらじをはくことが合意された。
<統一教会について 第四回>
・日本においての反共活動
日本の反共団体として活動をはじめた国際勝共違合は、APACL(アジア諸国人民反共違盟)に参加する。APACLは、1954年、韓国の李承晩と台湾の蒋介石らの提唱によってつくられた反共運動組織であり、この根まわしをしたのが第三代CIA長官、アレン・ウェルシュ・ダレスである。こうして、東京でAPACL第八回大会がひらかれ、大会議長として岸信介、事務局長加瀬俊一(外務官僚)、以下谷正之(同東条内閣閣僚)、石井光次郎〈自民党顧問)中曽根康弘(自民党議員)、御手洗辰堆(評論家)、矢次
一夫(国際研究会理事)、商杉普一(三菱電機会長)、堀越禎一(経団連事務局長)、椎名悦三郎(自民党議員)、松下正寿(立大教授)、細川隆元(評論家)、小林中(経団連理事)ら三十五名が出席、アメリカ・マーフィ元駐日大使ら外国代表八十六名が集まった。またこの準備委員会には、岸元首相のほか、吉田茂元首相、石坂泰三経団連会長、植村甲午郎経団連副会長、足立正日商会頭など日本の国家権力の最高首脳が名をつらねている。以上が結成までの背景だ。笹川や児玉そして岸元首相が船舶振興会(日本財団)や各総会屋からの資金を使ってまで、CIAのために働かなければならないのかという疑問が残る。しかし、答えを出すには東京裁判の真実まで言及しなければならないため割愛する。
・実際の活動
統一教会の活動員は、警察および公安当局に多い。それを裏付けるように統一教会の営利団体の中に多くの自動車教習所がある。教習所には警察OBが天下ることで有名だ。60、70年代の学生運動など左翼的活動の影に、統一教会や国際勝共連合の反共団体としての動きがみられたが、80、90年代には目立たなくなってきた。順調な経済成長と冷戦の終結のなかで、共産・社会主義活動自体が収束してしまったからだ。そのかわり、芸能人を巻き込んだ宗教団体としての動きが活発になってきた。これらの背景には、教育および報道による反共への情報操作の疑いがある。笹川の親友で同じA級戦犯に正力松太郎がいる。正力松太郎は、読売新聞社の社主であった。そして国際勝共連合に参加した実業家の中には、のちに代議士となる渡辺元東宝映画社長がいた。彼らの働きかけにより、反共の思想を流す事は容易にできる。要は、若い世代を政治無関心にしてしまえば良いのだ。国家権力と財界そして右翼系ヤクザが手を結び、結成された統一教会と国際勝共連合を妨害する組織は存在しなかった。最新の活動としては、統一教会のインターネットプロバイダ事業への参入が挙げられるだろう。
<統一教会について 第五回>
・体験談
芸能人が信者になるほど人を集める力を持った統一教会。逆に言えば、人目につくようになり、アンチ統一教会の動きが起った、霊感商法による被害者の会発足や、脱会騒ぎにより加入者が減り、献身的な活動家集めに支障が出始めたのだ。そこで、統一教会は名前を変えて布教を開始する。「真(まこと)の家庭運動推進委員会」や「世界平和家庭連合」「世界平和女性連合」「世界平和統一家庭連合」「喜びの家庭再建委員会」がそれだ。
新宿駅の京王線連絡口で布教をするおばさんがいるが、彼女がやっているのは、「真の家庭運動」だ。以前声を掛けて、説明を受けた事があるが、受け取ったパンフレットにはしっかり文鮮明の写真が載っていた。さらにあやしい飴玉(しょうゆ飴のようなもの)をもらったが、統一教会が血液精液を飲ませる事を知っていたので、すぐに捨ててしまった。最近では、戸別訪問が問題になりつつある。戸別訪問や街頭での署名集め活動を全国各地で行い、「不倫しない」「絶対純潔を守る」「家庭秩序を立て離婚しない」等の誓約事項(実際はアンケートになっている)を列挙した文書に住所氏名電話番号更には配偶者の氏名まで記入させたうえ、「ワインを味見して下さい」「幸せになるお酒です」「口をつけるだけでもいいです」などと言って合同結婚式で飲ませる「聖酒」と同旨のものと思われる成分不明な飲料を飲ませ、場合によっては署名した夫婦の写真を撮る。また、統一協会員でありながら、姿を隠し、偉い占い師と偽り、祖先の悪行を例に、霊界を通じて今後、家族に災難が降り懸かるなど言って脅すこともある。一般の宗教の勧誘活動との違いは、最初から統一協会とは決して名乗らないことであり、神、霊界、占い師を使い不安に落としいれ、高度に洗練された一方的な情報を吹き込んだ上でないと名乗らない。統一協会が一般社会で言われている悪徳団体ではなく、一般社会が嘘の情報を流していると被害者が思うまで名乗ることはない。何カ月間も名乗らないのは宗教の勧誘活動としては極悪である。統一教会の教義の中にはサタンという言葉が繰り返され、ものみの塔(エホバの証人)と同様に、キリスト原理主義とは似ても似つかぬイルミナティのサタニスムに染まっている。原理主義やパリサイ派そしてサタニスムを知らないアジアにとって非常に危険な思想だと私自身は思う。
<統一教会について 第六回>
・最後に、
統一教会であろうと他のカルト宗教であろうと、信じる事は自由であると思いますが、信教が真にみずからの意志で行われた場合に限ると付け加えさせて頂きます。宗教は信じる自由もあれば、信じない、信じ込まされない自由も保障されなければいけないと思うのです。社会や生活に対する不安から自然回帰=神秘主義=オカルトという図式は、すべての人間に共通のもので、カルト宗教の教義に共感を覚える事は、なきにしもあらず、、、なのかもしれません。しかし、超自然的だから神秘的だというより、
自然そのものが元々神秘的だと感じることが大切であると思います。間違いを必ずおかす人間を導く宗教の教義の中にも、間違いがあってしかるべきでしょう。要は、間違いがあったときにエラー訂正機能があるかないかが問題だと思います。エラー訂正のある宗教は良い宗教といえるかもしれません。話は変わりますが、科学はすでに宗教としてのイメージを持っていると私は思います。人間の行動規範に浸透した科学的思考はエラー訂正を持っています。グラハムハンコックに貶されたピラミッド学者は、現在
必死になって確固たる反論の準備をしていますし、ニュートリノに質量があると発表した学者は、自らそのエラーを探しています。定義に対して徹底して疑うことを許さなければ、その宗教は必ず滅ぶでしょう。長々と変な話に付き合ってくださってありがとうございました。よろしければ統一教会についてのご質問、ご感想をお願いいたします。
【統一協会の傀儡団体】 
http://www.host.or.jp/user/church/uc.htm
●全国大学原理研究会(原理研、大学生への伝道組織)
●勝共連合(「勝共」[共産主義に勝つ]をめざす政治組織)
●ハッピーワールド(統一協会系企業の総元締め)、
●世界平和教授アカデミー(大学教授たちを人脈やお金、研究の機会などを提供することによって集めて作った組織)
●世界平和女性連合(チャリティーショーやバザーの名目でお金を集める団体)
●天地正教(霊感商法が社会問題化したため仏教系の装いをしてインチキ商法を続けるための組織)あたりが代表的なところでしょう。
やっかいなことには、それらの組織の多くは「統一協会とは別組織」であると主張します。というのは、何か問題を起こした時に便利だからです。しかしながら、統一協会内部ではそれらが一体のものであることを当然のごとく受け止めています。どこに回されても単に部署の違いにすぎず、同じ「メシヤ」文鮮明を信じる統一協会員がそれぞれの組織で活動をしているわけです。【統一の傀儡団体 その2】
http://www.aptf.gr.jp/wcsf3/wcsf.html
●世界平和連合 Federation for World Peace
●世界言論人会議 World Media Association
●世界平和宗教連合 Inter-Religions for World Peace
●世界青年連合 Youth Federation for World Peace
●世界平和文学者連合 Literary Federation for World Peace
●世界平和武術連合
●科学の統一に関する国際会議(ICUS)
●世界平和教授アカデミー Professors World Peace Academy
「統一協会とは別組織であると主張」することで、「何か問題が起きた時に」無関係だと言い逃れる。これが、統一のやり口。その最たるものが、オウムです。目論見どおり、一旦は逃げおおせました。尤も、いつまでも誤魔化しは効きませんが。

 

8-2. ブッシュ新政権の不道徳

 

オウム事件の整理整頓  PAGE 8-2
INDEX・2チャンネル関連スレッド・関連サイトへ

 

 

28.ブッシュ新政権の不道徳
ブッシュ新大統領の父親が、CIA長官から大統領まで成り上がった疑惑まみれの人物であることは、先に述べました。麻薬密輸組織であるCIAを統率する親父の長男が、アメリカの大統領になったわけですから、当然、親父同様に闇社会のために、利権集団のために働きます。

 

1. ブッシュの息子が大統領になって何を始めたか? 17. CIAも軍産複合体も、ロックフェラーたちの利益
2. 中国を米の敵に仕立て上げようとしているブッシュ 18. 旧ソ連と米の敵対も、ロックフェラーたちの金儲け
3. ブッシュの言いなりになると日本の安全保障が 19. NMDもロックフェラーたちの金儲けのネタ
4. 敵は大衆のために作られる 20. ブッシュ政権で軍産複合体復活か?
5. ブッシュは、利益集団の方を向いている 21. ユーゴ空爆に想う ~EUの脆さと可能性
6. ブッシュは世界を支配する権力のフロント 22. ブッシュ・軍産複合体
7. ブッシュ新政権に道徳心などない 23. 戦略ミサイル防衛構想は、全くの無駄。
8. 冷戦と米国の新世界秩序計画 24. 戦争とは、軍需産業が行うただのビジネス
9. 東西冷戦は、作られた虚構だった 25. 米がCTBT離脱検討
10. 冷戦はなぜ、終結したのか? 26. 最近の日本の右傾化も、米軍産複合体の利益に
11. CIAは、麻薬密輸機関・合法化された犯罪組織 27. <田中外相>日米安保からの自立必要」
12. CIAの麻薬密輸支援 28. 6月2日 田中外相、米大統領に批判的発言
13. ロックフェラーがブッシュの後ろ盾 29. 真紀子さんのどこが間違っているの?
14. ブッシュの当選は、不正選挙のお陰? 30. オーストラリア首脳も、所詮はCIAの犬
15. ロックフェラー・キッシンジャーも麻薬組織幹部? 31. オーストラリアのCIA
16. ★ロックフェラー・ブッシュ・CIA・麻薬★ 32. CIAのエシュロンも、オーストラリアに拠点が!
追加 米軍需産業は、政治家が経営 追加 東チモール紛争と石油利権
追加 日記のような物

 

 

BBS

 

貴方の知っている情報をBBSに書き込んでください。
(2チャンネル 警察板 告発します 4代目 スレッドです。)

 

 

AA ブッシュの息子が大統領になって何を始めたか? 
2CH 告発します 4代目
①京都議定書を破棄した。⇒世界で一番エネルギーを多く消費し、炭酸ガスを日本の2倍(一人あたり)排出している米国が、条約を守らない。結果、地球温暖化の問題の解決は、さらに先送りされた。ブッシュ政権の大物スポンサーである石油メジャーにとって、エネルギー消費が減れば、売上も減る。その他の共和党のスポンサーたちも同様に商売がやりにくくなる。だから、ブッシュを動かした。
②ABM迎撃ミサイル制限条約を後退させた。⇒TMD、NMDの実施を容易にするため。ブッシュの背後の軍産複合体の目論見どおり。
③親ロシアの姿勢を打ち出した。これも、ABMがらみでロシアの支持を受けるため。(他にも思惑はある。)
④反中国の姿勢を明確に打ち出した。ソ連に変わる米国に対するの脅威として、中国をノミネートすることに決めたようだ。敵がいないと、軍産複合体が儲からない。副大統領のチエイニーの奥さんは、ロッキードマーチンの重役であり、当然、旦那と一緒に、ブッシュをせっつく。結果、飛行機とミサイルが売れる。
⑤湾岸戦争の結果、米の中東でのプレゼンスは強固なものとなった。米のサウジ、クエート王族への浸透が進んだ結果、サウジアラビアの天然ガス利権を米石油メジャーに開放する約束を取り付けた。メジャー大喜び。ブッシュがやっていることは、断じて世界のための政策ではない。米国の利益のためのようにも見えるが、そうでもない。米国の一部の資本家、つまり、ブッシュのスポンサーに対する当選御礼の「利益供与サービス」に過ぎない。つまらん、男だ。BB 中国を米の敵に仕立て上げようとしているブッシュ
「日中米を信頼のトライアングルに」  チャルマーズ・ジョンソン (米カリフォルニア州日本政策研究所長)
http://www.billtotten.com/japanese/ow1/00142.html
今日ワシントンでは、アメリカの次の敵となるのは中国であるという考えが広がりつつある。著名なコメンテーターや戦略家が、益々声を大にして中国をアメリカ国民に対する「問題国」(rogue state)に仕立てようとしている。こうした反中的な態度は、アメリカの国内政治、次の戦争の準備を熱望する軍産複合体の既得権益、そして冷戦における「勝利」の反映である一種の「勝利主義」的な自国認識などに源を発している。
アメリカにもちゃんと解ってる人がいた。よかった!CC ブッシュの言いなりになると日本の安全保障が脅かされる
「日中米を信頼のトライアングルに」  チャルマーズ・ジョンソン (米カリフォルニア州日本政策研究所長)
http://www.billtotten.com/japanese/ow1/00142.html
アメリカ社会の大勢は、冷戦後の東アジアにおける緊張緩和を確認し、それに対応した調整を行うよりも、東アジアにおける明白な軍事的覇権の維持を望んでいる。冷戦期に支配的であった軍事的現状維持を継続し、地域の「安定」をスローガンに
した中国の「封じ込め」に対する日本の参加を求めているのである。こうして、日本の対米関係と冷戦後の米外交政策の流れは、日本の中国問題の主要な源泉となっている。日本が中国とうまくやっていくつもりなら、現在日本がアメリカ側に認めている日本国内での活動内容などを変更すべきである。こうした変更は、もう何年も前に実現してしかるべきものであったし、ASEAN(東南アジア諸国連合)からも広範な支持を得るであろう。また実行面から見ても、比較的容易であると思われる。日本は対米同盟を放棄する必要はない、条件を新しいものに改定しさえすればよいのである。しかし、もし日本がアメリカの対中敵視に引きずり込まれるようなことがあれば、日本は解決不可能な問題に直面することになるであろう。逆に、日本におけるアメリカの軍事的プレゼンスを大幅に削減する方向で日米同盟を変えていけば、地域大国・中国の出現に容易に対応できるであろう。
田中真紀子の考えに近いのではないでしょうか?米の中国敵視策に追従していくと、日本の安全保障が脅かされると言ってるわけで、納得できます。DD 敵は大衆のために作られる
「日中米を信頼のトライアングルに」  チャルマーズ・ジョンソン (米カリフォルニア州日本政策研究所長) 
http://www.billtotten.com/japanese/ow1/00142.html 
敵は大衆のために作られる。アメリカ国民が敵を必要とすれば、(映画産業を含む)エスタブリッシュメントは中国を敵に仕立て上げる。しかし、こうした政策の意図は、悪者を押さえつけることにではなく、世界中でアメリカの政治的、経済的優位を保持することにある。ヨーロッパの人々と日本人は、アメリカに世界を指導させることに、しばしば自国の利益を見い出した(ベトナム、湾岸戦争、台湾海峡)。しかし、中国は世界をそのようには見ていない。
米の利権集団に乗せられて反中を叫ぶことの馬鹿馬鹿しさ、まだ解らない人、いるのでしょうか?EE ブッシュは、利益集団の方を向いている (朝日新聞 天声人語)
6月5日 朝日新聞 天声人語 
ブッシュ政権の保守化が話題にのぼる。つい先日も、米紙コラムに「冷戦型のブッシュ」の見出しがあった。当初予想されたよりも右寄りにつき「ご用心」というわけだ。…..ところが政権につくと、京都議定書離脱からはじまって、こんどのミサイル計画に至るまで、その目は「草の根」より、むしろ利益集団に向いているようだ。しかも自国中心主義のにおいが強い。
わが田中外相がミサイル計画に懸念を抱き、また大統領と石油資本とのつながりを危惧(きぐ)するのは、素直な感覚だろう。が、困ったことに手順前後だ。まず、日本政府の内部で問題を提起し、議論を起こすのがスジだった。
もし、政府内部で問題提起なんかしたら、CIAのお犬様や防衛族に潰されてたでしょう。直接メディアに流れるかたちで発言したから、国民もブッシュ政権の問題点を知ることができたわけです。サンケイや毎日の論評は、完全に真紀子潰しに向かっています。統一と創価の意思が働いてると考えます。それにしても、朝日はこんな風に本当の事書くから、2CHで、また組織的
攻撃を受けることになるわけですね。創価+統一+厨房の。

FF ブッシュは世界を支配する権力のフロント
伝記から読む、臨調の立て役者・瀬島龍三氏の裏と表(その二)同志社大学教授・渡辺武達
http://www1.doshisha.ac.jp/~twatanab/watanabe/masukomi/97.6.html
明治天皇の孫を自称する中丸薫氏が書いた『”闇”の世界権力構造と人類の針路』は国際金融財閥を世界の「闇」権力の中心だととらえ、「ロスチャイルド家が支配する英国王立国際研究所(RIIA)とロックフェラーがコントロールする米国の外交問題評議会(CER)、そしてその補強機関としての日米欧三極委員会(TC)が今日の世界支配の構造をつくっている」という。たしかにそう考えると先の湾岸戦争も「産軍複合体の世界の兵器の在庫一掃」のためということになり、じつにわかりやすい。
ブッシュ前米アメリカ大統領が石油資本と関係があり、戦争によって原油価格の高騰を目指したという説も米国内ではそのとおりだろうが、世界全体の権力構図としては中丸氏の見方のほうが正しいだろう。「闇権力」はじつに巧妙、かつ強大だが、私たちにとって大切なことはそうした「権力」は「闇」のなかにあってはじめて強い(ように見える)が、白日の下ではたんなる「暴力団と詐欺師」の合体にすぎない。瀬島グループも結局つきつめてみればそんな程度のものだろう。

GG ブッシュ新政権に道徳心などない
アメリカの原子力発電と地球温暖化 2001年5月7日  田中 宇
…..ブッシュ政権のエネルギー政策では原発の重視と並び、石油・石炭の火力発電を増やすことも盛り込まれている。ブッシュ政権では、大統領と副大統領の両方が石油会社を経営した経験を持ち、石油業界の利権に直結した政権といわれている。そのため、新政策で露骨に石油火力発電所などの増加を打ち出すと、環境問題を重視する人々から「やはりブッシュは石油業界と癒着している」という攻撃が強まるので、それを和らげるために二酸化炭素の排出が少ない原発に対する重視を強調した、と
いう可能性もある。カリフォルニアの電力危機はアメリカの政権が交代する直前に起きたが、これは新政権にとって、発電所をどんどん作らせて石油の使用増につなげられる良い口実ともなっている。
…..ブッシュ大統領は3月末以来、アメリカを含む先進国の二酸化炭素などの排出削減量を定めた「京都議定書」からアメリカを離脱させる姿勢を打ち出している。これは、前任のクリントン時代に締結されたものだが、ブッシュ政権になったとたんに反故にされたため、これもブッシュの石油業界との癒着の一端ととらえられ、温暖化防止に積極的なヨーロッパ諸国の反発をかっている。
…..アメリカ人は、地球上の全人口の4%を占めるが、その人数で、人類の活動によって出される二酸化炭素の25%を排出している。一人あたりの二酸化炭素の年間排出量は5・5トンで、日本(2・5トン)の2倍以上である。アメリカに対して「二酸化炭素の排出を減らせ」という要求が突きつけられるのは当然といえる。

アメリカは、京都議定書を離脱しないと経済成長できない。共和党支持の民間企業経営者たちは、当然ブッシュに離脱を働きかけた。そこには、自国・自分の利益しか考えないエゴと不道徳が見えてくる。世界唯一の大国が道徳とはかけ離れた行動しかしないなら、21世紀の世界は住みにくい、薄汚れたところと化すかもしれない。目先の利益を求めることで、将来アメリカ人も同様に不利益を蒙る。自分で自分の首を絞めることになる。彼らの思惑は、目先の利益だけではない。京都議定書に参加して
いない国、ロシア・中国・インドこそが、21世紀のアメリカの競争相手だと思ってる。だから、これらの国と対抗するために、環境保護を捨てたわけだ。道徳に立脚した行動をとらない集団に、地球の舵取りは任せておけない。…と思うのですが。違うのでしょうか?

 

 

HH 冷戦と米国の新世界秩序計画
http://www3.ocn.ne.jp/~yasuo/
渡辺康夫さんの「冷戦と米国の新世界秩序」は、世界の政治の裏を的確に言い当てた極めて優れた文書です。ブッシュ政権のトンデモ政策を理解するためにも必読です。是非、ご一読ください。下記は、抜粋です。
【作られた敵国、ソ連】
世界中で無秩序に核開発競争が行われることは、世界の破滅を招く恐れがあった。そのため米国は、最小限の国々にのみ、核技術を提供する方向を検討した。それらの国々は、各国を率いて米国に対峙する中にも、決定的な引き金をひくことなく、秩序ある対立を演出する、という壮大なシナリオを実行できるだけの、また同盟国に逸脱を許さない強力な軍事国家でなければならなかった。巨大な軍事大国による脅威の存在は、軍拡や核開発など互いの防衛予算増大を正当化させ、また互いの同盟諸国に兵器をはじめ、多くの軍事物資を輸出できる。そして無秩序な核開発を防止するため、核の国際管理が提唱されたのである。 こうして一方の軍事大国ソビエトに核技術がわたり、その見返りに米国の敵国としての役目を引き受ける極秘のシナリオは、のちのトルーマン大統領によって、『冷戦』と宣言されることになる。一方、ソビエト側にとっても、アメリカ帝国主義の膨張を阻止するという名目により、自国の兵器を多くの同盟国に輸出できた。
「こうして一方の軍事大国ソビエトに核技術がわたり、その見返りに米国の敵国としての役目を引き受ける極秘のシナリオは、のちのトルーマン大統領によって、『冷戦』と宣言されることになる。」….なんか、説得力あるなあ。
【天皇制維持も米国の意図】
新たな世界秩序計画の一部分となった対日政策は、軍部・財閥の解体、要人の公職追放から一転して、日本の再軍備、財閥保護、早期独立を要求した。米国の新世界秩序計画にとって、財閥支配の強い日本社会を米政策に従わせるには、旧財閥を保護・強化し、そして彼らの社会基盤を堅持するために、国体の要である天皇制を残す必要があったという。
それで、小佐野や笹川が重用されたのね。一方、天皇制を政治基盤とした日本の旧支配勢力も、天皇の護持こそが彼らの生き残る唯一の道であった。戦中、彼らは国に殉ずることを国民に強いたにもかかわらず、自らは生き残るため、戦後内閣に児玉誉士夫を配してGHQ高官を抱き込み、米国の断罪から逃れようとする、なりふりかまわぬ政治工作を展開したのだった。児玉は東久邇内閣の内閣参与に任命され、そののち天皇護持を条件に、自由党の結成資金を提供した闇のフィクサーとして知られているが、彼はまた戦後、米国の対日政策を裏から支えるCIAのエージェントでもあったという。児玉を仲介者とし、日米支配勢力によって固められた日本の旧支配勢力への強力な保護政策は、反天皇派の民主化勢力が、戦後日本政治の表舞台へ拡大する機会を、周到に阻止したといえるだろう。
日本の戦後は、まだ続いていたのいですね。中曽根とかいる限り…。
【エシュロン】
また軍事研究2001.2号では、日本が加盟していない軍事諜報協定、UKUSA協定による通信監視システム『エシュロン』の日本国内-三沢米軍基地への設置が報告されている。エシュロン(echelon)の存在の真偽について、2001年5月30日付の東京新聞(夕)は、第2面に『【ブリュッセル29日AFP=時事】欧州議会の調査委員会は 二十九日、米国を中心に英語圏五カ国で組織するとされる通信傍受システム「エシュロン」についての報告書を明らかにし、その存在を「疑いない」と断定した』という記事を掲載している。エシュロンの存在は、日本のあらゆる側面が駐留米軍による監視・統制下に置かれているのではないかという疑惑の一部を肯定するものといえる。
【ないと困るよ、北朝鮮】
冷戦体制の下で、世界各地の独裁政権や、テロ組織を動かし、米軍が世界警察としてそれを軍事攻撃する、というシナリオでは、世界中の至る所に米軍が駐留している事は、その意味でも都合が良いといえる。これらが世界各国に米軍を駐留させる目的であろう。アメリカが国連を無視する理由もここにある。すなわち米国の軍事行動は、民主主義を護る闘いではなく、関係者の利権が目的なのである。
世界平和の脅威となるテロ国家への軍事行動により、世界の米軍駐留を正当化することもでき、米政権の国内での支持率は上昇し、巨額の軍事予算を有権者に対して正当化する。それは、米国内の軍事産業を保護する上でも好ましいものであり、軍事攻撃は各国首脳を牽制する政治的な道具としても機能し、世界警察を自認する米国首脳陣への巨大軍事産業体である国際財閥グループの支持、評価も高まるのである。こうした意味で政府閣僚とは、巨大財閥グループのエージェント(協力者)であるといえよう。
「米国の軍事行動は、民主主義を護る闘いではなく、関係者の利権が目的なのである。」のである。
【え?太平洋戦争も、計画どおりだったの?】
そして、米国の世界政策を決定付ける者の頂点に、国際財閥グループの存在があり、こうした国際社会の置かれた状況の中に、今日の日本があるということになる。日本の独立は、冷戦体制という他国民の流す、おびただしい血と、国土や精神文化の破壊によって生み出される、欧米巨大財閥の軍事利権を目的とした軍事協定に合意した上での『戦争免責』と『経済支援』、および『安保』だったといえよう。当時敗戦国であった日本に採りうる別の選択肢があったのか、という異論もあろう。しかし、その議論はあくまでも、日米戦争が『真の対立』であったことが前提とならねばならないのである。
「日米戦争が『真の対立』ではなかったということ?ブルブル!
【ハワイ攻撃してくれて、Thank you.】
真珠湾攻撃:当時のローズヴェルト政権は、戦争関連法案を次々に否決されるという状況にあり、日本による真珠湾攻撃によって、ようやく開戦にこぎつけたという経緯があった。(2000年3月31日東京新聞-夕、2面「けいざい潮流」)この米国の政治的状況は、当時の日本政府にとって、駐米大使と外務省筋から把握不可能な情報ではなかった筈である。真珠湾攻撃を検討した時点で、そのことを作戦課は考慮しなかったのか。
【瀬島隆三】
原爆のソ連への譲渡:『長崎で回収した不発原爆をソ連大使館に至急搬入されたし。』このロシア公文書館に残されている参謀本部宛の緊急電報を指示したのは、旧大本営の朝枝繁春中佐であった。電文を打ったのは当時、作戦課に所属した瀬島隆三。朝枝は、ソ連大使館員にその主旨を次のように説明した。アメリカが日本を占領すれば、日本は二度と復興できなくなる。しかし、原爆をソ連も所持すれば、二大国間で日本は将来、しかるべき地位を獲得できよう、というのが朝枝の意図であった。ソ連に譲渡された原爆は、その後同時に投下された気象観測用 ラジオゾンテであることがわかり、日本側の米ソ衝突のシナリオは失敗に終わったとされている。しかし、このシナリオは後の米ソ冷戦体制のシナリオに酷似しており、原爆資料は実際にソ連へ渡り、日本は二大国間で将来『しかるべき』経済大国にのし上がったのである。失敗したとされる日本の米ソ衝突の策略は成功したのではなかったか。
【日米ソは、最初っから、対立国家じゃなかった】
いずれにしても日米ソが対立国家であったならば、米国の対ソ政策あるいは対日政策で、報復措置がとられることは避けられなかっただろう。ソ連の原爆開発にはウランの調達から、精製法の確立と、その設備の設計および建設、そして核実験に至るまで5年を要しており、米国が行動を起こす時間は十分にあった。しかし戦後まもなく起ったのは、逆コースと呼ばれる不可解な対日政策の変更と、米ソ冷戦体制だった。それは、米国に開戦を決意させた張本人である筈の日本支配階級への免責・保護であり、今日の米国経済を脅かす元凶となる程の、理解しがたい過大な対日経済支援であった。
日米戦争にお付き合いしてくれたお礼に、戦後の復興に手を貸した米。 核攻撃しないで、ソ連の核開発を待ってあげた米。結果としての冷戦。
【三菱グループが米に尻尾を振る理由】
こうした戦後日本における経緯により、戦前よりも強力な国内財閥支配体制を手にした日本の財界には、アメリカの言う通りにしさえすれば、我々の将来は安泰だ、という風潮が生まれた。冷戦期における日本はまさに、米国の作り出した冷戦構造を背景にした、アジア太平洋地域最大の受益者であった。しかしその陰で、世界の何も知らされていない多くの人々は、狂気と憎悪に満ちた争いの日々に今日も置き去りにされているのである。世界を取り返しのつかない運命に引き入れた冷戦の発案者とは、日本人ではなかったか。
【君イー、反中、反喜多扇動、よろしく頼む】
(冷戦終結と)同時に、米ソの枠組みが取り除かれた世界では、これまで多くの兵器を大国から購入・備蓄していた小国の紛争が多発した。おそらく後述の日本がそうであるように、少なくともそのいくつかは、米ソの政治的支援の消失による現政権の崩壊を危惧した『演出された紛争』だったのだろう。日本でも、北朝鮮や中国共産党の脅威を、マスコミが煽っていたが、これらも同様の『演出された脅威』と考えられる。つまり、冷戦によるビジネスと直結した米ソ共同の軍事通商外交が、世界の紛争国や、テロ国家の存続を支援し、戦争を無意味に長期化させていたのである。いいかえると、戦争を長期化させ、米ソの良い顧客で有り続ける事が、彼らの政敵からの保護を約束し、彼らの政治基盤を支えていたといえる。
教科書も慰安婦も南京も、このスジで考えればいい訳ね。
【えひめ丸事故が起きたから、イラクを空爆した小ブッシュ】
2001年2月9日に起きた、米原潜と日本の実習船えひめ丸の衝突事故は、選挙資金提供者を原潜に招待したブッシュ新政権の後援者優待疑惑へと発展した。その中で、民間人の多くは石油会社の幹部であり、ブッシュ大統領は、石油、ガス会社の経営に関与し、またチェイニー副大統領も同じ会社の社長だったことが報道された。そして、同16日ブッシュ政権はイラクへの空爆を、突然実施したのである。前クリントン政権でも見られたこの行動パターンは、日本のマスコミが報じるような、単なる米政権のスキャンダル隠しというよりもむしろ、米国支配階級に危機を招きかねない米マスコミの真相究明に歯止めをかけるためにリンケージされた、軍と連携したイラクなど他国への軍事攻撃と考えるべきで、これは米ジャーナリズムに対する、あからさまな恫喝なのである。 ただの馬鹿、小ブッシュ政権最初の大失敗だったと。
①大統領選で、物心両面でサポートしてくれたテキサスの石油業者仲間を小ブッシュが潜水艦搭乗に招待した。
②潜水艦の最大の見せ場である急浮上を体験させ、喜ばせたかった。
③ソナーもレーダーも船影を捕らえていたが、同乗者が邪魔で、しかもいろいろ質問するので気が散って、担当者が見落とした。船長への連絡が浮上の一瞬、途絶えた。
④上がったら、上に糞忌々しいジャップの練習船がいやがった。接触・沈没した。
⑤同乗者の素性や小ブッシュとの関係を詮索されるのは困るので、急遽、用もないのにイラクを空爆し、マスコミと米国民の目をそらした。米国民は、as stupid as Japaneseだから、攻撃に喝采し、潜水艦事故を綺麗さっぱり忘れてくれた。テキサスの
石油屋どもは、胸をなでおろした。小ブッシュも、国民が自分を上回る大馬鹿であることに救われた。
【日本の為政者は、CIAが選任するようです。】
一方、国民の意思によらず日本の政治が変わらないのは、親米派の政治家を米国はCIAを通じ、選挙資金提供などの支援・援助を行ってきたからで、これは日本だけに限らないという。日本のあらゆる政党は、米国の意向を忠実に護ることで互いの利権を生み出す『政党政治体制』を維持してきた事がこれでわかる。個人的に見ても米国に太いパイプをもつことは、カネと権力に結びついた。彼らは争って訪米し、自身を売り込み、実績を重ねる事で人脈や派閥を形成・拡大する。財界の支援を得て党幹部にのし上がり、そして国際的な上流階級の仲間入りを果たそうとするのである。この種の、財界の後押しによって登場する大物有望政治家達は、国民の支持獲得のためにマスコミが強力にバックアップするようだ。
外交と関わりの薄い小泉だけは、絶対違う….と思いたい。グスン
【中曽根が絶対捕まらない理由】
政治家が犯罪を犯しても、検察は彼らを捕らえようとはしない。これはその政治家に与えられた米政権の「対日政策」に障害が生じるためではないか。そうなら、大物政治家ほど、逮捕・起訴される事はないといえる。あるいは司法・検察が、すでに米国の支配下にあるのだろうか。
【ソロスが根こそぎ持っていった】
80~90年代の日本のバブルとその崩壊には、ジョージ・ソロスら、米国の投機家グループの関与があったようである。特定銘柄の株および円買いによって、異常な株高と円高を起こし、他の投資家がつられてそれらの株や円を2倍、3倍に引き上げた所で、ある日一斉に売り逃げたのである。この時、彼らの投機以降の円、株価上昇がそのまま彼らの利益になった。当時一般人の株式投資参加を新聞・雑誌が盛んにあおっていた事が想起される。
日本人て、馬鹿ね。

 

 

JJ 東西冷戦は、作られた虚構だった
東欧の崩壊と米ソ対立の終結、はたして世界は平和な時代なのか! 
http://www2u.biglobe.ne.jp/~NKK/zinmin_1990/akahata/reisensyuketu.htm
第一、米ソ冷戦終結の背景と国際情勢の本質は何か
これほど騒がれた米ソ首脳マルタ会談を生み出した背景とは何か。決定的なものは、東欧におけるいわゆる「社会主義陣営」の崩壊であります。そしてまた、その根本原因はソ連におけるゴルバチョフのペレストロイカの大失敗にあります。その根底に
は、ソ連における社会主義経済建設の失敗があります。ソ連における社会主義経済建設の大失敗は、ソ連にフルシチョフが出現して以来のことであり、とくに、1970年代から急速に生産力は低下し、経済は悪化していきました。これを引き継いだ現在の
ゴルバチョフ大統領のペレストロイカが社会主義の崩壊を決定的にしたのであります。ゴルバチョフにとっては、米ソ冷戦や軍備の拡張どころではなくなってしまいました。メシが食えないのに戦争どころではない、というのが実情であります。それと同時に、東欧の面倒も見切れなくなった。だから、昔の仲間をみんな手放してしまったのです。どうぞ、自由に、勝手にしてくれ、というわけです。
ソ連が自滅したってことじゃないのかな?KK 冷戦はなぜ、終結したのか?
ソ連最後の外相、アレクサンドル・A・ベススメルトヌイフ氏講演 
http://www.iijnet.or.jp/JRRG/j/report/rpt14.html
国際政治におけるロシアということに関しましては、今日いろいろな誤解あるいは理解不足というものがありまして、またロシア国内に目を向けてみますと、世界情勢に対する無理解あるいは誤解というものも存在すると思います。そして、冷戦終結があったわけですけれども、この冷戦終結に関して、そして現状に関して世界に大きな誤解あるいは理解不足というものがあると思います。冷戦に敗北したのがソ連であり、勝者はアメリカであるというのが世界の通念となりつつありますけれども、しかしこの
点に関しましては、私は一つ明確にしたいことがあります。これから申し上げることを抜きにしては世界の現情勢、そしてこれからを占うことも難しいと思います。…..
冷戦終結後の2年間、1989年から91年の間はアメリカは当然存在しましたし、ソ連という国も存在したわけです。冷戦において敗北したのはソ連という国の中の体制でありました。社会主義という体制が敗北したのです。つまり、システムとして競争に勝てなかったがために社会主義がソ連の中において敗北したのであります。もしソ連という国自体が間違いを犯さなければソ連という国はまだ存続していたかもしれないと私は考えるのです。ソ連の崩壊は決してアメリカの功績ではありません。私たち
自身の、そして私たちの国のリーダー、そして国民が犯してしまった過ちの結果です。それがまず第1に私がしたかったコメントであります。このコメントをせずして現状の正しい理解は深まらないと考えたからです。
自滅ね。

 

 

LL CIAは、麻薬密輸機関・合法化された犯罪組織
 1997.10月 http://www12.freeweb.ne.jp/diary/all24/dnisi/dnisi9710.htm
CIAは政府の麻薬撲滅運動を支持する一方で、実はアジアで麻薬密輸に手を染めてきた。その代表格が「中国本土にCIA工作員を潜入させる」のが目的だったアメリカ航空(エア・アメリカ)だ。CIAはアメリカの雇い兵メオ族を敵地に潜入させながら、アヘンで生計を立ててきたメオ族に着眼し、アメリカ航空を使って麻薬密売のビジネスを展開していく。むろんそれらの稼ぎはアメリカの国益とはならない、隠され続けるべきである不透明な危険手当として闇に葬られる。今度明るみにされた3兆円を超すCIA予算も、それが正当に防諜活動の資金のためにだけ使われているとは誰も思うまい。防諜機関そのものが胡散臭い組織であれば、正当性もなにもあったものではない。むしろ合法化された犯罪組織とでも呼ぶべきであろうか。
だみだ、こりゃ。MM CIAの麻薬密輸支援
CIAが作った麻薬密輸ルート 
 http://asyura.addr.com/sora/bd19991/msg/347.html
バンコクからチェンマイ、チェンライに向かう国道を北上する。国道は整備され、時速百キロの高速で走った。これは米軍が作った軍用道路である。この道路建設にはアメリカ軍工兵隊があたり、CIAはタイ政府に軍用道路をヘロインの運搬に使用させた。黄金の三角地帯を世界最大のヘロイン生産地にさせたのはアメリカであった。 三留理男著『麻薬』より

 

 

NN ロックフェラーがブッシュの後ろ盾
ブッシュ政権の正体 ー世界経済低迷の元凶 http://www.thomasmore.co.jp/nikki.htm
◎共和党政権ダッシュの陰謀ー昨年の大統領選でもゴア候補は地球環境問題を一つの大きな公約として掲げていた。しかしながら共和党は疑惑のフロリダ州でブッシュの勝利を宣言し、強引に謹差で大統領選をものにした。フロリダ州知事はブッシュ候補の実弟であるジェブ・ブッシュが権力を握っていたことは米国では知らぬ者はいない。
◎共和党の正体ーそもそも共和党は何を目的とした政党なのであろうか。実はこの党を支持しているのは、紛れもなくあの世界最大級のアメリカの財閥であるロックフェラー・グループである。18世紀にペンシルベニアで石油が発見されて以来、その製造精製技術を武器に新興経済国アメリカの旗手として今日、アメリカの軍事力をバックに中近東原油販売利権を押さえ、全世界の石油エネルギー産業の70%を握るまでに至った